« 2017年12月 | トップページ

2018年1月

2018年1月19日 (金)

75の(7).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時」

こんにちは。

1970年代の初めに登場してきたコンビニエンスストアは、1980年代には急激に全国各地へ普及していきました。

当初のコンビニは、セルフサービス方式を採用した店で、レジカウンターのみが設置されており、現在のようなレジカウンターのそばに新たに設けた商品空間を挟んで行われる対面販売は一切ありませんでした。

したがって、店の構造は「店員空間のある、引き込み・回遊型店」でした。


Photo_2

その後の激しいコンビニ同士の競争は、レジカウンターのそばに新たに加えた商品空間を挟んでの対面販売や、銀行&行政の代行業務や宅配の受け付け業務などを次々と増やしていきました。

したがって、コンビニの店の構造は、次第に「店員空間の広い接触型店」と「店員空間のある、引き込み・回遊型店」の折衷型店舗へと変化してきたのです。


Photo_3 Photo_4

そして現在、ネットショップやスーパーやセルフの大型店などに比べて、コンビニが毎日の生活に欠かせないインフラとして老若男女に親しまれている一番の要因は、店本来の性質をわずかに残す対面販売を行っていることです。

無人化やロボット化が進行していくコンビニにとって、店員の対面販売は、「店」としての魅力を保つために、必要欠くべからざるものなのです。

さて、以上のことを考慮しつつ、「75の(7).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時」をお読みください。


(なお、本文は1986年初版の拙著「入りやすい店売れる店」の原文のままです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

75の(7).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時

◆魅力のある売り場は、コンピューターではつくれない

商品の動きをコンピューターによって管理し、むだな在庫や品切れを防ぐことは非常に重要なことです。

けれども、この管理主義がエスカレートして、販売現場から店員をなくしてしまう方向に進んだとしたら、それはまったく本末を転到しています。


Img692


客は三空間のかかわりの中でショッビングすることを楽しんでいるのです。

そこには必ず店員がいなければなりません。

人間をひきつける最大の要素は、商品でも建てものでもなく、明らかに人間なのです。

本当に魅力のある売り場をつくろうと思ったら、店員の力がどうしても必要です。

店には人間と人間とのコミュニケーションの原点が隠されているのです。

次回、「76の(1).商品整理に徹する店員が客空間を開放する(ファッション店・リモーネ)※1986年当時」に続く。


(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社・1986年版より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

【関連記事】

70の(1)プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(2).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(3).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(4).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

71の(1).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

71の(2).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

72の(1).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

72の(2).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

73の(1).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時」

73の(2).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(3).店員からの接客をうけない快適な客空間

73の(4).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店員空間が狭くてもなわばり主張にならない

73の(5).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(6).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店内外の客がひきおこすサクラパワー

73の(7).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功◆三空間設計による売りやすい店づくり(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

74の(1).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(2).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆変則的なレイアウトがつくるはいりやすく出やすい店(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(3).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆店内を回遊する客の姿がサクラパワーをひきおこす(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(4).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆大勢の客の出入りが、店員のアプローチをやめさせる(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(5).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆ハウスマヌカンの身体信号が勝負を決める(ファッション・メルローズ)※1986年当時

75の(1).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時


75の(2).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時

75の(3).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時

75の(4).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時」

75の(5).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時

75の(6).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月18日 (木)

43.「虚脱の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

こんにちは。

男性は、自分をじっと見つめている女性よりも、視線が合うと恥ずかしそうにうつむく女性に強く惹かれます。

下に向かって力を抜く女性のしぐさは弱々しさを表現するために、草食男子を含む大抵の男性の心にスイッチを入れるからです。

たいていの男性は、自分から積極的に女性にアタックしていると思っていますが、アタックするほとんどのタイミングは、実はさりげない女性の「しぐさ」によって、誘導されているのです。

下に向かって力を抜くしぐさは、実は男性だけでなく、多くの人の心を動かします。

そのため、映画やTVのドラマに登場する役者は、老若男女の役を問わず、この動きを多投しています。

短いセリフに続いて、力なくうつむくしぐさをすることによって、どんなに長いセリフよりも多くの内面の情報を観る人に伝えることができるからでしょう。

このブログでは、コミュニケーションは、「ことば」よりも身体の動き(アクション=しぐさ=身振り手振り)が、はるかに多くの情報を発信して最も大きな役割を担っているということを繰り返しお伝えしています。

さて今回は、腕や頭や上半身を使って、上から下に向かって力を抜く「虚脱の動き」を伴いながら話をする人が、成功する時と失敗する時について説明します。

 

Photo


「虚脱の動き」とは、上のイラストのような動きのことですが、改めて「虚脱の動き」を次の動画で確認してください。

  

 

 星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

この「虚脱の動き」を癖としている人は、腕や頭や上半身を使って、上から下に向かって力を抜く動きを繰り返しながら話をするために、やる気がないことや相手に対して攻撃性がないことを表現するのが得意な人で、非常に後ろ向きなイメージを与えます。

それではこの「虚脱の動き」を癖とする人は、いったいどのような成功や失敗をしやすい人なのでしょうか?

