« 協調的な上司とアバウトな部下の成功と失敗 | トップページ | 協調的な上司と優柔不断な部下の成功と失敗 »

2014年1月 4日 (土)

協調的な上司と話が飛ぶ部下の成功と失敗

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
今日は、「協調的な上司」と「話が飛ぶ部下」との人間関係についてです。


●協調的な上司(協調の動き)と、話が飛ぶ部下(不注意指示の動き)の成功


協調の動き 」を持つ上司は、部下に自信を持って説明や指示をするのが苦手なために、逆に部下の意見をできるだけ受け入れようとするのが特徴です。
そして、周囲との対立を避けて、協調的な行動をとるタイプです。

一方、「不注意指示の動き」を持つ部下は、注意や関心が一つのことに集中しないで、常に本題から外れたところに注意が向いてしまうのが特徴です。
そして、常に一貫性のある考え方をするよりも、その場の思いつきでどんどん変更することが大切なのだと感じているタイプです。


この二人が一緒に仕事をすると、上司は強い意志が無いために、様々な決断や決定を部下が提案してくれることを望みます。
ところが部下は、本筋に沿った適切な決断を下すことにはほとんど関心がなく、それよりも本題から外れた事柄が気になり、あれやこれや一貫性のない問題点ばかりを提案してしまいます。

したがって、この二人の組み合わせにおいては、部下は決断力や決定力がない上司をサポートすることができず、上司は注意や関心に一貫性がなく本題からそれやすい
部下を助けることができません。

しかし、この部下が、唐突に誰にも考えられないような素晴らしいアイデアを思いついた場合には、それを喜んで受け入れる上司の協力によって、二人は非常に大きな成功を獲得することができます。
ただし、それは非常に確率の低い成功であることは言うまでもありません。


      Photo_2
  ※不注意指示の動きを持つ部下     ※協調的な動きを持つ上司


●協調的な上司(協調の動き)と、話が飛ぶ部下(不注意指示の動き)の失敗

協調の動きの上司の欠点は、部下に協調や賛同をし過ぎることです。

一方、不注意指示の動きの部下の欠点は、何事にも一貫性がなく、話が飛び過ぎることです。

この二人が一緒に仕事をすると、部下がその場で唐突に思いついた注意点や問題点を、上司が快く賛同して、そのまま受け入れてしまします。

しかし残念ながら、部下が唐突に思いついた注意点や問題点は、本来、上司が行うべき決定内容からは大きくそれたものであることが多いため、ほとんどがとんちんかんな結果をとなってしまいます。

実際には、私達は毎日のようにこのようなトラブルに直面しています。
上司と部下が何度も打ち合わせをして仕事を進行しているにもかかわらず、なぜか全く予想外の方向に進展してしまうことは決して珍しくありません。

このような状況が生まれる背景には、上司と部下のそれぞれが持っている「動きが与える影響」が隠されています。
二人の「動き」の組み合わせによっては、お互いに全く助け合うことができずに、多くの失敗を招いてしまう例は珍しくないのです。

●協調的な上司(協調の動き)へのアドバイス

不注意指示の動きを持つ部下は、話に一貫性がなく飛び過ぎるタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの部下に対しては、強い自信を持って説明や指示をすることが大切です。
       Photo ※不注意指示の動きを持つ部下

●話が飛ぶ部下(不注意指示の動き)へのアドバイス

協調の動きを持つ上司は、部下が決断してくれることを望むタイプだということを理解する必要があります

したがって、このタイプの上司に対しては、できるだけ上司としての自信や責任を持った説明や指示をするようにお願いすることが大切です。

          Photo_3 ※協調の動きを持つ上司



|

« 協調的な上司とアバウトな部下の成功と失敗 | トップページ | 協調的な上司と優柔不断な部下の成功と失敗 »

◆上司と部下の「動き」の組み合わせから生まれる成功と失敗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/58881953

この記事へのトラックバック一覧です: 協調的な上司と話が飛ぶ部下の成功と失敗:

« 協調的な上司とアバウトな部下の成功と失敗 | トップページ | 協調的な上司と優柔不断な部下の成功と失敗 »