« 61.店が客に対して提供するべき三空間のサービスとは?(1)商品空間におけるサービス(1998年当時) | トップページ | 62.店が客に対して提供するべき三空間のサービスとは?(2)客空間におけるサービス(1998年当時) »

2018年7月26日 (木)

21.簡単に見抜ける!誰が一番素早く行動する人か?

こんにちは。

テーブルを挟んで椅子に座って話をする相手の動きから、「前向きに行動する人」や「前向きには絶対行動しない人」や「猪突猛進に行動する人」を簡単に見抜くことができるということを説明してきました。

もう一人、少し見抜きにくいタイプですが、「素早く行動する人」も見抜くことができます。

「素早く行動する人」は、テーブルに置いたノートやボールペンなどの筆記用具を素早く片付けたり、素早く鞄などに仕舞ったりします。

消しゴムを使った場合は、手先を使って「ちゃっちゃっ」と素早く払う動きを見せます。

振り向く時は頭を素早く動かしたり、踵(きびす)を返すがごとくに引き下がって行ったりします。

これらの全ての動きは、手や頭や上半身や身体全体を後ろに向かって素早く引く「機敏の動きの癖」を持つ人が行う動きなのです。

この素早い動きは見逃されやすいために、「機敏の動きの癖」の人は存在感が薄く、あまり行動的ではない人だと、多くの人には思われています。

あなたの周りに、人見知りな人とかシャイな人等と思われる人がいるはずですが、ほとんどはこのタイプの人です。

「素早く行動する人」は、何事もテキパキと片付け、常に静かに存在しているのです。

さて、今日は、「全体注意の動き」と「退避の動き」を同時に使って、消極的に大まかな案内や説明を行うために、客に不安感や不信感を与える接客下手な店員をご紹介いたします。

 

21

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

21.接客上手下手と動きの関係(21)「全体注意の動き」+「退避の動き」

上のイラストは、客からの質問や相談に対して、消極的な態度で案内や説明を行うために、客に不信感与える接客下手な店員のアクションを描いています。

この店員は、「全体注意の動き」と「退避の動き」を交えて説明と案内をしているのです。

(1)全体注意の動き

Photo

 

(2)退避の動き
121

 

「全体注意の動き」は、手や腕や身体を、内側から外側に大きく開いて、広く全体に注意を払ったり大勢の人の注意を自分自身に引きつけたりする動きです。

そして「退避の動き」は、手や身体を使って、後ろに向かってゆっくり進む動きで、消極的で慎重であることを表現する動きです。

したがって、客の質問や相談に対して、「全体注意の動き」と「退避の動き」の両方を使って話をすると、大ざっぱでなんとなくやる気がなさそうな「案内」や「説明」になり、客に対して不信感を与えてしまいます。

ほとんどの客がこの店員に対して、「なんとなくやる気がなさそうな人」「消極的な人」「慎重過ぎる人」等と感じるのは、この店員が以上の二つの動きを伴って説明や案内を行うからなのです。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ


【関連記事】

1.「カラダの動き」が情報を伝える

2.「カラダの動き(方向・圧力・速さ)」が伝える意味とは?

3.「カラダの動き」を使ってコミュニケーションをもっとわかりやすく

4.接客上手下手と動きの関係(1)「一点注意の動き」+「全体注意の動き」

5.接客上手下手と動きの関係(2)「一点注意の動き」+「不注意指示の動き」

6.接客上手下手と動きの関係(3)「一点注意の動き」+「注意不明の動き」

7.接客上手下手と動きの関係(4)「一点注意の動き」+「攻撃の動き」

8.接客上手下手と動きの関係(5)「一点注意の動き」+「協調の動き」

9.接客上手下手と動きの関係(6)「一点注意の動き」+「独断の動き」

10.接客上手下手と動きの関係(7)「一点注意の動き」+「虚脱の動き」

11.接客上手下手と動きの関係(8)「一点注意の動き」+「接近の動き」

12.接客上手下手と動きの関係(9)「一点注意の動き」+「機敏の動き」

13.接客上手下手と動きの関係(10)「一点注意の動き」+「突進の動き」

14.接客上手下手と動きの関係(11)「一点注意の動き」+「退避の動き」

15.接客上手下手と動きの関係(12)「全体注意の動き」+「注意不明の動き」

16.接客上手下手と動きの関係(13)「全体注意の動き」+「不注意指示の動き」

17.接客上手下手と動きの関係(14)「全体注意の動き」+「攻撃の動き」

18.接客上手下手と動きの関係(15)「全体注意の動き」+「協調の動き」

19.接客上手下手と動きの関係(16)「全体注意の動き」+「独断の動き」

20.接客上手下手と動きの関係(17)「全体注意の動き」+「虚脱の動き」

21.接客上手下手と動きの関係(18)「全体注意の動き」+「接近の動き」

22.接客上手下手と動きの関係(19)「全体注意の動き」+「機敏の動き」

23.接客上手下手と動きの関係(20)「全体注意の動き」+「突進の動き」

|

« 61.店が客に対して提供するべき三空間のサービスとは?(1)商品空間におけるサービス(1998年当時) | トップページ | 62.店が客に対して提供するべき三空間のサービスとは?(2)客空間におけるサービス(1998年当時) »

◆接客上手下手と動きの関係」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/66978506

この記事へのトラックバック一覧です: 21.簡単に見抜ける!誰が一番素早く行動する人か?:

« 61.店が客に対して提供するべき三空間のサービスとは?(1)商品空間におけるサービス(1998年当時) | トップページ | 62.店が客に対して提供するべき三空間のサービスとは?(2)客空間におけるサービス(1998年当時) »