« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月31日 (火)

意志が強い上司と優柔不断な部下の成功と失敗

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
今日は、「意志が強い上司」と「優柔不断な部下」との人間関係についてです。

●意志が強い上司(攻撃の動き)と、優柔不断な部下(注意不明の動き)の成功


攻撃の動き 」を持つ「意志が強い」上司は、部下に対して、物事をはっきりと決定して、強い責任と自信を持った説明や指示をするのが特徴です。
このタイプの上司は、常に部下から信頼される強い意志を持っていなければいけないと感じているタイプです。

一方、「注意不明の動き」を持つ部下は、あれこれ多くのことが気になって、注意点を一つに絞ることが不得意なのが特徴です。
そして、重要な注意点をすぐに解決することよりも、長時間をかけていろいろ気になることを検討することの方が大切だと思うタイプです。

この二人が一緒に仕事をすると、上司は常に強い自信を持って説明や指示を行うのに対して、部下は上司からの説明や指示について、明確に理解したり自信をもったりすることができません。
そのために、強い責任感を持って行動して欲しいと思う上司は、いつまでも長
く検討を続けてなかなか決断しない部下に対して不満を感じてしまいます。

しかし、一人ではなかなか物事をはっきりさせたり決断したりすることができないこの部下も、非常に強い自信と責任感を持って説明や指示をするこの上司のおかげで、普段よりも早く明確に受け入れることができます。

また、上司の話を直ぐには受け入れられずに、いろいろと迷う優柔不断な部下の行為は、上司の強い思い込みから生じやすい説明や指示のミスを事前に防ぐことにつながります。

したがって、この二人の組み合わせは、お互いに理解できず不満を感じる割には、無意識のうちに助け合う結果となり、よい結果をもたらすことができる関係なのです。

      Photo_2
  ※注意不明の動きを持つ部下     ※攻撃の動きを持つ上司


●意志が強い上司(攻撃の動き)と、優柔不断な部下(注意不明の動き)の失敗

攻撃の動きの上司の欠点は、強い自信を持ち過ぎることです。

一方、注意不明の動きの部下の欠点は、あれこれ迷い過ぎることです。

この二人が一緒に仕事をすると、上司は部下に対しては、常に強い自信や責任感をを持って説明や指示をしますが、優柔不断な部下は上司の自信や責任感には関心がなく、説明や指示の内容をもっと長くいろいろと検討する必要があると感じてしまいます。

したがって、上司が十分に説明や指示を済ませたと思っていても、部下はその後も一人で、内容についていろいろと検討したりチェックを繰り返したりして、長く迷い続けます。

そして、部下があれこれ迷い続けた結果、上司が初めに決断した説明や指示のとは違う内容に変させてしまい、様々な失敗を招いてしまうのです。
 

●意志が強い上司(攻撃の動き)へのアドバイス

注意不明の動きを持つ部下は、多くのことが気になって決めきれないタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの部下に対しては、できるだけ迷わせないようにわかりやすい説明や指示をすることが大切です。
       Photo_3 ※注意不明の動きを持つ部下

●優柔不断な部下(注意不明の動き)へのアドバイス

攻撃の動きを持つ上司は、自信や責任感が強いタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの上司の説明や指示に対しては、あれこれと悩まずに信頼して行動することが大切です。

          Photo_2※攻撃の動きを持つ上司



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月30日 (月)

意志が強い上司と話が飛ぶ部下の成功と失敗

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
今日は、「意志が強い上司」と「話が飛ぶ部下」との人間関係についてです。


●意志が強い上司(攻撃の動き)と、話が飛ぶ部下(不注意指示の動き)の成功


攻撃の動き 」を持つ「意志が強い」上司は、部下に対して、物事をはっきりと決定して、強い責任と自信を持った説明や指示をするのが特徴です。
このタイプの上司は、常に部下から信頼される強い意志を持っていなければいけないと感じているタイプです。

一方、「不注意指示の動き」を持つ「話が飛ぶ」部下は、言動に一貫性がなく、どんどん本題から外れてしまうのが特徴です。
そして常に、一貫性のある考え方や行動をするよりも、その場の思い付きでどんどん発展させた考え方や行動をする
タイプです。

この二人が一緒に仕事をすると、上司は常に強い自信を持って説明や指示をしようとするのに対して、部下は上司からの説明や指示を思いもよらない方向に発展させてしまいます。
そのために、強い責任感を持って行動して欲しいと思う上司は、話がどんどん散らかってしまう部下に対して不安や不満を感じてしまいます。

しかし、この上司は常に非常に強い責任感を持って説明や指示を行うために、話が飛びがちなこの部下も、この上司の説明や指示はかなり正しく聞き取ることができます。
また、この部下が話を発展させることによって、上司の強い思い込みから生じる説明や指示のミスを事前に救うことにもなります。

したがって、この二人の組み合わせは、お互いがうまく助け合うことができると、よりよい仕事の結果をもたらす場合もあります。

      Photo
  ※不注意指示の動きを持つ部下     ※攻撃の動きを持つ上司


●意志が強い上司(攻撃の動き)と、話が飛ぶ部下(不注意指示の動き)の失敗

攻撃の動きの上司の欠点は、強い自信を持ち過ぎることです。

一方、不注意指示の動きの部下の欠点は、あれこれ注意が散らかり過ぎることです。

この二人が一緒に仕事をすると、上司は部下に対しては、常に強い自信や責任感をを持って説明や指示をしますが、話が飛ぶ部下は上司の自信や責任感には関心がなく、もっと内容を発展させたり変更したりする必要があると感じてしまいます。

したがって、上司が部下に対して常にしっかりと説明や指示を行ったり、その後もチェックを繰り返したりしなければ、部下の解釈や行動はどんどんあらぬ方向に進展してしまい、多くの失敗を招いてしまいます。

●意志が強い上司(攻撃の動き)へのアドバイス

不注意指示の動きを持つ部下は、考え方や行動がその場の思いつきに支配されやすいタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの部下に対しては、その都度、内容を確認することや、注意を集中させることが大切です。
       Photo_2 ※不注意指示の動きを持つ部下

●アバウトな部下(不注意指示の動き)へのアドバイス

攻撃の動きを持つ上司は、自信や責任感が強いタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの上司の説明や指示に対しては、初めに決定した内容や行動をブラさずに対応することが大切です。

          Photo_2※攻撃の動きを持つ上司




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月29日 (日)

意志が強い上司とアバウトな部下の成功と失敗

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を職毎日更新しています。
今日は、「意志が強い上司」と「アバウトな部下」との人間関係についてです。


●意志が強い上司(攻撃の動き)と、アバウトな部下(全体注意の動き)の成功


攻撃の動き 」を持つ上司は、部下に対して、物事をはっきりと決定して、強い責任と自信を持った説明や指示をするのが特徴です。
このタイプの上司は、常に部下から信頼される強い意志を持っていなければいけないと感じているタイプです。

一方、「全体注意の動き」を持つ部下は、細かいことにはこだわらず、常に物事を全体的に把握しようとするのが特徴です。
したがって、細かいことには注意をしないで大まかなことに注意をめぐらすタイプです。

この二人が一緒に仕事をすると、上司は常に部下に対する説明や指示を、自信を持って伝えようとし、それに対して部下は、上司からの説明や指示を、細かく確認して聞き取るのではなく、全体をアバウトに受け止めようとします。上司は、部下が強い責任感を持って説明や指示を受け入れないことに少し不満を感じてしまいます。

しかし、この部下がアバウトに対応することによって、上司が責任感を感じ過ぎたり、自信過剰になったりすることによって生じる様々な失敗を緩和することができます。


Photo 
    ※全体注意の動きを持つ部下     ※攻撃の動きを持つ上司


●意志が強い上司(攻撃の動き)と、アバウトな部下(全体注意の動き)の失敗

攻撃の動きの上司の欠点は、強い自信を持ち過ぎることです。

一方、全体注意の動きの部下の欠点は、何事も大まか過ぎることです。

この二人が一緒に仕事をすると、上司は部下に対しては、常に強い自信や責任感をを持って説明や指示をしますが、アバウトな部下は上司の熱心さや情熱をほとんど理解することができません。そして、自信や責任感よりも、もっと全体的に把握することの方が重要なのだと感じてしまいます。

したがって、上司が部下に対して行う自信と責任感にあふれた説明や指示は、上司の思い通りには伝わらず、アバウトな部下の解釈によって、ずっと大雑把なものに変化させられてしまいます。

●意志が強い上司(攻撃の動き)へのアドバイス

全体注意注意の動きを持つ部下は、全体的に注意したり把握したりすることが得意なタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの部下に対しては、細かいことに固執せず大まかな説明や指示をすることが大切です。

        Photo_2 ※全体注意の動きを持つ部下

●アバウトな部下(全体注意の動き)へのアドバイス

攻撃の動きを持つ上司は、自信や責任感が強いタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの上司の説明や指示に対しては、十分に信頼をして対応することが大切です。
          Photo_2※攻撃の動きを持つ上司




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月28日 (土)

意志が強い上司と仕切りやの部下の成功と失敗

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
今日は、「意志が強い上司」と「仕切りやの部下」との人間関係についてです。


●意志が強い上司(攻撃の動き)と、仕切りやの部下(一点注意の動き)の成功


攻撃の動き 」を持つ上司は、物事をはっきりと決定して、強い責任感と自信を持って、部下に説明や指示をするのが特徴です。
このタイプの上司は、常に部下から信頼される強い意志を持っていなければいけないと感じているタイプです。

一方、「一点注意の動きを持つ部下は、相手に対する様々な説明や指示を非常に明確に行い、一つのことに相手や自分の注意を集中させることが得意なことが特徴です。
そして、常に相手からの具体的で明確な説明や指示を聞き取ろうと心がけているタイプです。


この二人が一緒に仕事をすると、上司は常に部下に対する説明や指示を自信を持って伝え、それに対して部下は、上司の自信のある説明や指示を一つ一つ確認して明確に聞き取ります。

したがって、この上司と部下の組み合わせでは、上司が強い自信を持って行った説明や指示は、部下の細いチェックが加わることによって
、いっそう正確で信頼性が強いものになります。

上司の強い意志が正確に部下に伝わることは、ビジネスの激しい競争に打ち勝ってゆくためには不可欠な条件と言えるでしょう。


      Photo

    ※一点注意の動きを持つ部下     ※攻撃の動きを持つ上司


●意志が強い上司(攻撃の動き)と、仕切りやの部下(一点注意の動き)の失敗

攻撃の動きの上司の欠点は、何事にも強い自信を持ち過ぎることです。

一方、一点注意の動きの部下の欠点は、何事にも細か過ぎることです。

この二人が一緒に仕事をすると、上司は何事も強い自信や責任感を持って部下に伝えなければならないと感じているために、たとえ内容が不確かな場合でも、あたかも確実であるかのように、自信と責任感を持って説明や指示をしてしまいがちです。

すると、通常は、上司の説明や指示をきちんと細かくチェックして聞き取ろうとする部下であっても、上司があまりにも自信を持って話すために、思わずその説明や指示を全く確認することなく、そのまま受け入れてしまうことによって、思わぬ失敗に陥ることがあります。

このように、常に強い責任感や自信が必要だと思う上司と、上司からの説明や指示は、常にきちんとチェックしなければならないと思う部下であるが故に、意外なところで失敗が引き起こされることがあるのです。

●意志が強い上司(攻撃の動き)へのアドバイス

一点注意の動きを持つ部下は、細かすぎるタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの部下に対しては、決して不確かな説明や指示はしないことが大切です。
         Photo_3 ※一点注意の動きをもつ部下

●仕切りやの部下(一点注意の動き)へのアドバイス

攻撃の動きを持つ上司は、自信や責任感が強すぎるということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの上司の強い自信や責任感には、あまり影響を受けないで、対応することが大切です。
          Photo_2※攻撃の動きを持つ上司





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月27日 (金)

動かない上司と動かない部下の成功と失敗

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、上司は、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
今日は、「動かない上司」と「動かない部下」との人間関係についてです。


●動かない上司(不動の動き)と、動かない部下(不動の動き)の成功


不動の動き 」を持つ上司は、部下に対していろいろと話をしますが、明確な説明や指示はしません。また、喜怒哀楽をあまり表情に出さず、ほとんど身体を動かさないで話をするのが特徴です。そして、直ぐに行動するよりも事前にいろいろと検討したり議論することの方が大事だと感じているタイプです。

同じく、「不動の動き
」を持つ部下もまた、上司といろいろと話し合いますが、喜怒哀楽をあまり表情に出さず、ほとんど身体を動かさないで話をするのが特徴です。そして、直ぐに行動するよりも事前にいろいろと検討したり議論することの方が大事だと感じているタイプです。

この二人が一緒に仕事をすると、上司も部下もほとんど行動しないことが特徴であるために、行動の仕方で対立することはありませんが、この二人の組み合わせが何か物事を成し遂げるということはほとんどありません。

二人は、行動することよりも議論することが重要だと感じているために、長い話し合いを繰り返すことになります。
そして、お互いに核心に迫る話題はできるだけ避けて、周辺の話をいろいろと
検討し合うだけで、実際には何も行動に移さない状態が続きます。

