« ⑩訪問先からすぐに帰りたくなる | トップページ | 仕切りやの上司とアバウトな部下の成功と失敗 »

2013年10月28日 (月)

仕切りやの上司と仕切りやの部下の成功と失敗

働いているほとんどの人に「上司」あるいは「部下」がいます。
うまくいく場合もありますが、なかなかうまくいかない場合がほとんどです。
しかし、その上司や部下がどんな「動き」をするタイプかを知ると、二人の人間関係を今までよりもはるかに改善することができます。
このブログでは、上司と部下との組み合わせで生じる人間関係の成功と失敗についての話を毎日更新しています。
今日は、「仕切りやの上司」と「仕切りやの部下」との人間関係についてです。



●仕切りや(一点注意)の上司と仕切りや(一点注意)の部下の成功

一点注意の動き」を持つ上司は、部下に対する様々な指示が非常に明確です。本人は、部下に何かを指示するときには、常に細かく明確に指示をすることが、いかに重要であるかということを強く感じています。

一方、上司と同じ「一点注意の動き」を持つ部下は、上司の細かい指示は有効でわかりやすく、その指示通りにしたがって、行動すれば必ず物事はうまくゆくに違いないと感じています。

お互いの気持ちが通じ合うこのタイプの上司と部下は、短期間で派手な実績をあげることは無くても、上司の指示を素直に部下が聞き入れて、堅実に問題に取り組み、地道な成功を重ねます。

●仕切りや(一点注意)の上司と仕切りや(一点注意)の部下の失敗

しかし、角度を変えてみると、上司と部下が同じ動きを持っている場合は、お互いによく気が合うことから、一見、うまくいっているかのように思えますが、必ずしもそうではありません。

上司と部下がともに「一点注意の動き」が強い場合、上司の細かくて明確な指示を部下が受け入れてくれますが、二人が同じ問題に集中してしまいやすいので、上司の指示が間違うと、肝心なことを見落として、二人で大きな失敗を生み出しすことがあります。

また、両者が同じように、一つのことに固執するため、いったん意見が食い違うとなかなか修復できないことがあります。
Photo

※一点注意の部下   ※一点注意の上司

●仕切りや(一点注意)の人へのアドバイス

一つのことを細かく追及していきたくなることがあなたの利点ですが、ときには、全体を見渡してみることも大切です。

部下や上司との関係で行き詰ったら、一点に集中する動きをやめて、普段あなたが見る所よりも少し遠くの景色などを眺めてみることも大切です。
身体の動きを変えることで、視野が開けて、新しい発想が浮かんでくる可能性があります。


                        
                  
13種類の人の動き
Photo_21_2

|

« ⑩訪問先からすぐに帰りたくなる | トップページ | 仕切りやの上司とアバウトな部下の成功と失敗 »

◆上司と部下の「動き」の組み合わせから生まれる成功と失敗」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/58707836

この記事へのトラックバック一覧です: 仕切りやの上司と仕切りやの部下の成功と失敗:

« ⑩訪問先からすぐに帰りたくなる | トップページ | 仕切りやの上司とアバウトな部下の成功と失敗 »