« できないけれど好かれる営業マン | トップページ | 客の立場を下げる優位アクション »

2013年4月 9日 (火)

できない上に嫌われる営業マン

◆できない上に嫌われる営業マン

95パーセントのできない営業マンは、
①できないけれど好かれる営業マンと、②できない上に嫌われる営業マンの二つのタイプに分けることができることにつては前回説明いたしました。

さて、「できない上に嫌われる営業マン」は一体どのくらいいるのかについてはよくわかりません。次々と転職して、営業の世界から姿を消してゆくからです。
P23_3
「できない上に嫌われる営業マン」というのは、文字通り、実務能力にかたよりがある上に、客からも好かれない営業マンのことです。しかし、このタイプの人は営業部以外の部署に配属されることによって大きく成功することがあります。

経理や調査や企画や製造などの専門職に向いているタイプかも知れないからです。

少なくとも営業マンとして働き続けるためには、たとえ実務能力には多少の欠陥があっても「客から好かれいたい」という感性は絶対に必要なものです。
P27
(劣位アクションができる営業マンが客に好かれる)


営業マンとして客から好かれるためにしなければいけないことは、非常にはっきりしています。

今後説明してゆきます「劣位アクション」ができなければ客から好かれることは極めて難しいのです。

コミュニケーションにおいて、劣位アクションと優位アクションは非常に大きな役割を果たしますが、人にはそれぞれアクションの得意不得意があり、「できない上に嫌われる営業マン」を生み出しているのです。




|

« できないけれど好かれる営業マン | トップページ | 客の立場を下げる優位アクション »

◆できない営業マンの中に売れる営業マンがかくれている」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: できない上に嫌われる営業マン:

« できないけれど好かれる営業マン | トップページ | 客の立場を下げる優位アクション »