カテゴリー「◆2020三空間店舗分析」の28件の記事

2020年8月 3日 (月)

29.7Fファッションフロアの店の構造と店員&客のアクション----渋谷スクランブルスクエア7Fの三空間店舗分析(その1)

こんにちは。

前回は、渋谷スクランブルスクエア6F(ファション)の店が客を誘惑するために発信している「六つのメッセージ」についてご説明しました。

今回からは、7F(ファッション)の「店舗構造」と客を引きつけたり遠ざけたりする「店員と客のアクション」そして客を誘惑する「六つのメッセージ」について順次ご説明してゆきます。

それでは最初に、7F(ファッション)の店の「店舗構造」から見てゆきたいと思います。

さて、7F(ファッション)の店は、「店員空間がない、引き込み・回遊型店」と「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」と「店員空間が狭い接触型店」の構造をした店で構成されています。

そして、それぞれの店において客を引きつけたり遠ざけたりする店員と客のアクションを観察することができます。

↓渋谷スクランブルスクエア7F(ファッション)の様子
F_20200730192301

(1)「店員空間がない、引き込み・回遊型店」の構造
「商品空間」を店内に設け、「店員空間」が無いのが特徴です。
Zu5-naihk_20200727095301

(2)7F(ファッション)の「店員空間がない、引き込み・回遊型店」の店

Photo_20200727095502
F3

(3)「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」の構造
通路に面した「商品空間」を設け、「店員空間」が無いのが特徴です。
Zu7-naishk_20200727095301

(4)7F(ファッション)の「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」の店
Photo_20200730192501

F_20200727095701
Photo_20200727095801
Photo_20200727100701
Photo_20200727100702
Photo_20200727100801  


(5)「店員空間が狭い接触型店」の構造
通路に面した「商品空間」を設け、「店員空間」が狭いのが特徴です。

Zu1-semais_20200730192801
(6)7F(イベントコーナー)の「店員空間が狭い接触型店」の店

Photo_20200730193201

繰り返し説明してまいりましたが、渋谷スクランブルスクエアに限らず、全国の商業集積に存在する全ての「店」は、大まかには下のように四分類することができ、更に「店員空間」の状況によって細かく八分類することができます。

つまり、私たちが毎日利用したり見かけたりしているあらゆる「店」は、一見大変複雑な構造をしているように思えますが、実際には次のいずれかの構造の「店」に当てはまるのです。

Photo_20200727095501

そして、渋谷スクランブルスクエア7F(ファッション)においては、「店員空間がない、引き込み・回遊型店」と「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」と「店員空間が狭い接触型店」で構成されていることが観察できるのです。

さて、それぞれの店では、客を引きつけたり遠ざけたりする店員と客のアクションが展開されておりますが、それにつきましては次回に詳しくご説明いたします。

続きは、次回に…。

| | コメント (0)

2020年7月27日 (月)

28.店が客を引きつけるために発信している「六つのメッセージ」とは?----渋谷スクランブルスクエア6Fの三空間店舗分析(その4)

こんにちは。

前回は、現在の渋谷スクランブルスクエア6F(ビューティ)の「折衷型店舗」が、どのような経緯で店舗構造と接客方法を変化させてきたかについてご説明しました。

今回は、渋谷スクランブルスクエア6F(ビューテイ)の全体の店が客を引きつけるために発信している、「六つのメッセージ」についてご説明いたします。

「店」は店の前を行き交う大勢の通行客に対して、来店や購入を促進するための様々な「誘惑のメッセージ」を必ず発信しています。そして客にとっては、この「誘惑のメッセージ」こそがリアルショップの大きな魅力となっているのです。

↓誘惑のメッセージを発信している 6F(ビューティ)の様子
Photo_20200715185001

(1)見知らぬ人歓迎のメッセージ(誘惑のメッセージ①)

Photo_20200715185201
様々な大勢の通行客が行き交う「回遊通路」からは、「初めての方ほどどうぞいらっしゃいま!」という「見知らぬ人歓迎のメッセージ」が発信されています。

(2)浪費は美徳のメッセージ(誘惑のメッセージ②)