行動に移さないで話し合いばかりを繰り返す二人は、上司と部下が協力して、物事を成し遂げるという組み合わせにはなりませんが、長時間話し合ったり議論し合ったりすることが必要なデスクワークにおいては、成功を収めることができるでしょう。
Photo_5
    ※不動の動きを持つ部下     ※不動の動きを持つ上司


●動かない上司(不動の動き)と、動かない部下(不動の動き)の失敗

不動の動きの上司の欠点は、全く行動しないということです。

同じく、不動の動きの部下の欠点も、全く行動しないということです。

この二人が一緒に仕事をすると、この上司は部下に対して早く伝えなければならない重要な情報を持っているにもかかわらず、すぐに部下を呼んだり自分から話しかけたりしないため、タイミングよく適切な説明や指示をすることができません。

それに対してこの部下も、上司の説明や指示を積極的に聞いて、直ちに行動するという価値観を持っていないために、なかなか上司から重要な情報を聞き取ることができません。

実は、現実の組織には、このような二人の関係はたくさん存在しています。

しかし、一般に、上司は部下に適切な説明や指示ができるのは当たり前で、いつまでも説明や指示をしないでいることなどないと考えられています。

また、部下は自ら進んで上司から情報を聞いて行動するのは当たり前で、まさか、いつまでも上司からの指示を聞きとらず、行動もしないでいるなどということはあり得ないと考えられています。

ところが、現実の組織には今回のような上司と部下の組み合わせが数多く存在し、そのために多くの案件が滞っているのです。

●動かなない上司(不動の動き)へのアドバイス

不動の動きを持つ部下は、行動することが苦手な消極的なタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの部下に対しては、明確な説明や指示を行い、直ぐに行動するように促すことが大切です。
         Photo_6 ※不動の動きをもつ部下

●行動しない部下(不動の動き)へのアドバイス

不動の動きを持つ上司は、タイミングよく説明や指示をすることが不得意なタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの上司に対しては、できるだけ早く、的確な情報を聞き出すことが大切です。
         Photo_5 ※不動の動きを持つ上司





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月26日 (木)

動かない上司と消極的な部下の成功と失敗

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
今日は、「動かない上司」と「消極的な部下」との人間関係についてです。


●動かない上司(不動の動き)と、消極的な部下(退避の動き)の成功


不動の動き 」を持つ上司は、部下に対していろいろと話をしますが、明確な説明や指示はしません。また、喜怒哀楽をあまり表情に出さず、ほとんど身体を動かさないで話をするのが特徴です。そして、直ぐに行動するよりも事前にいろいろと検討したり議論することの方が大事だと感じているタイプです。

一方、「退避の動き 」を持つ部下は、上司からの説明や指示は、直ぐに行動に移すのではなく、慎重に検討することが大事だと感じ、ついつい先延ばしになってしまうのが特徴です。
そして、直ぐに行うことによって生じる失敗を恐れて、何事にも消極的になるタイプです。

この二人が一緒に仕事をすると、ほとんど行動しない上司と、行動はできるだけ先延ばしにしたくなる部下は、お互いがあまり行動的でないことに関しては、違和感はなく、意見がぶつかり合うこともありません。

それだけに、この二人の話し合いは、特別に盛り上がったりはしませんが、常に長くなるのが特徴です。そして長い時間をかけて話し合ったにもかかわらず、その後、部下はなおかつ一人でいろいろと検討を繰り返して、なかなか行動に移しません。

以上のように、核心に触れない議論を続けるばかりで、なかなか行動に移さない上司と部下の組み合わせは、何事もスピードが要求される現代のビジネスにおいては全く生産的な関係とは言えません。

このような二人が成功を収めるとしたら、慎重であることが非常に重要になる特殊な研究の現場か、あるいは、急きょ大幅な変更が生じるか、仕事が取り止めになったために、結局何もしないことがよかったという場合に限られるでしょう。
     Photo_3
    ※退避の動きを持つ部下     ※不動の動きを持つ上司


●動かない上司(不動の動き)と、消極的な部下(退避の動き)の失敗

不動の動きの上司の欠点は、全く行動しないということです。

一方、退避の動きの部下の欠点は、何事も先延ばしにし過ぎることです。

この二人が一緒に仕事をすると、上司から部下への説明や指示は、タイミングよく伝わることはありません。
なぜならば、上司は部下に臨機応変に話しかけたり動かしたりすることが不得意で、部下の方もまた、できるだけ上司とかかわり合うことを避けようとしてしまうからです。

また、この二人が話し合いの場を持った場合には、長時間話し合うにもかかわらず、上司が部下に速やかに伝えなければいけない事柄はなかなか伝わりません。
なぜならば、上司は核心に触れない周辺の話
ばかりがしたくなり、部下は上司の話を積極的には聞けず、消極的で批判的な意見ばかりを言いたくなってしまうからです。

厳しい
ビジネスの競争に打ち勝ってゆくためには、上司は部下に対する説明や指示をできるだけ速やかに、そして的確に行わなければなりません。
また部下は、上司からの説明や指示に常に積極的に対応して、直ぐに行動に移さなければなりません。

残念ながらこの二人の組み合わせは、上司と部下が互いに協力し合って、物事を成し遂げたり解決したりしてゆくためには、非常に難しい関係だと言えるでしょう。

●動かない上司(不動の動き)へのアドバイス

退避の動きを持つ部下は、物事をできるだけ先延ばしにしようとするタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの部下に対しては、明確な説明や指示とともに、直ぐに実行するように促すことが大切です。
         Photo_4 ※退避の動きをもつ部下

●消極的な部下(退避の動き)へのアドバイス

不動の動きを持つ上司は、タイミングよく説明や指示をすることが不得意なタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの上司に対しては、できるだけ早く肝心な情報を聞き出すことが大切です。
         Photo_5 ※不動の動きを持つ上司




 



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

動かない上司と突進する部下の成功と失敗

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
今日は、「動かない上司」と「突進する部下」との人間関係についてです。


●動かない上司(不動の動き)と、突進する部下(突進する動き)の成功


不動の動き 」を持つ上司は、部下に対していろいろと話をしますが、明確な説明や指示はしません。また、喜怒哀楽をあまり表情に出さず、ほとんど身体を動かさないで話をするのが特徴です。そして、直ぐに行動するよりも事前にいろいろと検討したり議論することの方が大事だと感じているタイプです。

一方、「突進の動き 」を持つ部下は、上司からの説明や指示を聞き取るや否や、直ちに行動に移すのが特徴です。
そして、何事も先んじて行うことに意義があると感じている、猪突猛進型
です。

この二人が一緒に仕事をすると、ほとんど行動しない上司と、何事にも先んじて行動する部下は、物事を始めるタイミングに関して全くかみ合わず、お互いに理解することができません。
そのために、いろいろと話をしながらも、なかなか明確な説明や指示をしない上司に対して、一刻も早く行動したいと思う部下はいつも大きな不満を感じてしまいます。

しかし、部下は、このような上司に積極的に話しかけて明確な説明や指示を聞き出そうとするので、上司の説明や指示は比較的早い時期に部下に伝わることになります。

そして、いったん説明や指示が部下に伝わると、猛烈な勢いで実行に移す部下によって強引に成し遂げられていきます。

この上司は、非常に行動的な部下を持ったことによって、本当は全く行動的でないにも関わらず、周囲からは、いつも物事を速やかに成し遂げる人というイメージを獲得することになります。

     Photo
    ※突進の動きを持つ部下     ※不動の動きを持つ上司


●動かない上司(不動の動き)と、突進する部下(突進の動き)の失敗

不動の動きの上司の欠点は、全く行動しないということです。

一方、突進の動きの部下の欠点は、何事も唐突に行動し過ぎることです。

この二人が一緒に仕事をすると、この上司は、早く伝えなければならない重要な情報を持っているにもかかわらず、すぐに部下を呼んだり自分から進んで話しかけたりしないため、重要な説明や指示を部下に早く伝えることができません。

それに対してこの部下は、上司の説明や指示を一刻も早く聞き取り、直ちに行動したいと望んでいるために、積極的に上司に話しかけて重要な情報を聞き出そうと試みます。

しかし、普段から部下の行動があまりにも唐突過ぎると感じている上司は、部下に対して肝心の説明や指示をすることを躊躇し、あいまいで適当な話をしてしまいがちになります。

ところが、早合点しやすいこの部下は、上司の適当な話をてっきり重要な説明や指示なのだと勘違いして、直ちに行動に移してしまいます。

そのため、他の部署や競争会社に先んじて物事を成し遂げる行動力のある部下によって、上司の意図を全く反映していない間違った内容が遂行され、大きな失敗に陥ることが繰り返されてしまうのです。

●動かない上司(不動の動き)へのアドバイス

突進の動きを持つ部下は、何事にも失敗を恐れず猪突猛進するタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの部下に対しては、できるだけ早く明確な説明や指示を行うことが大切です。
         Photo_2 ※突進の動きをもつ部下

●機敏な部下(機敏の動き)へのアドバイス

不動の動きを持つ上司は、タイミングよく説明や指示をすることが不得意なタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの上司に対しては、できるだけ多くかかわりあって、的確な情報を早く聞き出すことが大切です。
         Photo_5 ※不動の動きを持つ上司






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月24日 (火)

動かない上司と機敏な部下の成功と失敗

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
今日は、「動かない上司」と「機敏な部下」との人間関係についてです。


●動かない上司(不動の動き)と、機敏な部下(機敏の動き)の成功


不動の動き 」を持つ上司は、部下に対していろいろと話をしますが、明確な説明や指示はしません。また、喜怒哀楽をあまり表情に出さず、ほとんど身体を動かさないで話をするのが特徴です。そして、直ぐに行動するよりも事前にいろいろと検討したり議論することの方が大事だと感じているタイプです。

一方、「機敏の動き 」を持つ部下は、上司の説明や指示に対して大変素早く対応したり、物事をテキパキと処理したりするのが特徴です。そして、他人に対しては長くかかわり合うのが不得意で、すぐに遠ざかりたくなるシャイなタイプです。

この二人が一緒に仕事をすると、何事にも素早く対応することが得意な部下は、問題の周辺に関する話ばかりして、いつまでも肝心の説明や指示をしない上司の話には、なかなかついてゆくことができません。

そのために、上司との会話をできるだけ早く終わらせようとしてしまうため、いっそう上司からの説明や指示を聞き取ることができなくなってしまいます。

したがって、この二人の組み合わせにおいては、上司の説明や指示が部下に伝わるのは、他の部署や競争会社がとっくに着手した後になってからのことになってしまいます。

何事にも素早く対応して、テキパキと物事を処理していくことが得意なこの部下をもってしても、さすがにスタート時点での大きな後れを挽回することはできず、納期や締切に間に合わなくなってしまいがちです。

しかし、何かの都合で、この上司から部下に早い時期に正しい説明や指示が伝わった場合には、他の部署や競争会社よりもはるかに素早い対応で、物事が達成されることがあります。

      Photo_3
    ※機敏の動きを持つ部下     ※不動の動きを持つ上司


●動かない上司(不動の動き)と、機敏な部下(機敏の動き)の失敗

動かない動きの上司の欠点は、全く行動しないということです。

一方、機敏の動きの部下の欠点は、何事にも素早く対応し過ぎることです。

この二人が一緒に仕事をすると、この上司は部下に対して早く伝えなければならない重要な情報を持っているにもかかわらず、すぐに部下を呼んだり自分から話しかけたりしないため、早いタイミングで説明や指示をすることができません。

それに対してこの部下は、上司の説明や指示に素早く対応して、テキパキと処理をすることは得意であっても、上司に何気なく気軽に話しかけて重要な情報を聞き出すことなどは非常に不得意です。

したがって、せっかくスピーディーに物事を処理できる部下を持つ上司でありながら、部下に対して自分が素早く説明や指示をすることができないために、
部下の能力は全く活用されず、上司としての役割も危うくなってしまうのです。


●動かない上司(不動の動き)へのアドバイス

機敏の動きを持つ部下は、何事にも素早く対応するタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの部下に対しては、できるだけ早く的確な説明や指示を行うことが大切です。
         Photo_4 ※機敏の動きをもつ部下

●機敏な部下(機敏の動き)へのアドバイス

不動の動きを持つ上司は、タイミングよく説明や指示をすることが不得意なタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの上司に対しては、できるだけ多くかかわりあって、情報を早く聞き出すことが大切です。
         Photo_5 ※不動の動きを持つ上司






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

動かない上司と前向きな部下の成功と失敗

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
今日は、「動かない上司」と「前向きな部下」との人間関係についてです。


●動かない上司(不動の動き)と、前向きな部下(接近の動き)の成功


不動の動き 」を持つ上司は、部下に対していろいろと話をしますが、明確な説明や指示はしません。また、喜怒哀楽をあまり表情に出さず、ほとんど身体を動かさないで話をするのが特徴です。そして、直ぐに行動するよりも事前にいろいろと検討したり議論することの方が大事だと感じているタイプです。

一方、「接近の動き 」を持つ部下は、上司の説明や指示に対しては、前向きに熱心に対応し、着々と行動するのが特徴です。そして、誰に対しても常に親しみやすく接するタイプです。

