カテゴリー「◆過去のブログより」の31件の記事

2022年1月24日 (月)

12.コミュニケーションにおける②表情信号とは?(入りやすい店売れる店1986年版)

こんにちは。

このシリーズは、コロナ禍を背景にして、「店」(リアルショップ)の本来の性質や役割が見失われてゆこうとしている現在、敢えて約35年前の拙著「入りやすい店売れる店」(日本経済新聞社)を抜粋してお届けしています。

私たちは10個のコミュニケーション信号使って、様々な人間関係のコミュニケーションを行っています。

①動作信号 ②表情信号 ③視線信号 ④空間利用信号 ⑤話し言葉信号
⑥音声信号 ⑦接触信号 ⑧におい信号 ⑨性別年齢信号 ⑩容姿信号

そして、②表情信号は、話し言葉と共に相手に多くの情報を伝える大変重要な信号です。

そのことは、誰でもがよくわかっていることなのですが、自分自身が話をする時には、ついついおろそかになってしまいます。

なぜならば、話をする相手の表情は良く見えますが、相手に対する自分の表情は全く見えないために、いったい自分のどのような表情がどのような情報を発信しているかがわかりにくいからです。

スターや歌手やTVタレントではない、多くの一般人にとっては、自分の表情を鏡に映してトレーニングすることには大きな抵抗があると思いますが、やはり表情をトレーニングすることはとても大切なのです。

微笑んだり、にっこりしたり、大きく笑ったりした時の自分の表情を鏡で確認し、様々な表情を意識的に使ったりコントロールできるようにしておくことが、コミュニケーションを成功させるためには不可欠となります。

もしもあなたが、近々大勢の人の前で話をする機会があるとしたら、話をする前にゆっくりと全体を見渡しながら、にっこりと笑ってから、挨拶のお辞儀をしてみてください。

そうすれば、自分自身が想像するよりもはるかに大きな「リラックスのメッセージ」を、全員に与えることができます。

そして今後、あなたの身近で、ちょっとした話であっても、にっこりとしてから話をする人を見つけてください。

そうすれば、その人の「表情」が、いかにその後のコミュニケーションを成功させたかがおわかりいただけると思います。

さて今回は、「コミュニケーションにおける②表情信号とは?」というお話です。

どうかこのシリーズは、約35年前の書籍の抜粋であるということを念頭に入れてお読みください。

(12)コミュニケーションにおける②表情信号とは? 

動作とともに変化する身体信号の中でも、大きな役割をはたしているのが表情信号です。

にこにこした顔、ぶすっとした顔、イライラした顔、熱心な顔などいろいろな顔がありますが、どの顔も言葉以上に強力なメッセージを相手に伝えます。

Photo_20220122182901

たとえ口で「どうもありがとうございました」という言葉をしゃべっても、苦虫をかみつぶしたような表情をしていたとしたら、せっかくの言葉がまったくのウソになってしまいます。

客は店員の表情にたいへん敏感です。

注文をする時も「あの店員は感じがよさそうだ」とか「感じが悪いから別の人から買いたい」などと思っています。

店員の表情は見られているのです。

(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社・1986年版より抜粋したものです)


続きは次回に…。

| | コメント (0)

2022年1月17日 (月)

11.矢状面(前後)の動作とは?(入りやすい店売れる店1986年版)

こんにちは。

前回に引き続いて、10個のコミュニケーション信号の内の①動作信号について詳しく説明しています。

①動作信号は、

(1)水平面の動作(※回転の動き)

(2)垂直面の動作(※上下の動き)

(3)矢状面の動作(※前後の動き)

以上の三つの動作に分類され、(1)水平面の動作と(2)垂直面の動作については前回と前々回でご説明しました。

今回は残り一つの(3)矢状面の動作(前後の動き)についてご説明します。

そして、(3)矢状面の動作(前後の動き)には、

(A)前進・加速の動作(※突進の動き)

(B)前進・減速の動作(※接近の動き)

(C)後退・加速の動作(※機敏の動き)

(D)後退・減速の動作(※退避の動き)

の四つの動作があります。(※後に改名しました)

さて、今回は、「(2)矢状面(前後)の動作の(A)~(D)」について詳しくご説明いたします。

どうかこのシリーズは、約35年前の書籍の抜粋であるということを念頭に入れてお読みください。

11.矢上面(前後)の動作とは?

