« 協調的な動きを持つ有名人(久本雅美) | トップページ | 頑固な動きを持つ有名人(松田聖子) »

2013年12月 6日 (金)

頼りない上司と頼りない部下の成功

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
今日は、「頼りない上司」と「頼りない部下」との人間関係についてです。


●頼りない上司(虚脱の動き)と頼りない部下(虚脱の動き)の成功

虚脱の動き
」を持つ上司は、部下への説明や指示を行う際にも、消極的でやる気を失ったかのような態度をとってしまうのが特徴です。そして、何事に対しても、なかなか自信や責任感を持つことができないタイプです。

同じく、「虚脱の動き 」を持つ部下は、上司からの説明や指示を聞く際にも、消極的でやる気がないような態度をとってしまうのが特徴です。そして、何事に対しても、なかなか自信や責任感を持つことができないタイプです。

この二人が一緒に仕事をすると、二人とも、強い自信や責任感を表現するのが苦手なタイプなので、お互いにぶつかったり不満を感じたりすることはありません。

ただし、不満が生じにくい一方で、強い決断力や決定力を必要とする仕事の場合には、何事にも自信が持てない上司を、同じく何事にも自信が持てない部下がサポートをすることができず、仕事が行き詰まってしまいます。

しかし、強い自信や責任感よりも、冷静な判断が要求されるような仕事の場合には、二人とも慎重に落ち着いて物事を進めてゆくことができるために、そのことが功を奏してうまくゆく場合があります。

Photo
 ※虚脱の動きを持つ部下     ※虚脱の動きを持つ上司


●頼りない上司(虚脱の動き)と頼りない部下(虚脱の動き)の失敗

虚脱の動きの上司の欠点は、何事に対しても、自信や責任感が持てず、やる気のない態度をしてしまうことです。

同じく虚脱の動きの部下の欠点も、上司の説明や指示に対して、自信や責任感が持てず、やる気のない態度をしてしまうことです。

したがって、この二人が一緒に仕事をすると、上司が自信のない説明や指示をして、はじめから失敗しそうな態度をとってしまうので、部下は上司の説明や指示に対して、いっそう自信や責任感が持てず、どうしたらよいかの判断ができずに途方に暮れてしまいます。

そして、二人とも頭の中で何とかしたいと思うだけで、なかなか実行に踏み切れず、物事が少しも進展しない状態が続きやすくなります。
すると、この二人はその状態に積極的に立ち向かおうとはせずに、ますますやる気を失いがっかりすることを繰り返してしまいます。

●頼りない上司(虚脱の動き)へのアドバイス

虚脱の動きを持つ部下は、自分と同じように、何事にも強い信念や自信を持つことが不得意なのだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの部下には、強い自信や責任感をもって説明や指示をすることが大切です。

    

    Photo_3*虚脱の動きをもつ部下


 

●頼りない部下(虚脱の動き)へのアドバイス 

虚脱の動きを持つ上司は、何事にも強い信念や自信を持つことが不得意なのだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの上司の説明や指示に対しては、何とか正しく聞き取る努力をすることが大切です。

     Photo_8*虚脱の動きを持つ上司

 
 

13種類の人の動き
Photo_21_2

|

« 協調的な動きを持つ有名人(久本雅美) | トップページ | 頑固な動きを持つ有名人(松田聖子) »

◆上司と部下の「動き」の組み合わせから生まれる成功と失敗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/58742450

この記事へのトラックバック一覧です: 頼りない上司と頼りない部下の成功:

« 協調的な動きを持つ有名人(久本雅美) | トップページ | 頑固な動きを持つ有名人(松田聖子) »