の二人が一緒に仕事をすると、上司は、問題の周辺に関する話ばかりしてなかなか重要な説明や指示を行いませんが、前向きで熱心な部下がうまく上司に働きかけて、明確な指示を聞き出し、なんとか物事を成し遂げてゆきます。

このように、行動しない上司と積極的に行動する部下は、プライベートでは全く気が合いませんが、ビジネスにおいては、上司が抱える問題を部下がうまく聞き取り、部下が一人で着実に行動して問題を次々と解決するという成功例を生み出しやすい組み合わせです。

この場合、傍目には、上司が適切な説明や指示を行って、部下が着実に成し遂げているように見えますが、実は、前向きで熱心な部下が、上司がなかなか話さない重要な情報を聞き出して、なんとかうまく解決しているのです。

      Photo
    ※接近の動きを持つ部下     ※不動の動きを持つ上司


●動かない上司(不動の動き)と、前向きな部下(接近の動き)の失敗

動かない動きの上司の欠点は、全く行動しないということです。

一方、接近の動きの部下の欠点は、何事にも前向きで熱心過ぎるということです。

この二人が一緒に仕事をすると、上司は部下に対して早く伝えなければならない重要な情報を持っているのに、タイミングよく明確な説明や指示をするのが不得意なために、部下は上司と色々な話をしながら、大変な苦労をして重要な情報を聞き取ることになります。

そのために、熱心な部下が大変苦労して仕上げた仕事が、上司から有効な情報が早く得られないという理由で、無駄になってしまうということが数多く繰り返されます。

それでも熱心な部下は、常に上司に働きかけては、新たな情報を聞き取ろうとしますが、困ったことにこの上司は、部下の様々な苦労や失敗が、自分が早く明確な説明や指示をしないことから生じているということに全く気付きません。

上司と部下の組み合わせには、当然、効率の良い場合と悪い場合が生じてきます。
何事にも前向きで熱心な部下であっても、同じように前向きで熱心な上司との組み合わせになった場合と、今回のような動かない上司との組み合わせになった場合とでは、二人が生産する仕事の効率は大きく変わるのです。

今回の組み合わせは、部下が人一倍苦労をして、なおかつその苦労を上司は全く理解することができないという、残念な組み合わせの一例です。


●動かない上司(不動の動き)へのアドバイス

接近の動きを持つ部下は、何事にも積極的に行動するタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの部下に対しては、できるだけ早く的確な説明や指示を行うことが大切です。
         Photo_2 ※接近の動きをもつ部下

●前向きな部下(接近の動き)へのアドバイス

不動の動きを持つ上司は、わかりやすい説明や指示をすることが不得意なタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの上司に対しては、重要な情報を早く聞き出すことが大切です。
         Photo_5 ※機敏の動きを持つ上司






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月22日 (日)

消極的な上司と動かない部下の成功と失敗

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
今日は、「消極的な上司」と「動かない部下」との人間関係についてです。


●消極的な上司(退避の動き)と、動かない部下(不動の動き)の成功


退避の動き 」を持つ上司は、部下に対する説明や指示はできるだけ慎重にしなければいけないと感じ、ついつい先延ばしになってしまうのが特徴です。
そして、直ぐに行うことによって生じる失敗を恐れて、何事にも消極的になるタイプです。

一方、「
不動の動き 」を持つ部下は、上司からの説明や指示に対しては、よく話し合いますが、喜怒哀楽をあまり表情に出さず、ほとんど身体を動かさないで話をするのが特徴です。そして、行動することよりも議論をしたり検討したりすることの方が大事だと感じているタイプです。

この二人が一緒に仕事をすると、説明や指示を先延ばしにしたくなる消極的な上司に対して、何事も直ぐに行動に移さず、じっくり検討することが大事だと感じる部下の組み合わせであるために、「すぐには実行しない」という点に関しては非常によく気が合います。しかし、周囲からは、常に仕事が遅いチームだという評価を受けてしまいます。

この二人の組み合わせは、スピーディーに問題を解決していかなければ競争についていけない厳しいビジネスの世界では、致命的な欠点を持っているといえるでしょう。

したがって、敢えてこの上司と部下の組み合わせが成功を収めるケースを探すとすると、慎重になり過ぎて先延ばしにしていた上司の指示を、部下が検討ばかりを繰り返して行動に移さなかったことが、なぜか功を奏して、大失敗を逃れることになったという場合でしょう。

      Photo
    ※不動の動きを持つ部下     ※退避の動きを持つ上司


●消極的な上司(退避の動き)と、動かない部下(不動の動き)の失敗

退避の動きの上司の欠点は、何事も先延ばしにし過ぎることです。

一方、不動の動きの部下の欠点は、ほとんど行動しないということです。

この二人が一緒に仕事をすると、部下に対する説明や指示をできるだけ先延ばしにしたくなる上司は、様々な問題点を並べるばかりで、なかなか結論を出しません。

一方、部下は、行動することよりも議論をすることが大事だと思うタイプなだけに、問題点ばかり並べる上司の話にも十分対応してしまいます。

こうして、二人は長時間話し合うのですが、肝心な説明や指示をするタイミングはますます遅れていってしまいます。そして、いよいよ上司の腹も決まり、本題の説明や指示が部下に伝えられた頃には、残された時間は非常に少なくなっているのです。

上司の説明や指示を出すタイミングが遅い上に、部下にはほとんど実行力がないために、残念ながらこの二人が効率よく仕事を進めることは非常にむずかしいのです。

このように、上司と部下の組み合わせによっては、物事がより停滞してしまうことも起こりうるのです。

●消極的な上司(退避の動き)へのアドバイス

不動の動きを持つ部下は、ほとんど行動しないタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの部下に対しては、行動力を必要としないデスクワーク中心の仕事に配置転換することが大切です。
         Photo_6 ※不動の動きをもつ部下

●動かない部下(不動の動き)へのアドバイス

退避の動きを持つ上司は、何事もあと伸ばしにしてしまうタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの上司に対しては、何とかして早く情報を聞き出すことが大切です。

         Photo_2 ※退避
の動きを持つ上司





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月21日 (土)

突進する上司と動かない部下の成功と失敗

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
今日は、「突進する上司」と「動かない部下」との人間関係についてです。


●突進する上司(突進の動き)と、動かない部下(不動の動き)の成功


突進の動き 」を持つ上司は、部下に対しては、常に唐突に説明や指示を行い、直ちに行動することを求めるのが特徴です。
そして、何事も先んじて成し遂げることが大切なのだと感じている、猪突猛進型タイプです。


一方、「不動の動き 」を持つ部下は、上司からの説明や指示に対しては、よく話し合いますが、喜怒哀楽をあまり表情に出さず、ほとんど身体を動かさないで話をするのが特徴です。そして、行動することよりも議論をしたり検討したりすることの方が大事だと感じているタイプです。

の二人が一緒に仕事をすると、上司は部下に対して、とにかく直ぐに行動することを望みますが、部下は反対に、唐突に行動することよりもじっくり検討することが大切なのだと感じて、なかなか行動に移そうとしません。そのために、いつも部下は上司から「直ぐにしなさい!」と注意を受けてしまします。

そして、何事も直ぐに解決しなければ気が済まない上司は、ぐずぐずしている部下を急がせながら、自ら進んで部下に指示した仕事を猛烈な勢いで終わらせてしまいます。

ただし、部下が上司の説明や指示をよく理解ができた場合には、上司の勢いに押されて、一緒に行動する場合もあります。

この上司は、日頃から、このタイプの部下に限らず、ほとんどの部下に対して「仕事が遅い!」と感じているために、この部下を特別に嫌ったりするようなことはありません。

そして、率先垂範型の上司が何でも一人で強引に成し遂げてしまうために、大抵の仕事は達成されるため、傍目には二人はそこそこ気が合った関係なのではないかと思われています。


      Photo_4
    ※不動の動きを持つ部下     ※突進の動きを持つ上司


●突進する上司(突進の動き)と、動かない部下(不動の動き)の失敗

突進する動きの上司の欠点は、何事も強引に行動し過ぎることです。

一方、不動の動きの部下の欠点は、ほとんど行動しないということです。

この二人が一緒に仕事をすると、上司は、なかなか行動しない部下に対して、いちいち説明するのがもどかしく、すぐに行動したいという気持ちに駆り立てられて、いっそう唐突な指示をしてしまいがちです。

それに対して、行動することが不得意で、意味や理由をあれこれ検討することが重要だと感じる部下は、上司の唐突な説明や指示が全く理解ができないために、上司に対して常に大きな不満を抱いてしまいます。

一方、上司は、くどくどと説明をしなくてもわかるはずなのに、部下が直ぐ行動に移さない理由がまったく受け入れられず、イライラするばかりで、二人の仕事はなかなか前進することができません。

この上司一人であれば、他に抜きんでた行動力によって、どんなに激しい競争や大変な困難に対しても、少しもひるまずに突進することによって、それなりの成果を獲得できるかもしれません。
ところがこの二人の組み合わせになると、全く行動力のない部下を思い通りに動かすことができず、むしろ行動力の無い部署だという評価を受けざるを得なくなってしまうのです。



●突進する上司(突進の動き)へのアドバイス

不動の動きを持つ部下は、ほとんど行動しないタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの部下に対しては、行動力を必要としないデスクワーク中心の仕事に配置転換することが大切です。
         Photo_6 ※不動の動きをもつ部下

●動かない部下(不動の動き)へのアドバイス

突進の動きを持つ上司は、何事も直ぐに行動するタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの上司の指示に対しては、とにかく直ぐに行動することが大切です。

         Photo_5 ※突進
の動きを持つ上司





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月20日 (金)

機敏な上司と動かない部下の成功と失敗

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
今日は、「機敏な上司」と「動かない部下」との人間関係についてです。


●機敏な上司(機敏の動き)と、動かない部下(不動の動き)の成功


機敏の動き 」を持つ上司は、部下に対する説明や指示を大変素早く行ったり、物事をテキパキと処理したりするのが特徴です。そして、他人に対しては長くかかわり合うのが不得意で、すぐに遠ざかりたくなるシャイなタイプです。

一方、「不動の動き 」を持つ部下は、上司からの説明や指示に対しては、よく話し合いますが、喜怒哀楽をあまり表情に出さず、ほとんど身体を動かさないで話をするのが特徴です。そして、行動することよりも議論をしたり検討したりすることの方が大事だと感じているタイプです。

の二人が一緒に仕事をすると、上司は説明や指示をテキパキと素早く終えようとするのに対して、部下はじっくり時間をかけて話を聞こうとするので、お互いに不満になりがちです。部下は、上司の説明や指示はあっさりし過ぎて物足りないと感じ、上司は、この部下がなかなか理解しないことにいらだちを感じます。

しかし、自分からは決して上司に働きかけない部下と、他人に長くかかわり合うことが苦手な上司は、お互いに歩み寄ることがなく、分かり合えないままに時間が過ぎてしまいます。

そのため、上司が自分の指示を実行し終わったころだと思って部下に確認すると、部下は大抵、「そのようには聞いておりませんでしたので、まだ何もやっていません」と答える結果になりがちです。

しかし、この上司は素早く部下の行動をチェックすることが得意であるために、多くの場合、大きな事故は未然に防ぐことができます。

ただし、いつも上司自らが部下に代わって素早く処理をして、どうにか時間までに物事を成し遂げるという結果になりがちです。

      Photo
    ※不動の動きを持つ部下     ※機敏の動きを持つ上司


●機敏な上司(機敏の動き)と、動かない部下(不動の動き)の失敗

機敏の動きの上司の欠点は、何事も素早くし過ぎることです。

一方、不動の動きの部下の欠点は、ほとんど行動しないということです。

この二人が一緒に仕事をすると、上司は部下がまだまだ理解していない段階で、説明や指示を打ち切ってしまいます。
その理由は、部下にしてみれば、まだまだ不十分な指示や説明であっても、何事も素早くしたいと感じるこの上司は、すでに十分に時間をかけて説明や指示をしたと感じてしまうためです。

したがって、この部下はいつも、この上司の説明や指示がはっきりと理解できない結果に終わっています。すると、
もともと行動力の無いこの部下は、上司からの説明や指示がよくわからないまま、あるいは自分勝手な解釈をしたまま、いつまでも放置するという結果を招いてしまいます。

人は、自分が理解できることは他人も大体は理解できるだろうと考えています。また、特殊な技能ではない限り、自分ができることは他人も自分と同じようにできるだろうと考えています。

そのために、物事に素早く反応してテキパキと処理することが得意な上司は、部下はたとえ自分のようにはできないまでも、7~8割程度のことはできるはずだと思ってしまいます。

しかし、人にはそれぞれ得意な行動と不得意な行動がはっきりと存在していて、私たちは常にそのことに縛られて行動しているのです。

そして、不得意なことはできるだけ避けて、得意なことばかり選んで行動しているのですが、自分自身はなかなかそれに気づくことができません。

この二人の組み合わせの場合も、上司は自分が説明や指示をしたことは、大体は部下に伝わり、部下はある程度はその指示を達成できるだろうと思ってしまうのです。

●機敏な上司(機敏の動き)へのアドバイス

不動の動きを持つ部下は、ほとんど行動しないタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの部下に対しては、行動力を必要としないデスクワーク中心の仕事に配置転換することが大切です。
         Photo_6 ※不動の動きをもつ部下

