« 突進する上司と頑固な部下の成功と失敗 | トップページ | 機敏な上司はトップセールスマンでも管理者にはなりにくい »

2014年3月 3日 (月)

突進する上司と頼りない部下の成功と失敗

こんにちは。

医学的な理由ではない話ですが…

「突進する上司」は、病気になりやすいです。

「突進する上司」は、朝起きてから夜寝るまでの間、

突進する行為を繰り返す人です。

間違いやすいのは、

「突進の動き」と「接近の動き」を持たない人がたまに行う、

コントロールできない前進の動きです。

これは、「突進する上司」の動きではありません。

朝起きて、突進で洗面作業を終え、突進で身支度をして、


突進で職場に向かい、

突進で仕事を一日中繰り返す人が

「突進する上司」です。

「身を粉にして働く上司」は

ほとんどが「突進する上司」です。

そして、休まないから病気にもなりやすいのです…


Photo_4
代々木公園・ベンチと風景

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。

今日は、「突進する上司」と「頼りない部下」との人間関係についてです。

13タイプの上司と、13タイプの部下をチェックできます)

●突進する上司(突進の動き)と頼りない部下(虚脱の動き)の成功

突進の動き 」を持つ「突進する上司」は、部下に対しては、常に唐突に説明や指示を行うや否や、部下にも直ちに行動することを求めるのが特徴です。
そして、何事も誰よりも先に成し遂げることが大切なのだと感じている、猪突猛進タイプです。

一方、「虚脱の動き 」を持つ「頼りない部下」は、上司の説明や指示に対して、やる気がある態度や前向きな態度をしないのが特徴です。
そして、やる気を起こしたり責任感を持ったりしたくないと感じるタイプです。

この二人が一緒に仕事をすると、「突進する上司」は、部下に対して唐突な説明や指示を行い、直ちに行動に移すことを望みます。

しかし、「頼りない部下」は、上司の唐突な説明や指示について、質問や確認等をすることもなく、全くやる気のない態度で対応します。

それに対して「突進する上司」は、部下のやる気を引き出そうとして、熱心に行動をうながしますが、そのことによって、部下をやる気にさせることはなかなかできません。

したがって、「突進する上司」と「頼りない部下」は、非常に積極的な上司と非常に消極的な部下の組み合わせとなり、お互いに意識的に協力したり助け合ったりすることはできません。
しかし、部下の消極的な態度が、猪突猛進型の上司の勢いをトーンダウンさせたり、事前に、上司の勘違いや間違いに気付かせたりする
役割を果たす結果になることもあります。

         Photo                   
     ※虚脱の動きを持つ部下   ※突進の動きを持つ上司

●突進する上司(突進の動き)と頼りない部下(虚脱の動き)の失敗

突進の動き」を持つ「突進する上司」の欠点は、何事も唐突過ぎることです。

また、「虚脱の動き」を持つ「頼りない部下」の欠点は、やる気や前向きな態度がなさ過ぎることです。

二人が一緒に仕事をすると、「突進する上司」は、部下に対して唐突な説明や指示をして、部下が直ちに行動に移すことを期待したり、自ら進んで行動してしまいたいと感じたりしてしまいます。

しかし、「頼りない部下」は、上司の説明や指示に対して、全くやる気のない態度で対応します。

それに対して、「突進する上司」は、部下のやる気のない態度などはまったく気にすることなく、よりいっそう勢いを増して、自分一人で突っ走ってしまいます。

したがって、「突進する上司」と「頼りない部下」は、お互いにかみ合う部分がないために、猪突猛進型の上司は、部下を残したまま、自分勝手に突進を繰り返して、勘違いや誤解などから生じる多くの失敗や様々なトラブルを引き起こしてしまうのです。

●突進する上司(突進の動き)へのアドバイス

虚脱の動き 」を持つ「頼りない部下」は、やる気や前向きな態度になりにくいタイプだということを理解する必要があります。

したがって、「頼りない部下」に対しては、やる気や前向きな態度をあまり期待しないことが大切です。
                     Photo_2 ※虚脱の動きを持つ部下

●頼りない部下(虚脱の動き)へのアドバイス

突進の動き」を持つ「突進する上司」は、唐突過ぎて勘違いしやすいタイプだということを理解する必要があります。

したがって、「突進する上司」の説明や指示に対しては、必ず確認をとることが大切です。
                  Photo_3 ※突進の動きを持つ上司

 
 

|

« 突進する上司と頑固な部下の成功と失敗 | トップページ | 機敏な上司はトップセールスマンでも管理者にはなりにくい »

◆上司と部下の「動き」の組み合わせから生まれる成功と失敗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/59218727

この記事へのトラックバック一覧です: 突進する上司と頼りない部下の成功と失敗:

« 突進する上司と頑固な部下の成功と失敗 | トップページ | 機敏な上司はトップセールスマンでも管理者にはなりにくい »