Photo_20200715185801
「商品空間」に設置された「プライスカード」は、ただ単に商品の価格を表示しているだけでなく、購入目的の客に対してはもちろんのこと、購入の予定がないひやかし客に対しても、「思い切って買っちゃいましょう!」「ついでにこれもどうぞ!」等の「浪費は美徳のメッセージ」を発信しています。

(3)返礼不要のメッセージ(誘惑のメッセージ③)

Photo_20200715185301
回遊通路にせり出した「商品空間」や店内の眺めやすい「商品空間」からは、「どうぞ自由にご覧ください!」「見るだけでもどうぞお気軽に!」等の「返礼不要のメッセージ」が発信されています。

(4)狩猟解禁のメッセージ(誘惑のメッセージ④)

Photo_20200715185302
店頭から店内に引き続いて大量に陳列された「商品空間」からは、「狩猟解禁のメッセージ」が発信されています。

(5)もっともらしい理由のメッセージ(誘惑のメッセージ⑤)

Photo_20200715185303
「期間限定ショップ」や「対象者限定商品」等を訴求した店舗や商品からは、「今だけの商品ですよ!」「非常に信頼のおける商品ですよ!」等という「もっともらしい理由のメッセージ」が発信されています。

(6)性をほのめかすメッセージ(誘惑のメッセージ⑥)

Photo_20200715185401
大勢の若い男女の店員や行き交う見知らぬ若い男女の客からは、「性をほのめかすメッセージ」が発信されています。

以上、渋谷スクランブルスクエア6F(ビューテイ)全体の店が発信している、客を誘惑する「六つのメッセージ」についてご説明しました。

コロナ禍以前の「店」(リアルショップ)には、日常のタブーに縛られた生活から解放された自由な時間と空間を求めた大勢の客がやって来ました。
そして、それらの客に対して「店」(リアルショップ)は「なわばり」を解除した空間を提供すると共に、客が無意識の内にタブーを破るように誘惑する「六つのメッセージ」を発信して来たのです。

客が「店」を「非日常」の空間だと感じる大きな理由は、日常では常識的に戒められている様々なタブーを無視した行動を自由に行うことができるからなのです。

しかし、残念ながらコロナ禍の現在では、「店」は「なわばり」を解除した空間の提供や「誘惑のメッセージ」を発信することが従来の様には行えない状況となっています。

コロナ禍によって、「店」が変化してゆく状況をこれからも観察してゆきたいと思います。

続きは次回に…。

| | コメント (0)

2020年7月20日 (月)

27.化粧品店の「店舗構造」と「接客方法」の変化----渋谷スクランブルスクエア6Fの三空間店舗分析(その3)