●動かない部下(不動の動き)へのアドバイス

機敏の動きを持つ上司は、何事も素早く対応するタイプだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの上司に対しては、何事も素早く対応することが大切です。

         Photo_3 ※機敏
の動きを持つ上司





 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月19日 (木)

頑固な動きを持つ有名人(猪瀬直樹)

「人間関係から生まれる成功と失敗」のブログでは、13タイプの動きをする上司と部下の人間関係から生まれる基本的な成功と失敗事例を随時報告しています。

今回は、「頑固な上司と部下」をわかりやすくご理解いただくために、有名人の同じ動きを紹介しています。

●頑固な動き(独断の動き)が得意な有名人 (猪瀬直樹)

※独断の動きが得意な「猪瀬直樹」氏は、上に向かって力を入れるうなずきや手の動きを多投することによって、「不遜」「しっかりしていて頑固」というイメージを表現しています。


●頑固な動き(独断の動き)が得意な上司

Photo_7

●頑固な動き(独断の動き)が得意な部下
Photo_8


以上の頑固なタイプの有名人の動きがわかれば、頑固なタイプの上司と部下の人間関係がよりわかりやすくなります。

  • 頑固な上司と頼りない部下の成功と失敗 2013.11.27
  • 頑固な上司と頑固な部下の成功と失敗 2013.11.26
  • 頑固な上司と協調的な部下の成功と失敗 2013.11.25
  • 頑固な上司と意志の強い部下の成功と失敗 2013.11.24
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    前向きな上司と動かない部下の成功と失敗

    職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
    上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
    一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
    このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
    今日は、「前向きな上司」と「動かない部下」との人間関係についてです。


    ●前向きな上司(接近の動き)と、動かない部下(不動の動き)の成功


    接近の動き 」を持つ上司は、部下に対しての説明や指示を前向きで熱心な態度で行い、自らも進んで行動しようとするのが特徴です。そして誰に対しても常に親しみやすく接するというタイプです。

    一方、「不動の動き 」を持つ部下は、上司からの説明や指示に対しては、よく話し合いますが、喜怒哀楽をあまり表情に出さず、ほとんど身体を動かさないで話をするのが特徴です。そして、行動することよりも議論をしたり検討したりすることの方が大事だと感じているタイプです。

    の二人が一緒に仕事をすると、いつも上司の方から部下に対して、熱心に説明や指示が行われます。部下もまた上司からの説明や指示に対して、いろいろと意見や質問をして二人の話は盛り上がります。

    しかし、上司と部下の話が盛り上がる割には、部下はなかなか行動には移しません。そこで、前向きな上司が率先垂範して行動し、物事を成し遂げていきます。

    したがって、この二人の組み合わせは、上司が部下に熱心に説明したり指示をしたりしながらも、なかなか部下が動こうとしないために、結局、上司自らが部下の仕事までフォローしてしまうことになります。

    傍目には、部下が着実に物事を成し遂げているかのように見えますが、実はその裏で、上司が孤軍奮闘しているのです。


          Photo_3
        ※不動の動きを持つ部下     ※接近の動きを持つ上司


    ●前向きな上司(接近の動き)と、動かない部下(不動の動き)の失敗

    接避の動きの上司の欠点は、何事も熱心に取り組み過ぎることです。

    一方、不動の動きの部下の欠点は、ほとんど行動しないということです。

    この二人が一緒に仕事をすると、上司が部下に対して、説明や指示を行うところまでは、うまく進行しますが、その後、部下は一人ではなかなか行動に移しません。

    そこで、なかなか行動に移さない部下に対して、前向きで熱心な上司が率先垂範で取り組むことになります。

    すると、上司が行動をするときには部下も一緒に行動しますが、上司がいなくなれば、ついつい仕事は滞りがちになり、結局、後から上司が手助けをして完成させることになるのです。

    実は、上司から説明や指示を受けても、なかなか行動に移せないという部下は大勢存在しています。そして、そのような部下は一般には「やる気がない部下」としてとらえられています。

    このような部下は多くの上司にとって悩みの種で、「やる気がない部下」をいかにしてやる気にさせるかを書いた指南書は枚挙にいとまがありません。

    しかし、部下をやる気にさせようとして取り組む大抵の上司の努力は、うまくいかないのが現実です。

    それは、そのような部下の多くが「行動する動きを持たないタイプ」であることが最大の要因だからです。本当は行動的な部下が、何らかの理由で故意にサボっているというわけではないので、なかなかその部下をやる気にさせることができないのです。

    全国の多くの上司は、動かない部下をいかにして動かそうかと毎日努力していますが、それよりも部下を適材適所に配置することの方がはるかに重要です。行動的な部下を必要とする部署であるにもかかわらず、動かない部下が多い場合、上司が前向きで行動力があればあるほど、働きすぎて健康を損なうことになってしまうからです。

    ●前向きな上司(接近の動き)へのアドバイス

    不動の動きを持つ部下は、ほとんど行動しないタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの部下に対しては、無理やり行動させるよりも、行動力を必要としないデスクワーク中心の仕事に配置転換することが大切です。
             Photo_6 ※不動の動きをもつ部下

    ●動かない部下(不動の動き)へのアドバイス

    接近の動きを持つ上司は、何事も前向きに熱心に取り組むタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの上司に対しては、部下も前向きに熱心に取り組むことが大切です。

             Photo_4※接近
    の動きを持つ上司



    13種類の人の動き
    Photo_21_2

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年12月18日 (水)

    消極的な上司と消極的な部下の成功と失敗

    職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
    上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
    一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
    このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
    今日は、「消極的な上司」と「消極的な部下」との人間関係についてです。


    ●消極的な上司(退避の動き)と、消極的な部下(退避の動き)の成功


    退避の動き 」を持つ上司は、部下に対する説明や指示は、できるだけ慎重にしなければいけないと感じ、ついつい先延ばしになってしまうのが特徴です。
    そして、直ぐに行うことによって生じる失敗を恐れて、何事にも消極的になるタイプです。


    同じく、「退避の動き 」を持つ部下は、上司からの説明や指示は、直ぐに行動に移すのではなく、慎重に検討することが大事だと感じ、ついつい先延ばしになってしまうのが特徴です。
    そして、直ぐに行うことによって生じる失敗を恐れて、何事にも消極的になるタイプです。

    の二人が一緒に仕事をすると、部下に対する説明や指示を先延ばしにしたくなる消極的な上司に対して、部下もまた、上司から説明や指示を受けても、ついつい実行を先延ばしにしたくなるタイプであるために、二人は大変気が合いますが、周囲からは常に仕事が遅いと評価されてしまいます。

    現代のビジネスマンにとってもっとも大切なことは「スピード」です。上司がすばやく適切な指示や説明を行い、部下がそれをどんどん実行していかなければ、厳しい競争社会に打ち勝ってゆくことは困難です。

    従って、残念ながら、「退避の動き」を持つ上司と部下の組み合わせは、現代のビジネスマンとしては致命的な欠点を持っているといえるでしょう。

    しかし、現代の厳しい競争社会は、あまりにも状況の変化が激しいために、ぐずぐずと先延ばしにして行動しなかったことがかえって功を奏して、大失敗を逃れるという成功事例もあります。

    この二人が唯一、成功をもたらすときは、「先延ばしして手をつけなかったことが幸運だった」という時でしょう。

          Photo
        ※退避の動きを持つ部下     ※退避の動きを持つ上司


    ●消極的な上司(退避の動き)と、消極的な部下(退避の動き)の失敗

    退避の動きの上司の欠点は、何事も先延ばしにしてしまうことです。

    同じく退避の動きの部下の欠点は、何事も先延ばしにしてしまうことです。

    この二人が一緒に仕事をすると、上司も部下も、何事もついつい先延ばしにしたくなるタイプであるために、常に二人の仕事は大変遅くなってしまいます。

    ところが、この二人は、仕事が遅くなる要因が自分にあるということに、全く気付いてはいません。

    上司は、説明や指示を聞き取った部下が、直ぐに実行に移さないことや、やる気が欠如していることが、仕事が遅くなる最大の原因だと感じています。

    一方、部下は、上司が説明や指示をついつい先延ばしにしてしまうために、自分が説明や指示を受けた時点ですでに大変な後れを取っていることが、いつも物事が遅くなってしまう大きな原因だと感じています。

    こうして、二人はお互いに相手に責任を押し付けたまま、上司はいつものように説明や指示を先延ばしにしてしまい、部下もまた、説明や指示を受けたにもかかわらず、相変わらず直ぐには行動に移さないために、二人の仕事は大幅に遅れていってしまうのです。

    ●消極的な上司(退避の動き)へのアドバイス

    退避の動きを持つ部下は、何事もできるだけ先延ばしにしたくなるタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの部下に対しては、できるだけ速やかに説明や指示をして、直ぐに実行するように催促することが大切です。
            Photo_2 ※退避の動きをもつ部下

    ●消極的な部下(退避の動き)へのアドバイス

    退避の動きを持つ上司は、何事もできるだけ先延ばしにしたくなるタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの上司に対しては、できるだけ早く説明や指示をしてくれるように催促することが大切です。

             Photo_3
    退避の動きを持つ上司


    13種類の人の動き
    Photo_21_2

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年12月17日 (火)

    消極的な上司と突進する部下の成功と失敗

    職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
    上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
    一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
    このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
    今日は、「消極的な上司」と「突進する部下」との人間関係についてです。


    ●消極的な上司(退避の動き)と、突進する部下(突進の動き)の成功


    退避の動き 」を持つ上司は、部下に対する説明や指示は、できるだけ慎重にしなければいけないと感じ、ついつい先延ばしになってしまうのが特徴です。
    そして、直ぐに行うことによって生じる失敗を恐れて、何事にも消極的になるタイプです。


    一方、「突進の動き 」を持つ部下は、上司からの説明や指示を聞き取るや否や、直ちに行動に移すのが特徴です。
    そして、何事も先んじて行うことに意義があると感じている、猪突猛進型タイプです。


    の二人が一緒に仕事をすると、部下に対する説明や指示を、いつも先延ばしにしたくなる消極的な上司に対して、何事も失敗を恐れず、直ちに行動することこそが重要だと感じている部下は、価値観が全く異なるために、なかなか考え方がかみ合いません。

    しかし、この部下は、説明や指示が先延ばしになりがちな上司に対して、臆することなく激しく催促をして、上司から説明や指示を聞き取るや否や、猛烈な勢いで実行に移します。

    何事も慎重にしたいと思う上司にとっては、猪突猛進型の部下の行動が不安で仕方がありませんが、慎重すぎる上司と猛烈なスピードで行動する部下の組み合わせは、意外にも速くて
    正確な結果を生み出しやすいのです。     
          Photo_3
        ※突進の動きを持つ部下     ※退避の動きを持つ上司


    ●消極的な上司(退避の動き)と、突進する部下(突進の動き)の失敗

    退避の動きの上司の欠点は、何事も先延ばしにしてしまうことです。

    突進の動きの部下の欠点は、何事も直ちに実行してしまうことです。

    この二人が一緒に仕事をすると、部下への説明や指示をついつい先延ばしにしてしまう上司に対して、少しでも早く説明や指示を聞き取って、直ちに実行したいと思う部下とは、仕事を着手するタイミングに関して全く気が合いません。

    上司は部下に対して、あまりにも唐突過ぎる行動が大きな失敗を引き起こすのではないかと不安に感じ、一方、部下は上司に対して、ぐずぐずと躊躇ばかりしていては、他の部署や競合他社との競争に負けてしまうと感じて不満でなりません。

    このような状況で、部下が上司に少しでも早く説明や指示をしてくれるように強く要求すると、上司はかえってかたくなになって、そのタイミングをよけいに引き延ばすことになってしまいます。

    すると、なかなかはっきりしない上司からの説明や指示を待ちきれなくなった部下が、上司の許可をとらずに唐突に行動してしまい、多くの失敗を招く結果となるのです。

    ●消極的な上司(退避の動き)へのアドバイス

    突進の動きを持つ部下は、できるだけ速やかに行動したいと思うタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの部下に対しては、できるだけ速やかに説明や指示を行うことが大切です。
            Photo_4 ※突進の動きをもつ部下

    ●突進する部下(突進の動き)へのアドバイス

    退避の動きを持つ上司は、何事もできるだけ先延ばしにしたくなるタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの上司からは、何とかうまく働きかけて、早く説明や指示を聞き取ることが大切です。

             Photo_3
    退避の動きを持つ上司


    13種類の人の動き

    Photo_21_2

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年12月16日 (月)

    消極的な上司と機敏な部下の成功と失敗

    職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
    上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
    一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
    このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
    今日は、「消極的な上司」と「機敏な部下」との人間関係についてです。


    ●消極的な上司(退避の動き)と、機敏な部下(機敏の動き)の成功


    退避の動き 」を持つ上司は、部下に対する説明や指示は、できるだけ慎重にしなければいけないと感じ、ついつい先延ばしになってしまうのが特徴です。
    そして、直ぐに行うことによって生じる失敗を恐れて、何事にも消極的になるタイプです。


