カテゴリー「◆東横のれん街」の7件の記事

2013年6月10日 (月)

「道」を失った「東横のれん街」の現状

Photo
(マークシティービル1階の玄関付近)


老舗を集めた日本初の食品名店街として、1951年(昭和26年)に開業した「東横のれん街」は、渋谷駅に隣接する渋谷マークシティの地下1階に、移設オープン(4月4日)して、二か月以上が経過しました。

「東横のれん街」は、従来は、渋谷駅の各交通機関の中心にあり、特に東横線改札口前という最高立地に位置していました。
ところが今年の4月に、「京王井の頭線渋谷駅に直結した複合施設「渋谷マークシティ」地下1階は
、立地条件としてはかなり後退した位置に移設しました。

私たちはそのことによって生じる、「来店客の導線の変化」及び「吸引力の変化」について観察を続けています。

●「東横のれん街」は、「東急フード-ショー」を通り抜けた奥にあります。

日本初の「デパ地下」と言われながら、その実、食品フロアとしては異例ともいえる「地上一階」の立地にあった「東横のれん街」は、「地下一階」に移設し、しかも「東急フード-ショー」を通り抜けた奥にあります。

Photo_3
(グリーンゾーンの「東急フードショー」の奥に、レッドゾーンの「東横のれん街」が位置しています)

●多くの交通機関に接続した「東急フードショー」

「東急フードショー」は、①JR線、②東京メトロ半蔵門線、③東京メトロ副都心線、④東急田園都市線 ⑤東急東横線の、渋谷駅への連絡通路に面しています。大勢の通行客が行き交う通路に面した店は、大勢の客を吸引することができます。

Photo_5
(各交通機関につながる東急フードショーの出入り口)

●「東急フードショー」の店員のアクションと客のアクション

大勢の客で賑わう「東急フードショー」では、

①接客中の店員のアクション
②作業中の店員のアクション
が展開されていて、いずれも「客を引きつける店員のアクション」です。
また
買い物客や冷やかし客によって生じる「サクラパワー」が、回遊通路に賑わいを生み出し、多くの通行客を引きつけています。

Photo_8
(「サクラパワー」が通行客を引きつけています)


Photo_9
(接客中や作業中の店員のアクションが客を引きつけています)


●「東横のれん街」と、「東急フードショー」の連絡通路

地下1階「東横のれん街」のメインの入り口は、「東急フードショー」からの連絡通路を通り抜けて来る客と、地上からエスカレーターでおりて来る客を迎え入れる構造になっています。


Photo_11
(「東横のれん街」側から見た「東急フードショー」の出入り口の風景)

Photo_10
(「東急フードショー」側から見た「東横のれん街」の風景。右側は地上からおりてくるエスカレーター)

●「東横のれん街」の店員と客のアクション

「左右二本の主要通路によって細長くレイアウトされた「東横のれん街」は、「東急フードショー」にくらべて、ゆったりと買い物ができる雰囲気がしますが、ごった返す賑わいは少なくなっています。

そのために、同じ時間の「東急フードショー」に比べて、
①接客中の店員のアクション
②作業中の店員のアクション
が、途切れる状況が起きやすく、
その場合は、
①じっと立って客を待つ店員のアクション
②早すぎる「いらっしゃいませ!」
という、「客を遠ざける店員のアクション」が生じやすくなっています。

Photo_12

(「東急フードショー」に比べて通行客が少ない)

Photo_13
通行客が少ないために、「客を遠ざける店員のアクション」が生じやすい)

 

●京王井の頭線を下車した客の導線

京王井の頭線渋谷駅の改札を出た客は、①JR線、②東京メトロ半蔵門線、③東京メトロ副都心線、④東急田園都市線、⑤東急東横線の渋谷駅方面の連絡通路と、左側の渋谷駅前スクランブル交差点方面へと進みます。

Photo_14
(左半分がエスカレーターへ向かう客、右半分が各交通機関へ向かう客)

Photo_17
京王井の頭線渋谷駅を下車した大勢の客は、駅前スクランブル交差点方面にエスカレーターで向かいます。この地上真下に「東横のれん街」が位置しています。

●通行客の導線からはずれた「東横のれん街」 

従来の「東横のれん街」は、JR、私鉄、地下鉄を利用する通行客が非常に多い連絡通路に面していましたが、現在の「東横のれん街」は、それらの連絡通路には面しない地下1階に立地しています。

そのために各交通機関へ向かう通行客が移動中に立ち寄る導線からは、はずれているのです。

Map1

Floor_b1_norengai1

●「戸板一枚の店」の魅力を提供してきた「東横のれん街」は、今後何を提供するのか?

