カテゴリー「◆相手に好かれるためのアクション術」の7件の記事

2018年5月22日 (火)

6.「協調の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

こんにちは。

リアルショップの店員で、多くの客から好感を抱かれやすい店員は、「お辞儀」と「うなずき」の得意な店員です。

「お辞儀と」「うなずき」の得意な店員は二つのタイプに分かれます。

力強い「お辞儀」と「うなずき」をする店員と、優しい「お辞儀」と「うなずき」をする店員です。

大抵の客は、優しい「お辞儀」と「うなずき」を使って、些細なことに詫びてくれたり、お礼やお願いを言ってくれたり、自分の話に賛同や協調をしてくれたりする店員を、すぐに好きになってしまいます。

なぜならば、そんなことをしてくれる上司や部下や同僚や友人はそうそう簡単には存在しないからです。

優しい店員から、優しい「お辞儀」や「うなずき」をしてもらいたくて、少し背伸びをしたファッション店で商品を買い求めている客は、決して少なくはないのです。

便利で合理的なネットショップには、全く存在しない店員の接客ですが…。

さて今日は、優しい人、つまり「協調の動きの癖」を持つ人に好かれるテクニックについてご説明します。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

6.「協調の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

「協調の動きの癖」の人は、腕や頭や上半身を使って、下から上に向かって力を抜く動きをたくさん行う人です。

そして、周囲の人からは、誰に対しても優しくて協調的な人だと思われ、常に相手に賛同して、どんなことでも受け入れることを表現するのが得意な人です。

71


もしも、あなたが好かれたいと思う相手が、「協調の動きの癖」を持つ人であることを見抜くには、前回の「攻撃の動きの癖」の人の時と同様に、その人の上下の動きだけに注目することです。

そして、あなたや他人と話している時の、頭や手や腕の動きをチェックしてください。

「協調の動きの癖」の人は、下から上に向かって頭や腕や手の力を抜いて動かします。

特にお辞儀やうなずきのしぐさは「協調の動きの癖」が最も得意としていることから、頻繁にお辞儀やうなずきを使ってあなたに話しかけるのが特徴ですから直ぐに分かります。

また、動きを観察する前から、相手の人が、「優しそうな人」「協調的な人」「何でも受け入れてくれそうな人」等とイメージされる場合は、そのイメージがその人の手や腕や頭の動きから生じていることを確認してください。

それでは、この「協調の動きの癖」を持つ人に好かれるためにはどうすれば良いのでしょうか?

「協調の動きの癖」の人は、常に相手の意見や考え方に賛同したり協調したりすることが大切だと考えているために、どんな相手の意見や考え方をも受け入れようとしますが、上司や先輩の意見や考え方に対しては、特に強く賛同したり協調したりします。

そのために、正当な意見や考え方を主張する上司や先輩が相手の場合には、大変良好な関係を結ぶことができます。

ところが、このタイプの人は、自分本位な意見や考え方を主張ばかりして全く妥協をしない上司や先輩が相手の場合にも、いかにもその人に賛同したり協調したりするような態度をとってしまうため、思わぬ人から恨まれたり反感を持たれたりして悩むことが多くあります。

したがって、この「協調の動きの癖」の人に好かれたい場合には、「協調の動きの癖」の人が悩んだり苦しんだりしないような正当な意見や考え方を主張することが大切なのです。

「協調の動きの癖」の人は基本的に誰にでも賛同しようとしますが、ついついそうなってしまうだけで、本心は嫌がっていることもあります。

特に、次のイラストのような動きを伴って話をしたり、受け答えたりする人に対しては、実は大きな警戒心を感じてしまうのです。

(1)下から上に向かって頭や手や腕に力を入れる動き(独断の動きの癖)

 

71_2

(2)上から下に向かって頭や手や腕の力を抜く動き(虚脱の動きの癖)

 

Photo


「協調の動きの癖」の人が、自分の意見や考えを他人にはっきりと主張することを大変苦手としている理由は、そもそも自分の意見や考えがなかなかはっきりしないからなのです。

そのために、自分の意見や考え方をわかりやすく主張する相手を望んでいますが、決して好き勝手な意見や考え方を主張するわがままな相手を望んでいるわけではありません。

このタイプの人は、自分が安心して賛同したり協調したりできる相手を心から望んでいるのです。

このことを念頭に入れて、「協調の動きの癖」の人に対応してみてください。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

【関連記事】

1.「カラダの動き」が情報を伝える

2.「カラダの動き(方向・圧力・速さ)」が伝える意味とは?

