« 12.「退避の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは? | トップページ | 13.「不動の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは? »

2018年2月28日 (水)

80.大人の街をつくる三空間設計(原宿・表参道)※1986年当時

こんにちは。

前回は、JR原宿駅「竹下口」近くにある、約32年前の「竹下通り」をご紹介しました。

今回は、JR原宿駅「表参道口」及び地下鉄千代田線・明治神宮前駅「JR口」近くにある、同じ時代の「表参道」をご紹介します。

これら二つの有名な商業集積は、同じ原宿駅から連なる商業集積ですが、「表参道」は「竹下通り」に比べて、移動空間としてははるかに勝った立地となっています。

それは、「表参道」が地下鉄千代田線に沿った通りで、明治神宮前駅と表参道駅の出入り口を有していることが大きな要因ですが、それ以外にも移動空間として好立地に位置しているからです。

屋内屋外を問わず、商業集積は移動空間に立地しているか否かによって盛衰が大きく左右されてしまいますが、特に屋外の場合は、より大きな影響を受けることになります。

ところが、この二つの商業集積は、いずれも半世紀の長き渡って、今もなお全国各地から大勢の客を引きつけ続けています。

移動空間としては、「表参道」に劣る「竹下通り」の集客パワーは、この通りに面したほとんどの店が「なわばり」を解除した店であることから生じています。

具体的には、「店員空間のない、接触・引き込み・回遊型店」と「店員空間のある、接触・引き込み・回遊型店」(セルフサービス方式)と「店員空間のある、引き込み・回遊型」(セルサービス方式)の構造をしています。

一方、「表参道」は、ほとんどの店が「なわばり」を主張した店(店員空間のない、引き込み・回遊型店)です。

それにもかかわらず、「表参道」が多くの客を引きつける要因は、はるかに強力な移動空間を立地にした通りであることです。

以上のように、「竹下通り」は、「なわばり」を解除した店を構成することによって、全国的にも有名な観光スポットとしての地位を築き、一方ブランドショップが立ち並ぶ「表参道」は、通りのインフラを含む好立地を背景にして今日の人気を博しているのだと分析することができます。

さて、以上のことを考慮しつつ、「80.大人の街をつくる三空間設計(原宿・表参道)※1986年当時」をお読みください。


(なお、本文は1986年初版の拙著「入りやすい店売れる店」の原文のままです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ 

 

80.大人の街をつくる三空間設計(原宿・表参道)※1986年当時

この通りは、東京・原宿の表参道です。

国電原宿駅から、明治通りをつきぬけ、青山通りに至るこの通りが、原宿のメインストリートです。

日曜日の歩行者天国のときにはヤングがどっと溢れだしますが、普段は緑の木立ちが美しく、落ち着いたムードが漂っています。

同じ原宿でも竹下通りとはだいぶイメージが違いますが、それではこの通りにはいったいどんな店が集まっているのでしょうか。



2


この通りの店は、引き込み・回遊型が大勢を占めています。

これらの店は、店頭にはほとんど商品を出さず、店内に引き込んだ客空間と商品空間を用意して、静かに客がくるのを待っています。

客が店内にはいると、店員が客空間に出てきて丁重にあいさつし、あれこれと接客してくれます。

ここにくる客は、これくらいのことでは動揺しない、お金のあるシニア・ヤングから中年の人々です。

さきほどの竹下通りにも、ポッリポツリと引き込み・回遊型の店が開店しはじめています。

この傾向がどんどん進めば、竹下通りは次第に大人の街になっていくかわりに、ジュニア・ヤング層を追放して、今のにぎわいを失っていくでしょう。

街が接触型店と接触・引き込み・回避型店で構成されているときは、気軽で若々しく活気に溢れた空間が創造されます。

やがて引き込み型店や引き込み・回遊型店が登場してくると、街は落ち着き、大人になっていくのです。


(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社・1986年版より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ 

 

【関連記事】

70の(1)プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(2).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(3).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(4).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

71の(1).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

71の(2).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

72の(1).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

72の(2).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

73の(1).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時」

73の(2).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(3).店員からの接客をうけない快適な客空間

73の(4).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店員空間が狭くてもなわばり主張にならない

73の(5).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(6).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店内外の客がひきおこすサクラパワー

73の(7).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功◆三空間設計による売りやすい店づくり(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

74の(1).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(2).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆変則的なレイアウトがつくるはいりやすく出やすい店(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(3).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆店内を回遊する客の姿がサクラパワーをひきおこす(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(4).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆大勢の客の出入りが、店員のアプローチをやめさせる(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(5).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆ハウスマヌカンの身体信号が勝負を決める(ファッション・メルローズ)※1986年当時

75の(1).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時


75の(2).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時

75の(3).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時

75の(4).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時」

75の(5).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時

75の(6).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時

75の(7).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時」

76の(1).商品整理に徹する店員が客空間を開放する(ファッション店・リモーネ)

76の(2).商品整理に徹する店員が客空間を開放する(ファッション店・リモーネ)※1986年当時※1986年当時

76の(3).商品整理に徹する店員が客空間を開放する(ファッション店・リモーネ)※1986年当時

76の(4).商品整理に徹する店員が客空間を開放する(ファッション店・リモーネ)※1986年当時

77の(1).気軽にひやかせる楽しい商品空間(和菓子店・銀座あけぼの)※1986年当時

77の(2).気軽にひやかせる楽しい商品空間(和菓子店・銀座あけぼの)※1986年当時

77の(3).気軽にひやかせる楽しい商品空間(和菓子店・銀座あけぼの)※1986年当時

77の(4).気軽にひやかせる楽しい商品空間(和菓子店・銀座あけぼの)※1986年当時

77の(5).気軽にひやかせる楽しい商品空間(和菓子店・銀座あけぼの)※1986年当時」

78の(1).ひやかし安全信号を売る店に人が群がる(ファンシーショップ・ハッピードア)※1986年当時

78の(2).ひやかし安全信号を売る店に人が群がる(ファンシーショップ・ハッピードア)※1986年当時

78の(3).ひやかし安全信号を売る店に人が群がる(ファンシーショップ・ハッピードア)※1986年当時

78の(4).ひやかし安全信号を売る店に人が群がる(ファンシーショップ・ハッピードア)※1986年当時

78の(5).ひやかし安全信号を売る店に人が群がる(ファンシーショップ・ハッピードア)※1986年当時

78の(6).ひやかし安全信号を売る店に人が群がる(ファンシーショップ・ハッピードア)※1986年当時

79.若者はなわばり解除した空間に集まる(原宿・竹下通り)※1986年当時

|

« 12.「退避の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは? | トップページ | 13.「不動の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは? »

◆86年版入りやすい店売れる店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 80.大人の街をつくる三空間設計(原宿・表参道)※1986年当時:

« 12.「退避の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは? | トップページ | 13.「不動の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは? »