【虚脱の動きの癖】の人が成功する時

「虚脱の動きの癖」の人は、相手と話をする際に、いかに自分ががっかりしていて、やる気が起きないか、ということを表現するのが得意な人です。

なぜならば、「虚脱の動きの癖」の人は、相手と話をする際には、必ず腕や頭や上半身を使って、上から下に向かって力を抜く動きを繰り返しては、やる気や自信や責任感が全く無いというイメージを与えるからです。

このような人が成功する時とは次のような評価を受ける時です。

「あの人は心から反省している」

「あの人は心から詫びている」

「あの人は心から降参している」

等という評価を他人から受けやすい人です。

【虚脱の動きの癖】の人が失敗する時

「虚脱の動きの癖」の人は、相手に対してやる気がなく全く攻撃性がないということを表現することは得意ですが、相手対して自信ややる気や責任感が強いということを表現することは苦手です。

なぜならば、相手に対して、自信ややる気や責任感を伝える「ことば」を話す場合にも、ついつい、腕や頭や上半身を使って、上から下に向かって力を抜く動きを表現してしまうからです。

そのために、

「あの人はやる気があるとは思えない」

「あの人は自信があるとは思えない」

「あの人は信頼できない」

「あの人はリーダーシップがない」

などという評価を受けやすい人です。

以上のように、腕や頭や上半身を使って、上から下に向かって力を抜く「虚脱の動きの癖」の人は、心から反省したり謝ったり降参したりしていることは相手にうまく伝えられますが、反対に、やる気や自信や前向きな気持ちはなかなかうまく相手に伝えることができません。

次回は、44.「『接近の動きの癖』の人が成功する時、失敗する時」について説明します。

※なお明日は、「入りやすい店売れる店」(日本経済新聞社)の1986年版を更新します。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

関連記事】

36.「一点注意の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

37.「全体注意の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

38.「注意不明の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時

39.「不注意指示の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時

40.「攻撃の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

41.「協調の動きの癖」人が成功する時、失敗する時。

42.「独断の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月17日 (水)

75の(6).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時

こんにちは。

1月15日の日経MJ9面に、「意欲ある商店街重点的に支援」というテーマで、埼玉県が商店街の振興策を転換するという記事が報じられています。

『埼玉県は画一的になりがちだった従来の支援方針を見直し、意欲のある商店街をモデルとし重点的に支援し、他の地域に水平展開させるほか、活性化をけん引する外部の専門家の派遣などに取り組む方針』

そして、同記事は『県内ではスーパーなど大型店が増える一方、商店街は2001年の1183ヵ所から2017年には約四分の三の892ヵ所まで減少』と報じています。

このブログでは、インターネット通販の急激な普及によって、百貨店、商店街、大型店、スーパー、コンビニ、SC等の様々な「店」は衰退し、店本来の性質を持った店だけが生き残て行くということを繰り返しお知らせしています。

「店」本来の性質とは、見知らぬ大勢の移動客が行き交う「移動空間」に位置して、見知らぬ者同士(店員と客)のコミュニケーションを伴って売り買いすることです。

商店街活性化の必要が叫ばれて以来、多くの「成功商店街ビジネスモデル」が登場してきましたが、それらがいかに限界のあるビジネスモデルだったかということは、すでに全国各地で繰り返し体験されてきました。

結局、見知らぬ移動客が行き交う立地にない商店街は、イベントを開いたり改装をしたり新しい店を誘致したりしても、活性化して繁栄していくことはむずかしいのです。

どうか、『意欲ある商店街』が、見知らぬ大勢の移動客が行き交う好立地を有した商店街でありますように…。

さて、以上のことを考慮しつつ、「75の(6).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時」をお読みください。


(なお、本文は1986年初版の拙著「入りやすい店売れる店」の原文のままです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

75の(6).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時

◆コンビニエンスストアが抱えている問題点

コンビニエンスストアの三空間設計は、その地域の従来店に比べてはるかになわばり解除の度合いが高かったために、ヤング層を中心として受けいれられてきました。

けれどもコンビニエンスストアの数が増えた今、現状の売り上げをなかなか打破できない理由もまた三空間設計の中にあります。

店員をカウンターの中にとじこめておくというやり方は、店員のなわばり解除の方法としては消極的なものです。


Img6912_2


このタイプの店では、活気が出るか出ないかはその時の客数によって決まるだけで、店員が活躍する余地があまりありません。

スーパーマーケットの登場によって、一時期、百貨店の売り上げが落ち込んでしまったことがあります。

けれども現在ではスーパーマーケットが伸び悩んでいます。

スーパーマーケットの多店化は、店内にいる店員の数をどんどん少なくしていきました。

かつてのスーパーにいた、魚屋や八百屋や肉屋の店員もいなくなり、それと同時に、店員空間の店員によってつくられていた活気も失われていったのです。

スーパーマーケットは清潔で機能的にはなりましたが、爆発的な販売パワーを引き起こすための決定的な要素を欠いてしまったのです。


Img692_2

今、コンビニエンスストアもまた、同様の問題にぶつかろうとしています。

コンビニエンスストアが林立し、その三空間設計がいきわたるにつれて、自由に買えるから楽しかったという時代は終わってしまいます。

すぐに、より質の高いコミュニケーションに対するニーズがおきてくるでしょう。

次回、「75の(7).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時」に続く。


(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社・1986年版より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

【関連記事】

70の(1)プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(2).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(3).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(4).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

71の(1).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

71の(2).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

72の(1).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

72の(2).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

73の(1).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時」

73の(2).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(3).店員からの接客をうけない快適な客空間

73の(4).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店員空間が狭くてもなわばり主張にならない

73の(5).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(6).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店内外の客がひきおこすサクラパワー

73の(7).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功◆三空間設計による売りやすい店づくり(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

74の(1).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(2).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆変則的なレイアウトがつくるはいりやすく出やすい店(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(3).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆店内を回遊する客の姿がサクラパワーをひきおこす(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(4).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆大勢の客の出入りが、店員のアプローチをやめさせる(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(5).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆ハウスマヌカンの身体信号が勝負を決める(ファッション・メルローズ)※1986年当時

