« 頑固な上司と頼りない部下の成功と失敗 | トップページ | 前向きな上司と前向きな部下の成功と失敗 »

2013年11月27日 (水)

頑固な上司と頑固な部下の成功と失敗

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
今日は、「頑固な上司」と「頑固な部下」との人間関係についてです。


●頑固な上司(独断の動き)と、頑固な部下(独断の動き)の成功


独断の動き 」を持つ上司は、部下に対しては常に強い自信や責任感をもって説明や指示をしなければならないと感じています。しかし、決断力や決定力が強い反面、思い込みが強すぎたり、自己中心的な解釈をしたりしやすい特徴があります。

同じく「独断の動き 」を持つ部下は、上司の説明や指示に対しては自分が納得できるまでしっかりと聞き取らなくてはいけないと強く感じるタイプです。それだけに、上司の説明や指示を勝手に思い込んで受け止めてしまったり、自己中心的な解釈をしてしまったりしやすい特徴があります。

この二人が一緒に仕事をすると、どちらも、強い信念や自信をもって仕事に当たらなくてはいけないという同じ価値観をもっているために、上司の指示がうまく部下に伝達された場合には、たとえその内容が非常に困難を伴うものであったとしても、部下は強い責任感をもって上司の指示通りの結果を達成します。

Photo_3
 
 ※独断の動きを持つ部下     ※独断の動きを持つ上司


●頑固な上司(独断の動き)と、頑固な部下(独断の動き)の失敗

独断の動きの上司の欠点は、自分の考え方に対しての自信が強すぎることです。
 

同じく、独断の動きの部下の欠点は、自分が納得できないことに関しては絶対に受け入れることができないことです。

したがって、この二人が一緒に仕事をすると、上司の自信に満ちた説明や指示に対して、部下が納得できず反対意見を述べた場合には、激しい論争に発展しがちです。

常に強い自信と責任感が必要だと感じている上司は、自分の思い込みが強すぎたり、自己中心的過ぎたりすることには、なかなか気づくことができません。

また、自分が納得できないことは決して受け入れるべきではないと感じている部下もまた、いったん自分の方が正しいと思ってしまうと、どうしても上司の説明や指示に妥協することができなくなってしまうのです。

このように、頑固な二人がそれぞれ自己を主張し過ぎることによって、本来は協力し合わなければならないお互いの立場を忘れて、感情的な口論を長く続けてしまうために、仕事が滞りやすくなります。

●頑固な上司(独断の動き)へのアドバイス

独断の動きをもつ部下は、自分が納得できないことは絶対に受け入れるべきではないと思っていることを理解する必要があります。

したがって、このタイプの部下の質問に対しては、納得がいくまでていねいに説明することが必要です。  
    Photo_4*独断の動きをもつ部下

●頑固な部下(独断の動き)へのアドバイス

独断の動きを持つ上司は、部下に対しては常に強い自信と信念をもって指示をしなければならないと感じていることを理解する必要があります。

したがって、上司の説明や指示に対して反対意見や批判が必要だと思っても、軽率にするのではなく
、よく考えてから行うことが大切です。
    Photo_5*独断の動きをもつ上司

 
13種類の人の動き
Photo_21_2

|

« 頑固な上司と頼りない部下の成功と失敗 | トップページ | 前向きな上司と前向きな部下の成功と失敗 »

◆上司と部下の「動き」の組み合わせから生まれる成功と失敗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/58732643

この記事へのトラックバック一覧です: 頑固な上司と頑固な部下の成功と失敗:

« 頑固な上司と頼りない部下の成功と失敗 | トップページ | 前向きな上司と前向きな部下の成功と失敗 »