« 機敏な上司と消極的な部下の成功と失敗 | トップページ | 突進する上司と機敏な部下の成功と失敗 »

2013年12月10日 (火)

突進する上司と前向きな部下の成功と失敗

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
今日は、「突進する上司」と「前向きな部下」との人間関係についてです。


●突進する上司(突進の動き)と、前向きな部下(接近の動き)の成功


突進の動き 」を持つ上司は、部下に対しては、常に唐突に説明や指示を行い、直ちに行動することを求めるのが特徴です。
そして、何事も先んじて成し遂げることが大切なのだと感じている、猪突猛進型タイプです。

一方、「接近の動き
」を持つ部下は、上司の説明や指示に対しては、前向きに熱心に対応し、どんどん行動しようとするのが特徴です。そして、誰に対しても常に親しみやすく接するというタイプです。

の二人が一緒に仕事をすると、上司はいつも、突然に説明や指示をしては、すぐに行動に移すように求めます。
行動力のある部下は、上司の唐突な要求に十分対応できますが、上司の説明や指示に関しては、もう少し時間をかけて丁寧にして欲しいと感じてしまいます。
このような多少の食い違いはありますが、互いに行動的であるために、ぶつかり合うことはありません。

そして、この上司はついつい細かい部分の内容を省略して、唐突な指示や説明をしてしまいがちですが、常に部下が熱心に聞き取ろうとするために、上司の間違いや勘違いは十分にカバーされます。

したがって、この二人の組み合わせは、猪突猛進型の上司の欠点を、前向きで熱心な部下がカバーすることによって、正確で、ダントツに速い成果をあげることができるのです。


    Photo
     ※接近の動きを持つ部下     ※突進の動きを持つ上司


●突進する上司(突進の動き)と、前向きな部下(接近の動き)の失敗

突進の動きの上司の欠点は、何事も唐突に行動してしまうことです。

接近の動きの部下の欠点は、何事にも熱心に取り組み過ぎてしまうことです。

したがって
この二人が一緒に仕事をすると、より早く行動することを求める上司に対して、部下がどのようなことにも前向きで着実に行動してゆくために、とにかく次々と物事を解決し、どんどんと物事を生産していきます。

このような二人の組み合わせに、問題が生じるとしたら、上司があまりにも多くの指示を部下に要求してしまうときでしょう。

この部下は、上司の無理難題の指示にも何とかして応えようとするあまり、自分の能力の限界を越えて取り組んでしまい、健康を害してしまうことがあるので、注意が必要です。



●突進する上司(突進の動き)へのアドバイス

接近の動きを持つ部下は、何事にも前向きで熱心に対応するタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの部下に対しては、部下の健康を気遣って、常に仕事の量をセーブしておくことが大切です。

        Photo_3*接近の動きをもつ部下

●前向きな部下(接近の動き)へのアドバイス

突進の動きを持つ上司は、常に何事もできるだけ素早くしたいと感じるタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの上司に対しては、その指示の何もかもを実現しようと思い込まないことが大切です。

         Photo_2
*突進の動きを持つ上司

 
 

13種類の人の動き

Photo_21_2

|

« 機敏な上司と消極的な部下の成功と失敗 | トップページ | 突進する上司と機敏な部下の成功と失敗 »

◆上司と部下の「動き」の組み合わせから生まれる成功と失敗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/58747816

この記事へのトラックバック一覧です: 突進する上司と前向きな部下の成功と失敗:

« 機敏な上司と消極的な部下の成功と失敗 | トップページ | 突進する上司と機敏な部下の成功と失敗 »