75の(1).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時


75の(2).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時

75の(3).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時

75の(4).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時」

75の(5).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

42.「独断の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

こんにちは。

公私を含めた身近な人との様々なコミュニケーションにおいて、いつもうまくいく人(成功する人)と、うまくいかない人(失敗する人)がいることを、誰でもが気づいています。

しかし、うまくいく人とうまくいかない人の決定的な違いについては、いまだにほとんどの人が気づいてはいません。

決定的な違いは、「身体の動き」にあるのです。

相手に対して、手や指や頭や上半身をどのように動かすかによって、成功と失敗が決定しているのです。

人の手や指や頭や上半身は、特に意識をしない限り、その人自身が持つ「動きの癖」によって動かされています。

つまり、手や指や頭や上半身を、①どの方向に②どれくらいの圧力で③どのくらいの速度で動かすかは、その人自身が持つ「動きの癖」に支配されていると言っても良いのです。

人は、今のところ、自分と相手の「動きの癖」をお互いに読み合いながら、うまくコミュニケーションをする人間関係を行ってはいません。

そのことに気づいているごく一部の人だけが、相手の「動きの癖」を瞬時に読み解きながら、いつもうまくいくコミュニケーションを行っているのです。

さて今回は、腕や頭や上半身を使って、下から上に向かって力を入れる「独断の動き」を伴いながら話をする人が、成功する時と失敗する時について説明します。

 

Photo

「独断の動き」とは、上のイラストのような動きのことですが、改めて「独断の動き」を次の動画で確認してください。

 

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

この「独断の動き」を癖としている人は、腕や頭や上半身を使って、下から上に向かって力を入れる動きを繰り返しながら話をするために、相手を威嚇して自分の主張を曲げないことを表現するのが得意な人で、自分本位で独断的なイメージを与えます。

それではこの「独断の動き」を癖とする人は、いったいどのような成功や失敗をしやすい人なのでしょうか?

【独断の動きの癖】の人が成功する時

「独断の動きの癖」の人は、相手と話をする際には、強い自信や責任感を持って話したり、聞いたりしていることを表現することが得意な人です。

なぜならば、「独断の動きの癖」の人は、相手と話をする際には、必ず腕や頭や上半身を使って、下から上に向かって力を入れる動きを繰り返すために、相手に対して強い自信や責任感を持って話したり、聞いたりしているイメージを与えるからです。

「あの人は強い自信や責任感がある」

「あの人ははっきりしている」

「あの人は決断力がある」

「あの人は他人の影響を受けない」

等という評価を他人から受けやすい人です。

【独断の動きの癖】の人が失敗する時

「独断の動きの癖」の人は、相手に対して自信を持って話したり聞いたりすることは得意ですが、相手の意見や指摘を受け入れたり、間違いをすぐに改めたりして、相手に協力的に行動することは苦手です。

なぜならば、相手から異なる意見や間違いの指摘を受けた場合には、ついつい自分の意見を主張してしまったり、たとえ受け入れた場合でも、腕や頭や上半身を使って、下から上に力を入れる動きをしてしまうために、相手に対して快く受け入れたことを表現することができないからです。

「あの人は直ぐに反対意見を主張する」

「あの人は相手の意見をなかなか受け入れない」

「あの人は自分の間違いを素直に認めない」

「あの人は自分本位」

などという評価を受けやすい人です。

以上のように、腕や頭や上半身を使って、下から上に向かって力を入れる「独断の動きの癖」の人は、相手の話に影響を受けずに、自分独自の意見や考えを、相手にはっきりと主張することができます。

しかし、相手の意見や考えを協力的に受け入れたり、自分の間違いを素直に訂正したりすることは、なかなかできません。

次回は、43.「『虚脱の動きの癖』の人が成功する時、失敗する時」について説明します。


※なお明日は、「入りやすい店売れる店」(日本経済新聞社)の1986年版を更新します。

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

【関連記事】

36.「一点注意の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

37.「全体注意の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

38.「注意不明の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時

39.「不注意指示の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時

40.「攻撃の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

41.「協調の動きの癖」人が成功する時、失敗する時。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

75の(5).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時

こんにちは。

前回に引き続き、1月7日TBS「林先生驚きの初耳学!」で放送された、「シジェームギンザ(ギンザシックス2階)」店の成功要因についての話です。

売れる店の条件は、一にも二にも三にも「立地」が良いことです。

見知らぬ大勢の移動客が行き交う路面に面した店であることです。

この「立地条件」を満たした店は、そうでない店に比べて遙かに大きなアドバンテージを持った店ということになります。

さて、ギンザシックスにある「シジェームギンザ」店の立地条件はいかがなもでしょうか?


Photo_5

二階から五階までの四層が吹き抜けとなっているギンザシックスの、二階に位置するこの店は、二階から六階までのエスカレーターを利用するほとんどの客の目に触れることになります。

また、エスカレータを降りて回遊する通路に店の全面(四面)が接していることから、非常に多くの通行客が接する店となっています。

ギンザシックス全店の中でも、以上の最高の立地条件が、売り上げに大きく関係していることは言うまでもありません。


Photo_6

この立地条件を満たした「シジェームギンザ」のビジネスモデルを構築することが、いかに難しいものであるかということは、誰の目にも明らかなことでしょう。

果たしてこの「シジェームギンザ」は、大丸松坂屋百貨店が他店において展開していくビジネスモデルとなり得るのでしょうか?

