« 4.「注意不明の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは? | トップページ | 5.「攻撃の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは? »

2018年2月 9日 (金)

77の(5).気軽にひやかせる楽しい商品空間(和菓子店・銀座あけぼの)※1986年当時」

こんにちは。

前回に説明しました「戸板一枚の店」の続きです。

「戸板一枚の店」は、(1)接客中の店員のアクション、(2)作業中の店員のアクション、(3)客が生み出すサクラパワーが生じると、「なわばり」が解除されて、通行客を引きつけます。

しかし次のような状況になると、反対に通行客を遠ざけてしまいます。

(4)「戸板一枚の店」において、店員が店頭に出てじっと立つアクションは、「なわばり」主張のアクションとなって、客を遠ざけます。


Photo_3


(5)「戸板一枚の店」において、早過ぎる店員の「いらっしゃいませ」のアクションは、「なわばり」主張のアクションとなって、客を遠ざけます。

Photo_2


以上の、前回の(1)~(3)と、今回の(4)&(5)が、「戸板一枚の店」の法則なのです。

以上のことから、大勢の見知らぬ通行客が行き交う立地に存在する店(リアルショップ)は、通行客の数に比例して「売れる店」であり続けるでしょう。

ただし、①接客中の店員 ②作業中の店員 ③サクラパワーを発揮する他の客が存在していることが必要十分条件となります。

客が欲しいモノは「商品」だけではなく、以上の「リアルショップに吹く風」もまた、欠かすことができない欲しいモノだからです。

さて、以上のことを考慮しつつ、「77の(5).気軽にひやかせる楽しい商品空間(和菓子店・銀座あけぼの)※1986年当時」をお読みください。


(なお、本文は1986年初版の拙著「入りやすい店売れる店」の原文のままです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ 

 

77の(5).気軽にひやかせる楽しい商品空間(和菓子店・銀座あけぼの)※1986年当時

◆同じ商品であっても、売り方が違えば売れていかない

この店の特徴は、手ごろな価格の袋菓子を、この店全体に広がっている広い商品空間をうめつくせるだけの種類をとりそろえているところにあります。

他店がこの店とそっくりの店をつくらない理由の一つは、これだけ豊富な種類の商品をそろえるのが難しいということです。

 

1


けれども、ここまでの商品アイテムを集めなくてもいいのなら、商品そのものの開発は比較的簡単にできます。

事実、他店でもこの店とよく似た袋菓子を販売ケースの上に陳列してあるのを見ることができます。

けれどもどの店の場合も、この店のようには売れていきません。

ある商品が売れるとき、実はその商品をとりまく三空間がうまく機能しているのだということに、大多数の人々は気づいていません。

 

Img7312_3


競合店が出している人気商品を研究して、確かにそれ以上に優れた商品を開発したはずなのに、いざ販売してみると思うように売れていかない。

このような場合は、商品はあるけれど、それを売るのに最適な三空間設計ができていないことが多いのです。

この店の商品は、とりたてて珍しいわけでも変わっているわけでもありません。

けれども、商品の形態から店全体の設計までが矛盾なく展開されていることによって、安定した人気を保ち続けているのです。

次回、「78の(1).ひやかし安全信号を売る店に人が群がる(ファンシーショップ・ハッピードア)※1986年当時」に続く。


(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社・1986年版より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ 

【関連記事】

70の(1)
プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(2).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(3).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(4).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

71の(1).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

71の(2).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

72の(1).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

72の(2).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

73の(1).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時」

73の(2).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(3).店員からの接客をうけない快適な客空間

73の(4).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店員空間が狭くてもなわばり主張にならない

73の(5).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(6).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店内外の客がひきおこすサクラパワー

73の(7).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功◆三空間設計による売りやすい店づくり(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

74の(1).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(2).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆変則的なレイアウトがつくるはいりやすく出やすい店(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(3).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆店内を回遊する客の姿がサクラパワーをひきおこす(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(4).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆大勢の客の出入りが、店員のアプローチをやめさせる(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(5).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆ハウスマヌカンの身体信号が勝負を決める(ファッション・メルローズ)※1986年当時

75の(1).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時


75の(2).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時

75の(3).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時

75の(4).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時」

75の(5).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時

75の(6).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時

75の(7).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時」

76の(1).商品整理に徹する店員が客空間を開放する(ファッション店・リモーネ)

76の(2).商品整理に徹する店員が客空間を開放する(ファッション店・リモーネ)※1986年当時※1986年当時

76の(3).商品整理に徹する店員が客空間を開放する(ファッション店・リモーネ)※1986年当時

76の(4).商品整理に徹する店員が客空間を開放する(ファッション店・リモーネ)※1986年当時

77の(1).気軽にひやかせる楽しい商品空間(和菓子店・銀座あけぼの)※1986年当時 

77の(2).気軽にひやかせる楽しい商品空間(和菓子店・銀座あけぼの)※1986年当時

77の(3).
気軽にひやかせる楽しい商品空間(和菓子店・銀座あけぼの)※1986年当時

77の(4).気軽にひやかせる楽しい商品空間(和菓子店・銀座あけぼの)※1986年当時

 

|

« 4.「注意不明の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは? | トップページ | 5.「攻撃の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは? »

◆86年版入りやすい店売れる店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/66365099

この記事へのトラックバック一覧です: 77の(5).気軽にひやかせる楽しい商品空間(和菓子店・銀座あけぼの)※1986年当時」:

« 4.「注意不明の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは? | トップページ | 5.「攻撃の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは? »