« 36.駅ほど商売に向いた立地はないことにまだ誰も気づいていなかった(1988年当時) | トップページ | 37.暑さ寒さとも戦った30年前のディスカウントショップ(1988年当時) »

2018年5月29日 (火)

9.「接近の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

こんにちは。

TVニュースに登場した日大アメフト部の監督とコーチは、いずれも部員とのコミュニケーションにおいて、「前向きに話しかける」「熱心に話しかける」「親しく近寄る」「優しく肩を叩いたり背中を押したりする」などの行為は絶対にしない人だということが明確に分かります。

部員の意見を熱心に聞き取ったり、部員が納得したかどうかを確認したりするためには、手や腕や上半身を前に向かってゆっくり進む(接近の動き)動きを持ち合わせていなくては絶対にできないからです。

部員に積極的に話しかけたり、熱心に働きかけたりするためには、やはり同じ「接近の動き」を伴わなければ絶対にできないからです。

じっとして、「ことば」だけのコミュニケーションに終始しているような人は、監督やコーチにはもともと不適切な人なのです。

また、監督とコーチのそれぞれの動きからは、二人が十分に理解し合える「動き」をお互いに持ち合わせてはいないことがはっきりとわかります。

十分なコミュニケーションが行えない監督とコーチと部員の人間関係の中で実行された残念な「タックル」は、その事実に対してすらも、監督とコーチは部員の気持ちを理解することができない結果となっているのです。

監督とコーチが多くの人に対して納得してもらえる発言をしないのは、いかに隠された背景が存在していようとも、少なくとも二人が監督やコーチに不適切な人物であったことが一番の要因なのです。

もしも二人が「接近の動き」を持ち合わせた人であったとしたら、絶対に今回の不幸な事件は起きなかったのです。

さて今日は、その「接近の動きの癖」を持つ人に好かれるテクニックについてご説明します。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

 

 

8.「接近きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

「接近の動きの癖」の人は、手や身体を使って、前に向かってゆっくり進む動きをたくさん行う人です。

そして、周囲の誰からは大変親しみやすい人だと思われ、積極的で前向きであることを表現するのが得意な人です

 

91
もしも、あなたが好かれたいと思う相手が、「接近の動きの癖」を持つ人であるかどうかを見抜くには、前回までの上下の動きや回転の動きではなく、その人の前後の動きだけに注目してください。

そして、相手があなたや他人と話している時の、手や腕や上半身の動きをチェックしてください。

「接近の動きの癖」の人は、手や腕や上半身を、前に向かってゆっくり動かしますが、特に話しかけたり返事をしたりする時には、必ず相手に向かってお辞儀をするように上半身をゆっくりと傾けながら近づける動きを繰り返すので直ぐに分かります。

また、この人の動きを観察する前から、「親しみやすそうな人」「積極的な人」「熱心そうな人」などのイメージがする場合は、そのイメージがその人の手や腕や上半身の動きから生じていることを確認してください。

「接近の動きの癖」の人は、誰に対しても親しく近づいたり話しかけたりして、相手に対して何事も積極的に取り組むことによって、人間関係がうまくいくと思っています。

また、様々なトラブルや問題が発生した場合には、躊躇したり迷ったりして、初動が遅くなることが一番悪いことで、積極的に直ぐに行動することが問題解決のためには一番大切なことだと信じています。

さて、このような「接近の動きの癖」の人に好かれたいと思った場合には、まず、「接近の動きの癖」の人の話に対して、前向きで熱心な態度で聞き取ることが絶対条件です。

仮に、やる気がない態度や消極的な態度をしていても、「接近の動きの癖」の人は、決して嫌な態度を見せず、積極的に話しかけたり働きかけたりしてくるために、誤解を与えてしまいますが、「接近の動きの癖」の人はやる気がない人や消極的な人が大嫌いです。

だから、次のイラストのような動きを伴って話をしたり、受け答えをしたりしてはいけません。

(1)消極的な態度で後ずさりをする動き(退避にの動きの癖)

 

121

 

(2)じっとして動かない(不動の動きの癖)

 

 131

 

以上のような「接近の動きの癖」の人は、全く消極的な人ややる気をなかなか出さない人に対しても、常に熱心に話しかけたり働きかけたりしてしまいますが、やはり思うような成果が得られない現実には、内心悩んでいることも事実なのです。

「なぜ人はもっと前向きに取り組まないのだろう?」と感じています。

したがって、「接近の動きの癖」の人に好かれるためには、「接近の動きの癖」の人の積極的な態度に負けないほどの積極的な態度で対応することによって、想像以上の好感を勝ち取ることができるのです。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

【関連記事】

1.「カラダの動き」が情報を伝える

2.「カラダの動き(方向・圧力・速さ)」が伝える意味とは?

3.「カラダの動き」を使ってコミュニケーションをもっとわかりやすく

4.「一点注意の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

5.「全体注意の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

6.「不注意指示の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

7.「注意不明の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

8.「攻撃の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

9.「協調の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

10.「独断の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

11.「虚脱の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

 

|

« 36.駅ほど商売に向いた立地はないことにまだ誰も気づいていなかった(1988年当時) | トップページ | 37.暑さ寒さとも戦った30年前のディスカウントショップ(1988年当時) »

◆相手に好かれるためのアクション術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9.「接近の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?:

« 36.駅ほど商売に向いた立地はないことにまだ誰も気づいていなかった(1988年当時) | トップページ | 37.暑さ寒さとも戦った30年前のディスカウントショップ(1988年当時) »