さて、以上のことを考慮しつつ、「75の(5).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時」をお読みください。


(なお、本文は1986年初版の拙著「入りやすい店売れる店」の原文のままです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ
 

75の(5).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時

◆三空間がつくる販売パワー

この店の販売パワーをつくりだしている本質的な要素は、今まで説明してきたように、その三空間設計にあります。
 

Img692

店員にじゃまされずに自由に商品を選べる客空間と商品空間を提供したことが、従来の小売店にまさったのです。

地元にある多くの小売店では、商品空間が常に店員に管理されていたり、十分な客空間がなかったり、また店員空間が住居につながっていて店員がなかなか出てこなかったりという欠点を持っています。

 Img6902


いずれにしてもこれらの小売店は、個人のなわばり主張が強いため、固定客でないとなかなか店内にはいっていけません。

こうした三空間設計上の問題点を解決して、なわばり解除した店空間を提供したのが、このセブンイレブンだったのです。

次回、「75の(6).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時」に続く。


(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社・1986年版より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

【関連記事】

70の(1)プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(2).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(3).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(4).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

71の(1).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

71の(2).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

72の(1).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

72の(2).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

73の(1).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時」

73の(2).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(3).店員からの接客をうけない快適な客空間

73の(4).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店員空間が狭くてもなわばり主張にならない

73の(5).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(6).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店内外の客がひきおこすサクラパワー

73の(7).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功◆三空間設計による売りやすい店づくり(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

74の(1).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(2).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆変則的なレイアウトがつくるはいりやすく出やすい店(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(3).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆店内を回遊する客の姿がサクラパワーをひきおこす(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(4).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆大勢の客の出入りが、店員のアプローチをやめさせる(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(5).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆ハウスマヌカンの身体信号が勝負を決める(ファッション・メルローズ)※1986年当時

75の(1).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時


75の(2).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時

75の(3).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時

75の(4).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時」

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

41.「協調の動きの癖」人が成功する時、失敗する時。

こんにちは。

優しい人は決して甲斐性がある人ではありません!

だから「優しさと甲斐性の無さが裏と表に付いている」等という「ことば」があるのです。

すなわち、「優しい動き」を繰り返す人だから優しい人であり、「甲斐性のある動き」を繰り返す人だから甲斐性のある人なのです。

したがって、「甲斐性のある動き」を持っている女性に限っては、「優しい男性」を選んでも良いですが、「甲斐性のある動き」を持っていない女性は、「優しい男性」を選んではいけません。

なぜなら、「優しい男性」を選んだ女性は、「一生、私がその分働きます」等と言って、苦労の多い道を歩まなくてはいけなくなるからです。

そして、そういう男女の組み合わせを、意外に多く身近に見かけるものです…。

さて今回は、腕や頭や上半身を使って、下から上に向かって力を抜く「協調の動き」を伴いながら話をする人が、成功する時と失敗する時について説明します。

 

Photo_2


改めて、「協調の動きの動き」を次の動画で確認してください。

 

 

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

この「協調の動き」を癖としている人は、腕や頭や上半身を使って、下から上に向かって力を抜く動きを繰り返しながら話をするために、相手に賛同し受け入れることを表現するのが得意な人で、優しくて協調的なイメージを与えます。

それではこの「協調の動き」を癖とする人は、いったいどのような成功や失敗をしやすいタイプの人なのでしょうか?

【協調の動きの癖】の人が成功する時

「協調の動きの癖」の人は、相手の話を聞くことが大変上手です。

それは、相手の話に賛同したり協調したりして、相手が話しやすい聞き方をすることが得意だからです。

なぜならば、「協調の動きの癖」の人は、話をする際には、必ず腕や頭や上半身を使って、下から上に向かって力を抜く動きを繰り返すために、相手にとっては非常に話しやすく、どんなことでもお願いしやすいと感じられるからです。

「あの人は本当に話しやすい」

「あの人は優しい」

「あの人は頼みやすい」

「あの人はどんなことでも受け入れてくれる」

等という評価を他人から受けやすい人です。

【協調の動きの癖】の人が失敗する時

「協調の動きの癖」の人は、相手に賛同したり、相手の意見を受け入れたりすることは得意ですが、相手の間違いを指摘したり無理なお願いを断ったりすることが苦手です。

なぜならば、相手の間違いに気づいたり無理なお願いをされたりした際にも、ついつい腕や頭や上半身を使って、下から上に向かって力を抜く動きを表現してしまうために、相手からは、賛同してくれたり受け入れてくれたりしているように思われてしまうからです。

また相手の間違いを指摘する「ことば」や、無理なお願いを断る「ことば」を伝える場合にも、あたかも賛同したり受け入れたりしているようなイメージが伝わるために、失敗してしまうのです。

「あの人は正しいと言ったのに、間違っていた」

「あの人は賛同してくれたのに、違っていた」

「あの人は受け入れてくれたのに、実際はそうではなかった」

などという評価を受けやすい人です。

以上のように、腕や頭や上半身を使って、下から上に向かって力を抜く「協調の動きの癖」の人は、相手に賛同したり協調したり受け入れたりする気持ちを伝える場合には、大変わかりやすくうまくいきます。

しかし、相手の間違いや失敗を直ぐに指摘したり、無理なお願いをはっきりと断ったりしなければいけない場合には、「ことば」とは反対のイメージを表現してしまうために、誤解を与えたり混乱を生じさせたりしてしまうのです。

次回は、41.「『独断の動きの癖』の人が成功する時、失敗する時」について説明します。

※なお明日は、「入りやすい店売れる店」(日本経済新聞社)の1986年版を更新します。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

【関連記事】

36.「一点注意の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

37.「全体注意の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

38.「注意不明の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時

39.「不注意指示の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時

40.「攻撃の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月12日 (金)

