« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月24日 (月)

16.お互いに相手のことを「どんどん話の内容を発展させる人」、あるいは「その場の思いつきで話を変える人」だと感じる人間関係とは?

こんにちは。

もしもあなたが相手のことを「どんどん話の内容を発展させる人」だと感じる場合は、あなたは直前に話したこととは全く違った話をしたくなるタイプの人で「不注意指示の動き」の癖を持つ人です。

反対に、もしもあなたが相手のことを「その場の思いつきで話を変える人」だと感じる場合は、あなたは、何事も全体的や発展的に考えたいと感じるタイプの人で「全体注意の動き」の癖を持つ人です。

さて今回は、「不注意指示の動き」の癖の人と「全体注意の動き」の癖の人が話し合った場合に生じやすい人間関係についてご説明いたします。

203

(1)

「あちらが良いと感じましたが、こちらの方が良いです」

「あちらもこちらもだいたい同じような特徴があります」

(2)

「前に見せてもらった方が機能的に優れているように思いますが?」

「機能的にはどの商品もほとんど同じですからいずれもお勧めですよ」

(3)

「やっぱりこのカタログにある商品が一番気に入りました」

「こちらのカタログの商品もあちらの商品と大体同じくらい優れています」

以上のような会話は、物事のとらえ方や考え方が、「不注意指示の動き」の癖の人(イラスト右側)と、「全体注意の動き」の癖の人(イラスト左側)とで大きく異なっている事から生じてくるのです。

「不注意指示の動き」とは、手や指を使って、自分が向いていない方向(外側)を指し示す動きのことです。

「全体注意の動き」とは、手や腕や身体を、内側から外側に大きく開く動きのことです。

そして、「不注意指示の動き」が癖の人は、その場で直感的に閃いた考え方を次々に優先させることが大切なことだと感じます。

一方、「全体注意の動き」が癖の人は、細かいことにはこだわらないで、考え方をどんどん発展させていくことが大切なことだと感じます。

そのため「不注意指示の動き」の癖の人は、相手の人がいつまでたっても話を収束させないで、どんどん発展させてしまうことがどうしても受け入れられません。

また、「全体注意の動き」の癖の人は、相手の人がその場で直感的に閃いた考え方に次々と変更することがどうしても受け入れられません。

このように、二人はいつまでもお互いを理解したり受け入れたりすることができないのです。

もしも、「全体注意の動き」の癖の人が、自分自身には考え方を発展させ過ぎていつまでもまとまらない傾向があることを理解していて、また「不注意指示の動き」の癖の人が、自分自身には考え方をすぐに変更させてしまう傾向があることを理解していたとするならば、二人はお互いをうまく受け入れて話をしたり行動を共にしたりすることができます。

しかし、特に「全体注意の動き」の癖を持つ上司と「不注意指示の動き」の癖を持つ部下の組み合わせでは、上司は部下に対してはっきりした指示や注意を与えないために、その場の思いつきで行動してしまう部下によって、二人は様々な失敗を生み出してしまいます。

【関連記事】


1. 「一点注意の動き」

2. 「全体注意の動き」

3. 「注意不明の動き」

4. 「不注意指示の動き」

5. 「接近の動き」

6. 「機敏の動き」

7. 「突進の動き」

8. 「退避の動き」

9. 「攻撃の動き」

10. 「協調の動き」

11. 「独断の動き」

12. 「虚脱の動き」

13. 「不動の動き」

 

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

15.お互いに相手のことを「自分に似て細かいことにはとらわれない大らかな人」だと感じる人間関係とは?

こんにちは。

もしも、あなたが相手のことを「細かいことににはとらわれない大らかな人」で自分に似ていると感じる場合は、あなた自身もいちいち細かいことには頓着せず全体的に注意を払ったり全体的に物事をとらえたりすることが大事だと感じるタイプで、「全体注意の動き」の癖を持つ人です。

さて今回は、「全体注意の動き」の癖の人と、同じ「全体注意の動き」の癖の人が話し合った場合に生じやすい人間関係についてご説明いたします。

202

(1)

「これも良いけどあちらも良いですね」

「どちらもお似合いですよ、他にもいろいろご覧ください」

(2)

「あれも良いしあちらも良いですね」

「大変お似合いですよ、向こうのも大変お似合いですよ」

(3)

「これにしようかあちらにしようか、迷ってしまいます」

「そちらもあちらも大変お似合いですよ、どうぞお試しください」

以上のような会話は、物事のとらえ方や考え方が、「全体注意の動き」の癖の人(イラスト左側)と、同じく「全体注意の動き」の癖の人(イラスト右側)で、非常に似通っている事から生じてくるのです。