「東横のれん街は」、日本初の「デパ地下」と言われながら、その実、食品フロアとしては異例の「地上1階」の立地にあったことが、かえって大きな人気を呼ぶ食品街になっていったという背景があります。
多くの交通機関の利用客が行き交う「道」に面することによって、「東横のれん街」は、東急百貨店・東横店からは独立したイメージの店として受け入れられてきました。

また、食品フロアの店舗構造が、六尺ケース(ショーケース)一本を基本とした、「店員空間が狭い接触型店」の構造の店で構成されることによって、見知らぬ大勢の客が行き交う「市」の店というイメージが確立されてきたのです。


Toita_kozo_2


戸板一枚の店」とは、通行量の多い道路に、商品を並べた戸板を一枚置き、その後に売り手が座って売る店のことです。

かつての「東横のれん街」は、見知らぬ相手と戸板一枚の距離を隔ててスリリングなコミュニケーションや駆け引きを行うことも、大きな魅力の一つだったのです。

ところが、現在の「東横のれん街」は移設に伴って、大勢の見知らぬ客が行き交う「道」を失い、同時にその「道」に存在する魅力的な「戸板一枚の店」をも失い、かつての強力な「吸引力」を失いつつあります。

今後、「東横のれん街」が以前のにぎわいを取り戻すためには、繁盛店にとって不可欠な「道」と「戸板一枚の店」をいかにしてつくりだすかということが大きなカギとなってくることが予測できます。

Photo_8

人気ブログランキングへ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

菊乃井(東横のれん街)

Photo_6




Photo_19


東横のれん街にある「菊乃井」を、「人の動き」という観点から、「三空間店舗構造」と「店員と客のアクション」について分析したいと思います。

この店は、京都に本社をおく、京料理・懐石料理の料亭で、惣菜・弁当等の製造・販売も行っています。手軽においしい京料理が楽しめる店として大勢の客を引きつけています。 

(1)「菊乃井」の平面図

①緑が商品空間
②空色が店員空間
③客空間は前面の通路
④赤が店員
⑤青が客

Photo_5


(2)「菊乃井」の店舗構造

この店は、「店員空間の狭い接触型店」と、「店員空間がある、接触・引き込み・回遊型店」の折衷型店舗となっていますが、「店員空間がある、接触・引き込み・回遊型店舗」だとみなします。
対面販売を行う構造を主体にしながらも、セルフ販売の商品空間を併設し、店内に広い客空間をつくっているために、非常にユニークな「店員空間がある、接触・引き込み・回遊型店」の構造になっています。

Zu8_arushk

(3)「菊乃井」の店員空間と店員のアクション

この店は、コンビニのような典型的なセルフ販売方式の店員空間ではなく、対面販売を行うための店員空間がきちんとつくられている店です。
その店員空間では、対面販売型とセルフ販売型の折衷型の接客方法を採用しています。
従って、客を行列させずに、三台のレジを使用して数人の店員がそれぞれの注文客に対応しています。
その数人の店員の「接客中のアクション」が、この店が客を引きつける大きなパワーになっています。
また奥にある厨房で、「作業をする店員のアクション」が垣間見えることも、客を引きつける重要な要素になっています。



Photo_20
(接客中の店員のアクション。垣間見える厨房の作業中の店員のアクションも、客を引きつける店員のアクションです。)


(4)「菊乃井」の商品空間

店の左側がセルフ販売方式の商品空間になっていることから、この店全体の「商品空間」のなわばりが解除されており、通行客にとっては、どの商品空間も大変冷やかしやすくなっています。