    一方、「機敏の動き 」を持つ部下は、上司の説明や指示に対して大変素早く対応したり、物事をテキパキと処理したりするのが特徴です。そして、他人に対しては長くかかわり合うのが不得意で、すぐに遠ざかりたくなるシャイなタイプです。

    の二人が一緒に仕事をすると、上司が、説明や指示をいつも先延ばしにしたくなる消極的なタイプであるのに対して、部下が、自ら上司に働きかけて説明や指示を聞き取ることが苦手であるために、お互いにきちんと話し合うことができず、なかなか意志を通じ合うことができません。

    しかし、上司が何かの都合で、部下に対してすぐに説明や指示を行った場合には、何事も速やかに処理をすることが得意な部下によって、たちまちの内に物事は成し遂げられます。

        
          Photo
        ※機敏の動きを持つ部下     ※退避の動きを持つ上司


    ●消極的な上司(退避の動き)と、機敏な部下(機敏の動き)の失敗

    退避の動きの上司の欠点は、何事も先延ばしにしてしまうことです。

    機敏の動きの部下の欠点は、自らすすんで相手に働きかけたりはしないことです。

    この二人が一緒に仕事をすると、説明や指示をついつい先延ばしにしてしまう上司と、自ら上司に働きかけて説明や指示を聞き取ろうとしない部下という関係であるために、ただただ何もしない時間が経過するばかりです。

    機敏な部下は、いったん、上司からの説明や指示を受け取った場合は、素早く対応して速やかに作業を処理をすることができるのですが、消極的な上司が自分の説明や指示を先延ばしすることによって、部下をいいタイミングで使うことができず、他の部署や競合他社に大きな後れを取ってしまうのです。


    同じこの部下も、積極的に説明や指示を行う上司との組み合わせになった場合には、いいタイミングで得意な事務処理能力を発揮することによって、周囲を驚かせるような優れた結果を上げることもあります。

    このように、成功するか失敗するかは、人と人の組み合わせ次第なのです。

    ●消極的な上司(退避の動き)へのアドバイス

    機敏の動きを持つ部下は、素早く対応することは得意だが、他人にかかわり合うことは不得意なタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの部下に対しては、できるだけ速やかに説明や指示を行うことが大切です。
            Photo_2機敏の動きをもつ部下

    ●機敏な部下(機敏の動き)へのアドバイス

    退避の動きを持つ上司は、何事もできるだけ先延ばしにしたくなるタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの上司からは、何とかうまく働きかけて、早く説明や指示を聞き取ることが大切です。

             Photo_3
    退避の動きを持つ上司


    13種類の人の動き

    Photo_21_2

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年12月15日 (日)

    消極的な上司と前向きな部下の成功と失敗

    職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
    上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
    一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
    このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
    今日は、「消極的な上司」と「前向きな部下」との人間関係についてです。


    ●消極的な上司(退避の動き)と、前向きな部下(接近の動き)の成功


    退避の動き 」を持つ上司は、部下に対する説明や指示は、できるだけ慎重にしなければいけないと感じ、ついつい先延ばしになってしまうのが特徴です。
    そして、直ぐに行うことによって生じる失敗を恐れて、何事にも消極的になるタイプです。


    一方、「接近の動き 」を持つ部下は、上司の説明や指示に対しては、前向きに熱心に対応し、着々と行動するのが特徴です。そして、誰に対しても常に親しみやすく接するタイプです。

    の二人が一緒に仕事をすると、上司は部下に対する説明や指示を、いつも先延ばしにして、なかなか伝えようとしません。これに対して部下は、上司の説明や指示が遅れていると感じると、相談や質問をうまく投げかけて、上司からの説明や指示を聞き出そうと取り組みます。

    したがって、部下が、この上司から説明や指示を聞き取った時には、すでに他の部署や競合他社に相当後れを取っていますが、前向きで実行力のある部下によって、大抵の遅れは取り戻すことができます。

    そんな二人の組み合わせは、常に積極的で熱心な部下が、上司の説明や指示がいつも遅いというハンデを挽回して、物事を成し遂げていきます。

    一方で、上司が常に慎重に物事に取り組もうとする姿勢が功を奏し、行動力のある部下をうまくコントロールすることで、二人の仕事はいつもミスなく着実に行われるという大きな特徴があります。

        Photo
      ※接近の動きを持つ部下     ※退避の動きを持つ上司


    ●消極的な上司(退避の動き)と、前向きな部下(接近の動き)の失敗

    退避の動きの上司の欠点は、何事も先延ばしにしてしまうことです。

    接近の動きの部下の欠点は、何事にも前向きに取り組み過ぎることです。

    この二人が一緒に仕事をすると、常に物事を先延ばしにしたいと思う上司に対して、部下は常に何事も前向きに積極的に取り組もうと思うので、お互いになかなか気が合いません。
    部下は上司のやる気のなさに不満に感じ、上司はいつも前向きでやる気のある部下を軽率だと思ったり、また、強いプレッシャーを感じたりしてしまいます。

    したがって、この上司は、前向きな部下が上司の分までカバーして物事を成し遂げる姿勢をなかなか評価することができません。

    また、上司が部下の能力を認めることができないために、この部下は上司から一度も誉められたり感謝されたりすることがなく、常にやりがいのないむなしさを感じてしまいます。

    ●消極的な上司(退避の動き)へのアドバイス

    接近の動きを持つ部下は、何事も、前向きで積極的なタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの部下に対しては、できるだけ速やかに説明や指示を行うことが大切です。
            Photo_2*接近の動きをもつ部下

    ●前向きな部下(接近の動き)へのアドバイス

    退避の動きを持つ上司は、何事もできるだけ先延ばしにしたくなるタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの上司からは、何とかして早く説明や指示を聞き取ることが大切です。

             Photo_3
    *退避の動きを持つ上司

     
    13種類の人の動き
    Photo_21_2

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年12月14日 (土)

    突進する上司と消極的な部下の成功と失敗

    職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
    上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
    一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
    このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
    今日は、「突進する上司」と「消極的な部下」との人間関係についてです。


    ●突進する上司(突進の動き)と、消極的な部下(退避の動き)の成功


    突進の動き 」を持つ上司は、部下に対しては、常に唐突に説明や指示を行い、直ちに行動することを求めるのが特徴です。
    そして、何事も先んじて成し遂げることが大切なのだと感じている、猪突猛進型タイプです。


    一方、「退避の動き 」を持つ部下は、上司の説明や指示に対して積極的にかかわることはなく、常に慎重に対応するのが特徴です。
    そして、何事も急がずに、できるだけ時間をかけて取り組むことが大切だと感じる消極的なタイプです。


    の二人が一緒に仕事をすると、上司はいつも部下に対して、とにかく直ぐに行動することを望みますが、部下は行動することはできるだけ先延ばしにして、行動する意味や理由についてじっくり検討することを望んでいますので、お互いに大きな不満を感じてしまいます。

    そんな二人は、お互いに協力して物事を成し遂げることなど到底あり得ないと感じがちですが、無意識のうちに、部下が上司の失敗を防ぐことができるという一面もあります。

    それは、このタイプの上司の説明や指示は、往々にして勘違いや思い込みが多く、細かい部分の情報を省略しやすいという特徴がありますが、部下が行動を先延ばしにして、いろいろと意見を述べたり反対したりすることによって、単純なミスや大きな問題点に気付き、大事に至らないですむという利点があるからです。

        Photo
      ※退避の動きを持つ部下     ※突進の動きを持つ上司


    ●突進する上司(突進の動き)と、消極的な部下(退避の動き)の失敗

    突進の動きの上司の欠点は、何事も唐突に行動してしまうことです。

    退避の動きの部下の欠点は、何事にも消極的になってしまうことです。

    この二人が一緒に仕事をすると、常に間髪を入れず行動することを求める上司に対して、部下は何事も直ぐには行動しないで、十分に検討をしていろいろな問題点を見つけだす出すことの方が大切なのだと感じています。

    したがって、上司はいつもあれこれ理屈ばかり並べてなかなか行動に移さない部下に対して腹を立ててしまいます。
    部下の方もまた、上司の唐突な説明や指示に対して、不信感を抱いてしまうので、二人の溝は広がるばかりです。

    どんな小さな組織であっても、上司が部下に対して出した指示を、部下がよく理解して、行動に移すことによって何らかの成果が上がるものです。
    ところが、この二人の関係は、上司が部下に指示を出す時点において、お互いの価値観が全然かみ合わないため、二人はなかなか成果を上げることができないのです。


    ●突進する上司(突進の動き)へのアドバイス

    退避の動きを持つ部下は、何事も、できるだけ先延ばしにしたくなるタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの部下に対しては、何事も上司からの指示ではなく、自分が考えたことなのだと思わせることが大切です。

            Photo_2*退避の動きをもつ部下

    ●消極的な部下(退避の動き)へのアドバイス

    突進の動きを持つ上司は、何事もできるだけ直ぐに行動したくなるタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの上司の指示には、何とか努力をして、できるだけ早い行動をするよう心掛けることが大切です。

             Photo_2
    *突進の動きを持つ上司

     
     
    13種類の人の動き

    Photo_21_2

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年12月13日 (金)

    突進する上司と突進する部下の成功と失敗

    職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
    上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
    一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
    このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
    今日は、「突進する上司」と「突進する部下」との人間関係についてです。


    ●突進する上司(突進の動き)と、突進する部下(突進の動き)の成功


    突進の動き 」を持つ上司は、部下に対しては、常に唐突に説明や指示を行い、直ちに行動することを求めるのが特徴です。
    そして、何事も先んじて成し遂げることが大切なのだと感じている、猪突猛進型タイプです。


    同じく、「突進の動き 」を持つ部下は、上司からの説明や指示を聞き取るや否や、直ちに行動に移すのが特徴です。
    そして、上司と同じように何事も先んじて成し遂げなければいけないと感じている、猪突猛進型タイプです。


    の二人が一緒に仕事をすると、二人ともに、注意深く調べたり、綿密な計画を立てたりすることよりも、とにかく早く実行することが一番大事なのだと感じているので、大変よく気が合います。
    そのために、上司からの唐突な説明や指示に対して、部下は全く疑うことなく、直ちに実行に移します。

    したがって、二人の勘違いや思い込みによって、様々な問題を生み出すことも事実ですが、多くの困難や激しい競争を伴う仕事の場合には、猪突猛進型の上司と部下の驚異的な行動力によって、大きな成果を勝ち取ることもできるのです。

        Photo
      ※突進の動きを持つ部下     ※突進の動きを持つ上司


    ●突進する上司(突進の動き)と、突進する部下(突進の動き)の失敗

    突進の動きの上司の欠点は、何事も唐突に行動してしまうことです。

    機敏の動きの部下の欠点は、何事も大急ぎで対応してしまうことです。

    したがって、
    この二人が一緒に仕事をすると、常に直ちに行動することを求める上司の影響を受けて、上司と同様、強引な実行力がある部下が一目散に物事を進行していきます。
    したがって、上司の説明や指示に間違いがない場合は、この組み合わせは最速の成果をもたらします。

    しかし、突進力が非常に強い
    上司の場合、説明や指示の内容が本題から外れたり、思い込みが強くなったり、また、重要なポイントが省略されやすいことも大きな特徴です。

    ところが、何事も直ちに実行することが一番大切だと感じている部下には、上司の説明や指示に関する不明点や問題点を指摘しなければいけないという考えは全くありません。

    したがって、この二人の組み合わせは、お互いに相手の気持ちをよく理解できる関係であるにもかかわらず、周囲が驚くような素晴らしい成果をあげることはごくまれで、たいていは勘違いや早合点による失敗を生み出しやすい関係なのです。


    ●突進する上司(突進の動き)へのアドバイス

    突進の動きを持つ部下は、自分と同じように、唐突に行動するタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの部下に対しては、決して間違った指示をしてはいけないということを認識しておくことが大切です。

            Photo_2*突進の動きをもつ部下

    ●突進する部下(突進の動き)へのアドバイス

    突進の動きを持つ上司は、常に何事もできるだけ早く実行したいと感じるタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの上司の指示には、勘違いや思い込みからくる間違いもあるということを常に念頭に入れておくことが大切です。

             Photo_2
    *突進の動きを持つ上司

     
     

    13種類の人の動き

    Photo_21_2

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年12月12日 (木)

    突進、機敏、独断の動きがある有名人(東国原英夫)

    「人間関係から生まれる成功と失敗」のブログでは、13タイプの動きをする上司と部下の人間関係から生まれる基本的な成功と失敗事例を随時報告しています。

    今回は、「突進」や「機敏」や「独断」の動きを持つ「上司と部下」をわかりやすくご理解いただくために、有名人の同じ動きを紹介しています。

    ●突進、機敏、独断の動きが得意な有名人(東国原英夫)

    日本維新の会の東国原英夫衆院議員(比例近畿)は、昨日、12月11日に離党届を提出して、今後の動静が注目されています。

    ※多くの動きを持つ「東国原英夫」氏は、

    ①手や身体を使って、前に向かって勢いよく進む「突進の動き
    ②手や身体を使って、後ろに向かって素早く引く「機敏の動き
    ③腕や頭や上半身を使って、下から上に向って力を入れる「独断の動き
    が特に得意です。

