◆有名人の動き(アクション)

2014年5月 6日 (火)

「アナと雪の女王」自分を変えようとするエルサの動きのメッセージ

ディズニー映画「アナと雪の女王」が多くの人の心をとらえています。

それは、歌や映像の素晴らしさもさることながら、登場人物たちの動きが表現する「動きのメッセージ」が、国や言葉を超えて、私たちの気持ちをゆさぶるからです。

ここでは、すべてのものを凍らせる魔法の力を持った女王エルサが、自分の力を開放して、自分らしく生きようという決意を表現して歌う「Let it go」の中の主な動きのメッセージを、「13種類の人の動き」から分析します。 

 

♪降り始めた雪は 足跡消して真っ白な世界に一人の私
♪風が心にささやくの このままじゃだめなんだと
Photo_2

身体を内側に閉じ、力を抜いて下に動く「虚脱の動き
内面の苦悩を思い悩み、落ち込んでいる様子がよくわかります。


♪戸惑い傷つき誰にも打ち明けずに
02

身体を内側に閉じ、一点を指し示す「一点注意の動き
過去の自分を見つめてするどく指摘。


♪悩んでたそれももう

022 

握り拳を下に向かって力を入れて動かす「攻撃の動き
頭を上に勢いよくあげる「独断の動き
エルサの力強い決意が表現されています。
エルサは本当に変わろうとしているのです。


♪(それももう)やめよう
023

身体を外側に大きく開く「全体注意の動き
上に向かって勢いよく手袋を放り投げる「独断の動き
エルサは自分を解放して、誇りを取り戻そうとしています。


♪ありのままの 姿見せるのよ
02 

下から上に力を抜いて身体を動かす「協調の動き
ゆっくり身体を前に動かす「接近の動き

誰もが思わず口ずさむサビの始まりです。
はじめはそっと自分の力を試してみるエルサの姿です。


♪ありのままの 自分になるの

03

前に速く動く「突進の動き
少しずつ自分の力に自信を持ったエルサが思い切って
力を試そうとしています。


♪何も怖くない 風よ吹け
♪少しも寒くないわ

033_2 

内側から外側に身体を開く「全体注意の動き
を使って、華やかにコートを脱ぎ捨てるエルサ。
これまでの悩みを思い切って投げ捨てています。

 

♪悩んでたことが嘘みたいね
♪だってもう自由よ 何でも出来る

 

♪どこまでやれるか 自分を試したいの
♪そうよ変わるのよ 私

 

♪ありのままで 空へ風に乗って
♪ありのままで飛び出してみるよ

04 

内側から外側に身体を開く「全体注意の動き
前に速く動く「突進の動き

自らの手で未来を切り開きながら、おもいっきり前に進むエルサ。
誰もが思わず引き込まれる疾走感のある場面です。


♪二度と涙は 流さないわ

05

上から下に力を入れて体を動かす「攻撃の動き
力を入れて、思い切り大地に踏み込む動きが、
エルサの強い決意を表現しています。

 

♪冷たく大地を包み込み 高く舞い上がる思い出描いて
♪花咲く氷の結晶のように輝いていたい

♪もう決めたの
06

身体を大きく開く「全体注意の動き
前に向かって勢いよく動く「突進の動き

つけていた王冠をはずし投げ捨てるエルサ。
思いっきり自分を解放し、自由を獲得しようとしています。

♪これでいいの 自分を好きになって
♪これでいいの 自分を信じて

07 

下から上に力を入れて体を動かす「独断の動き
孤独を恐れず、一人で困難に立ち向かおうとするエルサの
勇気と決意が表現されています。



♪光

08 

内側から外側に身体を開く「全体注意の動き
ゆっくり前に進む「接近の動き

衣装が変わり、本当の自分の姿に戻ったエルサは
自分を解放し、着実に前進していきます。

♪浴びながら 歩き出そう
09 

上から下に力を入れて体を動かす「攻撃の動き
ゆっくり前に進む「接近の動き

自信をとりもどし、力強く前に進むエルサ。

♪少しも寒くないわ
10 

後ろに速く動く「機敏の動き
前に速く動く「突進の動き

エルサはくるりと向きを変えて、勢いよく氷の宮殿の中に向かいます。

過去の自分と決別し、もう二度と振り返らないことを決意した
エルサの強い気持ちを表現しています。


この映像を見た多くの人が、エルサの悩みと、それを打ち破ろうとする決意に共感し、勇気づけられます。このように、エルサの動きそのものがメッセージとなって、私達に深い感動を与えてくれるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