今、立ったまま、身体を前のほうへどんどん傾けていくとします。

すると、やがて、これ以上傾くと前へばったりと倒れてしまうという限界に到達します。

こんどは逆に、身体を後ろのほうに傾けていくと、やはりこれ以上いくと後ろにばったり倒れてしまうという限界に達するでしょう。

この最も前傾した状態から、最も後傾した状態までの間の動きの変化を「矢状面」の動作(前後の動き)といいます。

この時、前に出る動作を「前進」、後ろにさがる動作を「後退」と呼びます。

ところで、この「前進」と「後退」の動作は、それぞれが相性のいいもうーつの動作と結びついた時はじめて、自然でよく意味のわかる動作になります。

もしもまちがった相手と結びつくと、その動作は不自然で、よく意味がわからなくなってしまいます。

矢状面の動作(前後の動き)が結びつくべき相手は「減速」と「加速」です。 

P34a

(A)前進・減速の動作(図9)

「前進」の動作は、速度をゆるめる「減速」の動作と結びついた時に最も自然に見えます。

図9の店員(右側の女性)は客(左側の男性) のサイズを測るために、客のほうに近づいていくところです。

彼女は客を驚かせないようにゆっくりと前進しています。

その動作はごく自然で落ち着いて見えます。

客のほうも、店員がなんのために近づいてくるのかがよくわかっているので、安心して店員を待っています。

(B)前進・加速の動作(図10)

図10は「前進」の動作の失敗例です。

この店員(左側の女性)もまた、客(右側の男性)のサイズを測ろうとしてやってきたのです。

ところがその時、客の方に「前進」しながら思わず「加速」してしまいました。

客は店員が突然目の前にすごい勢いで飛びだしてきたので驚いています。

客は、店員が自分に向かって突進してくる理由がよく理解できないので「この店員はまだ接客に慣れていないために一大決心をかためて近づいてきたのだろうか」、あるいは「強引に商品を売りつけるつもりなのだろうか」と不安を感じています。


P35a

(C)後退・加速の動作(図11)

「後退」の動作は、速度を速める「加速」の動作と結びついた時に最も自然に見えます。

図11の店員(右側の男性)は客(左側の女性)に注文された商品を探そうとしています。

彼は注文をうけるとすぐに、きっと後ろにさがって商品のほうへ行きました。

その動作はキビキビとしていて、いかにも商品を探すための準備という感じがしたので、客は期待して店員を待っています。

(D)後退・減速の動作(図12)

「後退」の動作が「減速」と結びつくと、どうしても敗北とか逃げ出すというイメージになります。

図12の客(左側の女性)には、自分の注文を受けた店員(右側の男性)がじりじりと後ずさりをする理由が理解できません。

「何か悪いことを頼んだのではないか」と不信に思っています。

このように、前後面の動きと速度との間には密接な関係があります。

「前進・減速」すれば落ち着いていて熱心な感じがし、「前進・加速」すればおっちょこちょいに、「後退・加速」すればキビキビと、「後退・減速」すれば憶病に感じられるのです。

(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社・1986年版より抜粋したものです)

続きは次回に…。

| | コメント (0)

2022年1月10日 (月)

10.垂直面の動作とは?(入りやすい店売れる店1986年版)

こんにちは。

10個のコミュニケーション信号の内の①動作信号について詳しく説明しています。

①動作信号は、

(1)水平面の動作(※回転の動き)

(2)垂直面の動作(※上下の動き)

(3)矢状面の動作(※前後の動き)

の三つの動作に分類され、(1)水平面の動作については前回ご説明しました。

今回は(2)垂直面の動作についてご説明します。

(2)垂直面の動作には、

(A)上昇・加圧の動作(※独断の動き)

(B)上昇・減圧の動作(※協調の動き)

(C)下降・加圧の動作(※攻撃の動き)

(D)下降・減圧の動作(※虚脱の動き)

の四つの動作があります。(※は後に改名しました)

さて、今日は、「(2)垂直面の動作の(A)~(D)」について詳しくご説明いたします。

どうか、35年前の書籍の抜粋であるということを念頭に入れてお読みくださいませ。

10.垂直面の動作とは?

