戸板一枚の店のアクションの法則

1.戸板一枚の店の構造

日本の場合、店の基本は「戸板一枚の店」です。

戸板とは日本家屋の雨戸のことで、サイズは高さ約180cm、幅約90cmです。
通行量の多い道路に、商品を並べた戸板を一枚置き、その後ろに売り手が座ると「店」になります。

このような店の店員と客はお互いに見知らぬ関係なので、日常の人間関係は生じません。したがって、「戸板一枚の店」は、基本的に「接客しない」構造の店ですが、
なわばり感覚や狩猟採集感覚の強い客にとって、見知らぬ店員と戸板一枚を隔ててのスリリングな駆け引きは、大変大きな魅力なのです。

Toita_kozo_2

2.戸板一枚の店における
   「客を引きつけたり遠ざけたりするアクション」


(1)「いらっしゃいませ」というと客が遠ざかる
Toita1



(2)前に立っていると近づいてこない

Toita2



(3)他の客に接客中だと近づいてくる

Toita3

(4)作業をしていると近づいてくる

Toita4

(5)サクラパワーが生じると近づいてくる

Toita5

3.戸板一枚の店とコミュニケーションの関係

「戸板一枚の店」の店は、「販売現場」という特殊な空間で、客と店員がお互いにうまくコミュニケーションができる構造になっています。エドワード・T・ホールの「人の四つの距離」と「戸板一枚の店」を比較してみると、「戸板」がいかにすぐれたコミュニケーションツールであるかがわかります。
この「戸板」のスペースを上手く使うことによって、客と店員が大きなトラブルを起こさず、スムースに商品を売買することができるのです。
Photo_9