こんにちは。

前々回(7月5日)は、渋谷スクランブルスクエア6F化粧品店の「店舗構造」が「折衷型店舗」であることについて、

そしてまた前回(7月12日)は、「折衷型店舗」の化粧品店における、客を引きつけたり遠ざけたりする店員のアクションについてご説明しました。

さて今回は、かつての化粧品店の構造と接客方法が、どのような経緯で現在の「折衷型店舗」の化粧品店の構造と接客方法に変化して来たかについてご説明します。

↓現在の渋谷スクランブルスクエア6Fの「折衷型店舗」の様子

Photo_20200708164101

(1)1970年代~1980年代の百貨店の化粧品コーナーの店の構造と接客方法

①早すぎる「いらっしゃいませ!」の店員のアクションが「なわばり」を主張して、多くの客を遠ざけた。
Photo_20200708165901  

②狭い店員空間でじっと立って「なわばり」を主張して、多くの客を遠ざけた。
Photo_20200708165902

③百貨店の化粧品コーナーのほとんどの店の構造は「店員空間が狭い接触型店」だった。

Zu1-semais_20200709090001

(2)1980年代半ばに百貨店の化粧品コーナーに登場した「店員空間が広い接触型店」の構造と接客方法

①広い店員空間が「なわばり」を解除する作業中の店員のアクションを生み出し、多くの客を引きつけたた。
Photo_20200709090301

②作業に追われる店員の様子は「なわばり」を解除するアクションとなって、多くの客を引きつけた。

Photo_20200709090302  

③この店だけが「店員空間が広い接触型店」の構造だった。

Zu2-hirois_20200709090201

(3)1990年代後半、百貨店の化粧品コーナーに登場した「店員空間がある、接触・引き込み・回遊型店」

①百貨店の化粧品コーナーにセルフサービス方式の化粧品店が登場した。

Photo_20200709090401

②この店の構造は「店員空間がある、接触・引き込み・回遊型店」だった。

Zu8-arushk_20200709092201

以上のような経緯で、現在の百貨店等の化粧品店は、渋谷スクランブルスクエア6階(ビューティ)の「折衷型店舗」のような複雑な構造と接客方法に変化してきたのです。

店がどのような構造や接客方法に変わろうとも、店員が「なわばり」を主張するアクションを行って客を遠ざけ、あるいは「なわばり」を解除するアクションを行って客を引きつけているかの様子には変わりがないことを観察することができます。

コロナ禍によって、今後は更に店舗構造と接客方法が改善されていくことが予測できます。

続きは、次回に…。

| | コメント (0)

2020年7月13日 (月)

26.客を引きつけたり遠ざけたりする店員のアクション-----渋谷スクランブルスクエア6Fの三空間店舗分析(その2)

こんにちは。

前回(7月5日)は、渋谷スクランブルスクエア6F(ビューティ)における、「店舗構造」についてご説明しました。

そして、渋谷スクランブルスクエア6F(ビューティ)の店は、「店員空間が狭い接触型店」と「店員空間が狭い引き込み型店」と「店員空間がない、引き込み・回遊型店」の「折衷型店舗」で構成されていることについてご説明しました。

さて今回は、その「折衷型店舗」の構造をした店における、客を引きつけたり遠ざけたりする店員のアクションについてご説明します。

 

↓6Fの「折衷型店舗」の様子
Photo_20200706085501

↓「店員空間が狭い接触型店」と「店員空間が狭い引き込み型店」と「店員空間がない、引き込み・回遊型店」の「折衷型店舗」では、細かくはそれぞれの構造の店で展開されている店員と客のアクションが生じています。大雑把には「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」の構造の店での店員と客のアクションに似ています。
Zu7-naishk_20200706090901
↑「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」は上のような構造をしている店です。

従って、ここでは「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」の構造における、店員と客のアクションをご紹介し、6F(ビューティ)の「折衷型店舗」での店員と客のアクションをご説明したいと思います。

(1)客を遠ざける店員のアクション

↓ 店内でじっと立って客を待つ店員のアクションは、「なわばり」を主張するアクションとなって客を遠ざけてしまいます。
Photo_20200706090302
 

↓ 店頭でじっと立って客を待つ店員のアクションは、より「なわばり」を主張するアクションとなって客を遠ざけてしまいます。
Photo_20200706090301

↓ 店に近づいて来たリ入って来たリした客に対して、直ぐに「いらっしゃいませ!」と声を掛けて接客を開始すると、「なわばり」を主張するアクションとなって客を遠ざけてしまいます。
Photo_20200706090303

(2)客を引きつける店員のアクション

↓ 接客中の店員のアクションは、「なわばり」を解除するアクションとなって客を引きつけます。
Photo_20200706090501

↓ 作業中の店員のアクションは、「なわばり」を解除するアクションとなって客を引きつけます。
Photo_20200706090502

↓ 「サクラパワー」が生じた場合には、いっそう「なわばり」が解除されるために客はより引きつけられます。
コロナ禍の「マスク」と「ソーシャルディスタンス」の導入によって、「サクラパワー」が生じないようにしているのが現状ですが、それでも店内に客が一人でも存在すればその客は「サクラ」となって他の客を引きつけます。
Photo_20200706090503

※「サクラパワー」とは?
店に客がつくと、その客の姿が次の客をひきつける。その時の状況を「サクラパワー」が起きているとと言う。
「サクラパワー」は次々と客を引きつけながらますます買いやすい状況をつくりだすために、店にとっては重要な販売機会となる。

以上のように、6階(ビューティ)の「折衷型店舗」においては、「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」の構造の店とほとんどよく似た店員と客のアクション、つまり店員が「なわばり」を主張するアクションを行って客を遠ざけ、あるいは「なわばり」を解除するアクションを行って客を引きつけている様子を観察することができます。