Photo_3


Photo_8


(5)「菊乃井」の客空間

この店は、店内に広い「客空間」をつくっているのが特徴です。一見、引き込み型店の「客空間」のように見えますが、セルフコーナーもあることから、客は店内の「客空間」に気軽に入ることができます。その客の姿が強い「サクラパワー」を生み出し、通行客を引きつける大きな要因となっています。
Photo_21


Photo_9



Photo_8

人気ブログランキングへ



この店が繁盛する背景

(1)セルフ販売方式の「商品空間」があることによって、この店の全ての「商品空間」の「なわばり」が解除されていること。
(2)セルフ販売方式の接客によって、客を遠ざける店員のアクションが生じないこと。

(3)気軽に入れる「客空間」に、強力な「サクラパワー」が生じやすいこと。
(4)奥の厨房で何らかの作業を行う店員のアクションも、客を引きつける店員のアクションになっていること。
(5)通路から入りやすく設計されたこの店は、「戸板一枚の店」の機能をうまく生かしていること


*以上のことから、この店が今後も多くの客を引きつけることが予測できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

交通機関の変化が、「東横のれん街」に及ぼす影響

1951年(昭和26年)10月に、老舗を集めた日本初の食品名店街として開業した東横のれん街は、渋谷駅に隣接する渋谷マークシティの地下1階に、83店舗体制で、2013年(平成25年)4月4日に再オープンしました。

新しくなった「東横のれん街」の「店舗構造」と「店員と客のアクション」の観察・分析レポートを始めています。
またそれと同時に、従来から、食品フロアとしては異例ともいえる「地上一階の立地」にあったのれん街が、地下一階に移設することによって生じる「来店客の導線の変化」及び「吸引力の変化」について観察を続けてゆきます。

Photo
エスカレーターによって、地上からダイレクトに「東横のれん街」の入り口に行けるマークシティービル1階の玄関付近

●通行客の導線からはずれた「東横のれん街」 

従来の店舗は、JR、私鉄、地下鉄を利用する通行客が非常に多い通路に面していましたが、新店舗はそれらの通路からはずれた地下一階の位置に立地しています。
そのために各交通機関へ向かう通行客が移動中に立ち寄る導線からははずれています。

Map1

●「道」を失った「東横のれん街」

一般に、二つの駅の間を結ぶ道のように、買い物の目的を持たない通行客が移動する通路に面した店舗や、そうした通路を店内に取り込んだ店は、かつて「道」に生まれた「戸板一枚の店」の性質を失いにくいため、客にとって魅力的な空間になりやすいといえます。

反対に、客が流れる「道」から離れたところにある商業集積は、「戸板一枚の店」の性質を失いやすいため、客を集めにくい傾向にあります。

今回の「東横のれん街」は、JR線ほか地下鉄渋谷駅と京王井の頭線渋谷駅の間に位置しているものの、それ自体が拠点同士を結ぶ強力な「道」になっていなため、立地的には以前よりも不利になったと考えられます。

Photo_2

●新宿に流れる客と、「東横のれん街」の関係

さきほどご説明したように、「東横のれん街」はどこかへ通り抜ける「道」ではなく、入り口から入って、ぐるりと一周してまた同じところに帰ってくる「サーキット」のような構造をしています。

つまり、JR、私鉄、地下鉄の渋谷駅から、東急フードショーを経て、いよいよ来店客を出迎える「東横のれん街」の入り口は、買い物や回遊を終えた退店客の出口と重なっているのです。

そのため、「東横のれん街」は、出入り口付近だけが異常に賑わう独特な構造となっています。

ところで、東急東横線と東京メトロ副都心線の相互直通運転が始まって一カ月、「にぎわう新宿、渋谷は危機感」と、日本経済新聞(4月16日朝刊)が報じています。

今回の移転によって、「東横のれん街」を通り抜けて、各交通機関に移動する客の導線が無くなったことが、今後この店の売れ行きにどのような影響を与えるかについて注目してゆきたいと思います。



Floor_b1_norengai1


Photo_8

人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

仙太郎(東横のれん街)

Photo

東横のれん街にある「直中仙太郎(ただなかせんたろう)」は、この店の奥にある厨房で、すべての和菓子を製造しています。
手づくり、無添加、できたての生菓子が信条のこの店は、連日行列ができる大人気の店です。


