« あけましておめでとうございます。 2018年元旦。 | トップページ | 74の(5).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆ハウスマヌカンの身体信号が勝負を決める(ファッション・メルローズ)※1986年当時 »

2018年1月 2日 (火)

36.「一点注意の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

こんにちは。

ほとんどの人が、話をする時には、手や指を使って、方向や場所を指し示しながら話をします。

そのとき、手や指を使って自分が向いている方向(内側)をはっきり指し示す動きを「一点注意の動き」と言います。

改めて、「一点注意の動き」を次の動画で確認してください。

 

 

この「一点注意の動き」を癖としている人は、話をしながらいちいち方向や場所を指し示すのが動きの癖です。

そして、自分や相手の注意を一点に引きつけるのが得意です。

【一点注意の動きの癖】の人が成功する時

この動きを持っている人は、相手に案内したり説明したりすることが上手です。

なぜならば、無意識の内に手や指を使って、案内や説明をする方向や場所を指し示すからです。

実は、いくら「ことば」で案内や説明をするのが上手な人であっても、「一点注意の動きの癖」がない人は、相手が分かりやすいように、方向や場所をはっきりと指し示すことがなかなかできないのです。

また、「一点注意の動きの癖」がある人は、細かい部分に注意を払ったり、細かい作業を行うことが苦痛ではありません。

「あの人の案内や説明は分かりやすい」

「あの人の話は正確性が高い」

「あの人は注意力がある」

「あの人は地味でまじめ」

等と言う評価を他人から受けやすい人です。

【一点注意の動きの癖】の人が失敗する時

「一点注意の動きの癖」の人は、細かい部分の案内や説明をするのは上手ですが、大まかな、あるいは全体的な案内や説明をするのは苦手です。

大まかな案内や説明が求められている時でさえ、細かい部分が非常に気になってしまって、ついつい細かく案内したり説明したりするために、逆に分かり難くなってしまいます。

「あの人は細かすぎる」

「あの人はこだわり過ぎる」

「あの人はまじめ過ぎる」

「あの人は地味で暗い」

などと言う評価を受けやすい人です。

したがって、「一点注意の動きの癖」の人は、細かく注意するが故に成功し、細かく注意し過ぎるが故に失敗してしまうのです。

次回は、36.「『全体注意の動きの癖』の人が成功する時、失敗する時」について説明します。

※なお明日は、「入りやすい店売れる店」(日本経済新聞社)の1986年版を更新します。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

|

« あけましておめでとうございます。 2018年元旦。 | トップページ | 74の(5).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆ハウスマヌカンの身体信号が勝負を決める(ファッション・メルローズ)※1986年当時 »

◆13種類の人の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/66223362

この記事へのトラックバック一覧です: 36.「一点注意の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。:

« あけましておめでとうございます。 2018年元旦。 | トップページ | 74の(5).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆ハウスマヌカンの身体信号が勝負を決める(ファッション・メルローズ)※1986年当時 »