« 動かない上司と動かない部下の成功と失敗 | トップページ | 意志が強い上司とアバウトな部下の成功と失敗 »

2013年12月28日 (土)

意志が強い上司と仕切りやの部下の成功と失敗

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
今日は、「意志が強い上司」と「仕切りやの部下」との人間関係についてです。


●意志が強い上司(攻撃の動き)と、仕切りやの部下(一点注意の動き)の成功


攻撃の動き 」を持つ上司は、物事をはっきりと決定して、強い責任感と自信を持って、部下に説明や指示をするのが特徴です。
このタイプの上司は、常に部下から信頼される強い意志を持っていなければいけないと感じているタイプです。

一方、「一点注意の動きを持つ部下は、相手に対する様々な説明や指示を非常に明確に行い、一つのことに相手や自分の注意を集中させることが得意なことが特徴です。
そして、常に相手からの具体的で明確な説明や指示を聞き取ろうと心がけているタイプです。


この二人が一緒に仕事をすると、上司は常に部下に対する説明や指示を自信を持って伝え、それに対して部下は、上司の自信のある説明や指示を一つ一つ確認して明確に聞き取ります。

したがって、この上司と部下の組み合わせでは、上司が強い自信を持って行った説明や指示は、部下の細いチェックが加わることによって
、いっそう正確で信頼性が強いものになります。

上司の強い意志が正確に部下に伝わることは、ビジネスの激しい競争に打ち勝ってゆくためには不可欠な条件と言えるでしょう。


      Photo

    ※一点注意の動きを持つ部下     ※攻撃の動きを持つ上司


●意志が強い上司(攻撃の動き)と、仕切りやの部下(一点注意の動き)の失敗

攻撃の動きの上司の欠点は、何事にも強い自信を持ち過ぎることです。

一方、一点注意の動きの部下の欠点は、何事にも細か過ぎることです。

この二人が一緒に仕事をすると、上司は何事も強い自信や責任感を持って部下に伝えなければならないと感じているために、たとえ内容が不確かな場合でも、あたかも確実であるかのように、自信と責任感を持って説明や指示をしてしまいがちです。

すると、通常は、上司の説明や指示をきちんと細かくチェックして聞き取ろうとする部下であっても、上司があまりにも自信を持って話すために、思わずその説明や指示を全く確認することなく、そのまま受け入れてしまうことによって、思わぬ失敗に陥ることがあります。

このように、常に強い責任感や自信が必要だと思う上司と、上司からの説明や指示は、常にきちんとチェックしなければならないと思う部下であるが故に、意外なところで失敗が引き起こされることがあるのです。

●意志が強い上司(攻撃の動き)へのアドバイス

一点注意の動きを持つ部下は、細かすぎるタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの部下に対しては、決して不確かな説明や指示はしないことが大切です。
         Photo_3 ※一点注意の動きをもつ部下

●仕切りやの部下(一点注意の動き)へのアドバイス

攻撃の動きを持つ上司は、自信や責任感が強すぎるということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの上司の強い自信や責任感には、あまり影響を受けないで、対応することが大切です。
          Photo_2※攻撃の動きを持つ上司





|

« 動かない上司と動かない部下の成功と失敗 | トップページ | 意志が強い上司とアバウトな部下の成功と失敗 »

◆上司と部下の「動き」の組み合わせから生まれる成功と失敗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/58837951

この記事へのトラックバック一覧です: 意志が強い上司と仕切りやの部下の成功と失敗:

« 動かない上司と動かない部下の成功と失敗 | トップページ | 意志が強い上司とアバウトな部下の成功と失敗 »