75の(4).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時」

こんにちは。

1月7日のTBS番組「林先生が驚く初耳学!」で、「シジェームギンザ」店の成功要因が紹介されていました。

「シジェームギンザ」店は、昨年4月に銀座にオープンした「ギンザシックス」の2階、吹き抜け空間の下にある約150坪の「大人の女性をターゲット」にしたセレクトショップです。


Photo_3
※ギンザシックス初売りセール中(21日まで)

Photo_4
※吹き抜けの下がシジェームギンザ店

2
l※店の四面が通路に面している

この店は、大丸松坂屋百貨店が脱百貨店の売り場として、今後のビジネスモデルを模索していることで話題になっていますが、番組では次のように現在の成功要因が紹介されていました。

『これまでの百貨店のような万人受けは目指さず一部の人に熱狂的に好かれる商品を確実に目利きすることでリピーターを獲得していること、さらに商品のレイアウトも余白を大事にすることでその商品が確実にお客さんに触れ、手が伸びるようにした』とのことです。

しかし、「店舗構造」と「店員と客のアクション」という観点から、実際の「シジェームギンザ」店を分析した結果は、昨年の「
ざっくり店舗観察」でご紹介した通りです。

(1)「シジェームギンザ」は、「ギンザシックス」の吹き抜け空間下に位置するために、全体の来館客を回遊させる二か所のエスカレーターからの注目度が高く、店舗の全面(四面)が、回遊通路に面した好立地にあること。

(2)「シジェームギンザ」は、規模の大きい(約150坪)「
店員空間のない、接触・引き込み・回遊型店」の店舗構造によって、「なわばり」を主張して客を遠ざける店員のアクションが生じにくいこと。

(3)「シジェームギンザは、「
サクラパワー」が生じやすく、生じた「サクラパワー」が館内の回遊客を引きつけやすい構造になっていること。

以上のように、客を引きつけやすい①店舗立地②店舗構造③「なわばり」を解除しやすい店員と客のアクションが生じやすい店舗であることが、この店の業績に最も大きな影響を与えているのです。

以上について言及しない「シジェームギンザ」の成功要因には、有効なビジネスモデルとしてはなお問題点が山積していると言わざるを得ません。

また、「ギンザシックス」本体の地下の出入り口が、JR改札口や地下鉄改札口に通じていないために、より多くの移動客を館内に誘導できないという、非常に大きなハンデを持っていることに関しては、今後も注目をしていく必要があります。

さて、以上のことを考慮しつつ、「75の(4).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時」をお読みください。


(なお、本文は1986年初版の拙著「入りやすい店売れる店」の原文のままです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

 

75の(4).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時

◆サクラパワーをつくりだす回遊客と本の立ち読み客

店員のなわばり主張がほとんどないこのタイプの店にも、活気は必要です。

店が生き生きとして動きのある様子は、他の客をもひきつけ、店内の客の買う気を盛りあげます。

この店の場合、店員は主にカウンター内にいて目立たないので、活気づくりの役目は客が果たすことになります。



Img692

この店で最もよくその役割を果たしているのは、本の立ち読み客です。

この店では雑誌やマンガのコーナーをたいてい外からよく見える場所に置いています。

店員は立ち読み客がいても決して追い払おうとしません。

そのため客はまったく自由に好きな本を読みふけることができます。


Img6922

客のこの姿は他の客に対して強いなわばり解除のメッセージを送ります。

また一時に多くの客が店内にはいったときも、店に活気が溢れます。

店内の客の動きが活発になるとサクラパワーが起こり、店の外にいる客の注目さえひくことができるのです。

こうしたとき、店は勢いづいてよく売れます。

次回、「75の(5).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時」に続く


(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社・1986年版より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

【関連記事】

70の(1)プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(2).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(3).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(4).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

71の(1).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

71の(2).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

72の(1).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

72の(2).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

73の(1).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時」

73の(2).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(3).店員からの接客をうけない快適な客空間

73の(4).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店員空間が狭くてもなわばり主張にならない

73の(5).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(6).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店内外の客がひきおこすサクラパワー

73の(7).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功◆三空間設計による売りやすい店づくり(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

74の(1).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(2).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆変則的なレイアウトがつくるはいりやすく出やすい店(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(3).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆店内を回遊する客の姿がサクラパワーをひきおこす(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(4).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆大勢の客の出入りが、店員のアプローチをやめさせる(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(5).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆ハウスマヌカンの身体信号が勝負を決める(ファッション・メルローズ)※1986年当時

75の(1).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時


75の(2).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時

75の(3).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月11日 (木)

40.「攻撃の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

こんにちは。

普段はほとんどの人が無視している相手の「身振り手振り(しぐさ=アクション)」が伝える情報に注目することをお勧めしています。

相手が無意識の内に「身振り手振り」で次から次へと伝えてくる情報には、実は相手の本音がたくさん詰まっているからです。

無意識の内に表現される人の「身振り手振り」は、回転の動きと上下の動きと前後の動きに分類されます。

前回までの、相手に案内や説明を行う時の身振り手振りは、回転の動きの「身振り手振り」でした。

今回からは、前後の動きの「身振り手振り」について紹介していきたいと思います。

さて今回は、腕や頭や上半身を使って、上から下に向かって力を入れる「攻撃の動き」を伴いながら話をする人が、成功する時と失敗する時について説明します。


Photo_7


改めて、「攻撃の動きの動き」を次の動画で確認してください。

 

 

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

この「攻撃の動き」を癖としている人は、腕や頭や上半身を使って、上から下に向かって力を入れる動きを繰り返しながら話をするために、自分の考えや主張を表現するのが得意な人で、責任感や自信があって信頼できそうなイメージを与えます。

さてこの「攻撃の動き」を癖とする人は、いったいどのような成功や失敗をしやすいタイプの人なのでしょうか?

