« 5.「攻撃の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは? | トップページ | 6.「協調の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは? »

2018年2月12日 (月)

78の(1).ひやかし安全信号を売る店に人が群がる(ファンシーショップ・ハッピードア)※1986年当時

こんにちは。

①「店員空間のある、引き込み・回遊型店」と、②「店員空間のある、接触・引き込み・回遊型店」は、それぞれ次の構造をした店で、「セルフサービス方式」を採用した店です。

したがって、買う客も買わない客も自由に冷やかせる店となっています。


Photo

※↑①「店員空間のある、引き込み・回遊型店


Photo_2
※↑②「店員空間のある、接触・引き込み・回遊型店」


一方、③「店員空間のない、引き込み・回遊型店」と、④「店員空間のない、接触・引き込み・回遊型店」は、それぞれ次の構造をした店で、「非セルフサービス方式」(側面販売)の店です。

したがって、買わない客が自由に冷やかせる店ではありません。


Photo_3
※↑③「店員空間のない、引き込み・回遊型店」

Photo_4
※↑④「店員空間のない、接触・引き込み・回遊型店」

「非セルフサービス方式」の、③「店員空間のない、引き込み・回遊型店」と、④「店員空間のない、接触・引き込み・回遊型店」の店が、多くの冷やかし客を引きつけるには、「冷やかし安全信号」を設置する必要があります。

「冷やかし安全信号」とは、店全体のイメージを盛り上げるためのインテリアや、商品を演出する様々な小道具のことです。

それらをディスプレイすることによって、「ひやかし安全信号」を発信することができますが、最も強力な「ひやかし安全信号」は、大量の商品陳列です。

大勢の見知らぬ客が行き交う、「駅ナカ・駅ソト」ショップは、「非セルフサービス方式」の店が主流となっていますが、大抵の店は大量の商品を陳列することによって、「冷かし安全信号」を発信して多くの客を引きつけています。

当然、「セルフサービス方式」の①「店員空間のある、引き込み・回遊型店」と、②「店員空間のある、接触・引き込み・回遊型店」が、大量の商品を陳列することによって、より強力な「冷やかし安全信号」を発信できることは言うまでもありません。

以上のことを考慮しつつ、「78の(1).ひやかし安全信号を売る店に人が群がる(ファンシーショップ・ハッピードア)※1986年当時」をお読みください。


(なお、本文は1986年初版の拙著「入りやすい店売れる店」の原文のままです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ 

 

78の(1).ひやかし安全信号を売る店に人が群がる(ファンシーショップ・ハッピードア)※1986年当時

この店は、東京・新宿のスタジオ・アルタ一階にあるファンシーショップです。

この店には、時計、アクセサリー、化粧品、文具、ギフトセットなど、女性のジュニア・ヤングを対象にしたファンシーグッズが数多くとりそろえられています。

 

1


この店は、一階の左奥にあります。

一部が階段とエスカレーターへつながる通路に面しているものの、その通路も主要なものではなく、決していい場所とはいえません。

しかしこの一階の売り場が、一つのコーナーの中に何店かの店を隣接させ、その中に網の目のような通路を持った構造になっているので、この店にもあらゆる方向から客がはいってきます。

平面図を見ると、この店が接触・引き込み・回遊型店であることがわかります。

 

Img7422


この店の商品空間は非常に大きく、店全体に広がっています。

通路に面した部分では、通路にはみ出すほど商品を陳列し、店内には狭い通路を残して上のほうまでぎっしりと商品を並べています。

この店の客空間は、商品空間と商品空間にはさまれた狭い通路です。

客はこの通路を回遊しながら、たくさんの商品をながめます。

この店の店員空間はレジカウンターのところにあります。

この店は、原則的にはセルフサービスなので、客は選んだ商品を自分でカウンターまで運んでいきます。

ただし、店内の商品空間は客によってかなり乱されるので、それを整理するために、常に何人かの店員が客空間に出ています。

そこでこの店は、店員空間のない接触・引き込み・回遊型に分類されます。

以上がこの店の三空間分析です。

この売り場には、正面玄関のところにも、またこの店のまわりにも、非常によく似た商品を同じような方法で売っている店があります。

けれどもおもしろいことに、客はそれらの店を見ているうちに、自然にこの店に回遊してきて、この店に集まるのです。

いったいどうしてこんな現象が起きるのでしょうか。

一見同じように見えるそれらの店も、一店一店詳しく見ていくと三空間設計に差があります。

この差が、販売パワーを爆発させたり衰退させたりするもとになるのです。

この店をさらに詳しく見ていくことにしましょう。

次回、「78の(2).ひやかし安全信号を売る店に人が群がる(ファンシーショップ・ハッピードア)※1986年当時」に続く。


(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社・1986年版より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ 

 

【関連記事】

70の(1)
プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(2).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(3).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(4).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

71の(1).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

71の(2).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

72の(1).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

72の(2).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

73の(1).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時」

73の(2).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(3).店員からの接客をうけない快適な客空間

73の(4).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店員空間が狭くてもなわばり主張にならない

73の(5).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(6).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店内外の客がひきおこすサクラパワー

73の(7).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功◆三空間設計による売りやすい店づくり(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

74の(1).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(2).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆変則的なレイアウトがつくるはいりやすく出やすい店(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(3).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆店内を回遊する客の姿がサクラパワーをひきおこす(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(4).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆大勢の客の出入りが、店員のアプローチをやめさせる(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(5).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆ハウスマヌカンの身体信号が勝負を決める(ファッション・メルローズ)※1986年当時

75の(1).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時


75の(2).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時

75の(3).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時

75の(4).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時」

75の(5).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時

75の(6).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時

75の(7).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時」

76の(1).商品整理に徹する店員が客空間を開放する(ファッション店・リモーネ)

76の(2).商品整理に徹する店員が客空間を開放する(ファッション店・リモーネ)※1986年当時※1986年当時

76の(3).商品整理に徹する店員が客空間を開放する(ファッション店・リモーネ)※1986年当時

76の(4).商品整理に徹する店員が客空間を開放する(ファッション店・リモーネ)※1986年当時

77の(1).気軽にひやかせる楽しい商品空間(和菓子店・銀座あけぼの)※1986年当時 

77の(2).気軽にひやかせる楽しい商品空間(和菓子店・銀座あけぼの)※1986年当時

77の(3).
気軽にひやかせる楽しい商品空間(和菓子店・銀座あけぼの)※1986年当時

77の(4).気軽にひやかせる楽しい商品空間(和菓子店・銀座あけぼの)※1986年当時

77の(5).気軽にひやかせる楽しい商品空間(和菓子店・銀座あけぼの)※1986年当時」

|

« 5.「攻撃の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは? | トップページ | 6.「協調の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは? »

◆86年版入りやすい店売れる店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5.「攻撃の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは? | トップページ | 6.「協調の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは? »