« 6.お互いに相手のことを「自分で調べたりチェックしたりする人」、あるいは「何事も相手を受け入れようとする人」と感じる人間関係とは? | トップページ | 8.お互いに相手のことを「きちんと調べないですぐにやる気を無くす人」、あるいは「諦めないでいつまでも調べたりチェックしたりする人」と感じる人間関係とは? »

2019年4月24日 (水)

7.お互いに相手のことを「いろいろ調べないで自分勝手に判断する人」、あるいは「いろいろ調べるばかりでなかなか判断しない人」だと感じる人間関係とは?

こんにちは。

もしもあなたが相手のことを「いろいろ調べないで自分勝手に判断する人」と感じる場合は、あなたは何事も決して自分勝手には判断をしないで、いろいろと調べたりチェックしたりすることが大切だと感じるタイプの人で、「一点注意の動き」の癖を持つ人です。

反対に、もしもあなたが話をする相手のことを「いろいろ調べるばかりでなかなか判断しない人」と感じる場合は、あなたは物事を判断する時に、いろいろと調べたりチェックしたりしないで、自分自身で自信を持って判断することが大切だと感じるタイプの人で、「独断の動き」の癖を持つ人です。

さて今回は、「一点注意の動き」の癖の人と「独断の動き」の癖の人が話し合った場合に生じやすい人間関係についてご説明いたします。

07

(1)

「この問題に関しては、この件とあの件について確認する必要がありませんか?」

「私は分かっている!その必要はない!」

(2)

「この件に関してはいくつかのミスが見つかりましたし、あの件に関しても大きな間違いが明らかになっていますがいかがですか?」

「そんな細かい部分はいいから、要するに結論が大切なんだ!」

(3)

「この件のこの部分のミスや、あの件の大きな間違いがなぜ生じたかについて、絶対に細かく調べる必要があります。」

「私はそうは思わない!いくら調べても結論は同じだ!」

以上のような会話は、物事のとらえ方や考え方が、「一点注意の動き」の癖の人(イラスト左側)と、「独断の動き」の癖の人(イラスト右側)とで大きく異なっている事から生じてくるのです。

「一点注意の動き」とは、手や指を使って、自分が向いている方向(内側)をはっきり指し示す動きのことです。

「独断の動き」とは、腕や頭や上半身を使って、下から上に向かって力を入れる動きのことです。

そのために、相手に対して「一点注意の動き」を伴って意見を主張する人は、問題が生じた場合にはその原因を勝手に判断するのではなく,詳しく調べたりチェックしたりすることが大切だと感じます。

一方、相手に対して「独断の動き」を伴って意見を主張する人は、自分自身が直感で感じたことを優先して、自信を持って判断することが大切なことだと感じます。

したがって、「一点注意の動き」の癖の人は、相手の人は問題が生じた要因については全く検討しないで、すぐに自分本位な判断をしてしまう人だと感じます。

また、「独断の動き」の癖の人は、相手の人は問題の原因を調べたりチェックしたりするばかりで、いつまでたっても問題を引き起こした原因をはっきりさせない人だと感じます。

そして、二人はなかなかお互いを受け入れることができないのです。

もしも、「独断の動き」の癖の人が、自分自身には自分本位な判断をしやすい欠点があることを理解していて、「一点注意の動き」の癖の人が調べたりチェックしたりした事柄を素直に受け入れることができれば、二人は協力して常に正確な判断を下せる人間関係を結ぶことができます。

しかし、特に「独断の動き」の癖を持つ上司と、「一点注意の動き」の癖を持つ部下の関係などにおいては、往々にして自分本位な上司の判断を部下がなかなか覆すことができないために、多くの失敗が引き起こされているのです。

お互いを理解できないということは、お互いの「動きの癖」を理解できないということなのです。

【関連記事】

1. 「一点注意の動き」

6. 「協調の動き」

|

« 6.お互いに相手のことを「自分で調べたりチェックしたりする人」、あるいは「何事も相手を受け入れようとする人」と感じる人間関係とは? | トップページ | 8.お互いに相手のことを「きちんと調べないですぐにやる気を無くす人」、あるいは「諦めないでいつまでも調べたりチェックしたりする人」と感じる人間関係とは? »

◆お互いの動きの癖が生み出す人間関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 6.お互いに相手のことを「自分で調べたりチェックしたりする人」、あるいは「何事も相手を受け入れようとする人」と感じる人間関係とは? | トップページ | 8.お互いに相手のことを「きちんと調べないですぐにやる気を無くす人」、あるいは「諦めないでいつまでも調べたりチェックしたりする人」と感じる人間関係とは? »