    上に向かって力を抜入れるうなずきアクションや前後に速く動くアクションを多投することによって、「臨機応変に、自分の信念をどこまでも貫き通す人」というキャラクターを表現しています。

    たけし軍団の一員から、第17代宮崎県知事に初当選、そして衆院議員へ。我が行く道を求めて、飽くなき前進と後退を繰り返す動きを持った「東国原英夫」氏の今後に注目したいと思います。



    ●突進する動き(突進の動き)が得意な上司と部下

    Photo


    ●機敏な動き(機敏の動き)が得意な上司と部下

    Photo_2


    ●頑固な動き(独断の動き)が得意な上司と部下

    Photo_3


    突進するタイプや、機敏なタイプや、頑固なタイプの有名人の動きがわかれば、それぞれのタイプの上司と部下の人間関係がよりわかりやすくなります。


     

      

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年12月11日 (水)

    突進する上司と機敏な部下の成功と失敗

    職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
    上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
    一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
    このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
    今日は、「突進する上司」と「機敏な部下」との人間関係についてです。


    ●突進する上司(突進の動き)と、機敏な部下(機敏の動き)の成功


    突進の動き 」を持つ上司は、部下に対しては、常に唐突に説明や指示を行い、直ちに行動することを求めるのが特徴です。
    そして、何事にも先んじて成し遂げることが大切なのだと感じている、猪突猛進型タイプです。


    一方、「機敏の動き 」を持つ部下は、上司の説明や指示に対して大変素早く対応したり、物事をテキパキと処理したりするのが特徴です。そして、他人に対しては長くかかわり合うのが不得意で、すぐに遠ざかりたくなるシャイなタイプです。

    の二人が一緒に仕事をすると、上司が次々と唐突に説明や指示を行うのに対して、何事も素早く対応することが得意な部下は、全くストレスを感じることなく、テキパキと作業を処理していくことができます。

    傍目には全く性格が異なるように見える二人ですが、猪突猛進型の上司と素早く作業をするのが得意な部下は、問題を解決したり物事を仕上げたりしてゆくには最高の組み合わせなのです。

    この二人の組み合わせは、上司が非常に短時間のうちに正しい指示を出すことができた場合には、部下がその指示を素早く実行することによって、周囲が驚くほどのスピードで多くの成功を収めることができるのです。

        Photo_4
      ※機敏の動きを持つ部下     ※突進の動きを持つ上司


    ●突進する上司(突進の動き)と、機敏な部下(機敏の動き)の失敗

    突進の動きの上司の欠点は、何事も唐突に行動してしまうことです。

    機敏の動きの部下の欠点は、何事にも素早く対応し過ぎてしまうことです。

    したがって
    この二人が一緒に仕事をすると、より早く行動することを求める上司の影響を受けて、素早く行動することが得意な部下は、より早い行動をとって、多くの物事が非常に早く進行していきます。

    このような二人の失敗は、上司の唐突な説明や指示には重要なポイントが省略されやすいために、二人のコミュニケーションが正しく行われないことが原因となって生じます。

    機敏な部下は、素早く上司に対応して素早く行動に移すことが得意なために、上司の説明や指示の省略された部分や間違いにはなかなか気付くことができず、そのまま行動に移してしまいやすいのです。

    このように、何事も周囲が驚くほどの速さで物事を進行させてゆく二人であるがゆえに、初動のちょっとした失敗が、意外に大きな失敗を招きやすいのです。


    ●突進する上司(突進の動き)へのアドバイス

    機敏の動きを持つ部下は、何事にも素早く対応するタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの部下に対しての指示は、決して間違いは許されないのだということを強く認識しておくことが大切です。

            Photo_5*機敏の動きをもつ部下

    ●機敏な部下(機敏の動き)へのアドバイス

    突進の動きを持つ上司は、常に何事もできるだけ素早くしたいと感じるタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの上司の指示には、勘違いや思い込みからくる間違いもあるということを常に念頭に入れておくことが大切です。

             Photo_2
    *突進の動きを持つ上司

     

    13種類の人の動き

    Photo_21_2

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年12月10日 (火)

    突進する上司と前向きな部下の成功と失敗

    職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
    上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
    一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
    このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
    今日は、「突進する上司」と「前向きな部下」との人間関係についてです。


    ●突進する上司(突進の動き)と、前向きな部下(接近の動き)の成功


    突進の動き 」を持つ上司は、部下に対しては、常に唐突に説明や指示を行い、直ちに行動することを求めるのが特徴です。
    そして、何事も先んじて成し遂げることが大切なのだと感じている、猪突猛進型タイプです。

    一方、「接近の動き
    」を持つ部下は、上司の説明や指示に対しては、前向きに熱心に対応し、どんどん行動しようとするのが特徴です。そして、誰に対しても常に親しみやすく接するというタイプです。

    の二人が一緒に仕事をすると、上司はいつも、突然に説明や指示をしては、すぐに行動に移すように求めます。
    行動力のある部下は、上司の唐突な要求に十分対応できますが、上司の説明や指示に関しては、もう少し時間をかけて丁寧にして欲しいと感じてしまいます。
    このような多少の食い違いはありますが、互いに行動的であるために、ぶつかり合うことはありません。

    そして、この上司はついつい細かい部分の内容を省略して、唐突な指示や説明をしてしまいがちですが、常に部下が熱心に聞き取ろうとするために、上司の間違いや勘違いは十分にカバーされます。

    したがって、この二人の組み合わせは、猪突猛進型の上司の欠点を、前向きで熱心な部下がカバーすることによって、正確で、ダントツに速い成果をあげることができるのです。


        Photo
         ※接近の動きを持つ部下     ※突進の動きを持つ上司


    ●突進する上司(突進の動き)と、前向きな部下(接近の動き)の失敗

    突進の動きの上司の欠点は、何事も唐突に行動してしまうことです。

    接近の動きの部下の欠点は、何事にも熱心に取り組み過ぎてしまうことです。

    したがって
    この二人が一緒に仕事をすると、より早く行動することを求める上司に対して、部下がどのようなことにも前向きで着実に行動してゆくために、とにかく次々と物事を解決し、どんどんと物事を生産していきます。

    このような二人の組み合わせに、問題が生じるとしたら、上司があまりにも多くの指示を部下に要求してしまうときでしょう。

    この部下は、上司の無理難題の指示にも何とかして応えようとするあまり、自分の能力の限界を越えて取り組んでしまい、健康を害してしまうことがあるので、注意が必要です。



    ●突進する上司(突進の動き)へのアドバイス

    接近の動きを持つ部下は、何事にも前向きで熱心に対応するタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの部下に対しては、部下の健康を気遣って、常に仕事の量をセーブしておくことが大切です。

            Photo_3*接近の動きをもつ部下

    ●前向きな部下(接近の動き)へのアドバイス

    突進の動きを持つ上司は、常に何事もできるだけ素早くしたいと感じるタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの上司に対しては、その指示の何もかもを実現しようと思い込まないことが大切です。

             Photo_2
    *突進の動きを持つ上司

     
     

    13種類の人の動き

    Photo_21_2

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年12月 9日 (月)

    機敏な上司と消極的な部下の成功と失敗

    職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
    上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
    一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
    このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
    今日は、「機敏な上司」と「消極的な部下」との人間関係についてです。


    ●機敏な上司(機敏の動き)と、消極的な部下(退避の動き)の成功


    機敏の動き 」を持つ上司は、部下に対する説明や指示を大変素早く行ったり、物事をテキパキと処理したりするのが特徴です。そして、他人に対しては長くかかわり合うのが不得意で、すぐに遠ざかりたくなるシャイなタイプです。

    一方、「退避の動き 」を持つ部下は、上司の説明や指示に対して積極的にかかわることはなく、常に慎重に対応するのが特徴です。
    そして、何事も急がずに、できるだけ時間をかけて取り組むことが大切だと感じる消極的なタイプです。


    の二人が一緒に仕事をすると、上司は、説明や指示を常にテキパキと素早く終えようとするのに対して、部下はできるだけ時間をかけて慎重に対応しようとするために、二人は常にお互いの態度に不満を感じてしまいます。

    しかし、この上司が、説明や指示をできるだけ素早く簡潔に済まそうとすることから生じる間違いは、できるだ
    け慎重に上司の説明や指示を聞き取ろうとする部下によって、大きな失敗に至る前に、救われることがあります。

    Photo
    ※退避の動きを持つ部下     ※機敏の動きを持つ上司


    ●機敏な上司(機敏の動き)と、消極的な部下(退避の動き)の失敗

    機敏の動きの上司の欠点は、何事も淡々と素早く行動し過ぎることです。

    退避の動きの部下の欠点は、何事もあと伸ばしにしようとしてしまうことです。

    したがって
    この二人が一緒に仕事をすると、上司は常に部下に対してテキパキと説明や指示を行い、すばやく行動することを求めますが、この部下は反対に常に慎重に上司の説明や指示を聞き取ることが大事だと感じて、なかなか行動に移そうとしません。

    一般的に考えて、現在の競争社会に打ち勝つためには、スピードは一番大切な要素です。 

    しかし、残念ながらこの二人の組み合わせは、上司がよりスピーディに説明や指示をしようとすればするほど、部下はますます慎重に聞き取ろうとしてしまうために、常に物事の着手が遅くなり、結果的になかなか競争に打ち勝つことができません。

    ●機敏な上司(機敏の動き)へのアドバイス

    退避の動きを持つ部下は、積極的な態度が苦手で、なかなかやる気をださないタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの部下に対しては、上司からの指示ではなく、いかにも自分が考えたことであるかのように思わせることが大切です。

            Photo_2*退避の動きをもつ部下

    ●消極的な部下(退避の動き)へのアドバイス

    機敏の動きを持つ上司は、部下への説明や指示はできるだけ素早くしたいと感じるタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの上司の説明や指示に対しては、できるだけ素早く積極的に対応することが大切です。
           Photo_3
    *機敏の動きを持つ上司

     
     

    13種類の人の動き

    Photo_21_2

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年12月 8日 (日)

    機敏な上司と突進する部下の成功と失敗

    職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
    上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
    一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
    このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
    今日は、「機敏な上司」と「突進する部下」との人間関係についてです。


    ●機敏な上司(機敏の動き)と、突進する部下(突進の動き)の成功


    機敏の動き 」を持つ上司は、部下に対する説明や指示を大変素早く行ったり、物事をテキパキと処理したりするのが特徴です。そして、他人に対しては長くかかわり合うのが不得意で、すぐに遠ざかりたくなるシャイなタイプです。

    一方、「突進の動き 」を持つ部下は、上司の説明や指示を納得して受け入れた場合には、先を競って猛烈に取り組みますが、受け入れられない場合は、たとえ上司であっても、激しく質問したり反対したりしてしまうのが特徴です。
    そして、何事にも前向きに当たって砕けろの精神で取り組むことが大切なのだと感じている、猪突猛進型タイプです。


    の二人が一緒に仕事をすると、上司は、説明や指示を常にテキパキと素早く終えようとし、一方、部下は、とにかく聞き取った内容をすぐに実行しなければならないと感じているために、二人のコミュニケーションは非常に早いのが特徴です。

    この部下は、上司の説明や指示に関しては、調べたり計画したりすることよりも、とにかく一刻も早く行動することこそが大切なのだと感じています。
    そのため、思い込み過ぎたり早とちりしたりした場合には、とんちんかんな結果を招くこともあります

    しかし、素早くテキパキと指示をするのが得意な上司との組み合わせの場合は、説明や指示が簡潔にまとめられているために、この部下の超特急の実行力により、周囲を驚かすほどの速さで物事を達成してしまいます。

    Photo
    ※突進の動きを持つ部下     ※機敏の動きを持つ上司


    ●機敏な上司(機敏の動き)と、突進する部下(突進の動き)の失敗

    機敏の動きの上司の欠点は、何事も淡々と素早く行動し過ぎることです。

    突進の動きの部下の欠点は、何事も唐突に行動してしまうことです。

    この二人が一緒に仕事をすると、「まず行動ありき」の突進型の部下は、上司が素早くテキパキと説明や指示をすることに対してまったく不満はありません。

    しかし、この部下は一つのことを実行しようとして突き進んでしまうので、上司からの説明や指示の内容が刻々と変化していくような仕事の場合には、なかなか小回りが利きません。一度、納得したら、猪突猛進することがこの部下の最も得意としていることなので、上司が一度出した指示の急な変更にはなかなか対応することができないのです。

    ビジネスにおいては、急な変更や修正は日常茶飯事です。 
    機敏な上司は、変化する現状に合わせて素早く指示の変更や修正を行いますが、部下は行動があまりにも早すぎるがゆえに、どんどん変わる変更や修正の指示にはうまく対応することができず、大きなトラブルを起こしてしまうことがあります。

    ●機敏な上司(機敏の動き)へのアドバイス

    突進の動きを持つ部下は、一旦行動し始めると、先を競って突進するタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの部下に対しての説明や指示は、途中の変更や修正は難しいということを理解しておくことが大切です。
           Photo_2
    *突進の動きをもつ部下