3.「カラダの動き」を使ってコミュニケーションをもっとわかりやすく

4.「一点注意の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

5.「全体注意の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

6.「不注意指示の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

7.「注意不明の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

8.「攻撃の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月19日 (土)

5.「攻撃の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか

こんにちは。

カフェやレストラン、また駅や飛行場の待合室などで、二人連れが話し合っている様子を観察してみてください。

よく見ると、同じような動きを交わしながら話し合う二人の様子を観察することができると思います。

例えば、お互いにテーブル身を乗り出すような動きを繰り返しながら話し合う二人や、力強く相づちを打ち合う二人は、よく似た動きの癖を持つ人同士の組み合わせです。

このような二人は熱心でよく気が合っているように見えると思います。

反対に、テーブルに身を乗り出す人と椅子にもたれかかったままの人や、しきりにうなずきを繰り返す人と全くうなずきを見せない人の組み合わせも観察することができます。

こちらの場合は、二人はいかにも気が合わなさそうな感じがすると思います。

つまり、人は、自分と同じ動きをする相手とは気が合い、動きが異なる相手とは気が合わないのです。

あなたの身近にいる気が合う人と気が合わない人の動きの違いをぜひ観察してください。

あなたと相手の指や手や腕や頭や上半身の動きが、あなたと相手の人間関係を大きく左右しているのです。

さて今日は、「攻撃の動きの癖」を持つ人に好かれるテクニックについてご説明します。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

5.「攻撃の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

「攻撃の動きの癖」の人は、腕や頭や上半身を使って、上から下に向かって力を入れる動きをたくさん行う人です。

そのために、周囲の人からは、しっかりしている人だと思われ、強い自信や主張を表現することを得意としている人です。


52

もしも、あなたが好かれたいと思う相手が、「攻撃の動きの癖」を持つ人であることを見抜くには、その人の上下の動きだけに注目することです。

そして、あなたに話したり、他人と話したりしている時の、頭や手や腕の動きをチェックしてください。

「攻撃の動きの癖」の人は、上から下に向かって頭や腕や手に力を入れて動かします。

こぶしや手刀をつくって、目の前の何かを叩くようなしぐさを伴いながら話をしたり、上から下に向かって力強いうなずきを伴って相づちを打つのが特徴です。

また、身体の動きを観察する前から、その人のイメージが、「しっかりしている人」「自信がありそうな人」「責任感が強そうな人」等と感じる場合には、そのイメージがその人の指や手や腕や頭の動きから生じていることを確認してください。

それでは、この「攻撃の動きの癖」を持つ人に好かれるためにはどうすれば良いのでしょうか?

「攻撃の動きの癖」の人は、自分の言動には自信と責任を持たなければいけないとか、自分の意見や考えは強く主張しなければいけないと考えています。

そのために、自分の意見を主張しないで相手の意見に賛同ばかりする人(協調の動きの癖の人)や、相手を無視して自分勝手な主張ばかりする人(独断の動きの癖の人)や、自分の意見を全く主張する気を見せない人(虚脱の動きの癖の人)などのことを、なかなか好きになることはできません。

したがって、この「攻撃の動きの癖」の人に好かれたいと思った場合には、自信と責任を持った態度で接することが大切になります。

そして、次のイラストのような動きを伴って話したり、受け答えたりしないように注意することが大切です。

(1)下から上に向かって頭や手や腕の力を抜く動き(協調の動きの癖)

71

 

(2)下から上に向かって頭や手や腕に力を入れる動き(独断の動きの癖)
71_2

 

(3)上から下に向かって頭や手や腕の力を抜く動き(虚脱の動きの癖)

Photo

 

「攻撃の動きの癖」の人は、他人に対しては、何事も自信や責任感ややる気を感じさせて対応しなければいけないと、常に自分を戒めています。

そのために、自信や責任感ややる気を感じさせる人に対しては直ぐに好感を抱きますが、反対にいかにも自信や責任感がなさそうな人や、初めからやる気が感じられない人は、どうしても好きになることができないのです。

以上のことを念頭に入れて、「攻撃の動きの癖」の人に対応してみてください。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

【関連記事】

1.「カラダの動き」が情報を伝える

2.「カラダの動き(方向・圧力・速さ)」が伝える意味とは?