それではこの店の、商品空間と店員空間と客空間の三空間から構成された「店舗構造」と「店員と客のアクション」を観察してみましょう。

(1)「仙太郎」の平面図

①緑が商品空間
②空色が店員空間
③客空間は前面の通路
④赤が店員
⑤青が客

Photo_7

 

(2)「仙太郎」の店舗構造

この店は、「店員空間が広い接触型店」です。
実際に接客をする店員空間は広くはありませんが、奥の厨房も「店員空間」だとみなして、「店員空間が広い接触型店」ということにします。

「店員空間が広い接触型店」は「店員空間が狭い接触型店」に比べてはるかに有利な構造です。
なぜならば、店員空間が広いことによって、様々な店員の作業中のアクション(なわばり解除)が生じやすく、店員がじっと立って客を待つ等のアクション(なわばり主張)が生じにくくなるからです。
特にこの店は、接客中の店員のアクションに加えて、奥の厨房で製造に追われる店員のアクションも、客を引きつける大きなパワーとなっています。

Zu2_hirois

(3)「仙太郎」の店員空間と店員のアクション

店の奥にある厨房で、忙しそうに製造に追われる店員のアクションが、接客中の店員のアクションと重なって、非常に活気のある店員空間になっています。
特に製造作業に追われる店員のアクションは、この店の製品がすべて「できたて」であるということを強く訴求して、客を引きつける強力な店員のアクションになっています。

Photo_2
(接客中の店員のアクション)

Photo_3

(厨房で製造中の店員のアクション)


(4)「仙太郎」の商品空間

日本の歳時や季節感を伴った、手づくり和菓子が並ぶ商品空間は、「冷やかし安全信号」がたくさん出ているために、気軽に眺めることのできる商品空間となっています。
またこの店は、「店員空間が広い接触型店」の構造をしていることから、典型的な対面販売を行う店ですが、客が少ない時間帯を除いては、ベルトパーテーションを使用して、レジに行列するセルフ販売方式の接客を行っています。
この売り方をしている間は、行列に並ばない限り接客されないので、客は店員の接客を受けることなく気軽に「商品空間」を眺めることができます。

ただし、セルフ販売方式ではなく対面販売の接客が行われているときは、さすがに商品空間を気軽には冷やかすことが多少できなくなります。

Photo_4

(5)「仙太郎」の客空間

この店は、「店員空間が広い接触型店」の構造ですから、本来は「客空間」はありません。客自らが通路に「客空間」をつくって買い物をする構造の店なのです。

しかし、この店は、特に客が少ない時間帯を除いては、ベルトパーテーションを使用して、通路に臨時の客空間をつくってセルフ販売方式の接客を行います。一人の買い物客や冷やかし客でも「サクラパワー」が生じますが、行列を作った大勢の客の姿は、非常に強力な「サクラパワー」となって、店全体の「なわばり」を解除して、次々に大勢の客を引きつけてゆきます。


Photo_5



Photo_8

人気ブログランキングへ



この店が繁盛する背景

(1)セルフ販売方式の「商品空間」は「なわばり」が解除されていること。
(2)セルフ販売方式の接客は、客を遠ざける店員のアクションが生じないこと。

(3)行列ができる「客空間」に強力な「サクラパワー」が生じやすいこと。
(4)奥の厨房で製造作業を行う店員のアクションが、客を引きつける店員のアクションになっていること。
(5)二本の通路がぶつかる好立地に位置したこの店は、「戸板一枚の店」の性質を強くもっていること


*以上のことから、この店が今後も多くの客を引きつけることが予測できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

たねや(東横のれん街)

Photo_22
渋谷マークシティ地下一階に移転した東横のれん街には、三店の大型和菓子店舗が軒を並べて出店しています。

その内の一つである「たねや」は、手づくり最中「ふくみ天平」に代表される「進物」に加えて、近江から直送される旬の朝生菓子も大好評です。
日本の季節感や歳時に合わせた人気商品を、白い石を基調とした明るいデザインの店舗で好評販売中です。

それではこの店の、商品空間と店員空間と客空間の三空間から構成された「店舗構造」と「店員と客のアクション」を観察してみましょう。

(1)「たねや」の平面図

①緑が商品空間
②空色が店員空間
③客空間は前面の通路
④赤が店員
⑤青が客


Photo_21


 

