カテゴリー「◆商店街はなぜ滅ぶのか?」の4件の記事

2013年5月22日 (水)

スカイツリー周辺の商店街が衰退を余儀なくされる背景

2012年5月22日に、東京都墨田区に開業した世界一の高さ(634m)を誇る電波塔「東京スカイツリー」が一周年を迎えました。
展望台への入場者638万人、商業施設を含めた東京スカイツリータウンの来場者は5080万人と年間目標を大幅に上回りました。(日本経済新聞・夕刊記事より)

Photo_8
Photo_3

そして、そのスカイツリーの足もとにある大商業施設「東京ソラマチ」(開業当時312店舗)は、連日大勢の客で賑わっています。

Photo_7

Photo_2

しかし一方、スカイツリーの近 くに位置する押上駅周辺の商店街(おしなり商店会振興組合、押上通り商店会、押上ガーデン通り商栄会、業四市場商栄会)は、ほとんど「スカイツリー効果」は生じず、開業とともに客は東京ソラマチに流れ、周辺商店街への来店客数は減少していると言われています。

往年の地元商店街の賑わいを取り戻すことを目標に、大型商業施設を誘致したにもかかわらず、商店街が衰退を余儀なくされている本当の要因が見逃されています。

日本全国の商店街が衰退した要因は、

(1)周辺の再開発などによって、通行量が大きく減少したこと
(2)車社会の商圏に競合する商業集積が登場して客が奪われたこと
(3)客を遠ざける店員のアクションを引き起こしやすい店舗構造であったこと
以上の要因によって、日本全国の商店街が衰退を余儀なくされてきました。

スカイツリー周辺の商店街が衰退している要因は

スカイツリー周辺の商店街も、残念ながら以上の3項目の課題に対する対策を行ってこなかったことが、現在の衰退をもたらしています。
アーケードのリニューアルやスカイツリー商業施設とのタイアップキャンペーンなどが、次々と検討実施されていると報じられていますが、以上の3項目の課題を解決しないまま、大勢の客を商店街に呼び戻した事例は未だかつてありません。


Photo_8


人気ブログランキングへ


通行客の少ない商店街が客に提供できない決定的なこと

 (1)客が求める「戸板1枚の店」のコミュニケーションを提供できないこと
(2)客が求める「匿名性」を提供できないこと
 

今後、これらの商店街はどのような集客対策によって大勢の客を商店街に呼び戻すことができるのでしょうか?
あるいは、より一層の衰退を余儀なくされてゆくのでしょうか?
これからも観察してゆきたいと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 2日 (火)

商店街を衰退させた店舗構造(その3)

Photo_7
商店街が衰退した要因は、

(1)周辺の再開発などによって、通行量が大きく減少したこと

2)商圏内に、強力な商業集積が登場して、客が奪われたこと

(3)客を遠ざける店員のアクションを引き起こしやすい、店舗構造と接客方法だったこと 

が考えられます。 

このイラストの店は、「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」です。

しかも住居一体型の店舗で、客が来ると店の奥から店主が出てきて接客します。

食品全般の店等、商店街には典型的な店の構造です。

このタイプの店の接客方法は、客が来るやいなや直ぐに接客が開始される「常連接客」のために、客は自由に冷やかしたり、買わずに帰ることができませんでした。

近隣に冷やかしやすく買いやすい商業集積が登場してくるまでは、客は我慢をしてこのタイプの店舗構造と接客方法を受け入れてきたのです。


商店街の店のほとんどは、
①「店員空間が狭い引き込み型店」、②「店員空間がない、引き込み・回遊型店」、③「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」の構造で構成されていました。

Photo_7




Photo_8


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月31日 (日)

商店街を衰退させた店舗構造(その2)