    ●突進する部下(突進の動き)へのアドバイス

    機敏の動きを持つ上司は、部下への説明や指示はできるだけ素早くしたいと感じるタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの上司の説明や指示に対しては、できるだけ集中して聞き取ったり、その場の状況に応じて臨機応変に対応することが大切です。

           Photo_3
    *機敏の動きを持つ上司

     
     
    13種類の人の動き

    Photo_21_2

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年12月 7日 (土)

    機敏な上司と機敏な部下の成功と失敗

    職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
    上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
    一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
    このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
    今日は、「機敏な上司」と「機敏な部下」との人間関係についてです。


    ●機敏な上司(機敏の動き)と、機敏な部下(機敏の動き)の成功


    機敏の動き 」を持つ上司は、部下に対する説明や指示を大変素早く行ったり、物事をテキパキと処理したりするのが特徴です。そして、他人に対しては長くかかわり合うのが不得意で、すぐに遠ざかりたくなるシャイなタイプです。

    同じく「機敏の動き 」を持つ部下は、上司の説明や指示に対して大変素早く対応したり、物事をテキパキと処理したりするのが特徴です。そして、他人に対しては長くかかわり合うのが不得意で、すぐに遠ざかりたくなるシャイなタイプです。

    の二人が一緒に仕事をすると、上司は常に説明や指示をテキパキと素早く終えようとしますが、それに対して部下もまた、テキパキと素早く聞き取って、すぐに実行に移したいと思っているので、二人はお互い不満を持つようなことはありません。

    このように、二人の打ち合わせはすぐに終わってしまうので、傍目からは、二人はあまり話し合いたくない関係のように思われがちですが、上司からの説明や指示は十分に部下に伝わっており、二人の組み合わせは、常にどの部署よりもスピーディーに物事を成し遂げていきます。
    Photo_5
    ※機敏の動きを持つ部下     ※機敏の動きを持つ上司


    ●機敏な上司(機敏の動き)と、機敏な部下(機敏の動き)の失敗

    機敏の動きの上司の欠点は、何事も淡々と素早く行動し過ぎることです。

    同じく機敏の動きの部下の欠点は、上司の説明や指示を常に淡々と素早く受け入れて、すぐに実行してしまうことです。

    この二人が一緒に仕事をすると、説明や指示をすぐに切り上げようとしがちな上司に対して、部下の方も説明や指示を素早く受け入れて、すぐに行動に移そうとします。

    しかし、上司と同じ動きを持つ部下は、素早く上司を受け入れることが得意な反面、上司のミスに気づいたり、問題点を指摘したり確認したりすることは非常に苦手です。

    そのために、上司の説明や指示が正しく適切である場合には、何の問題も生じませんが、上司の錯覚や勘違いなどで説明や指示が誤っている場合には、そのまま部下が受け入れて、すぐに実行に移してしまうために、上司の失敗を部下がフォローすることができません。

    このように、スピーディーな仕事が得意な二人は、物事を早く進められるといういい組み合わせなのですが、一方で、お互いの簡単なミスをバックアップし合うことができないという残念な組み合わせでもあるのです。

    ●機敏な上司(機敏の動き)へのアドバイス

    機敏の動きを持つ部下は、上司の説明や指示は素早く聞き取って、すぐに実行しようとするタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの部下に対しての説明や指示は、絶対に間違わないように心掛けることが大切です。
           Photo_4
    *機敏の動きをもつ部下

    ●機敏な部下(機敏の動き)へのアドバイス

    機敏の動きを持つ上司は、部下への説明や指示はできるだけ素早くしたいと感じるタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの上司の説明や指示に対しては、重要なポイントは必ず確認をして、素早く聞き取ることが大切なのです。

           Photo_3
    *機敏の動きを持つ上司

     

    13種類の人の動き

    Photo_21_2

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    頑固な動きを持つ有名人(松田聖子)

    「人間関係から生まれる成功と失敗」のブログでは、13タイプの動きをする上司と部下の人間関係から生まれる基本的な成功と失敗事例を随時報告しています。

    今回は、頑固な動きを持つ「上司と部下」をわかりやすくご理解いただくために、有名人の同じ動きを紹介しています。

    ●頑固な動き(独断の動き)が得意な有名人 (松田聖子)

    1980年代を代表するアイドルである「松田聖子」は、
    かわいいだけでなく、自分の信念を貫く強い一面(頑固な面)を持っている。

    ※独断の動きが得意な「松田聖子」は、上に向かって力を抜入れるうなずきアクションを多投することによって、「自分の信念をどこまでも貫き通す人」というキャラクターを表現しています。
    他人の目を気にせず、自分らしい生き方を貫くところが、多くの女性の共感を集めています。



    ●頑固な動き(独断の動き)が得意な上司

    Photo_10



    ●頑固な動き(独断の動き)が得意な部下
    Photo_11


    頑固なタイプの有名人の動きがわかれば、頑固なタイプの上司と部下の人間関係がよりわかりやすくなります。

    頑固な上司と頑固な部下の成功と失敗 2013.11.27
    頑固な上司と頼りない部下の成功と失敗2013.11.26
    頑固な上司と協調的な部下の成功と失敗 2013.11.25
    頑固な上司と意志の強い部下の成功と失敗 2013.11.24

     


     

     

     

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年12月 6日 (金)

    頼りない上司と頼りない部下の成功

    職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
    上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
    一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
    このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
    今日は、「頼りない上司」と「頼りない部下」との人間関係についてです。


    ●頼りない上司(虚脱の動き)と頼りない部下(虚脱の動き)の成功

    虚脱の動き
    」を持つ上司は、部下への説明や指示を行う際にも、消極的でやる気を失ったかのような態度をとってしまうのが特徴です。そして、何事に対しても、なかなか自信や責任感を持つことができないタイプです。

    同じく、「虚脱の動き 」を持つ部下は、上司からの説明や指示を聞く際にも、消極的でやる気がないような態度をとってしまうのが特徴です。そして、何事に対しても、なかなか自信や責任感を持つことができないタイプです。

    この二人が一緒に仕事をすると、二人とも、強い自信や責任感を表現するのが苦手なタイプなので、お互いにぶつかったり不満を感じたりすることはありません。

    ただし、不満が生じにくい一方で、強い決断力や決定力を必要とする仕事の場合には、何事にも自信が持てない上司を、同じく何事にも自信が持てない部下がサポートをすることができず、仕事が行き詰まってしまいます。

    しかし、強い自信や責任感よりも、冷静な判断が要求されるような仕事の場合には、二人とも慎重に落ち着いて物事を進めてゆくことができるために、そのことが功を奏してうまくゆく場合があります。

    Photo
     ※虚脱の動きを持つ部下     ※虚脱の動きを持つ上司


    ●頼りない上司(虚脱の動き)と頼りない部下(虚脱の動き)の失敗

    虚脱の動きの上司の欠点は、何事に対しても、自信や責任感が持てず、やる気のない態度をしてしまうことです。

    同じく虚脱の動きの部下の欠点も、上司の説明や指示に対して、自信や責任感が持てず、やる気のない態度をしてしまうことです。

    したがって、この二人が一緒に仕事をすると、上司が自信のない説明や指示をして、はじめから失敗しそうな態度をとってしまうので、部下は上司の説明や指示に対して、いっそう自信や責任感が持てず、どうしたらよいかの判断ができずに途方に暮れてしまいます。

    そして、二人とも頭の中で何とかしたいと思うだけで、なかなか実行に踏み切れず、物事が少しも進展しない状態が続きやすくなります。
    すると、この二人はその状態に積極的に立ち向かおうとはせずに、ますますやる気を失いがっかりすることを繰り返してしまいます。

    ●頼りない上司(虚脱の動き)へのアドバイス

    虚脱の動きを持つ部下は、自分と同じように、何事にも強い信念や自信を持つことが不得意なのだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの部下には、強い自信や責任感をもって説明や指示をすることが大切です。

        

        Photo_3*虚脱の動きをもつ部下


     

    ●頼りない部下(虚脱の動き)へのアドバイス 

    虚脱の動きを持つ上司は、何事にも強い信念や自信を持つことが不得意なのだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの上司の説明や指示に対しては、何とか正しく聞き取る努力をすることが大切です。

         Photo_8*虚脱の動きを持つ上司

     
     

    13種類の人の動き
    Photo_21_2

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    協調的な動きを持つ有名人(久本雅美)

    「人間関係から生まれる成功と失敗」のブログでは、13タイプの動きをする上司と部下の人間関係から生まれる基本的な成功と失敗事例を随時報告しています。

    今回は、協調的な動きを持つ「上司と部下」をわかりやすくご理解いただくために、有名人の同じ動きを紹介しています。

    ●協調的な動き(協調の動き)が得意な有名人 (久本雅美)

    人気の女性お笑いタレント「久本雅美」は、他人の話を優しく聞いてあげるというアクションも得意。
    協調の動きが得意な「久本雅美」は、上に向かって力を抜くうなずきアクションを多投することによって、お笑いタレントにもかかわらず、意外にも「協調的で優しい人」という情報を発信しています。突っ込んだりボケたりする激しいギャグを連発して面白いというキャラクターを獲得する一方で、高い好感度を保っている秘密はこの動きにあると考えられます。


    ●協調的な動き(協調の動き)が得意な上司

    Photo_2


    ●協調的な動き(協調の動き)が得意な部下
    Photo_3


    協調的なタイプの有名人の動きがわかれば、協調的なタイプの上司と部下の人間関係がよりわかりやすくなります。

  •  
  • 協調的な上司と頼りない部下の成功と失敗 2013.11.23
  • 協調的な上司と頑固な上司の成功と失敗 2013.11.22
  • 協調的な上司と協調的な部下の成功と失敗 2013.11.21
  • 協調的な上司と意志が強い部下の成功と失敗 2013.11.20
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年12月 5日 (木)

    頼りない上司と頑固な部下の成功と失敗

    職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
    上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
    一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
    このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
    今日は、「頼りない上司」と「頑固な部下」との人間関係についてです。


    ●頼りない上司(虚脱の動き)と頑固な部下(独断の動き)の成功

    虚脱の動き
    」を持つ上司は、部下への説明や指示を行う際にも、消極的でやる気を失ったかのような態度をとってしまうのが特徴です。そして、何事に対しても、なかなか自信や責任感を持つことができないタイプです。

    一方、「独断の動き 」を持つ部下は、上司の説明や指示に対して、自己中心的な理解や納得をしやすいのが特徴です。そして自分が納得できないことは受け入れられず、一度思い込むとなかなか曲げないタイプです。

    この二人が一緒に仕事をすると、強い自信や責任感を表現するのが苦手な上司に対して、部下は、もっと強い自信や責任感をもって説明や指示をして欲しいと感じてしまうために、二人は常にかみ合わず、お互いをなかなか受け入れることができません。

    しかし、上司が自信や責任感を持てないだけで、本当は正しく適切な説明や指示を行った場合は、たとえそれが多くの困難や激しい競争を伴う内容であったとしても、強い自信と信念を固めて取り組むことが得意なこの部下によって、達成や解決ができることがあります。


    Photo
     ※独断の動きを持つ部下     ※虚脱の動きを持つ上司


    ●頼りない上司(虚脱の動き)と頑固な部下(独断の動き)の失敗

    虚脱の動きの上司の欠点は、何事に対しても、自信や責任感が持てず、やる気のない態度をしてしまうことです。

    一方、頑固な部下の欠点は、思い込みや自己主張が強くなり過ぎることです。

    したがって、この二人が一緒に仕事をすると、上司が自信のない説明や指示をして、はじめから失敗しそうな態度をとるのに対して、部下は勝手に自信や信念を固めて、実行すれば必ず成功すると感じてしまいます。

    そのために、しっかりした自信や責任が持てない上司の説明や指示に対して、部下が自己中心的な解釈や強い思い込みをしたまま実行に移してしまうために、部下の行動は、上司の説明や指示から大きく外れたものになりがちです。

    その上、この部下は、一旦「こうだ!」と思い込むと、なかなか自分の考え方を曲げられないために、この二人の組み合わせは、多くの失敗を生み出してしまいやすい関係になります。

    ●頼りない上司(虚脱の動き)へのアドバイス

    独断の動きを持つ部下は、ついつい自分勝手な解釈や思い込みをしてしまうということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの部下には、あいまいな説明や指示はできるだけしないことが大切です。

        Photo_2*独断の動きをもつ部下


    ●頑固な部下(独断の動き)へのアドバイス 

    虚脱の動きを持つ上司は、何事にも強い信念や自信を持つことが不得意なのだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの上司の説明や指示に対しては、自分勝手な解釈をしないように気を付けることが大切です。

         Photo_8*虚脱の動きを持つ上司

     

    13種類の人の動き
    Photo_21_2

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年12月 4日 (水)

    頼りない上司と協調的な部下の成功と失敗

    職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
    上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
    一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
    このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
    今日は、「頼りない上司」と「協調的な部下」との人間関係についてです。



    ●頼りない上司(虚脱の動き)と協調的な部下(協調の動き)の成功

    虚脱の動き
    」を持つ上司は、部下への説明や指示を行う際にも、消極的でやる気を失ったかのような態度をとってしまうのが特徴です。そして、何事に対しても、なかなか自信や責任感を持つことができないタイプです。

