店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店

Zu7_naishk_2 P7_naishk
     
「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」をご紹介します。
「接触・引き込み・回遊型店」とは、店頭に「商品空間」を置き、店内に回遊型の「商品空間」と「客空間」を用意している店です。
「接触・引き込み・回遊型店」の場合も、「店員空間」があるかないかで、その店の性格はまったく異なります。

「店員空間がない」タイプの店は、「店員空間」と「客空間」が重なっているために、店員(販売員)はいわゆる「側面販売」を行います。
「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」は、かつての商店街の雑貨店、ファッション店などによく見られた構造で、店頭にたくさんの商品を陳列して客を引き付けることを目的としています。
このような構造の店の場合、店員(販売員)が店頭の商品空間の近くに立って客を待ちかまえると、客が商品空間に近づきにくくなることが多いので注意が必要です。