« 27.買いたい人にだけ買ってもらう宝石店の構造(1986年当時) | トップページ | 28.商品パワーの変化が店の構造と店員のアクションを変えた(1988年当時)  »

2018年5月 8日 (火)

13.「退避の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは?

こんにちは。

あなたの職場の同僚の中に、仲間やグループに属さないで、常に仲間やグループから遠ざかって行ってしまう人がいると思います。

そして、積極的で熱心で人懐っこい人が、その人に声をかけては、仲間やグループに引き寄せますが、やはり次第に遠ざかって行ってしまうのです。

仲間やグループから遠ざかっていきたがる人は、決して「一人だけでいること」が好きな人ではありません。

積極的に誘ってくれた仲間やグループから、少しずつ距離をとりながらだんだんと遠ざかって行く行為全体が好きな人なのです。

常に前向きで、積極的で、まるで「熱心な国」からやって来たような人がいる一方で、常に何事にも慎重で消極的でやる気をあまり出したくない人も存在しているのです。

そのような人は、仲間やグループの人たちと、濃密な関係になるのが苦しくなってしまうために、次第に遠ざかって行くのです。

どんな人も、それぞれに「動きの癖」を持ち、その「動きの癖」に強い影響を受けて様々な行為をとっているのです。

だから、人間関係においては、お互いに分かり合えるということは極めてまれなことなのです。

初めから、人はお互いに分かり合えない関係なのだと受け入れた上で、人間関係を結ぶことをおすすめします。

さて今回は、「退避の動きの癖」を持つ人にとって、どうしても分かり合うことができない相手についてご説明いたします。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

13.「退避の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは?

「退避の動きの癖の人」とは、手や身体を使って、後ろに向かってゆっくり進む動きをたくさん行う人です。

そして、周囲の人からは、何となくやる気がなさそうな人だと思われますが、消極的で慎重であることを表現するのが得意な人です。

 

121


この「退避の動きの癖」の人にも、どうしても分かり合えない人がいますが、その人とは「機敏の動きの癖」の人なのです。

「機敏の動きの癖」の人は、手や身体を使って、後ろに向かって素早く引く動きをたくさん行う人です。

そして、周囲の人からは目立たずシャイな人だと思われますが、何事もテキパキと対応することを表現するのが得意な人です。

 

102

 

このように、「退避の動きの癖」の人と「機敏の動きの癖」の人は、どちらも前後の動きをたくさん行うのが特徴ですが、前者は後方にゆっくり下がる動きをたくさん行い、後者は後方に素早く引く動きをたくさん行うという大きな違いがあります。

この二人が何らかの問題やトラブルに遭遇し、お互いに協力して解決しなければいけない状況になった場合、「退避の動きの癖」の人は、とにかく一旦落ち着いて、発生した問題やトラブルの状況や原因について慎重に検討することが大事だと思います。

一方の「機敏の動きの癖」の人は、遭遇した問題やトラブルから素早く遠ざかり、一定の距離を保ちながら、問題やトラブルが解決できそうなタイミングを見計らって素早く対応することが問題解決のカギだと思います。

このように、二人は、遭遇した問題やトラブルから一旦は遠ざかることが大切だと考えるところは共通しています。

しかし、「退避の動きの癖」の人は、遠ざかった問題やトラブルに関しては、その後は慎重に事態の成り行きを観察し、できるだけかかわりを持たないようにしている内に、やがて問題やトラブルは雲散霧消していくと考えます。

したがって、「退避の動きの癖」の人は、同じように一旦は問題やトラブルから遠ざかりながらも、機を見て敏に素早く問題解決のために対応を繰り返す「機敏の動きの癖」の人の行為はなかなか理解することができません。

やはり、「退避の動きの癖」の人にとって、「機敏の動きの癖」の人は、分かり合える相手ではないのです。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

【関連記事】

1.「一点注意の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは?

2.「注意不明の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは?

3.「攻撃の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは?

4.「協調の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは?

5.「接近の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは?

6.「機敏の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは?

7.「不動の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは?

8.「全体注意の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは?

9.「不注意指示の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは?

10.「独断の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは?

11.「虚脱の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは?

12.「突進の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは?

|

« 27.買いたい人にだけ買ってもらう宝石店の構造(1986年当時) | トップページ | 28.商品パワーの変化が店の構造と店員のアクションを変えた(1988年当時)  »

◆自分にとってどうしても分かり難い人とは?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/66675000

この記事へのトラックバック一覧です: 13.「退避の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは?:

« 27.買いたい人にだけ買ってもらう宝石店の構造(1986年当時) | トップページ | 28.商品パワーの変化が店の構造と店員のアクションを変えた(1988年当時)  »