1960年代~1970年代の百貨店の化粧品コーナーは、大部分が「店員空間の狭い接触型店」で、一部「店員空間が狭い引き込み型店」を加えて構成されていました。1980年代後半に、「店員空間が広い接触型店」が登場して多くの客を引きつけて以来、ほとんどの化粧品店は店舗構造と接客方法の改善を繰り返し、現在の「折衷型店舗」へと変化してきたのです。

コロナ禍によって、今後は更に店舗構造と接客方法を改善していくことが予測できます。

続きは、次回に…。

| | コメント (0)

2020年7月 6日 (月)

25.6Fビューティフロアの店の構造と客のアクション----渋谷スクランブルスクエア6Fの三空間店舗分析(その1)

こんにちは。

前回は、渋谷スクランブルスクエア5F(ファション)の店が客を誘惑するために発信している「六つのメッセージ」についてご説明しました。

今回からは、6F(ビューティ)の「店舗構造」と客を引きつけたり遠ざけたりする「店員と客のアクション」そして客を誘惑する「六つのメッセージ」について順次ご説明してゆきます。

それでは最初に、6F(ビューティ)の店の「店舗構造」から見てゆきたいと思います。

6F(ビューティ)は、すべての店が化粧品店で、すべての店の構造は一見非常に複雑な構造をしていますが、ざっくりとは「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」だと分類することができます。

詳しくは、「店員空間が狭い接触型店」と「店員空間が狭い引き込み型店」と「店員空間がない、引き込み・回遊型店」の折衷型店舗で構成されています。

そして、それぞれの店において客を引きつけたり遠ざけたりする店員と客のアクションを観察することができます。

↓6F(ビューティ)の様子
 Photo_20200701185201

渋谷スクランブルスクエア6Fの店は、「店員空間が狭い接触型店」と「店員空間が狭い引き込み型店」と「店員空間がない、引き込み・回遊型店」の折衷型店舗となっています。

かつての百貨店やショッピングセンターの化粧品店のフロアやコーナーは、「店員空間が狭い接触型店」で構成されていました。その店が少しずつ構造を変化させて、今日のような折衷型店舗となっているのです。


(1)「店員空間が狭い接触型店」 の構造
Zu1-semais_20200701190601

(2)「店員空間が狭い引き込み型店」の構造
Zu3-semaih_20200701190601

(3)「店員空間がない、引き込み・回遊型店」の構造
Zu5-naihk_20200701190601
以上の三つの構造の店が取り込まれた「折衷型店舗」となっています。

(4)6F(ビューティ)の「折衷型店舗」の店

Photo_20200701185601

Photo_20200701185701
Photo_20200701185704
Photo_20200701185703
 Photo_20200701185602

Dsc_1816

渋谷スクランブルスクエアに限らず、全国の商業集積に存在する全ての「店」は、大まかには下のように四分類することができ、更に「店員空間」の状況によって細かく八分類することができます。

つまり、私たちが毎日利用したり見かけたりしているあらゆる「店」は、一見大変複雑な構造をしているように思えますが、実際には次のいずれかの構造の「店」に当てはまるのです。

Photo_20200701190101

そして、渋谷スクランブルスクエア6F(ファッション)においては、すべての店が「店員空間が狭い接触型店」と「店員空間が狭い引き込み型店」と「店員空間がない、引き込み・回遊型店」の、「折衷型店舗」で構成されていることが観察できるのです。

さて、この構造をしたそれぞれの店で、客を引きつけたり遠ざけたりする店員と客のアクションが展開されておりますが、それにつきましては次回に詳しくご説明いたします。

続きは、次回に…。

| | コメント (0)

2020年6月29日 (月)

24.店が客を引きつけるために発信している「六つのメッセージ」とは?----渋谷スクランブルスクエア5Fの三空間店舗分析(その3)

こんにちは。

前回は、渋谷スクランブルスクエア5F(ファッション)の「店員空間がない、引き込み・回遊型店」の構造をした店での、客を引きつけたり遠ざけたりする店員のアクションについてご説明しました。