【攻撃の動きの癖】の人が成功する時

この動きを個人の動きの癖として持っている人は、話をする際に、腕や頭や上半身を使って、上から下に向かって力を入れる動きをたくさん繰り返します。

目の前の空間をこぶしで力を入れて叩いたり、実際に机やテーブルを叩きながら話をします。

そのために、相手に対して自信や責任感が強そうなイメージを与えます。

したがって、「攻撃の動きの癖」の人は、物事をはっきりさせたり、決断したり、決定したリすることが得意です。

「あの人はしっかりしている」

「あの人は自信がありそうだ」

「あの人は責任感が強い」

「あの人は自分の考えをはっきりと主張する」

等という評価を他人から受けやすい人です。

【攻撃の動きの癖】の人が失敗する時

「攻撃の動きの癖」の人は、自分の意見を主張したり、自信を持って決定や決断を下したりすることは得意ですが、相手の意見を受け入れたり、相手に賛同や協調をしたりするのは得意ではありません。

なぜならば、相手の意見を受け入れたり、相手に賛同や協調したりする「ことば」を話しながらも、ついつい腕や頭や上半身に、上から下に向かって力が入ってしまうために、「ことば」とは反対に、まるで怒っているか不満を持っているかのようなイメージを表現してしまうからです。

したがって、相手を受け入れたり、賛同したり、協調したりする「ことば」を発しながらも、全くその反対のイメージが伝わって失敗してしまうのです。

「あの人はいやいや賛同している」

「あの人は本当は反対している」

「あの人は何でもかんでもはっきりさせてしまう」

「あの人は相手を受け入れない」

「あの人は自分の考えを主張し過ぎる」

などという評価を受けやすい人です。

 

以上のように、腕や頭や上半身を使って、上から下に向かって力を入れる「攻撃の動きの癖」の人は、自分の意見をはっきりと相手に伝えたり、決定したり選択したりする場合には、常に明確に相手に対して表現することができます。

しかし、物事をあいまいにしておきたい状況や、決定や決断を急がない方が良い状況に置いてさえも、ついつい、物事をはっきりしようとしたり、決定や決断を急いだりしてしまうために、多くの失敗を招いてしまうのです。

次回は、41.「『協調の動きの癖』の人が成功する時、失敗する時」について説明します。

※なお明日は、「入りやすい店売れる店」(日本経済新聞社)の1986年版を更新します。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

【関連記事】

36.「一点注意の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

37.「全体注意の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

38.「注意不明の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時

39.「不注意指示の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月10日 (水)

75の(3).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時

こんにちは。

1980年代後半に、停滞ないしは衰退を続けていた各地の商店街に、コンビニエンスストアが次々と進出してきては、従来までの客を奪っていきました。

その当時、商店街の店の接客方法に慣れ親しんできた年輩の客の中には、セルフサービス方式のコンビニに対して、「接客をしない不親切な店」というイメージを抱く客が少なからず存在しました。

しかし、多くの客は、客が来るや否や直ぐに接客を開始する従来の接客方法を時代遅れだと感じて、セルフサービス方式の店を積極的に受け入れていきました。

そして、セルフサービス方式の店の一般化によって、従来の店における「見知らぬ店員」とのやり取り(コミュニケーション)や「なわばり」攻防の楽しみが、次第に遠ざかって行こうとしていることには全く気付くことができませんでした。

むしろ反対に、一日を通して、買わなくても自由に出入りができる特別な空間を獲得できたことを、社会の発展や進歩だと感じたのです。

やがてネットショップが急激に普及して、現在のようになっていくこと等は、誰もが想像だにしていませんでした。

さて、以上のことを考慮しつつ、「75の(3).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時」をお読みください。


(なお、本文は1986年初版の拙著「入りやすい店売れる店」の原文のままです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

75の(3).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時

◆種類豊富な商品がひやかし安全信号として働く

この店は、セブンイレブンの中でも大型店にはいります。

店が広いぶん、扱い商品の種類も多く、この店にくれば日常必要なものはたいてい手にはいります。

 

Img6901


店内は機能性が重視されているため、特別なひやかし安全信号はひとつもありません。

けれどもこの店の商品アイテムの豊富さとセルフサービス方式が、「ゆっくり、好きなだけ商品を見てください」というメッセージを発しています。

 

Img6911

 

つまりこれらのことが、ひやかし安全信号として機能しているのです。

客はこうした信号には敏感に反応して、店内に他の客がいない場合でも、落ち着ついて商品を選んでいきます。

次回、「75の(4).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時」に続く


(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社・1986年版より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

【関連記事】

70の(1)プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(2).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(3).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(4).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

71の(1).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

71の(2).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

72の(1).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

72の(2).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

73の(1).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時」

73の(2).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(3).店員からの接客をうけない快適な客空間

73の(4).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店員空間が狭くてもなわばり主張にならない

73の(5).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(6).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店内外の客がひきおこすサクラパワー

73の(7).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功◆三空間設計による売りやすい店づくり(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

74の(1).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(2).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆変則的なレイアウトがつくるはいりやすく出やすい店(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(3).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆店内を回遊する客の姿がサクラパワーをひきおこす(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(4).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆大勢の客の出入りが、店員のアプローチをやめさせる(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(5).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆ハウスマヌカンの身体信号が勝負を決める(ファッション・メルローズ)※1986年当時