今、両手を上に向かってどんどんあげていくとします。

すると、ぐーんと思いっきり背のぴをした状態になり、やがてもうこれ以上は上にあがれないという限界に達するでしょう。

こんどはそこからどんどん下のほうに降りてくることにします。

すると両手が下につき、身体はすっかり丸くなって、もうこれ以上は下に行けないという限界に達します。

この最もあがった状態から、最もさがった状態までの間の動きの変化を「垂直面」の動作といいます。

この時、上に向かって昇っていく動作を「上昇」、反対に下に向かって降りていく動作を「下降」と呼びます。

ところで、この「上昇」と「下降」の動作は、それぞれが相性のいいもう一つの動作と結びついたときはじめて、自然でよく意味のわかる動作になります。

垂直面の動作が結びつくべき相手は「減圧」と「加圧」です。


P32a

(A)上昇・減圧の動作(図5)

「上昇」の動作は、だんだんと力を抜いていく「減圧」の動作と結びついた時に最も自然に見えます。

図5の店員(右側の女性)は商品も無事に売れて、手続きをするために立ちあがるところです。

彼女はゆっくりと力をぬきながら立ちあがったので、その動作はごく自然で落ちついて見えます。

客(左側の女性)にも店員が必要な手続きのために席を立つという状況がよく理解できるので、安心してその様子を見ています。

(B)上昇・加圧の動作(図6)

図6は「上昇」の動作の失敗例です。

この店員(右側の女性)もまた、商談が成立したので必要書類を用意しようと思って立ちあがったのですが、その時、思いきり力を入れてしまいました。

つまり「上昇」に「加圧」したのです。

客(左側の女性)は店員が突然立ちあがったのでぴっくりしています。

客には店員の動作がよく理解できないので「なにか重大な失敗に気づいたのではないか」、あるいは「店員が経験不足で緊張しているのではないか」と心配しています。


P33a

(C)下降・加圧の動作(図7)

「下降」の動作はしだいに圧力を加える「加圧」の動作と結びついた時、最も自然に見えます。

図7の店員(右側の男性)は、商品の機能を心配する客(左側の女性)に説明をしているところです。

彼は客の質問に対して、力強くうなずくなどの「下降・加圧」の動作をまじえながら、ていねいに回答しています。

客は彼の確信に満ちた様子を見て、次第に信頼感を高めてきています。

(D)下降・減圧の動作(図8)

「下降」の動作が「減圧」と結びつくと、どうもうまくいきません。

図8の店員(左側の男性)もまた、客(右側の女性)に商品の機能を説明しているのですが、うなずいたり、手を動かしたりするたびに、ふにゃふにゃと力がぬけてしまうのです。

客は店員の説明を聞いても少しも安心できないので、だんだん買う気がなくなってきています。

このように、垂直面の動きは圧力と深い関係にあります。

「上昇・減圧」をすれば落ちついて見えますし、「上昇・加圧lすれば感じが悪く、「下降・加圧」すれば信頼できるように、「下降・減圧」すれば情けなく見えるのです。

(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社・1986年版より抜粋したものです)

続きは次回に…。

| | コメント (0)

2022年1月 1日 (土)

9.水平面の動作とは?(入りやすい店売れる店1986年版)

明けましておめでとうございます。

令和四年元旦。

長年に渡ってこのブログでは、人が「店」(リアルショップ)にひきつけられる隠された本当の要因についてレポートいたしております。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、今日は、「(1)水平面の動作(A)~(D)」について詳しくご説明いたします。

どうか、35年前の書籍の抜粋であるということを念頭に入れてお読みくださいませ。

 

9.(1)水平面の動作とは?

それではまず、水平面の動作をみてみましょう。

今、両手をま横にむけてどんどん広げていくとします。

するとやがてもうこれ以上は手を広げられない限界に達するでしょう。

こんどはそこから手を身体の前のほうに持ってきて、自分で自分の身体を抱えるようにします。

するとやはり、もうこれ以上はいけないという限界に達するでしょう。

この最も開いた状態から、最も閉じた状態までの間の動きの変化を「水平面」の動作といいます。

この時、外側に向かって開いていく動作を「展開」、反対に内側に向かって閉じていく動作を「囲い込み」と呼びます。

ところで、この「展開」と「囲い込み」の動作は、それぞれが相性のいいもう一つの動作と結びついた時はじめて、自然でよく意味のわかる動作になります。

このとき結びつく相手をまちがえると、その動作は不自然でわざとらしく、よく意味のわからないものになってしまうのです。



P30a_2


(A)開い込み・指示の動作(図1)

