« 6.「協調の動きの癖」の人を、助けてくれる人、助けてくれない人 | トップページ | 7.「独断の動きの癖」の人を、助けてくれる人、助けてくれない人 »

2018年3月19日 (月)

8.常連客が一般の客を追い払ってしまったオーディオ店(1988年当時)

こんにちは。

店は、「一見客・いちげんきゃく」(見知らぬ客)よりも「常連客」(馴染み客)を大切にしなければならないというイメージがあります。

客の中にも、「常連客」となって、特別な対応をして欲しいと思う客がいます。

しかし、極めて特別な高級飲食店・物販店を除いて、「一見客」よりも「常連客」を大切にする店が繁盛することはありません。

「常連客」を大切にする店主と、その「常連客」によって、大勢の「一見客」が遠ざけられてしまうからです。

30年前の実例でご説明します。

1988年当時は、まだパソコンやケータイが普及していない時代です。

全国各地の商店街には、若者を中心に人気があったAV(オーディオビジュアルの略)店が必ずと言っていいほど見られました。

それらは、オーディオや高画質ビデオ、それらの周辺商品を販売する人気の店でした。

そのような人気商品を販売する店で、しかもほとんど立地条件が変わらない場所にあるにもかかわらず、やはり売れる店と売れない店が生じていました。

下のイラストのAV(オーディオビジュアル)店は、売り上げに伸び悩んだ方の店全体の様子です。

8.常連客が一般の客を追い払ってしまったオーディオ店(1988年当時)

 

P74

 

この店の構造は、「店員空間のない、引き込み・回遊型店」です。

 

Photo

この店の最大の問題点は、新しい客がほとんどやって来ないということです。

昔からの馴染み客は安定しているのですが、客数が増加しないために、売り上げが伸びないのです。

さて、その原因はいったい何なのでしょうか?


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

店の盛衰を左右する大きな要因は、三空間(商品空間、客空間、店員空間)の「なわばり」が解除されているか主張されているかで、その状況を見ることによって繁盛店か非繁盛店かを分析することができます。

 

P75

 

この店の「商品空間」は、商品が欠けて歯抜け状態になっていますが、商品量の少ない「商品空間」からは、ひやかし客を引きつける十分な「ひやかし安全信号」をだすことができません。

また、「店員空間」と「客空間」が重なっている、「店員空間のない、引き込み・回遊型店」では、店員の作業中や接客中のアクションが、「店員空間」と「客空間」の「なわばり」を解除しますが、常連客に対応する店員のアクションは、「なわばり」解除のアクションとはなりません。

一般に「客空間」に存在する客の姿は、強力に「なわばり」を解除する「サクラパワー」を発揮して通行客を引きつけますが、わがもの顔に振る舞う常連客の姿は「サクラパワー」を発揮しないで、逆に「なわばり」を主張してしまいます。

以上のように、この店の「商品空間」「客空間」「店員空間」の三空間の「なわばり」が解除されていないために、常連客だけが長居する店となり、その存在が通行客の少なくない道路に面した店であるにもかかわらず、ひやかし客を遠ざけて、新規客を増やせない店に陥っているのです。


(なお、イラストは1988年の拙著「続・入りやすい店売れる店・日本経済新聞社」からの抜粋です)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

【関連記事】

 

1.当時のままの「六花亭」全景図(札幌そごう百貨店・1988年)

2.当時のままの「追分だんご本舗」全景図(新宿本店・1988年)

3.かわいいケーキ屋さんが浮かび上がれない理由(1988年当時)

4.店が大きいだけで構造が変わるケーキ屋さん(1988年当時)

5.中元・歳暮の特設コーナーは買いやすい(1988年当時)

6.姿を隠した町の電器屋さん(1988年当時)

7.1988年当時、「なわばり」を解除した店に改装して、客を引きつけた「町の電器店」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|

« 6.「協調の動きの癖」の人を、助けてくれる人、助けてくれない人 | トップページ | 7.「独断の動きの癖」の人を、助けてくれる人、助けてくれない人 »

◆1988年当時の店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/66500107

この記事へのトラックバック一覧です: 8.常連客が一般の客を追い払ってしまったオーディオ店(1988年当時):

« 6.「協調の動きの癖」の人を、助けてくれる人、助けてくれない人 | トップページ | 7.「独断の動きの癖」の人を、助けてくれる人、助けてくれない人 »