« 29.店員空間が広い場合のアクション術①店員が並んでいては客がこない(入りやすい店売れる店1986年版) | トップページ | 31.客を集める商品空間づくり①商品空間のなわばり解除(入りやすい店売れる店1986年版) »

2022年5月30日 (月)

30.店員空間が広い場合のアクション術②みんなで動けば活気が溢れる(入りやすい店売れる店1986年版)

こんにちは。

「店員空間が狭い接触型店」の店員のアクション術に引き続き、「店員空間が広い接触型店」のアクション術についてご説明しています。

「店員空間の広い接触型店」とは下のような構造の店のことです。

Photo

この店舗構造が生み出す、「客を遠ざける店員のアクション」については前回にご説明しましたが、今回は「客を引きつける店員のアクション」をご説明します。

「店員空間の広い接触型店」で、多くの店員が「なわばり」解除のアクションを行うと、より強力な「なわばり」解除の店員のアクションとなって、大勢の客を引きつけます。

それでは今回の、「店員空間が広い場合のアクション術②みんなで動けば活気が溢れる」をお読みください。

なお、このシリーズは約35年前の書籍の抜粋であるということを改めて念頭に入れて頂いた上で、どうぞお読みください。

30.店員空間が広い場合のアクション術②みんなで動けば活気が溢れる

◆客寄せ踊りと客寄せ音頭

せっかくの広い店員空間を利用しないという方法はありません。

数人の店員が「仕事中」のアクションをすれば店員のなわばりは解除され、そのアクションが多くの客をひきつけます。

店員が忙しそうに働いている店には活気があります。

活気があって店員がよく働いている店と、活気がなくてまるで死んだような店を比較して考えると、どちらに魅力があるかは明らかです。

客をひきつけるアクションのポイントは、たとえ客が一人もいないときでも(むしろいないときこそ)、全員が元気よく動き続けるということです。

P55

そんなときに店頭のほうをむいてじっと立ち止まっていては、近づくはずの客まで追い払うことになってしまいます。

アクションを続けている限り、ある程度の通行量さえあれば必ず客がつきます。

客がつけば注文された店員は本物の接客アクションをすることができます。

客が店頭に立ち止まってもあせって声をかける必要はありません。

客のほうから声をかけてきたときに、すみやかに対応すればいいのです。

店頭の客数がふえてきたら、アクションはますますキビキビするようにします。

店員が一生懸命に働いている様子がわかれば、客は怒らずに待っています。

こうした一連の客を呼ぶアクションを「客寄せ踊り」といいます。

また、接客終了時の「ありがとうございました」という店員の声につなげて、全員が口々に「ありがとうございました」と言ったり、店長などの音頭に従って、時々、「いらっしゃいませ」、「お待たせいたしております」といったかけ声をかけることも、店内の活気を盛りあげるのに役立ちます。

このように客をひきつける店員の声を「客寄せ音頭」といいます。

◇個性よりも集団イメージが大切

こういうタイプの店では、店員の個性はなんの役にもたちません。

大切なのは全員がきちんと同じユニホームをつけて、まるで全体が一つの生きもののように動くことです。

一人だけ目立つような突飛なスタイルは全体の調和をこわして浮いてしまうだけですから、やめておかなければなりません。

ユニホームは店の雰囲気を盛りあげるうえで非常に大きな役割を果たすので、慎重に選ばなければなりません。

店員の存在そのものがあまり気にならないような、落ち着いたユニホームを選ぶことが効果的です。

(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社・1986年版より抜粋したものです)

続きは次回に…。

|

« 29.店員空間が広い場合のアクション術①店員が並んでいては客がこない(入りやすい店売れる店1986年版) | トップページ | 31.客を集める商品空間づくり①商品空間のなわばり解除(入りやすい店売れる店1986年版) »

◆過去のブログより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 29.店員空間が広い場合のアクション術①店員が並んでいては客がこない(入りやすい店売れる店1986年版) | トップページ | 31.客を集める商品空間づくり①商品空間のなわばり解除(入りやすい店売れる店1986年版) »