「囲い込み」の動作は、方向をさし示す「指示」の動作と結びついたとき、最も自然に見えます。

図1の店員(右側の女性)の動作がこれにあたります。

彼女は、左手にもった商品と品質表示を右手で「囲い込み」ながら「指示」しています。

彼女の身体の向きや視線の方向もみな一貫して一つの方向を示しています。

客(左側の女性)は店員が何を説明しようとしているのかがよくわかります。

(B)囲い込み・旋回の動作(図2)

同じ「囲い込み」の動作も「旋回」の動作と結びついてしまうとよく意味がわからなくなります。

図2の店員で右側の女性)は左右の手で「囲い込み」の動作をしているのですが、はっきり何かを指示しないまま、ぐるぐると「旋回」してしまっています。

このため客(左側の女性)には店員の言おうとしていることがさっばり伝わりません。

客は店員のはっきりしない動作が不可解で、最後には腹を立ててしまいます。


P31a

(C)展開・旋回の動作(図3)

「展開」の動作は、方向性を示きない「旋回」の動作と結びついた時、最も自然に見えます。

図3の店月がショーウインドーをふいているこの動作が、「展開・旋回」にあたります。

また、自分の身体のまわりにぐるりと輪を描いたり、スターが観客に向かってあいさつをするように両手をひろげてみせる動作もこれにあたります。

(D)展開・指示の動作(図4)

「展開」の動作がとんちんかんに見えるのは「指示」と結びついた時です。

図4の店員(左側の男性)は客(右側の男性)の質問に答えて商品のある場所を教えようとしているのですが「展開」しながら方向を「指示」してしまったために失敗しています。

客は、店員が客の顔を見つめたまま商品の方向を指さすので、いったいどちらを見たらいいのかわからず混乱しています。

このように、たとえ同じ人でも動作を変えることによってイメージが大きく変わってしまいます。

「囲い込み・指示」をする店員は誠実に、「展開・旋回」をする店員はおおらかに、また「囲い込み・旋回」をすると優柔不断に、そして「展開・指示」をすると横柄に感じられるのです。

(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社・1986年版より抜粋したものです)


続きは次回に…。

| | コメント (0)

2021年12月27日 (月)

8.コミュニケーションにおける①「動作信号」とは?(入りやすい店売れる店1986年版)

こんにちは。

現在でも、多くの人たちは、コミュニケーションは「ことば」が中心で、「動作」が果たす役割は大きくないと考えています。

そのために、「動作」のことは、「しぐさ」あるいは「身振り手振り」などという言葉で解釈され、様々な「動作」が発信しているメッセージはほとんど無視されているのが現状です。

そして、「動作」(しぐさ=身振り手振り)が伝えるメッセージを無視して、「ことば」中心のコミュニケーションを行っている結果、様々な人間関係が破綻をきたしています。

しかし、実際には、私たちは相手が話す「ことば」を、そのまま鵜呑みにしているわけではなく、その場の雰囲気から、聞き取った「ことば」以外の情報を解釈をしながら、コミュニケーションを交わしていることも事実です。

それでは、私たちは、コミュニケーションにおいて、「ことば」以外の何の情報を手掛かりにして相手の真意を汲み取ろうとしているのでしょうか?

実は、相手が話す「ことば」に伴われる身体の動き(しぐさ=身振り手振り)が伝えるメッセージを読み取っているのです。

さて、今日は、コミュニケーションにおける「動作信号」(しぐさ=身振り手振り)の役割を理解していくために、まずは、「人の動きの分類」についてのお話です。

どうか、35年前の書籍の抜粋であるということを念頭に入れてお読みくださいませ。


8.コミュニケーションにおける「動作信号」とは?

①動作信号

私たちは日ごろ、自分の動作や他人の動作について特に関心を持って眺めたりはしません。

けれども、人は実に様々な動作をし、そしてその動作を通じて非常に多くのことを伝達しあっているのです。

このように動作はたいへん重要な役割をはたしているのですが、動作そのものをとらえることが難しいため、なかなか研究が進みませんでした。

●三種類の動作分類(水平面の動作、垂直面の動作、矢状面の動作) 

13_20211225102201


動作は一瞬のうちに次から次へと変化していくので、思い出したり、記録したりするのはとてもたいへんです。

感覚的には、自然な感じの動きと不自然な感じの動きを区別することもできるのですが、具体的にどこがどう悪かったのか、どこをどう直せばいいのかなどといったことを説明するのは困難です。