75の(1).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時


76の(2).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

39.「不注意指示の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時

こんにちは。

現在、誰からも無視されている、人の身振り手振り(しぐさ)は、その人自身や相手に対して想像以上に強い影響力を持っているということを説明しているブログです。

人は、向かい合った相手に対して案内や説明をする時、案内や説明をする方向や場所を指し示す「身振り手振り(しぐさ)」を表現しています。

「何も指し示さない」という身振り手振り(しぐさ)を含めて、人は必ず何らかの身振り手振り(しぐさ)を伴いながら案内や説明を行っているのです。

しかも、大変興味深いことに、人はそれぞれ全く異なる「身振り手振り(しぐさ)」を伴って、案内や説明をしているのです。

さて今回は、手や指を使って、自分が向いていない方向(外側)を指し示す「不注意指示の動き」を伴いながら話をする人が、成功する時と失敗する時について説明します。



Photo_6

改めて、「不注意指示の動き」を次の動画で確認してください。↓

 

  

 

この「不注意指示の動き」を癖としている人は、手や指を使って、自分が向いていない方向(外側)をはっきりと指し示す動きを繰り返しながら話をするために、相手の注意をそらすのが得意で、一見、無責任で信頼できそうにないイメージを感じさせます。

さて、この「不注意指示の動き」を癖とする人は、いったいどのような成功や失敗をしやすいタイプの人なのでしょうか?

【不注意指の動きの癖】の人が成功する時

この動きを個人の動きの癖として持っている人が話をする際は、相手の想定外の内容を次々と繰り出して、話題をどんどん発展させたリ変化させたりしていくのが特徴です。

なぜならば、「不注意指示の動きの癖」の人は、話をし始めるや否や、話をしている内容とは全く異なる別の事柄に注意が移っていってしまうからです。

多くの人は、相手の興味を引きつける目新しい話題を思いつくのは大変ですが、「不注意指示の動きの癖」の人は、話せば話すほど、次々と新しいテーマが浮かんでくるのです。

したがって、「不注意指示の動きの癖」の人は、とっさに閃いたアイデアを話したり、新しい発想の意見を主張するのが得意です。

「あの人の話は面白い」

「あの人は発想の豊かな人だ」

「あの人は決して一つのことに固執しない」

「あの人は一つのことにこだわらない」

等という評価を他人から受けやすい人です。

【不注意指示の動きの癖】の人が失敗する時

「不注意指示の動きの癖」の人は、いろいろと注意を払ったり、意見を述べるのは得意ですが、相手にわかりやすく案内をしたり説明をしたりすることは得意ではありません。

なぜならば、案内や説明をしている方向や場所とは全く関係のない方向や場所を指し示してしまうからです。

そのために、相手や自分の注意を一点に集中させたり、一貫性のある意見を述べたりしなければいけない状況でも、相手や自分の注意をそらして話を拡散してしまうために、内容にまとまりがなくなってしまいます。

 

「あの人は信頼できない」

「あの人の話には一貫性がない」

「あの人の話は当てにならない」

「あの人は不注意だ」

などという評価を受けやすい人です。

以上のように、手や指を使って自分が向いていない方向を指し示す「不注意指示の動きの癖」の人は、話の内容が一貫性や関連性を欠いているが故に、正確な案内や説明をしない方が良い状況や、和やかな宴席などにおいては成功します。

しかし、反対に正確な案内や説明を必要とする場合には、いい加減で信頼性のない人だと判断されてしまうために失敗してしまうのです。

次回は、40.「『攻撃の動きの癖』の人が成功する時、失敗する時」について説明します。

※なお明日は、「入りやすい店売れる店」(日本経済新聞社)の1986年版を更新します。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

【関連記事】

36.「一点注意の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

37.「全体注意の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

38.「注意不明の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

75の(2).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時

こんにちは。

1970年代の初めに、初めて日本に登場したコンビニエンスストアは、1980年代になると、目覚ましい勢いで全国各地に普及していきました。

早朝から深夜まで、自由に出入りができて、たくさんの商品の中から自分が好きな商品を気軽に選んで購入できる「店」の登場を、全国の客が喜んで受け入れたからです。

そしてその後は、買うか買わないかには関係なく、自由に出入りできて、店内を気軽に回遊できる「店」が、客にとってひやかしやすく買いやすい「店」として受け入れられていきました。

やがて、いつでも、どこにいても、誰にも邪魔されないで自由に商品を選んで注文できる「ネットショップ」が、またたく間に普及してきたのです。

それでは、「店」とは、結局は「ネットショップ」のようなモノだったのでしょうか?

いいえ、それは決して「ネットショップ」のようなモノではありませんでした。

「店」は店員と客が身の丈サイズの商品空間を挟んで、「なわばり」の攻防を伴いながら、見知らぬ者同士のコミュニケーションを交わす現場だったのです。

「なわばり」も「コミュニケーション」も存在しない「ネットショップ」は、「店」のようなモノではあっても、決して本来の「店」ではありません。

だから、「ネットショップ」と「リアルショップ」の融合などという、訳の分からない言い方が横行しているのです。

百貨店と商店街の繁栄が、本来の「店」の性格を歪める一方で、スーパーやコンビニなどのセルフサービス方式の店が、本来の「店」の機能を埋め込んでしまい、さらにネットショップが追い打ちをかけるように、「店」をさらに深く埋め込もうとしているのです。

しかし現在は、陰が極まって陽に転じるように、本来の性格を有した「店」が、いよいよ蘇ろうとしている時でもあるのです。

さて、以上のことを考慮しつつ、「75の(2).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時」をお読みください。


(なお、本文は1986年初版の拙著「入りやすい店売れる店」の原文のままです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

