« 31.たばこのコーナーが店をダメにしてきた(1988年当時) | トップページ | 32.コンビニエンスストアが客のニーズに応えたもの(1988年当時) »

2018年5月17日 (木)

4.「注意不明の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

こんにちは。

人は、自分と相手の「注意力」の違いが非常に気になります。

自分と相手の「注意力」の違いは、実はそれぞれの人の「動きの癖」の違いによって生じているのです。

次の四つの「動きの癖」の違いによって、「注意力」にも大きな違いが生じているのです。

(1)一点注意の動きの癖の人の「注意力」

(2)全体注意の動きの癖の人の「注意力」

(3)不注意指示の動きの癖の人の「注意力」

(4)注意不明の動きの癖の人の「注意力」

以上の、四つの動きの癖によって人はそれぞれの「注意力」の個性(違い)を持っているのです。

そして、「注意力」がよく似た相手は好きになれますが、真逆な人や似ていない人はなかなか好きにはなれません。

したがって、特定の人から好かれるためには、その人の「注意力」に合わせる必要があります。

今回を含めて、四つのタイプの「注意力」をご説明しています。

相手の「注意力」を何とかして知ろうと努力している内に、自分の「注意力」も自然とわかってきます。

さて今日は、「注意不明の動きの癖」を持つ人の「注意力」を知って、「注意不明の動きのの癖」の人に好かれるテクニックについてご説明します。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

4.「注意不明の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

「注意不明の動きの癖」の人は、手や指を使って、自分が向いている方向(内側)をあいまいに指し示す動きをたくさん行う人です。

 

そのために、周囲の人からは、優柔不断ではっきりしない人だと思われがちですが、見方を変えれば、物事をはっきりさせないことを得意としている人なのです。

41

「注意不明の動きの癖」を持つ人であることを見抜くには、これまでご説明してきました「一点注意の動きの癖」の人、「全体注意の動きの癖」の人、「不注意指示の動きの癖」の人などの時と同じように、回転の動きだけに注目することです。

そして、あなたにモノを手渡したり、場所や方向を指し示したり、物事を説明したりする時の、手と腕の動きをチェックしてください。

「注意不明の動きの癖」の人は、「一点注意の動きの癖」の人と同じく、内側に向かって指や手や腕を動かします。

「一点注意の動きの癖」の人との大きな違いは、自分が向いている方向(内側)に指や手や腕を使って、はっきりと指し示す動きをしないで、あいまいな指し示し方をすることです。

上のイラストのように「注意不明の動きの癖」の人は、場所や方向を案内する場合にも、手や指や腕をはっきりとは指し示さないで、主に「ことば」を使って案内するために、何となく自信がなさそうに見えますので、直ぐに分かります。

そして、動きを観察する前から、その人のイメージが、「注意深すぎる人」「はっきりしない人」「わかりにくい人」等と感じる場合には、そのイメージが手と腕の動きから生じていることを確認してください。

さて、この「注意不明の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いのでしょうか?

誰でも同じですが、「注意不明の動きの癖」の人も、自分自身がいろいろ迷ってなかなかはっきりさせない人だとか、分かりにくい指示や案内をする人だとは決して思っていません。

そのために、方向や場所を分かりやすく指し示しながら話をする人と、方向や場所をはっきりと指し示さないで話をする自分との違いにほとんど気づいてはいません。

そのために、「一点注意の動き」を使って話す人にははっきりさせ過ぎる人だと感じ、「全体注意の動き」を使って話す人には大まか過ぎる人だと感じ、「不注意指示の動き」を使って話す人には軽はずみな人だと感じているのです。

したがって、この「注意不明の動きの癖」の人に好かれたいと思った場合には、決してこの人からはっきりとした意見や考え方を直ぐに求めてはいけません。

この人は、いろいろなことが気になって、そのすべてをチェックしなければ、軽率には意見や考え方をまとめたり決定を下したりすることはできないと考えている人だからです。

この人が気になる問題点を注意深く聞き取って、一緒になってチェックしたり検討したりすることが大切なのです。

少なくとも、次のイラストのような動きを伴って話したり、受け答えたりする人にはならないように気を付ける必要があります。

(1)手や腕を内側に指し示す動きを伴う人

Photo_2

 

(2)手や腕を内側から外側に開く動きを伴う人
Photo_3

(3)話の内容とは無関係な方向や場所を指し示す動きを伴う人
031

 

「注意不明の動きの癖」の人は、自分は誰よりも「注意力」のある人間だと感じています。

そして同時に、あまりにも注意し過ぎることによって決定が遅れたり、いろいろ迷ってわからなくなってしまったりすることに悩んでいることも事実なのです。

つまり、一緒になって長く注意を払うことも大切ですが、時には機を見てあなたの方から結論を示唆することも、「注意不明の動きの癖」の人に好かれる秘訣なのです。

以上のことに気をつけて、「注意不明の動きの癖」の人に対応してみてください。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

【関連記事】

1.「カラダの動き」が情報を伝える

2.「カラダの動き(方向・圧力・速さ)」が伝える意味とは?

3.「カラダの動き」を使ってコミュニケーションをもっとわかりやすく

4.「一点注意の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

5.「全体注意の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

6.「不注意指示の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?

|

« 31.たばこのコーナーが店をダメにしてきた(1988年当時) | トップページ | 32.コンビニエンスストアが客のニーズに応えたもの(1988年当時) »

◆相手に好かれるためのアクション術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/66722761

この記事へのトラックバック一覧です: 4.「注意不明の動きの癖」を持つ人に、好かれるためにはどうすれば良いか?:

« 31.たばこのコーナーが店をダメにしてきた(1988年当時) | トップページ | 32.コンビニエンスストアが客のニーズに応えたもの(1988年当時) »