私たちは一見非常に複雑な動作をしているように思いますが、実は、次のような法則にしばられていることがわかります。

一つは人間が動ける範囲はその人間が手や足を伸ばして届く空間に限られているということです。

人間そのものが移動することはできますが、手や足の長さを変えられない以上、人間は自分をすっぽりと包むアワのような空間の中で生活しているのです。

二つ目は、その空間の中を動く時の動作が、A水平面の動作、B垂直面の動作、C矢状面の動作、の三種類に分類されるということです(W・ラム、E・ワトソン「ボディコード」、紀伊国屋書店)。

どんなに複雑に見える動作でもこれらの三つの動作がお互いに複雑に組みあわさってできているということがわかるのです。

(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社より抜粋したものです)

続きは次回に…。

| | コメント (0)

2021年12月20日 (月)

7.アクションと身体信号(入りやすい店売れる店1986年版)

こんにちは。

このブログでは、コミュニケーションにおいて重要な役割を持っているものは、「ことば」ではなく「アクション」であるという考え方を中心にしてレポートしています。

コミュニケーションは、次の10個の信号で交わされています。

①動作信号
②表情信号
③視線信号
④空間利用信号
⑤話し言葉信号
⑥音声信号
⑦接触信号
⑧におい信号
⑨性別年齢信号
⑩容姿信号

以上の10個の信号の内、アクション=①動作信号が最も大きな役割を果たしています。

なぜならば、①動作信号は、「ことば」よりもはるかに真実の情報を発信しており、その他②~⑨の信号に強い影響を与えるからです。

したがって、①動作信号について詳しく理解し、併せて動作信号に強い影響を受けるその他の②~⑩の信号についても理解する必要があります。

さて今日は、「アクションと身体信号」に全体に関するお話です。

どうか、35年前の書籍の抜粋であるということを念頭に入れてお読みくださいませ。


7.アクションと身体信号(その1)

私たちは毎日、まわりの人々とコミュニケーションを行っています。

恋人と愛を誓ったり、友人とおしゃぺりをしたり、上司にしかられたり、泣いたり、笑ったり、その内容は実に様々です。

ところで、こうしたコミュニケーションの内容は、いったい何によって他人に伝わるのでしょうか。

しばらく前までは、それは「ことば」だと思われていました。

けれども人間についての研究が進むにつれて、「ことば以外のもの」が大きな役割を持っていることがわかってきたのです。

実際、私たちは人の様子を見ただけで、その人が喜んでいるのか、悲しんでいるのか、怒っているのかを知ることができます。

それでは私たちは相手の何を見て判断しているのでしょうか。

私たちの身体は常に他人に向かっていろいろな合図を送り続けています。

これをまとめて「身体信号」と呼ぶことにします。

身体信号は大きく二つに分けることができます。



Photo_20211213085501


一つは「動的身体信号」で、これは身体の動きにともなって変化します。

もう一つは「静的身体信号」で、これは身体の動きとは直接関係ないものです。

それではまず、「動的身体信号」について説明しましょう。動的身体信号の内容は七つあります。

①動作僧号
②表情僧号
③視線僧号
⑥空間利用信号
⑤話し青葉信号
⑥音声信号
⑦接触信号

これらの信号は、それぞれがバラバラのものではなく、身体の動きと深い関連があります。

①の動作信号は、最も大きな動きを分担していることから、動的身体信号の中心的な役割をはたします。

これにともなって、②の表情信号から⑦の接触信号までが、万華鏡のように変化していくのです。


Photo_20211213085502


ここに新人店員のA君がいます。

彼はなかなかうまく接客ができず、すっかり自信をなくしてしまいました。

そんな彼の姿勢はうつむきがちで、肩をがっくり落としたり、ため息をついたりという動作をくり返しています。

そんな彼の表情は暗く、ふし目がちで、ろくに上司の顔を見ようともしません。

上司のそばにもあまり近づきたがらないので、心配したB店長はA君を呼んで話をききました。

こんなA君から出てくる言葉はこの絵のようなものでした。

声の調子は暗く沈んで、今にも消えいりそうです。そこでB店長はA君の肩をたたいてはげましました。

B店長から店員として成功するためのノウハウを敢えてもらったA君は、気をとり直してもう一度挑戦してみることにしました。

すっかりやる気になったA君の動作と、それにともなう六つの身体信号の変化はご覧のとおりです。

このように動的身体信号は人から人へ、非常に多くのことを伝えます。

これらの身体信号をよく知り、使いこなすことができたら人間関係をずっと円滑なものにすることができるのです。

※次回、「8.コミュニケーションにおける『動作信号』とは?」に続く。


(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社より抜粋したものです)

