« 意志が強い上司と頑固な部下の成功と失敗 | トップページ | 協調的な上司と意志が強い部下の成功と失敗 »

2013年11月19日 (火)

意志が強い上司と頼りない部下の成功と失敗

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
今日は、「意志が強い上司」と「頼りない部下」との人間関係についてです。


●意志が強い(攻撃の動き)上司と頼りない(虚脱の動き)部下の成功


攻撃の動き
」を持つ上司は、部下に対して、物事をはっきりと決定して、強い責任と自信を持った説明や指示をするのが特徴です。
このタイプの上司は、常に部下から信頼される強い意志を持っていなければいけないと感じています。


一方、「虚脱の動き
」を持つ部下は、上司の説明や指示に対して、積極的な聞き方や受け応えをしないで、やる気を失ったような態度を取ってしまうタイプです。そのために、このタイプの部下は、上司と話をしているときは、いつも叱られてがっかりしているように見えてしまいます。

この二人が一緒に仕事をすると、上司が自信をもって明確に指示をするのに対して、部下が強く反対して対立するようなことははほとんどありません。
ただし、部下がやる気がなさそうな態度を取ってしまうために、上司は部下のやる気を引き出したり元気づけたりするために、より一層強い指示を行うことになりますが、残念ながら「糠に釘」のような状況に陥りやすくなります。

しかし、常に何事にも積極的に取り組まないこの部下も、上司を助ける場合があります。
強い責任感を感じやすい上司が、感情的になって極端な決断を下そうとするとき、力が抜けた部下の冷静な態度によって、ぶつかることなく上司の気持ちを和らげることができます。

Photo_2
 ※虚脱の動きを持つ部下     ※攻撃の動きを持つ上司


●意志が強い(攻撃の動き)上司と頼りない(虚脱の動き)部下の失敗

攻撃の動きの上司の欠点は、何事に対しても、強い意志を持った説明や指示をしてしまうことです。
 

そして、虚脱の動きの部下の欠点は、上司の説明や指示を積極的に受け入れず、やる気が無いように思わせてしまうことです。

この二人が一緒に仕事をすると、上司がいろいろと検討して自信をもって説明や指示をしても、部下が積極的な対応をしないために、ついつい上司のやる気がそがれてしまいます。

そのために、いくら責任感が強い上司であっても、この部下とセットになってしまうと、お客様や周囲に対して責任感ややる気がある対応ができなくなり、なかなか仕事が進みません。

●意志が強い(攻撃の動き)上司へのアドバイス

虚脱の動きを持つ部下は、常にやる気がなく見えますが、積極的過ぎることよりも、冷静で落ち着いていることの方が大切だと感じていることを
理解する必要があります。

したがって、このタイプの部下には、力強い説明や指示よりも、少し力を抜いた説明や指示をした方が効果的です。

●頼りない(虚脱の動き)部下へのアドバイス 

攻撃の動きを持つ上司は、部下に対しては何事も強い責任をもって説明や指示を行うべきだと感じていることを理解する必要があります。

そして、このタイプの上司は、自分の強い意志に基づいた指示に対しては、積極的に部下が受け入れてくれることを望んでいます。
したがって、このようなタイプの上司とうまくやってゆくには、上司の指示に対して、あなたにとっては少し過剰に感じるくらいの積極性を見せることが大切なのです。

13種類の人の動き
Photo_21_2

|

« 意志が強い上司と頑固な部下の成功と失敗 | トップページ | 協調的な上司と意志が強い部下の成功と失敗 »

◆上司と部下の「動き」の組み合わせから生まれる成功と失敗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/58726610

この記事へのトラックバック一覧です: 意志が強い上司と頼りない部下の成功と失敗:

« 意志が強い上司と頑固な部下の成功と失敗 | トップページ | 協調的な上司と意志が強い部下の成功と失敗 »