(2)「たねや」の店舗構造

この店は、「店員空間が広い接触型店」です。
「店員空間が広い接触型店」は「店員空間が狭い接触型店」に比べてはるかに有利な構造です。
なぜならば、店員空間が広いことによって、様々な店員の作業中のアクション(なわばり解除)が生じやすく、店員がじっと立って客を待つ等のアクション(なわばり主張)が生じにくくなるからです。
特にこの店の店員空間は、東横のれん街の中では、群を抜いて広い設計となっています。

Zu2_hirois

(3)「たねや」の店員空間と店員のアクション

東横のれん街の店の中で、一番広い「店員空間」をもっているのがこの店の特徴です。
そして、広い「店員空間」の中には常時数名の店員が「接客中のアクション」と「作業中のアクション」を繰り返しています。
いずれも典型的な「客を引きつけるアクション」となって、店全体を「なわばり解除」して、大勢の客を引きつけています。

Photo_19


(4)「たねや」の商品空間

通行客にとってこの店の「商品空間」は、非常に近づきやすく眺めやすくなっています。
通行客にとって、眺めやすい陳列ケースの設計や、季節感を伴ったディスプレイツールもその要因の一つですが、一番の要因は、「商品空間」に対する店員の「なわばり主張」がコントロールされていることによって、冷やかしやすい「商品空間」となっていることなのです。

Photo_20



(5)「たねや」の客空間

この店は、「店員空間が広い接触型店」の構造ですから、「客空間」はありません。
客が買い物をする際に、客自らが通路に「客空間」を作ります。

接客中や作業中の店員のアクションによって、広い店員空間は、なわばりが解除されています。
そのために、「商品空間」のなわばりも解除され、通行客は気軽に「商品空間」を冷やかすことができるのです。

そして、気軽に冷やかす通行客の姿は、強力な「サクラパワー」となって、より一層なわばりが解除された「客空間」を生み出しているのです。

Photo_18


Photo_8

人気ブログランキングへ


この店が繁盛する背景
(1)左右に広い「商品空間」全体の「なわばり」が解除されていること。
(2)広い「店員空間」が、客を引きつける店員のアクションを常時生み出していること。

(3)サクラパワーが生じやすい「客空間」であること。
(4)二本の通路がぶつかる好立地に位置したこの店は、「戸板一枚の店」の性質を強くもっていること


*以上のことから、この店が今後も多くの客を引きつけることが予測できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月14日 (日)

とらや(東横のれん街)

Photo_4

渋谷マークシティ地下一階に移転した東横のれん街にある「とらや」は、東横のれん街の顔的存在の老舗として、のれん街入り口の右側にあります。羊羹を代表とする贈答用和菓子店として全国的に人気の高いこの店は、ここのれん街においても多くの客に利用される代表的店舗となっています。

それではこの店の、商品空間と店員空間と客空間の三空間から構成された「店舗構造」と「店員と客のアクション」を観察してみましょう。

(1)「とらや」の平面図

ショーケースの左右に店員(販売員)の出入り口があり、お客様への対応のために店員(販売員)が出入りします。
また、店員空間の左右に、奥のバックヤードに出入りするための出入り口が設計されています

Photo_9 

(2)「とらや」の店舗構造

この店は、「店員空間が広い接触型店」です。
「店員空間が広い接触型店」は「店員空間が狭い接触型店」に比べてはるかに有利な構造です。広い店員空間は、様々な店員の作業中のアクション(なわばり解除)が生じやすく、「なわばり主張」のアクションが生じにくくなるからです。

Zu2_hirois

(3)「とらや」の店員空間と店員のアクション

広い店員空間は、様々な作業中の店員のアクションを生み出し、「客を引きつける店員のアクション」となっています。
この店の一番の特徴は、三空間のライティング(照明)です。什器や壁面の色は黒を主体にデザインされ、店員空間全体が黒っぽく作られていて、照明もコントロールされています。そのために黒のユニフォームを着た店員の存在感が抑えられ、なわばり主張を感じさせない効果が生じています。

