« 優柔不断な上司と頑固な部下の成功と失敗 | トップページ | 前向きな上司と意志が強い部下の成功と失敗 »

2014年2月19日 (水)

優柔不断な上司と頼りない部下の成功と失敗

こんにちは。

大まか過ぎる上司は、細かな部下をなかなか受け入れることができません。

細かな部下に、多くのことを助けてもらえるにもかかわらず…

速過ぎる上司は、落ち着いた部下をなかなか受け入れることができません。

落ち着いた部下に、多くのことを助けてもらえるにもかかわらず…

攻撃的過ぎる上司は、協調的な部下をなかなか受け入れることができません。

協調的な部下に、多くのことを助けてもらえるにもかかわらず…

上司にとって、大きさ・速さ・強さが違う部下は、

どうしても受け入れることができないのです。

同僚、友人、夫婦、恋人等も、

実は同じなのだということを

一番お伝えしたくて

このレポートを続けているのです…


Photo_4
※代々木公園・雪の散歩道

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。

今日は、「優柔不断な上司」と「頼りない部下」との人間関係についてです。

13タイプの上司と、13タイプの部下をチェックできます)

●優柔不断な上司(注意不明の動き)と頼りない部下(虚脱の動き)の成功

注意不明の動き」を持つ「優柔不断な上司」は、部下に対して明確な説明や指示をしないであいまいにするのが特徴です。
そして、自分が納得できるまで、多くのことを検討しようとして、いつまでも迷ってしまうタイプです。

一方、「虚脱の動き 」を持つ「頼りない部下」は、上司の説明や指示に対して、やる気がある態度や前向きな態度をしないのが特徴です。
そして、やる気を起こしたり責任感を持ったりしたくないと感じるタイプです。

この二人が一緒に仕事をすると、「優柔不断な上司」は、部下に対しての説明や指示を、いつも明確に行うことができません。

それに対して、「頼りない部下」は、上司のあいまいな説明や指示の内容についてほとんど質問や確認をせず、まったくやる気を見せないために、上司はこの部下の仕事に対する態度に関しても非常に心配になってしまいます。

そのために、「優柔不断な上司」は「頼りない部下」をやる気にさせようとして取り組むことになりますが、その結果、自分自身のあいまいな説明や指示の内容が次第に明確になるという利点があります。

したがって、この二人は、力を合わせて前向きに仕事を成し遂げていくという組み合わせではないためスピード感のある仕事はできませんが、あいまいになりやすい「優柔不断な上司」の欠点を、「頼りない部下」の存在が補う役割になった場合には、慎重で確実な仕事を成し遂げることができます。
                  
           
        Photo
      ※虚脱の動きを持つ部下   ※注意不明の動きを持つ上司

●優柔不断な上司(注意不明の動き)と頼りない部下(虚脱の動き)の失敗

注意不明の動き 」を持つ「優柔不断な上司」の欠点は、多くのことが気になって迷い過ぎることです。

また、「虚脱の動き」を持つ「頼りない部下」の欠点は、やる気がなさ過ぎることです。

この二人が一緒に仕事をすると、「優柔不断な上司」は多くのことが気になって迷ってしまうために、部下に対しての説明や指示が常にあいまいになってしまいます。

それに対して、「頼りない部下」は、上司の話にあまり関心を示さず、全くやる気を見せないために、上司は部下の仕事に対する態度のことも非常に気になってしまいます。

そのために、「優柔不断な上司」は部下にやる気を起こさせようと努力しますが、詳しく説明や指示をしようとすればするほど内容が複雑になり、なかなか部下をやる気にさせることができません。

しかし、「虚脱の動き」を持つ「頼りない部下」は、やる気や根性を表現したり感じたりしながら仕事をするのが嫌いなだけで、全く仕事を拒絶しているわけではありません。
したがって、上司の明確な説明や指示に対しては淡々と受け入れる用意はあります。

ところが、「優柔不断な上司」は、部下に対する明確な説明や指示を行うことを苦手としているために、「頼りない部下」に速やかな説明や指示を行うことができずに、多くの時間を費やしてしまうのです。

●優柔不断な上司(注意不明の動き)へのアドバイス

「虚脱の動き」を持つ「頼りない部下」は、やる気や根性を出しにくいタイプだということを理解する必要があります。

したがって、この「頼りない部下」に対しては、やる気や根性を求めないことが大切です。
           Photo_2 ※虚脱の動きを持つ部下

頼りない部下(虚脱の動き)へのアドバイス

「注意不明の動き」を持つ「優柔不断な上司」は、多くのことが気になって迷いやすいタイプだということを理解する必要があります。

したがって、「優柔不断な上司」に対しては、できるだけ決定を早めるようにしてもらうことが大切です。
            Photo_3 意不明の動きを持つ上司

 
 

|

« 優柔不断な上司と頑固な部下の成功と失敗 | トップページ | 前向きな上司と意志が強い部下の成功と失敗 »

◆上司と部下の「動き」の組み合わせから生まれる成功と失敗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/59157142

この記事へのトラックバック一覧です: 優柔不断な上司と頼りない部下の成功と失敗:

« 優柔不断な上司と頑固な部下の成功と失敗 | トップページ | 前向きな上司と意志が強い部下の成功と失敗 »