« 107.仕切りやの上司と突進する部下の成功と失敗 | トップページ | 109.仕切りやの上司と動かない部下の相性 »

2014年3月31日 (月)

108.仕切りやの上司と消極的な部下の相性

   Photo_2                    
  
 ※消極的な部下   ※仕切りやの上司    

部下「指示ばかりしないで、自分でやればいいのにー」

上司「説明すればするほどやる気を失う奴だなー」


●「仕切りやの上司」(一点注意の動き)の特徴

Photo

一点注意の動き」を持つ「仕切りやの上司」は、部下に対する説明や指示をわかりやすく行うのが特徴です。

そして、自分の注意や相手の注意を集中させることが得意なタイプです。

●「消極的な部下」(退避の動き)の特徴
Photo 

一方、「退避の動き 」を持つ部下は、上司からの説明や指示は、直ぐに行動に移すのではなく、慎重に検討することが大事だと感じ、ついつい先延ばしになってしまうのが特徴です。

そして、直ぐに行うことによって生じる失敗を恐れて、何事にも消極的になるタイプです。



●職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
それは、13タイプの上司と13タイプの部下がいるからです。


上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。

お互いのタイプがわかれば、職場の人間関係は、はるかに改善されます。

※なお、13タイプの上司と、13タイプの部下はこちらからチェックすることができます。

|

« 107.仕切りやの上司と突進する部下の成功と失敗 | トップページ | 109.仕切りやの上司と動かない部下の相性 »

◆上司と部下の「動き」の組み合わせから生まれる成功と失敗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/59386174

この記事へのトラックバック一覧です: 108.仕切りやの上司と消極的な部下の相性:

« 107.仕切りやの上司と突進する部下の成功と失敗 | トップページ | 109.仕切りやの上司と動かない部下の相性 »