続きは次回に…

| | コメント (0)

2021年12月13日 (月)

6.なぜ客はアクションに反応するのか(入りやすい店売れる店1986年版)

こんにちは。

店員にとって店は、自分の「なわばり」に大切な商品を陳列して、少しでも多くの売り上げを目指している、非常に重要な現場です。

客の側もまた、少しでも良い商品をより安く入手したいと願っているために、店員と客の利害は、はっきりと対立しています。

店員は常に客の動向に注意を払って、商品を求めていそうな客をいち早く発見して、購入を促進しようと待ち構えています。

そのことをよく知っている客もまた、店員の積極的な接客の影響を受けて、ついつい妥協した購入をしないように、注意を払っています。

したがって客は、店に近づくと、店員が何をしているかについて敏感に察知します。

そのため、店頭や店内でじっと立って客を待ち構えている店員のアクションを見かけた場合には、客は直ぐにその店から遠ざかります。

しかし、店員が他の客に接客をしたり、あるいは作業に専念したりするアクションを行っている場合には、直ぐには接客を受けないことが予測できるために、その店に入りやすくなります。

つまり、客は店員のアクションを見て、安全な店(直ぐに接客されない店)であるか、危険な店(直ぐに接客される店)であるかを判断しているのです。

さて今日は、「客が、店員のアクションに、遠ざけられたり引きつけられたりする」理由についてのお話です。

どうか、35年前の書籍の抜粋であるということを念頭に入れてお読みくださいませ。

6.なぜ客はアクションに反応するのか

客と店員が販売の現場で行ういろいろな行動をよく知るために、大昔の人間の生活をふり返ってみましょう。

はるか昔、人間は狩猟や採集によって、食物や衣料を手にいれていました。

獲物を手にいれる場所が安全で快適であれば、人は安心して獲物を探したり選んだりすることができます。

けれどもその獲物のそばに恐しい敵がいたら、なかなか近づ〈ことができません。


Photo_20211207110001


現代の社会では、人間は「買い物」によって、食物や衣料を手にいれています。

もしも商品を手にいれる場所が安全で快適であれば、人は安心して商品を探したり選んだりすることができます。

けれどもその商品のそばに恐しい敵がいたら、なかなか近づくことができません。

大昔、その敵は卵を守るくちばしのするどい親鳥であったり、水をくもうとすると顔を見せるワニだったりしました。

現代の敵はなんと店員なのです。



Photo_20211207110003

店員は「店」という自分のなわばりの中にいて「客」から商品を守っています。

ところが、商品をたくさん売ろうと思ったら「客」がどんどん店の中にはいってくるようにしなければならないのです。

この矛盾が多くの店員を苦しめています。

すでにお話した「客寄せ踊り」や「客よせ音頭」は、店員が店にいながら他のことに気をとられている状況をつくりだすことによって、店員のなわばりをゆるめるという効果があります。

そのスキに客が近よってくるのです。


(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社より抜粋したものです)

続きは次回に…。

| | コメント (0)

2021年12月 6日 (月)

5.客を遠ざける店員のアクション(その2)(入りやすい店売れる店1986年版)

こんにちは。

約35年前の1986年当時は、全国の商店街も、まだまだ元気が残っている時代でした。

地元のお客様を対象にした商店街の店は、来店客の多くが購入客に直結していたために、お客様が入って来るや否やすぐに「いらっしゃいませ!」と接客を開始したり、店頭や店内でじっと立って来店客を待ち構えることは、ごく一般的な接客方法でした。

しかし、各地の商店街のすぐ近くには新しい商業集積や大型店が登場し、そこでは、できるだけ多くのお客様を迎え入れて、より多くの購入客を獲得しようとする販売方法が行われるようになっていました。

つまり、その頃から、店は、買うか買わないかが決まっていないお客様や、全く買う気がないお客様をも、できるだけたくさん店に迎え入れようとする販売競争の時代へと変化していったのです。

したがって、接客方法も、買うことが決まっているお客様や、まだ決まっていないお客様や、初めから全く買う気がなく見るだけのお客様など、様々なお客様に対応することが必要となって来ました。