「全体注意の動き」とは、手や腕や身体を、内側から外側に大きく開く動きのことです。

そして、「全体注意の動き」が癖の人は、何か問題が生じた場合には、その原因について徹底的に調べたりチェックしたりすることよりも、問題が生じたことをきっかけにして、すぐに新しい方針や考え方を採用して発展的に展開していくことが大切なことだと感じます。

そのために同じ「全体注意の動き」の癖の人同士の二人は、相手が原因を追究することに固執せず、すぐに新しい方針に発展していくことについて、全く違和感を感じることなく理解することができます。

このように、同じ「全体注意の動き」の癖を持つ二人は、お互いの考えや行動の仕方に関してぶつかり合うことはありませんが、どこまでも発展を繰り返してなかなか結論に向かって行かないという大きな問題が生じてしまいます。

もしも、同じ「全体注意の動き」の癖の人同士が、自分たちには物事を発展させ過ぎてなかなか収拾に向かわないという大きな欠点があることを十分に理解した上で協力できれば、二人は大きな目標を達成することができます。

しかし、「全体注意の動き」の癖を持つ上司と「全体注意の動き」の癖を持つ部下の組み合わせで何か問題が生じた場合には、上司は原因をきちんと調べて事細かく注意や指示を与えることをしないために、部下は更に大雑把な目標に向かって行動してしまうこととなり、いつまでも問題は未解決のままとなってしまうのです。

【関連記事】

1. 「一点注意の動き」

2. 「全体注意の動き」

3. 「注意不明の動き」

4. 「不注意指示の動き」

5. 「接近の動き」

6. 「機敏の動き」

7. 「突進の動き」

8. 「退避の動き」

9. 「攻撃の動き」

10. 「協調の動き」

11. 「独断の動き」

12. 「虚脱の動き」

13. 「不動の動き」

 

| | コメント (0)

2019年6月10日 (月)

14.お互いに相手のことを「細かいことにはこだわらない大らかな人」、あるいは「いい加減にしないで一つ一つはっきりさせる人」だと感じる人間関係とは?

こんにちは。

もしもあなたが相手のことを「細かいことにはこだわらない大らかな人」だと感じる場合は、あなたは何事も大ざっぱにはしないで、きちんとくっきりはっきりさせたいと感じるタイプの人で「一点注意の動き」の癖を持つ人です。

反対に、もしもあなたが相手のことを「いい加減にしないで一つ一つはっきりさせる人」だと感じる場合は、あなたは何事も一つのことに固執しないで、全体的に捉えたり発展的に考えたいと感じるタイプの人で「全体注意の動き」の癖を持つ人です。

さて今回は、「一点注意の動き」の癖の人と「全体注意の動き」の癖の人が話し合った場合に生じやすい人間関係についてご説明いたします。

201

(1)

「この箇所のこの部分を検討する必要があります」

「大体は良さそうな感じがします」

(2)

「こちらのこの部分にも問題があります」

「多少の問題はあっても全体的には素晴らしいと思いますよ」

(3)

「この部分とあの部分はどうしても解決する必要があります」

「まーそれはそれとして、どんどん進めていきましょう!」

以上のような会話は、物事のとらえ方や考え方が、「一点注意の動き」の癖の人(イラスト右側)と、「全体注意の動き」の癖の人(イラスト左側)とで大きく異なっている事から生じてくるのです。

「一点注意の動き」とは、手や指を使って、自分が向いている方向(内側)をはっきり指し示す動きのことです。

「全体注意の動き」とは、手や腕や身体を、内側から外側に大きく開く動きのことです。

そして、「一点注意の動き」が癖の人は、何か問題が生じた場合には、その原因を細かくチェックして、一つ一つ具体的に解決していくことが最も大切なことだと感じます。

一方、「全体注意の動き」が癖の人は、何か問題が生じた場合には、いつまでもその原因を追究しないで、新しい方法をいろいろと取り入れてどんどん進行していくことが大切なことだと感じます。

そのため「一点注意の動き」の癖の人は、相手の人が問題が生じた原因をあまり追求しないで、すぐに新しい方法で取り組もうとする考え方をどうしても理解することができません。

また、「全体注意の動き」の癖の人は、相手の人がいつまでも原因の追究に取り組んで、新しい方法を採用しようとしない行為をなかなか理解することができません。

このように、二人はいつまでもお互いを理解したり受け入れたりすることができないのです。

もしも、「全体注意の動き」の癖の人が、何か問題が生じた場合には、自分は徹底的にその原因を追究しようとしないで他の方法に切り替えてしまう傾向があることを理解していて、「一点注意の動き」の癖の人が調べた具体的な問題点を素直に受け入れることができれば、二人は協力して一つ一つ解決に向かって行動を共にすることができます。

しかし、特に「全体注意の動き」の癖を持つ上司と「一点注意の動き」の癖を持つ部下の組み合わせでは、問題が生じた時にその原因の追究に取り組む部下に対して、いつまでも一つのことに固執する発展性のない部下だという評価を下してしまいがちです。

【関連記事】

1. 「一点注意の動き」

2. 「全体注意の動き」

3. 「注意不明の動き」

4. 「不注意指示の動き」

5. 「接近の動き」

6. 「機敏の動き」

7. 「突進の動き」

8. 「退避の動き」

9. 「攻撃の動き」

10. 「協調の動き」

11. 「独断の動き」

12. 「虚脱の動き」

13. 「不動の動き」

 

| | コメント (0)

2019年6月 3日 (月)

13.お互いに相手のことを「動きを全く伴わないで説明や案内をする人」、あるいは「いちいち動きを伴って説明や案内をする人」と感じる人間関係とは?

こんにちは。

もしもあなたが相手のことを「動きを全く伴わないで説明や案内をする人」と感じる場合は、あなたは説明や案内をする場合には、方向や場所を具体的にはっきりと指し示す動き(しぐさ=身振り手振り)が大切だと感じるタイプの人で、「一点注意の動き」の癖を持つ人です。

反対に、もしもあなたが相手のことを「いちいち動きを伴って説明や案内をする人」と感じる場合は、あなたは説明や案内をする場合には、きちんと「ことば」で話した方が良く伝わると感じるタイプの人で、「不動の動き」の癖を持つ人です。

さて今回は、「一点注意の動き」の癖の人と「不動の動き」の癖の人が話し合った場合に生じやすい人間関係についてご説明いたします。

13

(1)

「どうぞあちらをご覧ください」

「どうぞ右前方の上の方をご覧ください」

(2)

「どうぞこちらをご覧ください」

「どうぞ私が持っている製品をご覧ください」

(3)

「あちらの製品とこちらの製品には大きな特徴があります」

「右前方の上にある製品と私が持っている製品には大きな特長があります」

以上のような会話は、物事のとらえ方や考え方が、「一点注意の動き」の癖の人(イラスト右側)と、「不動の動き」の癖の人(イラスト左側)とで大きく異なっている事から生じてくるのです。

「一点注意の動き」とは、手や指を使って、自分が向いている方向(内側)をはっきり指し示す動きのことです。

「不動の動き」とは、手や頭や上半身を使って、前後や上下や回転の動きをほとんど行わないことです。

そして、「一点注意の動き」が癖の人は、案内や説明を行う場合は、手や指を使って方向や場所をはっきりと指し示すことが必要だと考えています。

一方、「不動の動き」が癖の人は、案内や説明を行う場合には、動作は不要で、きちんとした「ことば」で話す必要があると考えています。

したがって、「一点注意の動き」の癖の人は、相手の人が手や指を使って方向や場所を全く指し示さないで行う「ことば」だけの案内や説明を非常に分かりにくいと感じてしまいます。

また、「不動の動き」の癖の人は、相手の人が、手や指を使って方向や場所を指し示しながら行う案内や説明を非常に分かりにくいと感じています。

そのために、二人はいつまでもお互いの説明や案内方法について大きな不満を感じてしまいます。

もしも、「不動の動き」の癖の人が、手や指を使って方向や場所をはっきりと指し示すことによって誰もがわかりやすい説明や案内になるということを受け入れた場合には、二人はお互いに協力し合って話し合うことができます。

しかし、「不動の動き」の癖を持つ上司と「一点注意の動き」の癖を持つ部下の組み合わせでは、具体的でわかりやすい指示や命令を待つ部下に対して、上司は常に「ことば」中心の指示や命令を行うことになります。そのため、「一点注意の動き」の癖の部下は上司の指示がよくわからず、「不動の動き」の癖の上司は自分の期待通りに反応してくれない部下に大きな不満を抱いてしまうのです。

 

【関連記事】

1. 「一点注意の動き」

2. 「全体注意の動き」

3. 「注意不明の動き」

4. 「不注意指示の動き」

5. 「接近の動き」

6. 「機敏の動き」

7. 「突進の動き」

8. 「退避の動き」

9. 「攻撃の動き」

10. 「協調の動き」

11. 「独断の動き」

12. 「虚脱の動き」

13. 「不動の動き」

 

| | コメント (0)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »