« 意志が強い上司と仕切りやの部下の成功と失敗 | トップページ | 意志が強い上司と話が飛ぶ部下の成功と失敗 »

2013年12月29日 (日)

意志が強い上司とアバウトな部下の成功と失敗

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を職毎日更新しています。
今日は、「意志が強い上司」と「アバウトな部下」との人間関係についてです。


●意志が強い上司(攻撃の動き)と、アバウトな部下(全体注意の動き)の成功


攻撃の動き 」を持つ上司は、部下に対して、物事をはっきりと決定して、強い責任と自信を持った説明や指示をするのが特徴です。
このタイプの上司は、常に部下から信頼される強い意志を持っていなければいけないと感じているタイプです。

一方、「全体注意の動き」を持つ部下は、細かいことにはこだわらず、常に物事を全体的に把握しようとするのが特徴です。
したがって、細かいことには注意をしないで大まかなことに注意をめぐらすタイプです。

この二人が一緒に仕事をすると、上司は常に部下に対する説明や指示を、自信を持って伝えようとし、それに対して部下は、上司からの説明や指示を、細かく確認して聞き取るのではなく、全体をアバウトに受け止めようとします。上司は、部下が強い責任感を持って説明や指示を受け入れないことに少し不満を感じてしまいます。

しかし、この部下がアバウトに対応することによって、上司が責任感を感じ過ぎたり、自信過剰になったりすることによって生じる様々な失敗を緩和することができます。


Photo 
    ※全体注意の動きを持つ部下     ※攻撃の動きを持つ上司


●意志が強い上司(攻撃の動き)と、アバウトな部下(全体注意の動き)の失敗

攻撃の動きの上司の欠点は、強い自信を持ち過ぎることです。

一方、全体注意の動きの部下の欠点は、何事も大まか過ぎることです。

この二人が一緒に仕事をすると、上司は部下に対しては、常に強い自信や責任感をを持って説明や指示をしますが、アバウトな部下は上司の熱心さや情熱をほとんど理解することができません。そして、自信や責任感よりも、もっと全体的に把握することの方が重要なのだと感じてしまいます。

したがって、上司が部下に対して行う自信と責任感にあふれた説明や指示は、上司の思い通りには伝わらず、アバウトな部下の解釈によって、ずっと大雑把なものに変化させられてしまいます。

●意志が強い上司(攻撃の動き)へのアドバイス

全体注意注意の動きを持つ部下は、全体的に注意したり把握したりすることが得意なタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの部下に対しては、細かいことに固執せず大まかな説明や指示をすることが大切です。

        Photo_2 ※全体注意の動きを持つ部下

●アバウトな部下(全体注意の動き)へのアドバイス

攻撃の動きを持つ上司は、自信や責任感が強いタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの上司の説明や指示に対しては、十分に信頼をして対応することが大切です。
          Photo_2※攻撃の動きを持つ上司




|

« 意志が強い上司と仕切りやの部下の成功と失敗 | トップページ | 意志が強い上司と話が飛ぶ部下の成功と失敗 »

◆上司と部下の「動き」の組み合わせから生まれる成功と失敗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/58852917

この記事へのトラックバック一覧です: 意志が強い上司とアバウトな部下の成功と失敗:

« 意志が強い上司と仕切りやの部下の成功と失敗 | トップページ | 意志が強い上司と話が飛ぶ部下の成功と失敗 »