« 突進する上司と仕切りやの部下の成功と失敗 | トップページ | 突進する上司と話が飛ぶ部下の成功と失敗 »

2014年1月24日 (金)

突進する上司とアバウトな部下の成功と失敗

こんにちは。

あなたの部下には、

「アバウトな部下」と「仕切りやの部下」がいるはずです。

そして、あなたはどちらの部下が好きですか?

大抵は、自分と同じタイプの部下にはストレスがなく

自分と反対のタイプの部下には、ストレスを感じます。

たとえ、仕事がうまくいこうとも

たとえ、仕事がトラブル続きになったとしても

自分と違うタイプは

やはり好きにはなれないものなのです。

Photo_5
※代々木公園の紅梅

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。

今日は、「突進する上司」と「アバウトな部下」との人間関係についてです。

13タイプの上司と、13タイプの部下をチェックできます)

●突進する上司(突進の動き)とアバウトな部下(全体注意の動き)の成功

突進の動き 」を持つ上司は、部下に対しては、常に唐突に説明や指示を行うや否や、部下にも直ちに行動することを求めるのが特徴です。
そして、何事も誰よりも先に成し遂げることが大切なのだと感じている、猪突猛進型タイプです。

一方、「全体注意の動き」を持つ「アバウトな部下」は、上司の説明や指示に対して、細かいことはあまり気にしないで全体的に把握するのが特徴です。
そして、上司の説明や指示を大きく発展させて解釈しやすいタイプです。

この二人が一緒に仕事をすると、「突進する上司」は部下に対して、唐突に説明や指示を行い、直ちに行動に移すことを強く要求します。

それに対して、「アバウトな部下」は、上司のどんな唐突な説明や指示に対しても、いつも大らかに受け入れて、希望通りのリアクションを行うことができます。

なぜならば、「アバウトな部下」は細かなことにはこだわらず、全体を把握するのが得意なタイプなので、唐突な上司の説明や指示に対しても十分に対応することができるのです。

ただし、「アバウトな部下」は、全体を把握することが得意な反面、細かい部分が抜け落ちやすくなります。また、いったん把握した内容を、時間の経過とともに拡大解釈をしてしまうので、ついつい上司の意図から外れてしまうことがあります。

しかし、上司が部下に対してうまく説明や指示を行い、部下も上司の意図を正しく把握できた場合には、誰よりも先んじて成果を上げたい上司の目的はおおむね達成されるのです。
      Photo                              
    ※全体注意の動きを持つ部下   ※突進の動きを持つ上司

●突進する上司(突進の動き)とアバウトな部下(全体注意の動き)の失敗

突進の動き 」を持つ「突進する上司」の欠点は、何事も唐突過ぎることです。

一方、「全体注意の動き」を持つ「アバウトな部下」の欠点は、何事も大ざっぱ過ぎることです。

この二人が一緒に仕事をすると、上司は部下に対して常に唐突な説明や指示をして、なおかつ、部下ができるだけ速やかに行動することを要求します。

それに対してこの部下は、上司の一番の要望は、できるだけ速やかに行動することなのだと考えて、細かいことにはまったくこだわらず、物事を速やかに成し遂げることを大優先にして取り組みます。

しかし、いくら唐突な上司であっても、仕事を進める速度が速いだけでは良いわけがありません。

上司が部下に対して行った説明や指示の内容と、あまりにもかけ離れた内容になってしまったら、いくら速やかに成し遂げられたとしても、多くの無駄なものを生産してしまうことになるのです。

●突進する上司(突進の動き)へのアドバイス

「全体注意の動き」を持つ「アバウトな部下」は、何事も大ざっぱになりやすいタイプだということを、理解する必要があります。

したがって、この「アバウトな部下」に対しては、どんなに急いでいる場合にも、具体的で細かな説明や指示をすることが大切です。
            Photo_2 ※全体注意の動きを持つ部下

アバウトな部下(全体注意の動き)へのアドバイス

突進の動きを持つ「突進する上司」は、誰よりも先んじて行動したくなるタイプだということを理解する必要があります。

したがって、この「突進する上司」の説明や指示に対しては、何とかして、間違いがないかを確認をすることが大切です。
             Photo_4 ※突進の動きを持つ上司

 
 
 

 
 

|

« 突進する上司と仕切りやの部下の成功と失敗 | トップページ | 突進する上司と話が飛ぶ部下の成功と失敗 »

◆上司と部下の「動き」の組み合わせから生まれる成功と失敗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/59000385

この記事へのトラックバック一覧です: 突進する上司とアバウトな部下の成功と失敗:

« 突進する上司と仕切りやの部下の成功と失敗 | トップページ | 突進する上司と話が飛ぶ部下の成功と失敗 »