商店街が衰退した要因は、

(1)周辺の再開発などによって、通行量が大きく減少したこと

2)商圏内に、強力な商業集積が登場して、客が奪われたこと

(3)客を遠ざける店員のアクションを引き起こしやすい、店舗構造と接客方法だったこと 

が考えられます。 

このイラストの店は、「店員空間がない、引き込み・回遊型店」です。

しかも住居一体型の店舗で、客が来ると店の奥から店主が出てきて接客します。

食品全般の店等、商店街には典型的な店の構造です。

このタイプの店の接客方法は、客が来るやいなや直ぐに接客が開始される「常連接客」のために、客は自由に冷やかしたり、買わずに帰ることができませんでした。

Photo
商店街の店のほとんどは、
①「店員空間が狭い引き込み型店」、②「店員空間がない、引き込み・回遊型店」、③「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」の構造で構成されていました。

Photo_7


Photo_8


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月28日 (木)

商店街を衰退させた店舗構造(その1)

商店街が衰退した要因は、

(1)周辺の再開発などによって、通行量が大きく減少したこと

2)車社会の商圏に競合する商業集積が登場して客が奪われたこと

(3)客を遠ざける店員のアクションを引き起こしやすい店舗構造であったこと 

が考えられます。 

このイラストの店は、店員空間の狭い引き込み型店です。
しかも住居一体型の店舗で、客が来ると店の奥から店主が出てきて接客します。
食品全般の店、貴金属店等、商店街には典型的な店の構造です。
近所の馴染み客を対象にした店で、客が来るやいなや直ぐに接客が開始される「常連接客」のため、客は自由に冷やかしたり、買わずに帰ることができない店です。

Photo

商店街の店のほとんどは、「店員空間の狭い引き込み型店」、「店員空間がない、引き込み・回遊型店」、「店員空間がない、接触・引き込み・回遊型店」の構造でした。

Photo_7

Photo_8


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

◆「駅ナカ・駅ソト」ショップ ◆おもてなしを生み出す人の動き(アクション) ◆お互いの動きの癖が生み出す人間関係 ◆お客様が出会う13タイプの店員 ◆お客様のタイプ別接客方法 ◆お客様を感動させる「下手・したて」アクション ◆こうすればお客さんは何度でもやって来る ◆ざっくり店舗観察 ◆できる上司できない上司 ◆エキュート品川 ◆マンガお客様が感動する接客サービス ◆マンガ良い店悪い店の法則 ◆リアルショップあるある ◆上司と部下の「動き」の組み合わせから生まれる成功と失敗 ◆人の動きでわかる店舗診断 ◆人の動きを理解すれば売れる店は一晩でつくれる ◆人は動きだ! ◆今日の接客 ◆使える部下使えない部下 ◆入りやすい店の秘密 ◆動きの癖が左右する好きな人嫌いな人 ◆商店街はなぜ滅ぶのか? ◆営業マンこれだけ心得帖 ◆売れる営業マン売れない営業マン ◆店員の動きが接客の良し悪しを左右する ◆店員の動きが接客の良し悪しを左右する [1] ◆接客しない店が売れる店 ◆接客のしかたであなたがわかる! ◆接客三大アクション ◆接客上手下手と動きの関係 ◆接客上手下手はアクションで決まる ◆新しい客がどんどん来る店 ◆新宿伊勢丹 ◆日経MJ ◆最近の話題 ◆有名人の動き ◆東京おかしランド ◆東京キャラクターストリート ◆東京ソラマチの繁盛店 ◆東京駅の店 ◆東横のれん街 ◆渋谷ヒカリエ・シンクス ◆相性を左右するお客様と店員のタイプ ◆相手に好かれるためのアクション術 ◆私たちの講演会より抜粋 ◆続・入りやすい店売れる店 ◆繁盛店の分析 ◆自分にとってどうしても分かり難い人とは? ◆自分を助けてくれる人助けてくれない人 ◆衰退する店の分析 ◆超入りやすい店売れる店 ◆達人店員(販売員)の接客テクニック(技術) ◆間違いだらけの接客方法 ◆13人の店員と13人のお客様の相性 ◆13種類の人の動き ◆1988年当時の店 ◆86年版入りやすい店売れる店