今回は、渋谷スクランブルスクエア5F(ファッション)の全体の店が客を引きつけるために発信している、「六つのメッセージ」についてご説明いたします。

「店」は店の前を行き交う大勢の通行客に対して、来店や購入を促進するための様々な「誘惑のメッセージ」を必ず発信しています。そして客にとっては、この「誘惑のメッセージ」こそがリアルショップの大きな魅力となっているのです。

※なお、画像は「緊急事態宣言」以前の2月に撮影したものです。

↓誘惑のメッセージを発信している 5F(ファッション)の様子
Photo_20200626105501

(1)見知らぬ人歓迎のメッセージ(誘惑のメッセージ①)

Photo_20200603110001
様々な大勢の通行客が行き交う「回遊通路」からは、「初めての方ほどどうぞいらっしゃいま!」という「見知らぬ人歓迎のメッセージ」が発信されています。
 
(2)浪費は美徳のメッセージ(誘惑のメッセージ②)

Photo_20200603110002
「商品空間」に設置された「プライスカード」は、ただ単に商品の価格を表示しているだけでなく、購入目的の客に対してはもちろんのこと、購入の予定がないひやかし客に対しても、「思い切って買っちゃいましょう!」「ついでにこれもどうぞ!」等の「浪費は美徳のメッセージ」を発信しています。

(3)返礼不要のメッセージ(誘惑のメッセージ③)

Photo_20200603110101
回遊通路にせり出した「商品空間」や店内の眺めやすい「商品空間」からは、「どうぞ自由にご覧ください!」「見るだけでもどうぞお気軽に!」等の「返礼不要のメッセージ」が発信されています。

(4)狩猟解禁のメッセージ(誘惑のメッセージ④)

Photo_20200603110102
店頭から店内に引き続いて大量に陳列された「商品空間」からは、「狩猟解禁のメッセージ」が発信されています。

(5)もっともらしい理由のメッセージ(誘惑のメッセージ⑤)

Photo_20200603110103
「期間限定ショップ」や「対象者限定商品」等を訴求した店舗や商品からは、「今だけの商品ですよ!」「非常に信頼のおける商品ですよ!」等という「もっともらしい理由のメッセージ」が発信されています。

(6)性をほのめかすメッセージ(誘惑のメッセージ⑥)

Photo_20200603110104
大勢の若い男女の店員や行き交う見知らぬ若い男女の客からは、「性をほのめかすメッセージ」が発信されています。

以上、渋谷スクランブルスクエア5F(ファッション)全体の店が発信している、客を誘惑する「六つのメッセージ」についてご説明しました。

「店」(リアルショップ)には、日常のタブーに縛られた生活から解放された自由な時間と空間を求めた大勢の客がやって来ます。
それらの客に対して「店」(リアルショップ)は「なわばり」を解除した空間を提供すると共に、客が無意識の内にタブーを破るように誘惑する「六つのメッセージ」を発信しているのです。

客が「店」を「非日常」の空間だと感じる大きな理由は、日常では常識的に戒められている様々なタブーを無視した行動を自由に行うことができるからなのです。

続きは次回に…。

| | コメント (0)

2020年6月23日 (火)

23.客を引きつけたり遠ざけたりする店員のアクション-----渋谷スクランブルスクエア5Fの三空間店舗分析(その2)

こんにちは。

前回(6月15日)は、渋谷スクランブルスクエア5F(ファッション)における、「店舗構造」についてご説明しました。

そして、渋谷スクランブルスクエア5F(ファッション)の店は、「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」で構成されていることについてご説明しました。

さて今回は、その「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」の構造をした店における、客を引きつけたり遠ざけたりする店員のアクションについてご説明します。

※なお、画像は2月~3月に撮影したものです。

↓5Fの「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」の様子
Photo_20200616095901

↓「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」とは下のような構造をした店のことです。
Zu7-naishk_20200616100001

(1)客を遠ざける店員のアクション

↓ 店内でじっと立って客を待つ店員のアクションは、「なわばり」を主張するアクションとなって客を遠ざけてしまいます。
Photo_20200616100101

↓ 店頭でじっと立って客を待つ店員のアクションは、より「なわばり」を主張するアクションとなって客を遠ざけてしまいます。
Photo_20200616100102

↓ 店に近づいて来たリ入って来たリした客に対して、直ぐに「いらっしゃいませ!」と声を掛けて接客を開始すると、「なわばり」を主張するアクションとなって客を遠ざけてしまいます。
Photo_20200616100103