3.「カラダの動き」を使ってコミュニケーションをもっとわかりやすく

4.「一点注意の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

5.「全体注意の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

6.「不注意指示の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

7.「注意不明の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

5.「攻撃の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか

こんにちは。

カフェやレストラン、また駅や飛行場の待合室などで、二人連れが話し合っている様子を観察してみてください。

よく見ると、同じような動きを交わしながら話し合う二人の様子を観察することができると思います。

例えば、お互いにテーブル身を乗り出すような動きを繰り返しながら話し合う二人や、力強く相づちを打ち合う二人は、よく似た動きの癖を持つ人同士の組み合わせです。

このような二人は熱心でよく気が合っているように見えると思います。

反対に、テーブルに身を乗り出す人と椅子にもたれかかったままの人や、しきりにうなずきを繰り返す人と全くうなずきを見せない人の組み合わせも観察することができます。

こちらの場合は、二人はいかにも気が合わなさそうな感じがすると思います。

つまり、人は、自分と同じ動きをする相手とは気が合い、動きが異なる相手とは気が合わないのです。

あなたの身近にいる気が合う人と気が合わない人の動きの違いをぜひ観察してください。

あなたと相手の指や手や腕や頭や上半身の動きが、あなたと相手の人間関係を大きく左右しているのです。

さて今日は、「攻撃の動きの癖」を持つ人に好かれるテクニックについてご説明します。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

5.「攻撃の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

「攻撃の動きの癖」の人は、腕や頭や上半身を使って、上から下に向かって力を入れる動きをたくさん行う人です。

そのために、周囲の人からは、しっかりしている人だと思われ、強い自信や主張を表現することを得意としている人です。


52

もしも、あなたが好かれたいと思う相手が、「攻撃の動きの癖」を持つ人であることを見抜くには、その人の上下の動きだけに注目することです。

そして、あなたに話したり、他人と話したりしている時の、頭や手や腕の動きをチェックしてください。

「攻撃の動きの癖」の人は、上から下に向かって頭や腕や手に力を入れて動かします。

こぶしや手刀をつくって、目の前の何かを叩くようなしぐさを伴いながら話をしたり、上から下に向かって力強いうなずきを伴って相づちを打つのが特徴です。

また、身体の動きを観察する前から、その人のイメージが、「しっかりしている人」「自信がありそうな人」「責任感が強そうな人」等と感じる場合には、そのイメージがその人の指や手や腕や頭の動きから生じていることを確認してください。

それでは、この「攻撃の動きの癖」を持つ人に好かれるためにはどうすれば良いのでしょうか?

「攻撃の動きの癖」の人は、自分の言動には自信と責任を持たなければいけないとか、自分の意見や考えは強く主張しなければいけないと考えています。

そのために、自分の意見を主張しないで相手の意見に賛同ばかりする人(協調の動きの癖の人)や、相手を無視して自分勝手な主張ばかりする人(独断の動きの癖の人)や、自分の意見を全く主張する気を見せない人(虚脱の動きの癖の人)などのことを、なかなか好きになることはできません。

したがって、この「攻撃の動きの癖」の人に好かれたいと思った場合には、自信と責任を持った態度で接することが大切になります。

そして、次のイラストのような動きを伴って話したり、受け答えたりしないように注意することが大切です。

(1)下から上に向かって頭や手や腕の力を抜く動き(協調の動きの癖)

71

 

(2)下から上に向かって頭や手や腕に力を入れる動き(独断の動きの癖)
71_2

 

(3)上から下に向かって頭や手や腕の力を抜く動き(虚脱の動きの癖)

Photo

 

「攻撃の動きの癖」の人は、他人に対しては、何事も自信や責任感ややる気を感じさせて対応しなければいけないと、常に自分を戒めています。

そのために、自信や責任感ややる気を感じさせる人に対しては直ぐに好感を抱きますが、反対にいかにも自信や責任感がなさそうな人や、初めからやる気が感じられない人は、どうしても好きになることができないのです。

以上のことを念頭に入れて、「攻撃の動きの癖」の人に対応してみてください。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

【関連記事】

1.「カラダの動き」が情報を伝える

2.「カラダの動き(方向・圧力・速さ)」が伝える意味とは?