Photo_6

(4)「とらや」の商品空間

この店を一目見て見えてくるものは、「白いのれん」と「商品空間」です。
店全体が暗く設計されているために、のれんと商品空間が明るく浮かび上がるように見えています。
店の照明は、店員空間と客空間よりも、商品空間を明るくすることが基本です。このことがクリアされたこの店の商品空間は、店員が気にならないために、店員のなわばりが解除された空間となっています。

2

(5)「とらや」の客空間

この店は、のれん街の入り口にあり、通行量的には最高立地の店と言えます。従って、最初の客が店に着くと、直ぐに「サクラパワー」が生じて、冷やかしやすい状況が大変多く生じます。
客空間がない「接触型店」は、客が自ら通路に客空間を作って買い物をする構造ですが、商品空間が左右に長いこの店は、客が客空間を作りやすい構造となっています。

Photo_8


Photo_8

人気ブログランキングへ


この店が繁盛する背景
(1)「商品空間」のなわばりが解除されていること。
(2)客を引きつける店員のアクションが生じやすく、店員の存在感がコントロールされた「店員空間」であること。

(3)サクラパワーが生じやすい「客空間」であること。
(4)通行量の多い立地に面したこの店は、「戸板一枚の店」の性質を有していること


*以上のことから、この店が今後も多くの客を引きつけることが予測できます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

東横のれん街、4月4日グランドオープン!

Photo_3

1951年(昭和26年)10月に、老舗を集めた日本初の食品名店街として開業した東横のれん街は、渋谷駅に隣接する渋谷マークシティの地下1階に、83店舗体制で、4月4日に再オープンしました。
かつての、立地条件の変化が、今後の集客にどのように影響を与えるかが、注目されます。

630x472xtokoyo_close_033120130331_2

東急百貨店東横店の前身である、東横百貨店は現在の東館の建物で1934年(昭和9年)創業。
その後、1954年(昭和29年)の増築(現:西館)、1970年(昭和45年)の増築(現:南館)で、3館体制となりました。

そして、渋谷駅街区土地区画整理事業のため、2013年3月31日で東館の営業を終了し、78年の歴史に幕を下ろしました。
(西館と南館に売場が集約。東館の「東横のれん街」は渋谷マークシティEAST MALL地下1階に移設)

Photo_8


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

◆「駅ナカ・駅ソト」ショップ | ◆おもてなしを生み出す人の動き(アクション) | ◆お客様が出会う13タイプの店員 | ◆お客様のタイプ別接客方法 | ◆お客様を感動させる「下手・したて」アクション | ◆こうすればお客さんは何度でもやって来る | ◆ざっくり店舗観察 | ◆できる上司できない上司 | ◆エキュート品川 | ◆マンガお客様が感動する接客サービス | ◆マンガ良い店悪い店の法則 | ◆リアルショップあるある | ◆上司と部下の「動き」の組み合わせから生まれる成功と失敗 | ◆人の動きを理解すれば売れる店は一晩でつくれる | ◆人は動きだ! | ◆今日の接客 | ◆使える部下使えない部下 | ◆入りやすい店の秘密 | ◆商店街はなぜ滅ぶのか? | ◆営業マンこれだけ心得帖 | ◆売れる営業マン売れない営業マン | ◆店員の動きが接客の良し悪しを左右する | ◆店員の動きが接客の良し悪しを左右する [1] | ◆接客しない店が売れる店 | ◆接客のしかたであなたがわかる! | ◆接客三大アクション | ◆接客上手下手はアクションで決まる | ◆新しい客がどんどん来る店 | ◆新宿伊勢丹 | ◆日経MJ | ◆最近の話題 | ◆有名人の動き | ◆東京おかしランド | ◆東京キャラクターストリート | ◆東京ソラマチの繁盛店 | ◆東京駅の店 | ◆東横のれん街 | ◆渋谷ヒカリエ・シンクス | ◆相性を左右するお客様と店員のタイプ | ◆私たちの講演会より抜粋 | ◆続・入りやすい店売れる店 | ◆繁盛店の分析 | ◆衰退する店の分析 | ◆達人店員(販売員)の接客テクニック(技術) | ◆間違いだらけの接客方法 | ◆13人の店員と13人のお客様の相性 | ◆13種類の人の動き | ◆86年版入りやすい店売れる店