(2)客を引きつける店員のアクション

↓ 接客中の店員のアクションは、「なわばり」を解除するアクションとなって客を引きつけます。
Photo_20200616100201
↓ 作業中の店員のアクションは、「なわばり」を解除するアクションとなって客を引きつけます。
Photo_20200616100202

↓ 「サクラパワー」が生じた場合には、いっそう「なわばり」が解除されるために客はより引きつけられます。
コロナ禍のソーシャルディスタンスの導入によって、「サクラパワー」が生じないようにしているのが現状ですが、それでも店内に客が一人でも存在すればその客は「サクラ」となって他の客を引きつけます。
Photo_20200616100203

※「サクラパワー」とは?
店に客がつくと、その客の姿が次の客をひきつける。その時の状況を「サクラパワー」が起きているとと言う。
「サクラパワー」は次々と客を引きつけながらますます買いやすい状況をつくりだすために、店にとっては重要な販売機会となる。

以上のように、5階(ファッションフロア)の「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」においても、店員が「なわばり」を主張するアクションを行って客を遠ざけ、あるいは「なわばり」を解除するアクションを行って客を引きつけている様子を観察することができます。

客は、欲しい商品を購入するためだけに「店」に行くわけではありません。見たり検討したりするだけのためにも「店」に行きます。また通勤や通学や様々な所用での移動中にふと「店」に立ち寄ったりするのです。
そして、見たり検討したりしている内にふと購入したりしているのです。

だから「ひやかし客」をふと購入させたり、「目的客」を更に他の店で購入させたりするためには、店員は常に「なわばり」を解除したアクションを行うことが大切なのです。

続きは、次回に…。

| | コメント (0)

2020年6月15日 (月)

22.5Fファッションフロアの店の構造と客のアクション-----渋谷スクランブルスクエア5Fの三空間店舗分析(その1)

こんにちは。

前回は、渋谷スクランブルスクエア4F(ファション)の店が客を誘惑するために発信している「六つのメッセージ」についてご説明しました。

今回からは、5F(ファッション)の「店舗構造」と客を引きつけたり遠ざけたりする「店員と客のアクション」そして客を誘惑する「六つのメッセージ」について順次ご説明してゆきます。

それでは最初に、5F(ファッション)の店の「店舗構造」から見てゆきたいと思います。

5F(ファッション)は、すべての店が「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」で構成されています。

そして、それぞれの店において客を引きつけたり遠ざけたりする店員と客のアクションを観察することができます。

※なお、今回紹介しています店内の様子は2月~3月初旬に撮影した画像です。

↓5F(ファッション)の様子
Photo_20200612100201

 
(1)「店員空間がない接触・引き込み・回遊型店」 の構造
Zu7-naishk_20200612100401

(2)5Fの「店員空間がない、引き込み・回遊型店」の店

Photo_20200612100704

Photo_20200612100703
Photo_20200612100702

Photo_20200612100701

渋谷スクランブルスクエアに限らず、全国の商業集積に存在する全ての「店」は、大まかには下のように四分類することができ、更に「店員空間」の状況によって細かく八分類することができます。

つまり、私たちが毎日利用したり見かけたりしているあらゆる「店」は、一見大変複雑な構造をしているように思えますが、実際には次のいずれかの構造の「店」に分類されるのです。

Photo_20200612101201
そして、渋谷スクランブルスクエア5F(ファッション)においては、すべての店が「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」」の構造をした店で構成されていることが観察できるのです。

さて、この構造をしたそれぞれの店で、客を引きつけたり遠ざけたりする店員と客のアクションが展開されておりますが、それにつきましては次回に詳しくご説明いたします。

続きは、次回に…。

| | コメント (0)

2020年6月 8日 (月)

21.店が客を引きつけるために発信している「六つのメッセージ」とは?-----渋谷スクランブルスクエア4Fの三空間店舗分析(その4)