3.「カラダの動き」を使ってコミュニケーションをもっとわかりやすく

4.「一点注意の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

5.「全体注意の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

6.「不注意指示の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

7.「注意不明の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月17日 (木)

4.「注意不明の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

こんにちは。

人は、自分と相手の「注意力」の違いが非常に気になります。

自分と相手の「注意力」の違いは、実はそれぞれの人の「動きの癖」の違いによって生じているのです。

次の四つの「動きの癖」の違いによって、「注意力」にも大きな違いが生じているのです。

(1)一点注意の動きの癖の人の「注意力」

(2)全体注意の動きの癖の人の「注意力」

(3)不注意指示の動きの癖の人の「注意力」

(4)注意不明の動きの癖の人の「注意力」

以上の、四つの動きの癖によって人はそれぞれの「注意力」の個性(違い)を持っているのです。

そして、「注意力」がよく似た相手は好きになれますが、真逆な人や似ていない人はなかなか好きにはなれません。

したがって、特定の人から好かれるためには、その人の「注意力」に合わせる必要があります。

今回を含めて、四つのタイプの「注意力」をご説明しています。

相手の「注意力」を何とかして知ろうと努力している内に、自分の「注意力」も自然とわかってきます。

さて今日は、「注意不明の動きの癖」を持つ人の「注意力」を知って、「注意不明の動きのの癖」の人に好かれるテクニックについてご説明します。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

4.「注意不明の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

「注意不明の動きの癖」の人は、手や指を使って、自分が向いている方向(内側)をあいまいに指し示す動きをたくさん行う人です。

 

そのために、周囲の人からは、優柔不断ではっきりしない人だと思われがちですが、見方を変えれば、物事をはっきりさせないことを得意としている人なのです。

41

「注意不明の動きの癖」を持つ人であることを見抜くには、これまでご説明してきました「一点注意の動きの癖」の人、「全体注意の動きの癖」の人、「不注意指示の動きの癖」の人などの時と同じように、回転の動きだけに注目することです。

そして、あなたにモノを手渡したり、場所や方向を指し示したり、物事を説明したりする時の、手と腕の動きをチェックしてください。

「注意不明の動きの癖」の人は、「一点注意の動きの癖」の人と同じく、内側に向かって指や手や腕を動かします。

「一点注意の動きの癖」の人との大きな違いは、自分が向いている方向(内側)に指や手や腕を使って、はっきりと指し示す動きをしないで、あいまいな指し示し方をすることです。

上のイラストのように「注意不明の動きの癖」の人は、場所や方向を案内する場合にも、手や指や腕をはっきりとは指し示さないで、主に「ことば」を使って案内するために、何となく自信がなさそうに見えますので、直ぐに分かります。

そして、動きを観察する前から、その人のイメージが、「注意深すぎる人」「はっきりしない人」「わかりにくい人」等と感じる場合には、そのイメージが手と腕の動きから生じていることを確認してください。

さて、この「注意不明の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いのでしょうか?

