« 28.初対面の人の「行動の仕方」が簡単に見抜けます。   | トップページ | 12.ガソリンとコーヒがセルフで買える店「GS&コーヒストア・エッソ&ドトールコーヒ」その2(2000年当時) »

2018年8月21日 (火)

11.ガソリンとコーヒがセルフで買える店「GS&コーヒストア・エッソ&ドトールコーヒ」その1(2000年当時)

こんにちは。

下のイラストの店は、2000年当時、東京・町田のエッソガソリンスタンドとドトールコーヒーが一つになった新しいタイプの店でした。

(エッソ、モービル、ゼネラル、エネオスは、2019年度までにエネオスに統合される予定)

1998年4月から日本においてもセルフサービス方式でガソリンが販売できるようになると同時に、セルフサービス方式のガソリンスタンドは様々な複合店舗としての模索が始まりました。

そして、この店は、ガソリンと洗車とドトールコーヒーの商品と菓子類が一つのレジカウンターで精算できるシステムの複合店舗となっていました。

 
星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

Img812



↓この店は、ガソリン、洗車、コーヒなどの飲食物、菓子類を商品として扱う複合店舗になっています。

↓客はどの商品を利用しても同じレジカウンターで精算するシステムです。

Img811

↓ドトールコーヒー側から見た様子
1

ガソリン、洗車、コーヒなどの飲食物、菓子類のそれぞれを「商品空間」として捉えると、この店は、規模の大きい「店員空間のある、接触・引き込み・回遊型店」ということになります。

この規模の大きいセルフサービス方式の店の、店員と客のアクションは明日詳しくご紹介いたします。


(なお、イラストは2000年の拙著「超入りやすい店売れる店・日本経済新聞社」からの抜粋です)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ 

 

【関連記事】

1.見知らぬ客を対象に、接客をしなかった「戸板一枚の店」

2.第一世代の店「商店街と百貨店」の登場と衰退

3.「接客しない店」が主流になった第二世代の店~第三世代の店

4.店内にだけ「道」を作った第三世代の店の行きづまり

5.移動空間に登場してきた第四世代の店

6.「道」を取り込んだコーヒーショップ「スターバックス」その1(2000年当時)

7.「道」を取り込んだ宝石・貴金属店「ティファニー新宿三越」その1(2000年当時)

8.「道」を取り込んだ宝石・貴金属店「ティファニー新宿三越」その2(2000年当時)

9. セルフサービス方式を取り入れて接触型店に改革をもたらした「KIHACHI」その1(2000年当時)

10.セルフサービス方式を取り入れて接触型店に改革をもたらした「KIHACHI」その2(2000年当時)

11.惣菜の売り方と買い方を改革した「RF1」その1(2000年当時

12.惣菜の売り方と買い方を改革した「RF1」その2(2000年当時)

13.セルフサービス方式のファーストフード店「マクドナルド」その1(2000年当時)

14.セルフサービス方式のファーストフード店「マクドナルド」その2(2000年当時)

|

« 28.初対面の人の「行動の仕方」が簡単に見抜けます。   | トップページ | 12.ガソリンとコーヒがセルフで買える店「GS&コーヒストア・エッソ&ドトールコーヒ」その2(2000年当時) »

◆超入りやすい店売れる店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/67066331

この記事へのトラックバック一覧です: 11.ガソリンとコーヒがセルフで買える店「GS&コーヒストア・エッソ&ドトールコーヒ」その1(2000年当時):

« 28.初対面の人の「行動の仕方」が簡単に見抜けます。   | トップページ | 12.ガソリンとコーヒがセルフで買える店「GS&コーヒストア・エッソ&ドトールコーヒ」その2(2000年当時) »