こんにちは。

前回は、渋谷スクランブルスクエア4F(ファッション)の「店員空間がない、引き込み・回遊型店」の構造をした店での、客を引きつけたり遠ざけたりする店員のアクションについてご説明しました。

今回は、渋谷スクランブルスクエア4F(ファッション)の全体の店が客を引きつけるために発信している、「六つのメッセージ」についてご説明いたします。

「店」は店の前を行き交う大勢の通行客に対して、来店や購入を促進するための様々な「誘惑のメッセージ」を必ず発信しています。そして客にとっては、この「誘惑のメッセージ」こそがリアルショップの大きな魅力となっているのです。

※なお、画像は「緊急事態宣言」以前の2月に撮影したものです。

↓誘惑のメッセージを発信している 4F(ファッション)の様子
Photo_20200603105701

(1)見知らぬ人歓迎のメッセージ(誘惑のメッセージ①)

Photo_20200603110001
様々な大勢の通行客が行き交う「回遊通路」からは、「初めての方ほどどうぞいらっしゃいま!」という「見知らぬ人歓迎のメッセージ」が発信されています。
 
(2)浪費は美徳のメッセージ(誘惑のメッセージ②)

Photo_20200603110002
「商品空間」に設置された「プライスカード」は、ただ単に商品の価格を表示しているだけでなく、購入目的の客に対してはもちろんのこと、購入の予定がないひやかし客に対しても、「思い切って買っちゃいましょう!」「ついでにこれもどうぞ!」等の「浪費は美徳のメッセージ」を発信しています。

(3)返礼不要のメッセージ(誘惑のメッセージ③)

Photo_20200603110101
回遊通路にせり出した「商品空間」や店内の眺めやすい「商品空間」からは、「どうぞ自由にご覧ください!」「見るだけでもどうぞお気軽に!」等の「返礼不要のメッセージ」が発信されています。

(4)狩猟解禁のメッセージ(誘惑のメッセージ④)

Photo_20200603110102
店頭から店内に引き続いて大量に陳列された「商品空間」からは、「狩猟解禁のメッセージ」が発信されています。

(5)もっともらしい理由のメッセージ(誘惑のメッセージ⑤)

Photo_20200603110103
「期間限定ショップ」や「対象者限定商品」等を訴求した店舗や商品からは、「今だけの商品ですよ!」「非常に信頼のおける商品ですよ!」等という「もっともらしい理由のメッセージ」が発信されています。

(6)性をほのめかすメッセージ(誘惑のメッセージ⑥)

Photo_20200603110104
大勢の若い男女の店員や行き交う見知らぬ若い男女の客からは、「性をほのめかすメッセージ」が発信されています。

以上、渋谷スクランブルスクエア4F(ファッション)全体の店が発信している、客を誘惑する「六つのメッセージ」についてご説明しました。

リアルショップには、日常のタブーに縛られた生活から解放された自由な時間と空間を求めた大勢の客がやって来ます。
それらの客に対してリアルショップは「なわばり」を解除した空間を提供すると共に、客が無意識の内にタブーを破るように誘惑する「六つのメッセージ」を発信しているのです。

客が「店」を「非日常」の空間だと感じる大きな理由は、日常では常識的に戒められている様々なタブーを無視した行動を自由に行うことができるからなのです。

続きは次回に…。

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

19.客を引きつけたり遠ざけたりする店員のアクション----渋谷スクランブルスクエア4階の三空間店舗分析(その2)

こんにちは。

前回は、渋谷スクランブルスクエア4F(ファッション)における、「店舗構造」についてご説明しました。

そして、渋谷スクランブルスクエア4F(ファッション)には、①「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」と②「店員空間がない、引き込み・回遊型店」の構造をした店で構成されていることについてご説明しました。

さて今回は、①の「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」の構造をした店において、客を引きつけたり遠ざけたりする店員のアクションについてご説明します。

※なお、画像は2月~3月に撮影したものです。

↓「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」の様子
Photo_20200520195101 

↓「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」とは下のような構造をした店のことです。
Zu7-naishk_20200520195101 

(1)客を遠ざける店員のアクション

↓ 店内でじっと立って客を待つ店員のアクションは、「なわばり」を主張するアクションとなって客を遠ざけてしまいます。
Photo_20200520195301

↓ 店頭でじっと立って客を待つ店員のアクションは、より「なわばり」を主張するアクションとなって客を遠ざけてしまいます。
Photo_20200520195401

↓ 店に近づいて来たリ入って来たリした客に対して、直ぐに「いらっしゃいませ!」と声を掛けて接客を開始すると、「なわばり」を主張するアクションとなって客を遠ざけてしまいます。
Photo_20200520195402

(2)客を引きつける店員のアクション

↓ 接客中の店員のアクションは、「なわばり」を解除するアクションとなって客を引きつけます。
Photo_20200520195601
↓ 作業中の店員のアクションは、「なわばり」を解除するアクションとなって客を引きつけます。
Photo_20200520195602

↓ 「サクラパワー」が生じた場合には、いっそう「なわばり」が解除されるために客はより引きつけられます。
Photo_20200520195603

 ※「サクラパワー」とは?
店に客がつくと、その客の姿が次の客をひきつける。その時の状況を「サクラパワー」が起きているとと言う。
「サクラパワー」は次々と客を引きつけながらますます買いやすい状況をつくりだすために、店にとっては重要な販売機会となる。

以上のように、4階(ファッションフロア)の「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」において、店員が「なわばり」を主張するアクションを行って客を遠ざけ、「なわばり」を解除するアクションを行って客を引きつけている様子を観察することができます。

客は、欲しい商品を購入するためだけに「店」に行くわけではありません。見たり検討したりするだけのためにも「店」に行きます。また通勤や通学や様々な所用での移動中にふと「店」に立ち寄ったりするのです。
そして、見たり検討したりしている内にふと購入したりしているのです。

だから「ひやかし客」をふと購入させたり、「目的客」を更に他の店で購入させたりするためには、店員は常に「なわばり」を解除したアクションを行うことが大切なのです。

続きは、次回に…。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

◆「駅ナカ・駅ソト」ショップ ◆おもてなしを生み出す人の動き(アクション) ◆お互いの動きの癖が生み出す人間関係 ◆お客様が出会う13タイプの店員 ◆お客様のタイプ別接客方法 ◆お客様を感動させる「下手・したて」アクション ◆こうすればお客さんは何度でもやって来る ◆ざっくり店舗観察 ◆できる上司できない上司 ◆エキュート品川 ◆マンガお客様が感動する接客サービス ◆マンガ良い店悪い店の法則 ◆リアルショップあるある ◆上司と部下の「動き」の組み合わせから生まれる成功と失敗 ◆人の動きでわかる店舗診断 ◆人の動きを理解すれば売れる店は一晩でつくれる ◆人は動きだ! ◆今日の接客 ◆使える部下使えない部下 ◆入りやすい店の秘密 ◆動きの癖が左右する好きな人嫌いな人 ◆商店街はなぜ滅ぶのか? ◆営業マンこれだけ心得帖 ◆売れる営業マン売れない営業マン ◆店員の動きが接客の良し悪しを左右する ◆店員の動きが接客の良し悪しを左右する [1] ◆接客しない店が売れる店 ◆接客のしかたであなたがわかる! ◆接客三大アクション ◆接客上手下手と動きの関係 ◆接客上手下手はアクションで決まる ◆新しい客がどんどん来る店 ◆新宿伊勢丹 ◆日経MJ ◆最近の話題 ◆有名人の動き ◆東京おかしランド ◆東京キャラクターストリート ◆東京ソラマチの繁盛店 ◆東京駅の店 ◆東横のれん街 ◆渋谷ヒカリエ・シンクス ◆相性を左右するお客様と店員のタイプ ◆相手に好かれるためのアクション術 ◆私たちの講演会より抜粋 ◆続・入りやすい店売れる店 ◆繁盛店の分析 ◆自分にとってどうしても分かり難い人とは? ◆自分を助けてくれる人助けてくれない人 ◆衰退する店の分析 ◆超入りやすい店売れる店 ◆達人店員(販売員)の接客テクニック(技術) ◆間違いだらけの接客方法 ◆13人の店員と13人のお客様の相性 ◆13種類の人の動き ◆1988年当時の店 ◆2020三空間店舗分析 ◆86年版入りやすい店売れる店