    一方、「協調の動き 」を持つ部下は、上司の説明や指示に対しては、常に賛同し従順に受け入れようとするのが特徴です。そして、上司の指示に従って行動する場合には、周囲との対立をできるだけ避けて、協調的な行動をとるタイプです。

    この二人が一緒に仕事をすると、強い自信や責任感を表現するのが苦手な上司の説明や指示に対して、部下は決して批判することなく賛同し、常に協力的な態度をとり続けます。

    そのため、たとえ上司の指示や説明に強い自信や信念が感じられないとしても、内容に大きな間違いがない限りは、常に上司の指示に賛同して従順に行動する部下によって、物事はそれなりの目標にこぎ着けることができるのです。


    Photo
     ※協調の動きを持つ部下     ※虚脱の動きを持つ上司


    ●頼りない上司(虚脱の動き)と協調的な部下(協調の動き)の失敗

    虚脱の動きの上司の欠点は、何事に対しても、自信や責任感が持てず、やる気のない態度をしてしまうことです。

    一方、協調的な部下の欠点は、何事にも賛同や協調をし過ぎることです。

    この二人が一緒に仕事をすると、上司が自信のない説明や指示をして、はじめから失敗しそうな態度をとるのに対して、部下はいつも賛同したり協調したりするので、ますます上司の否定的な考え方を助長することになります。

    その結果、自信や責任が持てない上司の説明や指示が、部下から指摘されたり修正されたりすることなく実行され、二人して失敗に向かってしまうことが多いのです。

    ●頼りない上司(虚脱の動き)へのアドバイス

    協調の動きを持つ部下は、上司の指示に対しては、常に賛同や協調をしてしまうということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの部下の協調的な対応は、あまりあてにしないということが大切です。

        Photo_3*協調の動きをもつ部下


    ●協調的な部下(協調の動き)へのアドバイス 

    虚脱の動きを持つ上司は、何事にも強い信念や自信を持つことが不得意なのだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの上司の説明や指示に対しては、軽率に賛同や協調をしてしまわないことが大切です。

         Photo_8*虚脱の動きを持つ上司

     
     

    13種類の人の動き
    Photo_21_2

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年12月 3日 (火)

    頼りない上司と意志が強い部下の成功と失敗

    職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
    上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
    一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
    このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
    今日は、「頼りない上司」と「意志の強い部下」との人間関係についてです。



    ●頼りない上司(虚脱の動き)と意志が強い部下(攻撃の動き)の成功

    虚脱の動き
    」を持つ上司は、部下への説明や指示を行う際にも、消極的でやる気を失ったかのような態度をとってしまうのが特徴です。そして、何事に対しても、なかなか自信や責任感を持つことができないタイプです。

    一方、「攻撃の動き 」を持つ部下は、上司の説明や指示に対して、強い責任と自信を持って対応するのが特徴です。そして、物事を決断したり自分の意思を固めるのが得意なタイプです。

    この二人が一緒に仕事をすると、上司は部下に対して、強い意志や自信を持った説明や指示をしないために、部下は上司の話からは、はっきりとした意図や希望を理解することができません。

    しかし、強いやる気と責任感がある部下は、やる気と責任感が少ない上司のために、何とかして自分がフォローしなければいけないと感じてしまいます。

    したがって、この二人の組み合わせは、上司と部下がお互いを受け入れさえ
    すれば、意外にうまくいきます。上司は常に自信のなさそうな態度をしているにもかかわらず、しっかり者の部下が上司の分まで頑張って、周囲を驚かせるような責任を持った仕事を成し遂げることができるのです。

    Photo_6
     ※攻撃の動きを持つ部下     ※虚脱の動きを持つ上司


    ●頼りない上司(虚脱の動き)と意志が強い部下(攻撃の動き)の失敗

    虚脱の動きの上司の欠点は、何事に対しても、自信や責任感が持てず、やる気のない態度をしてしまうことです。
     

    一方、攻撃の動きの部下の欠点は、何事も強い信念や自信をもって取り組もうとし過ぎることです。

    この二人が一緒に仕事をすると、上司が自信のない説明や指示をして、はじめから失敗しそうな態度をとるのに対して、部下は上司に、もっとしっかりとした意志を持って、強い決定を下して欲しいと迫ってしまいます。

    そのために、そもそも自信をもって指示や説明をすることが苦手な上司は、苦しくなって、確信がないにもかかわらず、何らかの
    決断をせざるを得ない状況に追い込まれていきます。

    ところが、部下は上司が苦し紛れに出したあやふやな結論を正しい決断だと信じて実行してしまうことから、大きなトラブルを生み出しやすくなります。

    ●頼りない上司(虚脱の動き)へのアドバイス

    攻撃の動きを持つ部下は、何事に対しても強い意志と責任感をもって取り組もうとすることを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの部下のやる気は、できるだけ受け入れてあげることが大切です。
        Photo_5*攻撃の動きをもつ部下


    ●意志が強い部下(攻撃の動き)へのアドバイス 

    虚脱の動きを持つ上司は、何事にも強い信念や自信を持つことが不得意なのだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの上司の説明や指示に対しては、できるだけ冷静に真意を聞き取り、自分が得意な強い意志ややる気で十分にサポートすることが大切です。

         Photo_8*虚脱の動きを持つ上司



     

    13種類の人の動き
    Photo_21_2

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年12月 2日 (月)

    意志が強い動きを持つ有名人(吉永小百合)

    「人間関係から生まれる成功と失敗」のブログでは、13タイプの動きをする上司と部下の人間関係から生まれる基本的な成功と失敗事例を随時報告しています。

    今回は、「意志が強い上司と部下」をわかりやすくご理解いただくために、有名人の同じ動きを紹介しています。

    ●意志が強い動き(攻撃の動き)が得意な有名人 (吉永小百合)

    Photo
    ※下に向かって力を入れるうなずきが特徴。
    日本を代表する美女は、意志の強いしっかりした一面を持ち合わせている。

    ※攻撃の動きが得意な「吉永小百合」は、下に向かって力を入れるうなずきアクションを多投することによって、「信念のある熱い人」というキャラクターを表現しています。


    ●意志が強い動き(攻撃の動き)が得意な上司

    Photo_6


    ●意志が強い動き(攻撃の動き)が得意な部下
    Photo_8


    以上の意志が強いタイプの有名人の動きがわかれば、意志が強いタイプの上司と部下の人間関係がよりわかりやすくなります。

  • 意志が強い上司と頼りない部下の成功と失敗 2013.11.19
  • 意志が強い上司と頑固な部下の成功と失敗 2013.11.18
  • 意志が強い上司と協調的な部下 2013.11.17
  • 意志が強い上司と意志が強い部下の成功と失敗 2013.11.16
  •  

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    機敏な上司と前向きな部下の成功と失敗

    職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
    上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
    一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
    このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
    今日は、「機敏な上司」と「前向きな部下」との人間関係についてです。


    ●機敏な上司(機敏の動き)と、前向きな部下(接近の動き)の成功


    機敏の動き 」を持つ上司は、部下に対する説明や指示を大変素早く行ったり、物事をテキパキと処理するのが特徴です。そして、他人に対しては長くかかわり合うのが不得意で、すぐに遠ざかりたくなるシャイなタイプです。

    一方、「接近の動き 」を持つ部下は、上司の説明や指示に対しては、前向きに熱心に対応し、どんどん行動しようとするのが特徴です。そして、誰に対しても常に親しみやすく接するというタイプです。

    の二人が一緒に仕事をすると、この上司は、説明や指示を行う際は、常にテキパキと素早く終えようとしますが、反対にこの部下は、熱心に質問をしたり確認したりしようとして積極的に話しかけます。
    そのために、上司は部下に対して、もっと素早く了解して欲しいという不満を感じ、一方、部下は上司に対して、もっと熱心に説明や指示をして欲しいという不満を感じてしまいます。

    しかし、説明や指示を素早く行おうとするあまり、ついつい細かい部分の内容を省略してしまう上司に対して、部下が常に熱心に説明や指示を聞き取ろうとすることによって、上司の見落としや勘違いをカバーすることができるのです。

    したがって、この二人の組み合わせは、上司の素早い指示を正しく聞き取った、前向きで行動力のある部下の対応によって、他の部署に比べて、いつも正確で早い結果をもたらすことができるのです。


    Photo
    ※接近の動きを持つ部下     ※機敏の動きを持つ上司


    ●機敏な上司(機敏の動き)と、前向きな部下(接近の動き)の失敗

    機敏の動きの上司の欠点は、何事も淡々と素早く行動し過ぎることです。

    接近の動きの部下の欠点は、何事にも前向き過ぎたり熱心過ぎたりすることです。
     

    この二人が一緒に仕事をすると、説明や指示をすぐに切り上げようとしがちな上司に対して、部下は熱心に食い下がって質問したり確認したりするために、常にお互いの気持ちは噛み合いません。

    したがって、上司があまりにも早く説明や指示を終えようとした時には、さすがの部下も十分な質問や確認ができずに、大きな不満と不安を引きずったままで作業を始めることになります。
    また、部下が行動することばかりを優先して、説明や指示を詳しく聞き取らなかった場合には、大きな失敗を
    招くことがあります。

    ●機敏な上司(機敏の動き)へのアドバイス

    接近の動きを持つ部下は、常に前向きで熱心なタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの部下に対しては、できるだけ時間をかけて詳しい説明や指示を行う必要があります。
           Photo_3
    *接近の動きをもつ部下

    ●前向きな部下(接近の動き)へのアドバイス

    機敏の動きを持つ上司は、部下への説明や指示はできるだけ素早くしたいと感じるタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの上司の説明や指示に対しては、重要なポイントだけを素早く聞き取ることが大切なのです。

           Photo_3
    *機敏の動きを持つ上司

     
    13種類の人の動き
    Photo_21_2

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2013年12月 1日 (日)

    前向きな上司と消極的な部下の成功と失敗

    職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
    上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
    一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
    このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。

    今日は、「前向きな上司」と「消極的な部下」との人間関係についてです。


    ●前向きな上司(接近の動き)と、消極的な部下(退避の動き)の成功


    接近の動き 」を持つ上司は、部下に対しての説明や指示を前向きで熱心な態度で行い、自らも進んで行動しようとするのが特徴です。そして誰に対しても常に親しみやすく接するというタイプです。

    一方、「退避の動き 」を持つ部下は、上司の説明や指示に対して積極的にかかわることはなく、常に慎重に対応するのが特徴です。
    そして、何事も急がずに、できるだけ時間をかけて取り組むことが大切だと感じる消極的なタイプです。


    の二人が一緒に仕事をすると、上司は常に前向きで熱心に説明や指示をするのに対して、部下はなかなか積極的には対応しません。
    部下は落ち着いて慎重に上司の説明や指示を聞き始めますが、聞けば聞くほど消極的になっていき、そのうちに、やる気を失ったような非協力的な態度になってしまいがちです。

    しかし、前向きで熱心な上司は、自分の説明や指示がわかりにくいのではないかと感じて、何度も説明や指示を繰り返し、それでもはっきりとした態度をとらない部下をうながして、自ら進んで一緒になって実行に移します。

    そしてこの部下が、率先垂範型の上司につられて行動を共にし始めると
    、今度は、上司の指示ではなく自分の意志で行動していると感じるようになり、次第に組織の一員となって機能するようになることがあります

    Photo_6
    ※退避の動きを持つ部下     ※接近の動きを持つ上司


    ●前向きな上司(接近の動き)と、消極的な部下(退避の動き)の失敗

    接近の動きの上司の欠点は、何事にも前向き過ぎたり熱心過ぎたりすることです。
     

    一方、退避の動きの部下の欠点は、すぐに協力的な対応をしないで、やる気のない態度を示してしまうことです。

    したがって、この二人が一緒に仕事をすると、上司の前向きで熱心な説明や指示に対して、この部下はいつも非協力的な態度をとってしまいます。
    そのために上司は、よりいっそう熱心になって説明や指示をして、部下と一緒になって物事に取り組もうとします。

    しかし、上司が率先垂範して一緒に取り組み始めた作業に対しても、この部下はなかなかやる気をだすことができません。

    人一倍やる気のある上司と、できるだけ物事を後にのばそうとするタイプの部下の組み合わせでは、常に上司が部下の分までフォローして行動しなければならなくなり、部下の方は上司の気持ちや行動がなかなか理解できないという関係が続いてしまうのです。

    ●前向きな上司(接近の動き)へのアドバイス

    退避の動きを持つ部下は、協力的な態度が苦手で、なかなかやる気をださないタイプだということを理解する必要があります。

    したがって、このタイプの部下に対しては、上司からの指示ではなく、いかにも自分が考えたことであるかのように思わせることが大切です。
         Photo_7
    *退避の動きをもつ部下

    ●消極的な部下(退避の動き)へのアドバイス

    接近の動きを持つ上司は、常に前向きで熱心な上司であることを理解する必要があります。のばす

    したがって、このタイプの上司に対しては、何事も後にのばそうという気持ちを抑えて、できるだけ協力的な対応をすることが大切なのです。
           Photo_10
    *接近の動きを持つ上司

     
     
    13種類の人の動き

    Photo_21_2

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »