« スキージャンプ 葛西紀明選手の動きの分析 | トップページ | 優柔不断な上司と頑固な部下の成功と失敗 »

2014年2月17日 (月)

優柔不断な上司と協調的な部下の成功と失敗

こんにちは。

上司のあなたには、

私的に付き合いたいと思う部下と、

仕事で付き合いたいと思う部下がいるはずです。

実は、部下も上司に対して、同じように感じています。

そして、事実、人はそのような人間関係を持ちながら

生活しているのです。

私的につき合いやすい部下は、仕事では役に立ちません。

仕事で役に立つ部下は、私的にはつき合いやすくありません。

私的にあなたが求める部下への要求と、

仕事であなたが求める部下への要求が違うからです。

そして、あなたが部下に要求していた「モノ」は

実はいずれも、部下の「動き」だったのです…


Photo

※代々木公園・雪の風景

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。

今日は、「優柔不断な上司」と「協調的な部下」との人間関係についてです。

13タイプの上司と、13タイプの部下をチェックできます)

●優柔不断な上司(注意不明の動き)と協調的な部下(協調の動き)の成功

注意不明の動き」を持つ「優柔不断な上司」は、部下に対して明確な説明や指示をしないであいまいにするのが特徴です。
そして、自分が納得できるまで、多くのことを検討しようとして、いつまでも迷ってしまうタイプです。

一方、「協調の動き 」を持つ「協調的な部下」は、上司の説明や指示に対しては、常に賛同し従順に受け入れようとするのが特徴です。
そして、上司に対してはできるだけ対立を避けて、協調的でありたいと思うタイプです。


この二人が一緒に仕事をすると、「優柔不断な上司」は、部下に対しての説明や指示の内容が、いつも明確ではなくあいまいなものになってしまいます。

それに対して、「協調的な部下」は、あいまいな上司の説明や指示に対して、質問をしたり確認をしたりはせずに、従順にそのまま受け入れてしまうために、受け入れてしまった後で、具体的にどのようにすればよいかがわからなくなってしまうことがあります。

しかし、「協調的な部下」は、はっきりさせることが苦手な「優柔不断な上司」に対していつも協調的であるために、上司は落ち着いて説明や指示をすることができます。

したがって、「協調的な部下」の協力を得ながら、焦らずにゆっくりと説明や指示を行うことができた場合には、「優柔不断な上司」が持っている多くの情報を、部下に提供することができ、二人は確実性の高い仕事を成し遂げてゆくことができるのです。     
      
   Photo_6                
   ※協調の動きを持つ部下   ※注意不明の動きを持つ上司

●優柔不断な上司(注意不明の動き)と協調的な部下(協調の動き)の失敗

「注意不明の動き 」を持つ「優柔不断な上司」の欠点は、あいまい過ぎることです。

また、「協調の動き」を持つ「協調的な部下」の欠点は、何事にも賛同し過ぎることです。

この二人が一緒に仕事をすると、「優柔不断な上司」が部下に対しては明確な説明や指示をしなければいけないと思えば思うほど、多くのことが気になってどんどん迷ってしまいます。

そして、この上司はいつも迷い続けているために、部下に対する説明や指示のタイミングが大幅に遅れたり、ついには何もなかったことにしてしまうこともあります。

それに対して、常に上司の言動には協力的に対応しようとする「協調的な部下」は、上司の全ての言動を従順に受け入れてしまうために、この上司が生み出す多くの失敗は、たいていそのまま見逃されてしまいます。

したがって、「優柔不断な上司」と「協調的な部下」の二人の組み合わせは、全くぶつかり合うことはありませんが、部下はすでに失敗している上司を助けることができず、また上司は、部下が失敗の道を辿りやすい説明や指示をしてしまうことを止めることができないのです。

●優柔不断な上司(注意不明の動き)へのアドバイス

「協調の動き」を持つ「協調的な部下」は、協力的で従順なタイプだということを理解する必要があります。

したがって、この「協調的な部下」に対しては、責任をもって明確な説明や指示をすることが大切です。
           Photo_7 ※協調の動きを持つ部下

●協調的な部下(協調の動き)へのアドバイス

「注意不明の動き」を持つ「優柔不断な上司」は、多くのことが気になって迷いやすいタイプだということ理解する必要があります。

したがって、「優柔不断な上司」のあいまいな説明や指示は、できるだけ速やかに明確にすることが大切です。
            Photo_8 ※注意不明の動きを持つ上司

 
 

|

« スキージャンプ 葛西紀明選手の動きの分析 | トップページ | 優柔不断な上司と頑固な部下の成功と失敗 »

◆上司と部下の「動き」の組み合わせから生まれる成功と失敗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/59137988

この記事へのトラックバック一覧です: 優柔不断な上司と協調的な部下の成功と失敗:

« スキージャンプ 葛西紀明選手の動きの分析 | トップページ | 優柔不断な上司と頑固な部下の成功と失敗 »