« 6.客はなぜ接待を求めるのか? | トップページ | 8.客はなぜ失敗を許すのか? »

2013年1月18日 (金)

7.客はなぜ仕事をちらつかせるのか?

Q「客はなぜ仕事をちらつかせるのか?」

A「営業マンが先の期待を求めるから」

07 

客(担当者)がおいしそうな仕事をちらつかせるのは、営業マンが客に対して先の仕事をちらつかせてくれることを望んでいるからである。

営業マンの多くは、これから来るかもしれない未来の仕事の内容を、あまり明確にしたがらない。できるだけ夢を膨らませたいからである。

大きな期待にはまりやすい営業マンへの、客の「チラリズム」は、両者の想像を超えて効果的なものとなりやすいために、時に大きな恨みが生じたりもしがちである。共に要注意である。

営業マン心得
1.ちらつかされた仕事はあてにするな

2.客が仕事をちらつかせるときは疑ってかかれ

|

« 6.客はなぜ接待を求めるのか? | トップページ | 8.客はなぜ失敗を許すのか? »

◆営業マンこれだけ心得帖」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/58772534

この記事へのトラックバック一覧です: 7.客はなぜ仕事をちらつかせるのか?:

« 6.客はなぜ接待を求めるのか? | トップページ | 8.客はなぜ失敗を許すのか? »