« 2.「注意不明の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは? | トップページ | 3.「攻撃の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは? »

2018年4月 9日 (月)

17.百貨店で最も怖かった化粧品売り場(1988年当時)

こんにちは。

百貨店の中で化粧品コーナーは、食品コーナー(フロアー)に続いて人気のあるコーナーです。

その要因は、食品フロアーの店の主な構造である「店員空間の狭い接触型店」とほぼよく似た店舗構造をしていることと、メインの出入り口に直結した好立地にあるコーナーだからなのです。

その百貨店の化粧品コーナーは、かつて(1988年当時)最も怖いコーナーとして有名でした。

それは、他の店のどの店員よりもスキのない化粧をした女性店員が、客が回遊する通路に出て積極的に接客アプローチを競ったコーナーだったからです。

当時は「なわばり」を主張する店員のアクションが、客を遠ざけるという情報が全く無い時代でした。

店は店員の「なわばり」なので、客は店に近づいたり店員から積極的にアプローチされたりすることは、非常に大きなプレッシャーを感じていたのです。

店に対する客の気持ちは現在も全く変わりませんが、現在の百貨店の店の構造や店員の接客方法は、当時に比べてはるかに「なわばり」が解除されたものとなっています。

だから、現在では「百貨店の化粧品コーナーは怖い」というイメージは払しょくされているのです。

さて今回は、かつては怖かった百貨店の化粧品コーナーをご紹介します。

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

17.百貨店で最も怖かった化粧品売り場(1988年当時)

怖かった時代の百貨店の化粧品コーナーの店舗構造は、全て「店員空間の狭い接触型店」でした。



P98p99

Photo
※店員空間の狭い接触型店


↓客が少しでも店に近づいたり、商品の前に立ち止まるや否や、「なわばり」主張となる早すぎる接客が開始されていました。



P100

↓その当時、①店員が通路に出て積極的に接客アプローチを行わない、②客から声がかかるまで接客を開始しない等と、他の店とは全く異なる接客方法を採用して、多くの客を引きつける店が登場して来て、大きな話題となりました。

P101

 

当時は、上の店のような店が登場して来て多くの客を引きつけましたが、百貨店の販売関係者や流通の専門家やテナントの幹部たちは、この店の商品特性や、オリジナルの接客トークなどが功を奏して、客を引きつけているのだと考えていました。

それ故に、この店とよく似た商品を開発したり、よく似た接客トークを採用したりした店が多数登場しましたが、思うようには売り上げは上がりませんでした。

残念ながら現在に至っても、店は店員の「なわばり」であるという理解は、百貨店の販売関係者たちには受け入れられていないのが現状です。


(なお、イラストは1988年の拙著「続・入りやすい店売れる店・日本経済新聞社」からの抜粋です)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

【関連記事】

1.当時のままの「六花亭」全景図(札幌そごう百貨店・1988年)

2.当時のままの「追分だんご本舗」全景図(新宿本店・1988年)

3.かわいいケーキ屋さんが浮かび上がれない理由(1988年当時)

4.店が大きいだけで構造が変わるケーキ屋さん(1988年当時)

5.中元・歳暮の特設コーナーは買いやすい(1988年当時)

6.姿を隠した町の電器屋さん(1988年当時)

7.1988年当時、「なわばり」を解除した店に改装して、客を引きつけた「町の電器店」

8.常連客が一般の客を追い払ってしまったオーディオ店(1988年当時)

9.ひやかし客を引きつけて繁盛したオーディオ店(1988年当時)

10.大型電器店が大勢の客を引きつけた理由とは?(1988年当時)

11.大型電器店でも「なわばり」主張の店員のアクションが客を遠ざけた(1988年当時)

12.かつての東京・秋葉原電気街にもあった入りやすい店、入りにくい店(1988年当時

13.改装したらより買いにくくなった化粧品店(1988年当時)

14.改装したら接客が難しくなったブティック風の化粧品店

15.神戸・三ノ宮の地下街「さんちか」にあった化粧品店「コクミン」(1988年当時)

16.同業者に嫌われながらも、多くの客を引きつけた薬粧店(1988年当時)

 

 

 

|

« 2.「注意不明の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは? | トップページ | 3.「攻撃の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは? »

◆1988年当時の店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/66577745

この記事へのトラックバック一覧です: 17.百貨店で最も怖かった化粧品売り場(1988年当時):

« 2.「注意不明の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは? | トップページ | 3.「攻撃の動きの癖」の人にとって、どうしても分かり合えない人とは? »