« 12.失敗するとかえって客に好かれるのはなぜか? | トップページ | 14.営業マンはボケか突っ込みか? »

2013年1月28日 (月)

13.失敗をしたときにはどうするべきか?

Q「失敗をしたときにはどうするべきか?」
A「失敗をどう対処するかが腕の見せどころ」

13 

営業マンの仕事は、必ず何らかの問題が生じるものである。起きた問題に対処することが営業マンの仕事の大部分を占めている。

だから、生じてしまった失敗というピンチは、何とかして解決に向かわせることによって、むしろ客(担当者)の心をつかむ絶好のチャンスだと思え。

失敗の基本的な対応は、
①失敗に気づいてわびる
②すぐに対処する
③迷惑を補うサービスを提供する
以上の三つであるが、このときに大切なことは、必ず「劣位アクション」を駆使することである。

全身の力を抜いて深々と頭を下げる「虚脱の動き」は、誰が見ても心からの反省の気持ちを表している。

多くの営業マンは、このようなおわびができないために、問題をおおごとにしてしまうのだ。

営業マン心得
1.できるだけはやく失敗に気づけ
2.失敗を受け入れ直ちに修復へ向かえ

|

« 12.失敗するとかえって客に好かれるのはなぜか? | トップページ | 14.営業マンはボケか突っ込みか? »

◆営業マンこれだけ心得帖」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/58793687

この記事へのトラックバック一覧です: 13.失敗をしたときにはどうするべきか?:

« 12.失敗するとかえって客に好かれるのはなぜか? | トップページ | 14.営業マンはボケか突っ込みか? »