そのため、従来から行われていた、

①店頭や店内でじっと立ってお客様を待ち構える

②来店するや否や直ぐに「いらっしゃいませ!」と接客を開始する

などの店員のアクションは、お客様を遠ざける典型的なアクションとなりました。

このことは、後に「駅ナカ・駅ソト」ショップ時代を迎えた時代においても、変わらずに、お客様を遠ざける店員のアクションであることが観察できました。

さて今日は、「客を遠ざける具体的な店員のアクション」についての後半のお話です。

どうか、35年前の書籍の抜粋であるということを念頭に入れてお読みくださいませ。


5.客を遠ざける店員のアクション(その2)

店のまん中で怖い顔をしている店員(本人は客待ちの姿勢をしていると思っている)、店の入り口をふさいでいる店員、店の前に出て客をつかまえようと待ちかまえている店員、すぐに客に近づく店員。

こうした客を遠ざける一連の店員の動作を「客追い踊り」といいます。

Photo_20211204104401
Photo_20211204104501

また、客が店に近づくやいなや「いらっしゃいませ」と声をかける店員、なんとなく商品をひやかしたいと思っているのに、「何をお探しですか」、「ご予算は~」などと話しかけてくる店員。

こうした店員が発する一連の言葉を「客追い音頭」といいます。



Photo_20211204102401

Photo_20211204102901
店員が「客追い踊り」を踊りながら「客追い音頭」をうたっていたら、一向に客が近づいてこないのも当然のことでしょう。

考えてみれば当たり前だと思う、こんな単純なことに私たちは長い間気づかなかったのです。

むしろ、客を追い払うような行動が奨励されているきらいがあります。



Photo_20211204102601
Photo_20211204102501


開店前にすべての準備をおえてしまうのが正しく、開店してから作業をしているのはいいかげんな証拠だ。

店員は正しい姿勢で片時も気をぬかず、客が来るのを待たなければならない。

客が来たらすぐに「いらっしゃいませ」とあいさつをしなければならない。

客に対しては積極的にアプローチをするべきだ等々。

これらの教育は、一見、正しいように思えます。

いったい何を根拠に「開店の準備はゆっくりやって、開店後にも作業が残っていたほうがいいんです」といえるでしょうか。

「だって、作業していると客が来るんです」といってもなかなか信用してもらえなかったに違いありません。

(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社より抜粋したものです)

続きは次回に…。

| | コメント (0)

2021年11月29日 (月)

4.客を遠ざける店員のアクション(その1)(入りやすい店売れる店1986年版)

こんにちは。

今回は、前回と前々回の「客を引きつける店員のアクション」とは反対に、

「客を遠ざける店員のアクション」についてのお話です。

どうか、35年前の書籍の抜粋であるということを念頭に入れてお読みくださいませ。

4.客を遠ざける店員のアクション(その1)

「売れない店」には活気というものがありません。

店にはほとんど客の姿がなく、たまに客が来ても入り口のあたりをウロウロしただけですぐどこかへ行ってしまいます。

長い間、客が釆ないので、店員もすっかり退屈してしまい、うつろな目つきで店の外をながめています。

客が来ないのですることもなく、店内にはただただむなしい静寂がただよっています。


P201

 

さて、この「売れない店」を救う方法はあるのでしょうか。

この問題に取り組む前に考えておかなければならないことが二つあります。

一つは通行量です。

店の前を人が通らなければ売り上げをあげることは至難のわざです。

もう一つは商品です。

他店に比ベて群をぬいて優れている必要はありませんが、きわめて商品が劣るようではいけません。

立地もまずまずで(事実、隣の店はよく売れている)、商品もそこそこのものを置いているとしたら、考えられるのは店舗レイアウトの失敗と店員行動の失敗です。

 

P202


店舗のレイアウトについてはあとで触れるとして、ここでは「客を遠ざける店員のアクション」を見てみましょう。

「売れない店」の店員をしている人たちは、別に「今日はすべての客を追い払って、店内の商品を一品たりとも買われないようにしよう」と決心しているわけではありません。

ところがその行動を見てみると、客が商品に近づいたり手にとって見ようとするのをじゃまする結果になっているのです。

(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社より抜粋したものです)

続きは次回に…。

| | コメント (0)

2021年11月22日 (月)

3.客を引きつける店員のアクション(その2)(入りやすい店売れる店1986年版)