誰でも同じですが、「注意不明の動きの癖」の人も、自分自身がいろいろ迷ってなかなかはっきりさせない人だとか、分かりにくい指示や案内をする人だとは決して思っていません。

そのために、方向や場所を分かりやすく指し示しながら話をする人と、方向や場所をはっきりと指し示さないで話をする自分との違いにほとんど気づいてはいません。

そのために、「一点注意の動き」を使って話す人にははっきりさせ過ぎる人だと感じ、「全体注意の動き」を使って話す人には大まか過ぎる人だと感じ、「不注意指示の動き」を使って話す人には軽はずみな人だと感じているのです。

したがって、この「注意不明の動きの癖」の人に好かれたいと思った場合には、決してこの人からはっきりとした意見や考え方を直ぐに求めてはいけません。

この人は、いろいろなことが気になって、そのすべてをチェックしなければ、軽率には意見や考え方をまとめたり決定を下したりすることはできないと考えている人だからです。

この人が気になる問題点を注意深く聞き取って、一緒になってチェックしたり検討したりすることが大切なのです。

少なくとも、次のイラストのような動きを伴って話したり、受け答えたりする人にはならないように気を付ける必要があります。

(1)手や腕を内側に指し示す動きを伴う人

Photo_2

 

(2)手や腕を内側から外側に開く動きを伴う人
Photo_3

(3)話の内容とは無関係な方向や場所を指し示す動きを伴う人
031

 

「注意不明の動きの癖」の人は、自分は誰よりも「注意力」のある人間だと感じています。

そして同時に、あまりにも注意し過ぎることによって決定が遅れたり、いろいろ迷ってわからなくなってしまったりすることに悩んでいることも事実なのです。

つまり、一緒になって長く注意を払うことも大切ですが、時には機を見てあなたの方から結論を示唆することも、「注意不明の動きの癖」の人に好かれる秘訣なのです。

以上のことに気をつけて、「注意不明の動きの癖」の人に対応してみてください。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

【関連記事】

1.「カラダの動き」が情報を伝える

2.「カラダの動き(方向・圧力・速さ)」が伝える意味とは?

3.「カラダの動き」を使ってコミュニケーションをもっとわかりやすく

4.「一点注意の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

5.「全体注意の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

6.「不注意指示の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月15日 (火)

3.「不注意指示の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

こんにちは。

学校や職場や様々なグループの中には、どうしても付き合いにくい人、苦手なタイプの人、つまり「嫌いな人」が存在しているものです。

そして、皮肉なことに、その「嫌いな人」に、どうしても自分のことを好きになってもらわなければいけない状況が起こってくるものです。

「嫌いな人」に好かれるためには、まずその「嫌いな人」とは、どんな人であるかをよく理解することが必要です。

そうすることによって、「嫌いな人」にとっての「好きな人」と「嫌いな人」とはどんな人であるかということが分かってきます。

往々にして、あなたが「嫌いな人」は、あなたのことが「嫌いな人」となっているのです。

したがって、「嫌いな人」に好きになってもらうためには、「嫌いな人」が嫌う人から脱出することが大切なのです。

「嫌いな人」から嫌われなくなっただけでも、事態は大きく前進します。

さて今日は、「不注意指示の動きの癖」を持つ人に好かれるテクニックについてご説明します。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

3.「不注意指示の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

「不注意指示の動きの癖の人」とは、手や指を使って、自分が向いていない方向(外側)を指し示す動きをたくさん行う人です。

そして、周囲の人からは、話の内容がまとまらず次々と話題が変わる人だと思われますが、直感的な自分のひらめきに注意を集中したり、相手の注意をそらしたりすることを得意としている人です。

 

032

もしもあなたが、どうしても好かれたいと思う人が、「不注意指示の動きの癖」を持つ人であることを見抜くには、前々回の「一点注意の動きの癖」の人、前回の「全体注意の動きの癖」の人の時と同じように、回転の動きだけに注目することです。

そして、あなたにモノを手渡したり、場所や方向を指し示したり、物事を説明したりする時の、手と腕の動きをチェックしてください。

「不注意指示の動きの癖」の人は、前回の「全体注意の動きの癖」の人と同じく、外側に向かって指や手や腕を動かします。

「全体注意の動きの癖」の人との大きな違いは、外側に向かってはっきりと指し示すことです。

上のイラストのように「不注意指示の動きの癖」の人は、場所や方向を指し示す場合には、必ず自分が向いている方向とは違う方向に向かって動かしますので、直ぐに分かります。

そして、動きを観察する前から、その人のイメージが、「不確かな人」「わかりにくい人」「言動が不一致な人」等と感じる場合には、そのイメージが手と腕の動きから生じていることを確認してください。

