« 協調的な上司と頼りない部下の成功と失敗 | トップページ | 頑固な上司と協調的な部下の成功と失敗 »

2013年11月24日 (日)

頑固な上司と意志の強い部下の成功と失敗

職場の人間関係には多くの悩みやストレスがつきものです。
上司との相性によって、部下はやる気を出したりやる気が削がれたりします。
一方、部下との相性によって、できる上司になったりできない上司になったりすることもあるのです。
このブログでは、上司と部下の組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
今日は、「頑固な上司」と「意志の強い部下」との人間関係についてです。


●頑固な上司(独断の動き)と、意志の強い部下(攻撃の動き)の成功


独断の動き 」を持つ上司は、部下に対しては常に強い自信や責任感をもって説明や指示をしなければならないと感じています。しかし、決断力や決定力が強い反面、思い込みが強すぎたり、自己中心的な解釈をしたりしやすい特徴があります。

一方、「攻撃の動き 」を持つ部下は、上司からの説明や指示は責任をもって聞き取り対処するタイプです。そして常に強い意志を持って仕事に取り組むことが大切なのだと感じています。

この二人が一緒に仕事をすると、部下が上司の指示に対して異なった意見を主張すると、上司がなかなかそれを受け入れないため、対立したりぶつかったりすることがありますが、それを除けば、二人は非常に責任を持った仕事の結果を生み出していきます。

部下に対しては、常に強い責任や自信をもって説明や指示を行おうとする上司に対して、上司からの説明や指示を、これまた強い責任をもって聞き取ろうとする部下の関係であるために、二人の仕事はいつも責任感と自信にあふれた結果となるのです。

Photo_2

 ※攻撃の動きを持つ部下     ※独断の動きを持つ上司


●頑固な上司(独断の動き)と、意志の強い部下(攻撃の動き)の失敗

独断の動きの上司の欠点は、自分が納得できないことに関しては絶対に受け入れることができないことです。
 

一方、攻撃の動きの部下の欠点は、上司の指示に対して、あまりにも責任感をもって明確に聞き取りすぎてしまうことです。

したがって、この二人が一緒に仕事をすると、上司の自信に満ちた説明や指示を部下が素直に受け入れられる場合には問題は生じませんが、部下が疑問を感じる場合には、思いもよらない衝突に発展してしまいます。

上司の説明や指示を、責任をもって聞き取ろうとする部下の姿勢を、上司は自分の説明や指示に対する強い反対意見の主張だと受け取るために、部下の質問や提案を断固として受け入れず、激しい論争になってしまうからです。
そして、お互いに責任感の強い者同士の衝突は、ひとたび起きると、その修復に長い時間を要してしまいます。

●頑固な上司(独断の動き)へのアドバイス

攻撃の動きを持つ部下は、何事にも責任感をもって前向きに取り組むタイプなのだということを理解する必要があります。

したがって、このタイプの部下の質問や意見に対しては、できるだけていねいに対応することが大切です。
Photo_5*攻撃の動きをもつ部下

●意志の強い部下(攻撃の動き)へのアドバイス

独断の動きを持つ上司は、部下に対しては常に強い自信と信念をもって指示をしなければならないと感じていることを理解する必要があります。

したがって、上司の説明や指示に対して質問や意見を言う場合には、あくまでも上司の全体的な考え方については大いに賛同しているということを、初めに明確に伝えることが必要です。

Photo_4
*独断の動きを持つ上司

 

13種類の人の動き

Photo_21_2

|

« 協調的な上司と頼りない部下の成功と失敗 | トップページ | 頑固な上司と協調的な部下の成功と失敗 »

◆上司と部下の「動き」の組み合わせから生まれる成功と失敗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/58732512

この記事へのトラックバック一覧です: 頑固な上司と意志の強い部下の成功と失敗:

« 協調的な上司と頼りない部下の成功と失敗 | トップページ | 頑固な上司と協調的な部下の成功と失敗 »