« 4.相手の話を「はっきりしなくてわかりにくい」、あるいは「はっきりしているがわかりにくい」と感じる人間関係とは? | トップページ | 6.お互いに相手のことを「自分で調べたりチェックしたりする人」、あるいは「何事も相手を受け入れようとする人」と感じる人間関係とは? »

2019年4月 8日 (月)

5.お互いに相手のことを「調査やチェックをしない人」、あるいは「明確な計画を立てない人」だと感じる人間関係とは?

こんにちは。

もしもあなたが相手のことを「いろいろと調べたりチェックをしたりしないですぐに計画を立てる人」だと感じる場合は、あなた自身は、何事もまずいろいろと調べたりチェックをしたりすることこそが重要で、そのことをおろそかにしては十分な計画は立てられないと感じている人なのです。

反対に、もしもあなたが相手のことを「すぐに計画を立てないでいつまでも調べたりチェックしたりする人 」だと感じる場合は、あなた自身は、何事もすぐに計画を立てることこそが重要で、調べたりチェックしたりすることは二の次だと感じる人なのです。

前者のあなたは、「一点注意の動き」の癖を持つ人で、後者のあなたは、「攻撃の動き」の癖を持つ人です。

「動きの癖」が異なる二人が会話をする場合には、それぞれの「動きの癖」の強い影響を受けた考え方や行動の仕方を主張し合うことになり、なかなかお互いを理解することができません。

さて今回は、「一点注意の動きの癖」の人と「攻撃の動きの癖」の人から生じやすいトラブルと「動きの癖」の関係についてご説明いたします。

05_1

 

 「一点注意の動き」とは、手や指を使って、自分が向いている方向(内側)をはっきり指し示す動きのことです。(イラスト左)

この「一点注意の動き」を癖とする人は、自分や相手の注意を一点に引きつけることが得意で、いろいろなことに注意を払ったり一つ一つチェックをすることが大事なことだと感じています。

一方「攻撃の動き」とは、腕や頭や上半身を使って、上から下に向かって力を入れる動きのことです。(イラスト右)

この「攻撃の動き」を癖とする人は、強い自信や主張を表現するのが得意で、何事も目標や計画をしっかりと打ち立てることが大事なことだと感じています。

したがって、「攻撃の動き」の癖の人は、相手はいつまでも調べたりチェックしたりするばかりで、いつまでたっても明確な目標や計画を立てない人だと感じます。

また「一点注意の動き」の癖の人は、相手は全く調べたりチェックしたりしないで、すぐに目標や計画を立ててしまう人だと感じてしまいます。

大抵の場合は、なかなかお互いを理解することができず、いつまでも話が一致しないものですが、もしも、目標や計画を打ち立てることが得意な「攻撃の動き」の癖の人と、いろいろと調べたりチェックしたりすることが得意な「一点注意の動き」の癖の二人が、お互いの長所を受け入れ合うことができれば、二人が立てる「目標」や「計画」は、非常に実現可能なものとなることでしょう。

【関連記事】

1. 「一点注意の動き」

|

« 4.相手の話を「はっきりしなくてわかりにくい」、あるいは「はっきりしているがわかりにくい」と感じる人間関係とは? | トップページ | 6.お互いに相手のことを「自分で調べたりチェックしたりする人」、あるいは「何事も相手を受け入れようとする人」と感じる人間関係とは? »

◆お互いの動きの癖が生み出す人間関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 4.相手の話を「はっきりしなくてわかりにくい」、あるいは「はっきりしているがわかりにくい」と感じる人間関係とは? | トップページ | 6.お互いに相手のことを「自分で調べたりチェックしたりする人」、あるいは「何事も相手を受け入れようとする人」と感じる人間関係とは? »