誰でも同じですが、「不注意指示の動きの癖」の人も、自分自身がその場のひらめきだけで話をしたり、分かりにくい指示をしたりする人間だとは決して思っていません。

そのために、方向や場所を分かりやすく指し示しながら話をする人と、方向や場所を分かりにくく指し示しながら話をする自分との違いにほとんど気づいてはいません。

むしろ、「一点注意の動き」を使って話す人には細かすぎる人だと感じ、「全体注意の動き」を使って話す人にはアバウト過ぎる人だと感じ、「注意不明の動き」を使って話す人にはなかなか結論を出さない人だと感じてしまいます。

したがって、その人が上司である場合には、次々に変化していく様々な指示に対して、臨機応変に対応してあげることが必要になります。

また、その人が部下や友人である場合には、唐突に変化する話題の関連性や共通点を見つけ出しながら対応してあげることです。

少なくとも、次のイラストのような動きを伴って話したり、受け答えたりする人にはならないことが大切なのです。

 

(1)手や腕を内側に指し示す動きを伴う人
Photo

(2)手や腕を内側から外側に開く動きを伴う人
Photo_2

(3)手や腕を内側に動かしながらも、はっきりと指し示さない動きを伴う人
41

 

「不注意指示の動きの癖」の人は、自分自身は様々なことに関して直ぐにアイデアが次々に湧き出て来る人だと感じています。

同時に、次々と浮かんでくるアイデアを、どのように関連付けたりまとめたりすれば良いかについて悩んでもいます。

つまり、一つのことに集中してアイデアを突き詰めていくことが苦手なタイプの人だからです。

以上のことに気をつけて、「不注意指示の動きの癖」の人に対応してみてください。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

【関連記事】

1.「カラダの動き」が情報を伝える

2.「カラダの動き(方向・圧力・速さ)」が伝える意味とは?

3.「カラダの動き」を使ってコミュニケーションをもっとわかりやすく

4.「一点注意の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

5.「全体注意の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月12日 (土)

2.「全体注意の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

こんにちは。

ほとんどの人には、「好きな人」と「嫌いな人」がいるものです。

あるいは、「嫌いな人」はいなくても、「苦手なタイプの人」はいるはずです。

その「嫌いな人」もしくは「苦手なタイプの人」に、どうしても自分のことを好きになってもらうことが必要になることが起こるものです。

先日TVの番組で、笑福亭鶴瓶さんが「自分には嫌いな人がいない」と言っていました。

そして、「嫌いな人」だと感じた場合には、その人のことを好きになることによって、「嫌いな人」をなくすことができるのだと話していました。

笑福亭鶴瓶さんほどの人だから、「嫌いな人」を好きになる特別な方法や技術をきっとたくさん持ち合わせているのでしょう。

それでは私たち一般人は、どうすれば良いのでしょうか?

実は、「嫌いな人」や「苦手なタイプの人」の「動きの癖」を見抜くことさえできれば、自分自身を好きになってもらえる大きな糸口を見つけることができます。

前回から、そのことについてご説明しています。

さて今日は、「全体注意の動きの癖」を持つ「あの人」に好かれるテクニックについてご説明します。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

2.「全体注意の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

「全体注意の動きの癖の人」とは、手や腕や身体を内側から外側に大きく開く動きをたくさん行う人です。

そして、周囲の人からは、華やかで大らかな人だと思われる人で、広く全体に注意を払ったり、大勢の人の注意を引きつけることを得意としている人です。

 

Photo_3

 

 

「あの人」が、「全体注意の動きの癖」を持つ人であることを見抜くには、前回の「一点注意の動きの癖」の人と同様に、回転の動きだけに注目することです。

そして、あなたにモノを手渡したり、場所や方向を指し示したり、物事を説明したりする時の、手と腕の動きをチェックしてください。

前回の「一点注意の動きの癖」の人が手や腕を内側に向かって動かすのに対して、「全体注意の動きの癖」の人は、反対に外側に向かって動かします。

上のイラストのように手と腕を動かす人は、どんな時でも内側から外側に向かって開くように動かしますので、直ぐに分かります。

そして、動きを観察する前から、「あの人」のイメージが、「大らかな人」「華やかな人」「あまりこだわらない人」等と感じる場合には、そのイメージが手と腕の動きから生じていることを確認してください。

誰でも同じですが、「全体注意の動きの癖」の人も、自分が大らかで、華やかで、物事にこだわらない人間だとは決して思っていません。

そのために、手や指を「一点注意の動き」を使って、はっきりと指し示して案内や説明をしたりする人や、細かい部分まできちんと確認したりする人に対しては、いちいちこだわり過ぎたり細か過ぎたりする人間だと感じてしまいます。

「全体注意の動きの癖」の人は、自分のような「全体注意の動き」を伴わないで、話をしたり説明をしたりする相手を、なかなか理解することができないのです。

したがって、細かい部分について納得がいくまで質問を繰り返したり、具体的な説明や案内を求めたりすると、「全体注意の動きの癖」の人からは、強い反感を買ってしまいます。

「あの人」に好かれる最も有効な方法は、「あの人」の動きと同じ動きを行うことですが、少なくとも、次のイラストのような動きを伴って話したり、受け答えたりする人を「あの人」はほとんど好きになることはありません。

(1)手や腕を自分が向いている方向(内側)に指し示す動きを伴う人

Photo_2


(2)話の内容と手や腕が指し示す方向や場所が食い違う動きを伴う人
031

(3)手や腕を自分が向いている方向(内側)に動かしながらも、はっきりと指し示さない動きを伴う人
41

以上のことに気をつけて、「全体注意の動きの癖」の「あの人」に対応してみてください。

まずは、「全体注意の動きの癖」の人から嫌われる人にならないことが大切です。

そうすることによって、少しずつあなたに対する評価が変化してくるはずです。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

【関連記事】

1.
「カラダの動き」が情報を伝える

 

  • 2.「カラダの動き(方向・圧力・速さ)」が伝える意味とは?

    3.「カラダの動き」を使ってコミュニケーションをもっとわかりやすく

    4.「一点注意の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?
  •  

     

     

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2018年5月10日 (木)

    1.「一点注意の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

    こんにちは。

    学校や職場における、様々な人間関係において、「あの人に好かれるためにはどうすれば良いか?」ということは、誰もが個人的に密かに悩む大きなテーマです。

    なぜならば、自分が「あの人」に好かれることによって、「あの人」との人間関係が、劇的に良い方向へ進行していくことを、誰でもが直感しているからです。

    つまり、男と女はもちろんのこと、上司と部下、営業マンと担当者、先輩と後輩、同僚同士、友人同士そして初対面同士等々、「あの人」に好かれることが全面解決への最短の突破口なのです。

    以上のことは分かっていても、「あの人」に好かれるためには、どうすれば良いかがなかなか分からず、様々な問題がこじれては、修復不可能な状態に陥っているのが現状です。

    そこで今回からは、「あの人」を13タイプの人に分類して、それぞれタイプ別に好かれるテクニックについてご説明してまいります。

    さて今日は、「一点注意の動きの癖」を持つ「あの人」に好かれるテクニックについてご説明します。


    星座の場所を
    応援クリック
    お願いいたします


    人気ブログランキングへ

     

    1.「一点注意の動きの癖」を持つ人に好かれるためにはどうすれば良いか?

    「一点注意の動きの癖」の人は、手や指を使って、自分が向いている方向(内側)をはっきり指し示す動きをたくさん行う人です。

    そして、周囲の人からは、細かすぎたりこだわり過ぎたりする人だと思われますが、自分や相手の注意を一点に引きつけることを得意としている人です。

     

    Photo


    「あの人」が、「一点注意の動きの癖」を持つ人であることを見抜くには、回転の動きだけに注目することです。

    そして、あなたにモノを手渡したり、場所や方向を指し示したり、物事を説明したりする時の、手と腕の動きをチェックしてください。

    上のイラストのように手と腕を動かす人は、どんな時でも自分が向いている方向(内側)に、手と腕を動かしますので、直ぐに分かります。

    動きを観察する前に、「あの人」のイメージが、「指示が分かりやすい人」「細かく説明する人」「物事にこだわりやすい人」等と感じる場合には、そのイメージが手と腕の動きから生じていることを確認してください。

    「あの人」に好かれるという目標は、「あの人」の「動きの癖」が分かれば、大きく前進します。

    ところで、「一点注意の動きの癖」の人は、自分が物事に細かくこだわるとか、細かく説明しなければ気が済まない人間だとは決して思っていません。

    ほとんどの人は、自分の「動きの癖」が自分自身に対して強い影響を与えていることに気づいていないために、自分の考えや価値観はごく普通だと思っています。

    そのために、物事をきちんと説明しない人や、手や指をはっきりと指し示して案内しない人等に対しては、無責任でいい加減な人間だと感じてしまいます。

    「一点注意の動きの癖」の人は、自分のような「一点注意の動き」を伴わずに話したり説明したりする相手を、絶対好きになることができないのです。

    したがって、いくら熱心に説明したり案内したりしても、次のような動きを伴ってしまっては、「一点注意の動きの癖」の人からは、強い反感を買うばかりになってしまいます。

    (1)両手や片手を内側から外側に向かって開く動きを伴う

    Photo_2

    (2)話の内容と手や腕が指し示す方向や場所が食い違う動きを伴う
    032

    (3)手や腕を自分が向いている方向(内側)に動かしながらも、はっきりと指し示さない動きを伴う
    41

    以上のことに気をつけて、「一点注意の動きの癖」の「あの人」に対応することによって、あなたが必ず「あの人」から好かれることを保証いたします。

     

    星座の場所を
    応援クリック
    お願いいたします


    人気ブログランキングへ

    【関連記事】

  • 1.「カラダの動き」が情報を伝える
  • 2.「カラダの動き(方向・圧力・速さ)」が伝える意味とは?
  • 3.「カラダの動き」を使ってコミュニケーションをもっとわかりやすく
  •  

     

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    その他のカテゴリー

    ◆「駅ナカ・駅ソト」ショップ | ◆おもてなしを生み出す人の動き(アクション) | ◆お客様が出会う13タイプの店員 | ◆お客様のタイプ別接客方法 | ◆お客様を感動させる「下手・したて」アクション | ◆こうすればお客さんは何度でもやって来る | ◆ざっくり店舗観察 | ◆できる上司できない上司 | ◆エキュート品川 | ◆マンガお客様が感動する接客サービス | ◆マンガ良い店悪い店の法則 | ◆リアルショップあるある | ◆上司と部下の「動き」の組み合わせから生まれる成功と失敗 | ◆人の動きを理解すれば売れる店は一晩でつくれる | ◆人は動きだ! | ◆今日の接客 | ◆使える部下使えない部下 | ◆入りやすい店の秘密 | ◆動きの癖が左右する好きな人嫌いな人 | ◆商店街はなぜ滅ぶのか? | ◆営業マンこれだけ心得帖 | ◆売れる営業マン売れない営業マン | ◆店員の動きが接客の良し悪しを左右する | ◆店員の動きが接客の良し悪しを左右する [1] | ◆接客しない店が売れる店 | ◆接客のしかたであなたがわかる! | ◆接客三大アクション | ◆接客上手下手はアクションで決まる | ◆新しい客がどんどん来る店 | ◆新宿伊勢丹 | ◆日経MJ | ◆最近の話題 | ◆有名人の動き | ◆東京おかしランド | ◆東京キャラクターストリート | ◆東京ソラマチの繁盛店 | ◆東京駅の店 | ◆東横のれん街 | ◆渋谷ヒカリエ・シンクス | ◆相性を左右するお客様と店員のタイプ | ◆相手に好かれるためのアクション術 | ◆私たちの講演会より抜粋 | ◆続・入りやすい店売れる店 | ◆繁盛店の分析 | ◆自分にとってどうしても分かり難い人とは? | ◆自分を助けてくれる人助けてくれない人 | ◆衰退する店の分析 | ◆達人店員(販売員)の接客テクニック(技術) | ◆間違いだらけの接客方法 | ◆13人の店員と13人のお客様の相性 | ◆13種類の人の動き | ◆1988年当時の店 | ◆86年版入りやすい店売れる店