« 78の(5).ひやかし安全信号を売る店に人が群がる(ファンシーショップ・ハッピードア)※1986年当時 | トップページ | 78の(6).ひやかし安全信号を売る店に人が群がる(ファンシーショップ・ハッピードア)※1986年当時 »

2018年2月22日 (木)

10.「機敏の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは?

こんにちは。

好きな人、嫌いな人と言うと、異性や恋愛や結婚をイメージしてしまいますが、異性や恋愛や結婚とは全く関係のない相手を、人は好きになったり嫌いになったりしています。

そして、様々な趣味が共通する人同士であっても、好きな人と嫌いな人がいます。

その場合の好き嫌いは、性格や性別や年齢など、何かしらの要因によって生じるのだと思われていますが、ほとんどの人は、なぜなのかが明確にはわからないままに好き嫌いを感じています。

それではいったい、人の好き嫌いは何が一番の原因となっているのでしょうか?

実は、「人の動きの癖」の違いによって好き嫌いが生じているのです。

前に向かってゆっくり動くのが癖の人(接近の動きの癖)は、同じように動くのが癖の人を好きになり、前にも後ろにも動かない人(不動の動きの癖)は嫌いになるのです。

相手の「身体の動き」は、①回転の方向や②上下の圧力や③前後の速度を表現する動きの軌跡であるために、静止画のようにははっきりと見ることができません。

その上に、自分自身の「身体の動き」は無意識に行っているので、もっと感じることができません。

そのために、現在もなお、「しぐさ」や「身振り手振り」として触れられる程度で、ほとんど見過ごされているのが現状です。

しかし、どっしりと落ち着いた人(不動の動きの癖)は、せかせかして落ち着かない人(突進の動きの癖)を決して好きではありません。

また、責任感のある人(攻撃の動きの癖)は、無責任な人(虚脱の動きの癖)を好きになったりはできません。

以上のように、人を好きになったり嫌いになったりする要因が、お互いの「身体の動き」にあることの説明を続けています。

さて今回は、「機敏の動きの癖」の人は、どんな人を好きになり、どんな人を嫌いになるのかについて説明します。

「機敏の動きの癖」の人とは、手や身体を使って、後ろに向かって素早く引く動きをたくさん行う人です。

そのために、テキパキと対応することが得意な人で、またシャイな人でもあります。

 

Photo

※上のイラストの右側の人が「機敏の動きの癖」の人です。

改めて次の動画で「機敏の動き」を確認してください。 

 

 

 星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ 

 

【機敏の動きの癖】の人が好きな人は?

①「機敏の動きの癖」の人が好きです。

 

Photo_2

※左側も右側も「機敏の動きの癖」の人です

「機敏の動きの癖」の人は、後ろに向かって素早く引く動きをたくさん行い、テキパキと対応することが得意な人です。

そして、相手に近づいた後は、できるだけ素早く遠ざかりたくなるために、ほとんどがシャイな人です。

そのために、どんな相手に対しても、愛想のないあっさりした人だというイメージを与えます。

実際、誰に対しても、親しく近づいたり気軽に話しかけたりすることが苦手です。

したがって、お互いに、必要なことだけを話し合った後は、直ぐに離れて、お互いのしたいことに専念できるような相手を好みます。

つまり、「機敏の動きの癖」の人は、同じ動きの「機敏の動きの癖」の人が好きなのです。

【機敏の動きの癖】の人が嫌いな人は?

「不動の動きの癖」の人が嫌いです。

Photo_3

※左側が「機敏の動きの癖」の人で、右側が「不動の動きの癖」の人です

「機敏の動きの癖」の人は、相手に呼ばれたら素早く近づいたり、テキパキと対応したりすることは得意ですが、自分から進んで積極的に相手に話しかけたり、近づいたりすることは苦手です。

一方、「不動の動きの癖」の人は、じっとして動かないタイプなので、積極的に自分に近づいて来たリ話しかけてきたりする相手は嫌いではありませんが、自分から進んで積極的に相手に話しかけたり近づいたりすることはありません。

したがって、呼ばれたら素早く近づいて用事が済んだら素早く遠ざかる「機敏の動きの癖」の人と、相手に呼ばれてもなかなか近づこうとしないが、一端近づくとなかなか遠ざかろうとしない「不動の動きの癖」の人とは、全く行動パターンが違うために、お互いを好きになることはありません。

だから、「機敏の動きの癖」の人は「不動の動きの癖」の人が嫌いなのです。

以上のように、「機敏の動きの癖」の人は、同じ動きの「機敏の動きの癖」の人が好きで、「不動の動きの癖」の人は嫌いなのです。

次回は、「11.『突進の動きの癖』の人が好きな人、嫌いな人とは?について説明します。

※なお明日は、「入りやすい店売れる店」(日本経済新聞社)の1986年版を更新します。

 

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ 

 

【関連記事】

1.
「一点注意の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは?

2.「全体注意の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは?

3.「不注意指示の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは?

4.「注意不明の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは?

5.「攻撃の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは?

6.「協調の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは?

7.「独断の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは?

8.「虚脱の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは?

9.「接近の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは? 

 

 

|

« 78の(5).ひやかし安全信号を売る店に人が群がる(ファンシーショップ・ハッピードア)※1986年当時 | トップページ | 78の(6).ひやかし安全信号を売る店に人が群がる(ファンシーショップ・ハッピードア)※1986年当時 »

◆動きの癖が左右する好きな人嫌いな人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10.「機敏の動きの癖」の人が好きな人、嫌いな人とは?:

« 78の(5).ひやかし安全信号を売る店に人が群がる(ファンシーショップ・ハッピードア)※1986年当時 | トップページ | 78の(6).ひやかし安全信号を売る店に人が群がる(ファンシーショップ・ハッピードア)※1986年当時 »