フリースタイルスキーHP・小野塚彩那選手の動きの分析

今日二度目の更新です。

毎日更新している

「上司と部下の『動き』の組み合わせから生まれる成功と失敗」を、

少しでも多くの方々にわかっていただくために

有名人の動きを紹介しています。

今回は、

ソチオリンピック、

新種目のフリースタイルスキー・ハーフパイプ(HP)女子で、

銅メダルを獲得した、小野塚彩那選手(25才)です。

なお、アメリカのマディー・ボーマンが金メダル。

フランスのマリー・マルティノが銀メダルでした。



●小野塚彩那選手の動き

小野塚彩那選手の特徴的な動きは、

不動の動き」です。

●「不動の動き」が得意な「動かない上司」と「動かない部下」

 Photo_2             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

スノーボード 竹内智香選手の動きの分析

今日二度目の更新です。

毎日更新している

「上司と部下の『動き』の組み合わせから生まれる成功と失敗」を、

少しでも多くの方々にわかっていただくために

有名人の動きを紹介しています。

今回は、

ソチオリンピック、スノーボードの女子パラレル大回転で、

4大会連続出場の、竹内智香選手が

この種目で日本選手初のメダルとなる、銀メダルを獲得しました。

金メダルはスイスのパトリツィア・クンマー選手。

銅メダルは、ロシアのアリョーナ・ザワルジナ選手でした。

●竹内智香選手の動き

竹内智香選手の特徴的な動きは

独断の動き」と攻撃の動き」です。



独断の動きが得意な「頑固な上司」と「頑固な部下」

Photo_5              

攻撃の動きが得意な「意志の強い上司」と「意志の強い部下」

Photo_6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

スキージャンプ 葛西紀明選手の動きの分析

今日二度目の更新です。

毎日更新している

「上司と部下の『動き』の組み合わせから生まれる成功と失敗」を、

少しでも多くの方々にわかっていただくために

有名人の動きを紹介しています。

今回は、

ソチオリンピック・ノルディックスキーのジャンプ個人ラージヒル決勝で

銀メダルを獲得した

葛西紀明選手(41歳)です。


葛西紀明選手は、92年アルベールビルオリンピックから

史上最多の7大会連続代表。

94年リレハンメル大会団体で銀メダルを獲得しました。

なお、ポーランドのカミル・ストフ選手が、今大会2個目の金メダルを獲得。

また、スロベニアのペテル・プレヴツ選手が銅メダルを獲得。

●葛西紀明選手の動き

葛西紀明選手の特徴的な動きは

突進の動き」「機敏の動き」「攻撃の動き」「独断の動き」です。

Photo_8

突進の動きが得意な「突進する上司」と「突進する部下」
      Photo_2     

 
機敏の動きが得意な「機敏な上司」と「機敏な部下」
      Photo_3      

攻撃の動きが得意な「意志の強い上司」と「意志の強い部下」
       Photo_4      

 

独断の動きが得意な「頑固な上司」と「頑固な部下」

 Photo_5 
       

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

フィギュアスケート 羽生結弦選手の動きの分析

今日二度目の更新です。

毎日更新している

「上司と部下の『動き』の組み合わせから生まれる成功と失敗」を、

少しでも多くの方々にわかっていただくために

有名人の動きを紹介しています。

今回は、

ソチオリンピック・フィギュアスケートで、

日本人男子としては初の金メダルを獲得した

羽生 結弦(はにゅう ゆづる)選手です。

なお、町田樹選手は5位、高橋大輔選手は6位で

いずれも入賞を果たしました。

●羽生 結弦選手の動き

羽生 結弦選手の特徴的な動きは

突進の動き」「機敏の動き」「独断の動き」です。


突進の動きが得意な「突進する上司」と「突進する部下」
      Photo_2
 
機敏の動きが得意な「機敏な上司」と「機敏な部下」
      Photo_3

独断の動きが得意な「頑固な上司」と「頑固な部下」
       Photo_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

ノルディックスキー複合 渡辺暁斗選手と荻原健司さんの動きの分析

今日二度目の更新です。

毎日更新している

「上司と部下の『動き』の組み合わせから生まれる成功と失敗」を、

少しでも多くの方々にわかっていただくために

有名人の動きを紹介しています。

今回は、

ソチオリンピック・ノルディックスキー複合(個人)で銀メダルを獲得した

渡部暁斗選手

キングオブスキーと言われた指導者の荻原健司さんです。

なお、日本がノルディックスキー複合でメダルを獲得したのは

1994年リレハンメル大会の団体(阿部雅司、荻原健司、河野孝典)の金メダル

個人(河野孝典)の銀メダル以来、5大会ぶり(20年ぶり)の快挙です。


また、元選手で双子の荻原健司さんと荻原次晴さんは共に現地に入り、

荻原健司さんはオリンピック中継での熱の入った解説が話題になり、


荻原次晴さんは、TV出演で号泣して喜んだことが話題になっています。

●渡部暁斗選手の動き

渡部暁斗選手の動きの特徴は、「不動の動き」です。



●荻原健司さんの動き

荻原健司さんの動きの特徴は、

独断の動き」「突進の動き」「機敏の動き」です。

不動の動きが得意な「動かない上司」と「動かない部下」

    Photo_2 

独断の動きが得意な「頑固な上司」と「頑固な部下」

     Photo_3

突進の動きが得意な「突進する上司」と「突進する部下」

     Photo_4

機敏の動きが得意な「機敏な上司」と「機敏な部下」
      Photo_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

