店員空間がある、引き込み・回遊型店

Zu6_aruhk  P6_aruhk 

「店員空間がある、引き込み・回遊型店」をご紹介します。
「引き込み・回遊型店」とは、店頭に「商品空間」を置かず、店内に回遊型の「商品空間」と「客空間」を用意している店です。
「店員空間がある」タイプの店は、店内に明確なレジカウンター(店員空間)がつくられていることが多く、いわゆる「セルフ販売方式」を行います。

典型的な例はコンビニエンスストアです。コンビニエンスストアの場合、店頭は閉め切られていることが多いのですが、「セルフ販売方式」なので、店内に入っても接客されないので、客にとっては入りやすい構造と言えます。
一般の店の場合に、この構造で成功するためには、商品空間の広さとつくり方が非常に重要です。商品が少なすぎたり商品空間が狭すぎたりすると、客が「セルフ販売方式」であることを認識できないことがあるので、注意が必要です。