« 13.「不動の動きの癖」の人を助けてくれる人、助けてくれない人 | トップページ | 1.「一点注意の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは? »

2018年4月 4日 (水)

15.神戸・三ノ宮の地下街「さんちか」にあった化粧品店「コクミン」(1988年当時)

こんにちは。

このイラストの店は、1995年の阪神淡路大震災で被災しながらも、震災後50日余りで、営業を再開したことで当時話題になった神戸・三ノ宮地下街「さんちか」にあった薬粧店「コクミン」の様子です。



P9091

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ


15.神戸・三ノ宮の地下街「さんちか」にあった化粧品店「コクミン」(1988年当時)

規模の大きいこの店は、右半分がセルフサービス方式を中心とし、左半分はセルフサービス方式と対面販売を折衷した方式で販売しています。

↓右半分のコーナーは、化粧品を自由に客が選んで買えるセルフサービス方式が採用されていましたが、当時の薬粧店としてはまだ珍しい販売方法でした。

P90

↓左半分は、右半分と同じセルフサービス方式とショーケースの商品空間を挟んだ対面方式の接客方法を折衷した販売方法が行われていました。

P91

↓私服の店員は客と見分けがつかず、「なわばり」を強力に解除して客を引きつける「サクラパワー」を一層盛り上げる役割も果たしていました。


P92

この店では、通常の商品を袋詰めにして割り引きするとともに、そのようなパッケージの仕方がセルフサービス方式の商品開発にもなっていました。

よく知っている商品であっても、自由に手に取って見たり選んだりできることによって、客にとっては非常に買いやすい商品となっていたのです。



P93

 

震災後、周辺住民が一日も早い再開を待ち望んだ「さんちか」には、この店のように、「なわばり」が解除された店がたくさん立ち並んでいたために、多くの通行客に親しまれていたのです。

 

(なお、イラストは1988年の拙著「続・入りやすい店売れる店・日本経済新聞社」からの抜粋です)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

【関連記事】

1.当時のままの「六花亭」全景図(札幌そごう百貨店・1988年)

2.当時のままの「追分だんご本舗」全景図(新宿本店・1988年)

3.かわいいケーキ屋さんが浮かび上がれない理由(1988年当時)

4.店が大きいだけで構造が変わるケーキ屋さん(1988年当時)

5.中元・歳暮の特設コーナーは買いやすい(1988年当時)

6.姿を隠した町の電器屋さん(1988年当時)

7.1988年当時、「なわばり」を解除した店に改装して、客を引きつけた「町の電器店」

8.常連客が一般の客を追い払ってしまったオーディオ店(1988年当時)

9.ひやかし客を引きつけて繁盛したオーディオ店(1988年当時)

10.大型電器店が大勢の客を引きつけた理由とは?(1988年当時)

11.大型電器店でも「なわばり」主張の店員のアクションが客を遠ざけた(1988年当時)

12.かつての東京・秋葉原電気街にもあった入りやすい店、入りにくい店(1988年当時

13.改装したらより買いにくくなった化粧品店(1988年当時)

14.改装したら接客が難しくなったブティック風の化粧品店

|

« 13.「不動の動きの癖」の人を助けてくれる人、助けてくれない人 | トップページ | 1.「一点注意の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは? »

◆1988年当時の店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/66557773

この記事へのトラックバック一覧です: 15.神戸・三ノ宮の地下街「さんちか」にあった化粧品店「コクミン」(1988年当時):

« 13.「不動の動きの癖」の人を助けてくれる人、助けてくれない人 | トップページ | 1.「一点注意の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは? »