スノーボードハーフパイプ 平野歩夢選手と平岡卓選手の動きの分析

毎日更新している

「上司と部下の『動き』の組み合わせから生まれる成功と失敗」を、

少しでも多くの方々にわかっていただくために

有名人の動きを紹介しています。

今回は、

ソチオリンピックのスノーボードハーフパイプで、

日本最年少で銀メダルを獲得した

平野歩夢選手(15歳・中学3年生・新潟県)と、

銅メダルを獲得した

平岡卓選手(18歳・高校3年生・奈良県)です。

なお二人は、今大会、日本に初のメダルをもたらしました。

またこの種目で3大会連続の金メダル獲得を狙った

アメリカのショーン・ホワイト選手は4位。

●平野歩夢選手の動き

平野歩夢選手の動きの特徴は、「不動の動き」です。


●平岡卓選手の動き

平岡卓選手の動きの特徴は、「不動の動き」です。


不動の動きが得意な「動かない上司」と「動かない部下」

Photo_6 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

スキージャンプ 高梨沙羅選手の動きの分析

毎日更新している

「上司と部下の『動き』の組み合わせから生まれる成功と失敗」を、

少しでも多くの方々にわかっていただくために

有名人の動きを紹介しています。

今回は、

ソチオリンピック・ジャンプ女子ノーマルヒルの高梨沙羅選手です。

2月11日夜(現地時間)に行われた決勝で、

日本の高梨沙羅選手は4位で、惜しくもメダル獲得はなりませんでした。

伊藤有希選手は7位、山田優梨菜選手は30位でした。

金メダルを獲得したのはドイツのカリーナ・フォクト選手。

高梨選手のライバルとされた

サラ・ヘンドリクソン選手も振るわず、21位でした。

●高梨沙羅選手の動き

高梨沙羅選手の特徴的な動きは

不動の動き」です。
 

 

不動の動きが得意な「動かない上司」と「動かない部下」


Photo_9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

スピードスケート 長嶋圭一郎選手と加藤条冶選手と清水宏保さんの動きの分析

毎日更新している

「上司と部下の『動き』の組み合わせから生まれる成功と失敗」を、

少しでも多くの方々にわかっていただくために

有名人の動きを紹介しています。

今回は、

ソチオリンピック、スピードスケート男子500mの競技で入賞した

加藤条治選手(5位)と、長島圭一郎選手(6位)と、

元オリンピックゴールドメダリストの清水 宏保さんの動きの分析です。

なお、今回はオランダ勢が1位から3位の表彰台を独占。

及川佑選手は15位、上條有司選手は20位でした。

●加藤条冶選手の動き

加藤条冶選手の特徴的な動きは
接近の動き」と「突進の動き」です。

バンクーバーオリンピックで銅メダルを獲得。


●長島圭一郎選手の動き


長島圭一郎選手の特徴的な動きは
不動の動き」です。

 
バンクーバーオリンピック で銀メダルを獲得。 


●清水宏保さんの動き


清水宏保さんの特徴的な動きは
一点注意の動き」と「接近の動き」と「突進の動き」です。

長野オリンピックで金メダルと銅メダルを獲得
ソルトレイクシティオリンピックで銀メダルを獲得

接近の動きが得意な「前向きな上司」と「前向きな部下」 
               
      
Photo_2             
  

突進の動きが得意な「突進する上司」と「突進する部下」



      Photo_3 

不動の動きが得意な「動かない上司」と「動かない部下」

     
Photo_4             
  

一点注意の動きが得意な「仕切りやの上司」と「仕切りやの部下」

       Photo 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

モーグル上村愛子選手の動きの分析

毎日更新している

「上司と部下の『動き』の組み合わせから生まれる成功と失敗」を、

少しでも多くの方々にわかっていただくために

有名人の動きを紹介しています。

今回は、

ソチオリンピック、フリースタイルスキー女子モーグルの

上村愛子選手です。

悲願のメダルにはあと一歩届かなかったものの

決勝で4位となり大活躍でした。

なお、伊藤みき選手は、右ひざの靱帯(じんたい)を、第1回目の公式練習中に再び痛め棄権。

また、
村田愛里咲選手は、20人が出場する決勝1回目を、公式練習で激しく転倒し左膝を痛めて棄権した。

●上村愛子選手の動き

上村愛子選手の主な動きは、

独断の動き」と「突進の動き」です。



●オリンピック五大会連続出場の上村愛子選手

フリースタイルスキー女子モーグルオリンピックの成績

1998年-長野オリンピック7位
2002年-ソルトレイクシティオリンピック6位
2006年-トリノオリンピック5位
2010年-バンクーバーオリンピック4位
2014年-ソチオリンピック4位

独断の動きが得意な「頑固な上司」と「頑固な部下」 
               
       Photo_5       
  

突進の動きが得意な「突進する上司」と「突進する部下」

       Photo_4  

| | コメント (0) | トラックバック (0)