こんにちは。

今回は、前回の「客を引きつける店員のアクション(その1)」に引き続いて後半のお話です。

どうか、35年前の書籍の抜粋であるということを念頭に入れてお読みくださいませ。


3.客をひきつける店員のアクション(その2

それではいったいどのようにしたら、客をひきつけることができるのでしょうか。

一般に客は、「作業している店員の姿」にひきつけられます。

忙しそうに働く様子は明らかにその店に活気を与えます。

また、客の立場からすると、店員がなにか他のことに気をとられている間は商品をすすめられる心配がないので、気軽にひやかすことができます。


Photo_20211120113001


Photo_20211120113002


Photo_20211120113003


他の客に接客している店員、忙しそうに包装をしている店員、ケースやショーウインドーをふく作業をしている店員、店内の飾りつけをしたり商品の準備をしている店員、商品をそろえたり並べなおしている店員、実演販売をしている店員。

このような店員は、他のなにもせずじっとしている店員に比べてはるかに強いパワーを持っています。

こうした客をひきつける一連の動作を「客よせ踊り」と呼びます。

客寄せ踊りが踊れる店員のいる店は、他店に比べてずっと活気があり、客が店にいる時間も長くなります。

つまり「売れる店」ということになります。

また、店の活気を盛りあげる一要素に、店員の「声」があります。


Photo_20211120113004


一般に客は、「他の客に向かって発せられた呼びかけ」にひきつけられます。

「いらっしゃいませ」、「ありがとうございました」、「今日はお買い得です」というような声が、店全体に流れているような状況は客を強くひきつけます。

こうした客をひきつける一連の音声を「客寄せ音顕」と呼びます。

客をうまくひきつけようと思ったら、客が近づいてきたのに気づいても、さりげなく仕事を続けることが非常に大切です。

また、近づいてきた客にむかって声をかけないでおくということも重要なポイントなのです。

よく売る店員ほどこのことをよく知っていて、売り場の中を上手に動きまわります。

そして実際には売れていなくても売れている雰囲気を盛りあげて、次の客をつかむのです。

(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社より抜粋したものです)

続きは次回に…。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

◆「駅ナカ・駅ソト」ショップ ◆おもてなしを生み出す人の動き(アクション) ◆お互いの動きの癖が生み出す人間関係 ◆お客様が出会う13タイプの店員 ◆お客様のタイプ別接客方法 ◆お客様を感動させる「下手・したて」アクション ◆こうすればお客さんは何度でもやって来る ◆ざっくり店舗観察 ◆できる上司できない上司 ◆エキュート品川 ◆マンガお客様が感動する接客サービス ◆マンガ良い店悪い店の法則 ◆リアルショップあるある ◆上司と部下の「動き」の組み合わせから生まれる成功と失敗 ◆人の動きでわかる店舗診断 ◆人の動きを理解すれば売れる店は一晩でつくれる ◆人は動きだ! ◆今日の接客 ◆使える部下使えない部下 ◆入りやすい店の秘密 ◆動きの癖が左右する好きな人嫌いな人 ◆商店街はなぜ滅ぶのか? ◆営業マンこれだけ心得帖 ◆売れる営業マン売れない営業マン ◆店員の動きが接客の良し悪しを左右する ◆店員の動きが接客の良し悪しを左右する [1] ◆店員の客を引きつけるアクション遠ざけるアクション ◆接客しない店が売れる店 ◆接客のしかたであなたがわかる! ◆接客三大アクション ◆接客上手下手と動きの関係 ◆接客上手下手はアクションで決まる ◆新しい客がどんどん来る店 ◆新宿伊勢丹 ◆日経MJ ◆最近の話題 ◆有名人の動き ◆東京おかしランド ◆東京キャラクターストリート ◆東京ソラマチの繁盛店 ◆東京駅の店 ◆東横のれん街 ◆渋谷ヒカリエ・シンクス ◆相性を左右するお客様と店員のタイプ ◆相手に好かれるためのアクション術 ◆私たちの講演会より抜粋 ◆続・入りやすい店売れる店 ◆繁盛店の分析 ◆自分にとってどうしても分かり難い人とは? ◆自分を助けてくれる人助けてくれない人 ◆衰退する店の分析 ◆超入りやすい店売れる店 ◆過去のブログより ◆達人店員(販売員)の接客テクニック(技術) ◆間違いだらけの接客方法 ◆13人の店員と13人のお客様の相性 ◆13種類の人の動き ◆1988年当時の店 ◆2020三空間店舗分析 ◆2021三空間店舗分析 ◆86年版入りやすい店売れる店