« 3.客を引きつける店員のアクション(その2)(入りやすい店売れる店1986年版) | トップページ | 5.客を遠ざける店員のアクション(その2)(入りやすい店売れる店1986年版) »

2021年11月29日 (月)

4.客を遠ざける店員のアクション(その1)(入りやすい店売れる店1986年版)

こんにちは。

今回は、前回と前々回の「客を引きつける店員のアクション」とは反対に、

「客を遠ざける店員のアクション」についてのお話です。

どうか、35年前の書籍の抜粋であるということを念頭に入れてお読みくださいませ。

4.客を遠ざける店員のアクション(その1)

「売れない店」には活気というものがありません。

店にはほとんど客の姿がなく、たまに客が来ても入り口のあたりをウロウロしただけですぐどこかへ行ってしまいます。

長い間、客が釆ないので、店員もすっかり退屈してしまい、うつろな目つきで店の外をながめています。

客が来ないのですることもなく、店内にはただただむなしい静寂がただよっています。


P201

 

さて、この「売れない店」を救う方法はあるのでしょうか。

この問題に取り組む前に考えておかなければならないことが二つあります。

一つは通行量です。

店の前を人が通らなければ売り上げをあげることは至難のわざです。

もう一つは商品です。

他店に比ベて群をぬいて優れている必要はありませんが、きわめて商品が劣るようではいけません。

立地もまずまずで(事実、隣の店はよく売れている)、商品もそこそこのものを置いているとしたら、考えられるのは店舗レイアウトの失敗と店員行動の失敗です。

 

P202


店舗のレイアウトについてはあとで触れるとして、ここでは「客を遠ざける店員のアクション」を見てみましょう。

「売れない店」の店員をしている人たちは、別に「今日はすべての客を追い払って、店内の商品を一品たりとも買われないようにしよう」と決心しているわけではありません。

ところがその行動を見てみると、客が商品に近づいたり手にとって見ようとするのをじゃまする結果になっているのです。

(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社より抜粋したものです)

続きは次回に…。

|

« 3.客を引きつける店員のアクション(その2)(入りやすい店売れる店1986年版) | トップページ | 5.客を遠ざける店員のアクション(その2)(入りやすい店売れる店1986年版) »

◆過去のブログより」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 3.客を引きつける店員のアクション(その2)(入りやすい店売れる店1986年版) | トップページ | 5.客を遠ざける店員のアクション(その2)(入りやすい店売れる店1986年版) »