75の(2).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時

◆店員の干渉を受けない、快適な客空間

この店はスーパーマーケットと同じようなセルフサービス方式です。

従って、店員は入店客に対して接客アプローチをすることはありません。



Img692

客はこのことをたいへんよく知っているので、自分の思いのままに商品を選べます。

店員はたいていカウンターの中にいて、客が運んできた商品の会計と包装を行っているので、ほとんど気になりません。


Img6912

たまに客空間にはいってくることがあっても、それは商品の補充作業をするためなので、客は非常に自由な状態でいることができます。

この、店員を気にせずに商品が買えるという自由な雰囲気は、コンビニエンスストアの強い魅力になっています。

次回、「75の(3).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時」に続く


(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社・1986年版より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

【関連記事】

70の(1)プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(2).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(3).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(4).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

71の(1).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

71の(2).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

72の(1).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

72の(2).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

73の(1).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時」

73の(2).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(3).店員からの接客をうけない快適な客空間

73の(4).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店員空間が狭くてもなわばり主張にならない

73の(5).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(6).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店内外の客がひきおこすサクラパワー

73の(7).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功◆三空間設計による売りやすい店づくり(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

74の(1).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(2).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆変則的なレイアウトがつくるはいりやすく出やすい店(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(3).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆店内を回遊する客の姿がサクラパワーをひきおこす(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(4).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆大勢の客の出入りが、店員のアプローチをやめさせる(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(5).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆ハウスマヌカンの身体信号が勝負を決める(ファッション・メルローズ)※1986年当時

75の(1).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 6日 (土)

38.「注意不明の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時

こんにちは。

前々回は「
一点注意の動き」を癖とする人が成功&失敗する時、

前回は、「
全体注意の動き」を癖とする人が成功&失敗する時について説明しました。

さて今回は、

手や指を使って、自分が向いている方向(内側)をあいまいに指し示す「注意不明の動き」を伴いながら話をする人が、成功する時と失敗する時の説明です。

改めて、「注意不明の動き」を次の動画で確認してください。

 

 

相手のしぐさ=身振り手振りを観察して、この「注意不明の動き」を癖としている人は、手や指を使って方向や場所をはっきりとは指し示さないで、あいまいに指し示す動きを繰り返しながら話をするのが特徴です。

一見、注意深くて柔和なイメージを感じさせる人です。

さてこの「注意不明の動き」を癖とする人は、いったいどのような成功や失敗をしやすいタイプの人なのでしょうか?

【注意不明の動きの癖】の人が成功する時

この動きを個人の動きの癖として持っている人は、話をしている相手の間違いや勘違いを、決して直ぐには指摘をしないで、相手をサポートするのが上手です。

なぜならば、「注意不明の動きの癖」の人は、細かくいろいろと注意を払っているために、相手の間違いには直ぐに気づきますが、直ぐに相手の間違いを指摘する動き(一点注意の動き)を持っていないからです。

そのため、直ぐには物事をはっきりさせないで、周辺のいろいろな事柄に対して注意を払ったり検討したりする動きを無意識の内に行います。

したがって、「注意不明の動きの癖」の人は、常に物事をはっきりさせないで、その分いろいろと注意をはらうために、優しくて注意深い人というイメージを相手に与えるのです。

「あの人は慎重で注意深い」

「あの人は相手が失敗をしても決して責めない」

「あの人は不注意な相手を助けるのが上手」

「あの人の仕事は正確である」

等という評価を他人から受けやすい人です。

【注意不明の動きの癖】の人が失敗する時

「注意不明の動きの癖」の人は、いろいろと注意を払うのは得意ですが、一つのことに注意を集中したり、物事をはっきりさせたりすることは非常に苦手です。

そして、直ぐに自分の意見を述べたり、白黒をはっきりさせたり、相手に方向や場所をはっきりと指し示したりしなければいけない状況になると、急にいろいろなことが気になってしまい、いつまでも迷い続けてしまいます。

「あの人は優柔不断だ」

「あの人ははっきりしない」

「あの人は話が堂々巡りになる」

「あの人はいろいろと考えすぎる」

「あの人はいろいろ迷って初動が遅い」

などという評価を受けやすい人です。

したがって、「注意不明の動きの癖」の人は、少しでも長く検討することが必要な場合や、いつまでもはっきりさせないことが有効な状況においては何事も成功します。

しかし、少しでも早く決定したり、直ぐにはっきりさせたり、分かりやすく案内や説明をしたりしなければいけない状況においては、ことごとく失敗してしまうのです。

次回は、39.「『不注意指示の動きの癖』の人が成功する時、失敗する時」について説明します。

※なお明日は、「入りやすい店売れる店」(日本経済新聞社)の1986年版を更新します。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

【関連記事】

36.「一点注意の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

37.「全体注意の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 5日 (金)

75の(1).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時

こんにちは。

1971年~1974年に、コンビエンスストアという新しい店が登場してきました。

しかし、コンビニエンスストアは、登場して来るや否や、一気に全国各地に普及していったわけではありません。

しばらくは小康状態が続き、その後一気に全国各地に普及していったのです。

コンビニエンスストアが直に全国に広がらなかったのは、全国の客が「コンビニエンスストア」の店に一瞬たじろいだことが最大の要因なのです。

「コンビニエンスストア」の一番の特徴であるセルフサービス方式という販売方法に対して、誰もが良くも悪くも大きな衝撃を感じた理由は、その後もなかなかわからないままに、店は大きな変化を見せていきました。

そしてその後、あっという間に全国に普及していったネットショップの登場によって初めて、コンビニエンスストアに対する客の抵抗感がいったい何であったのかが明らかになってきました。

それは、コンビニストアの登場によって、身の丈サイズの商品空間を挟んで、見知らぬ店員と客が「なわばり」の攻防とコミュニケーションを伴いながら売り買いをしてきた従来の「店」を無くしていくことに対する無意識の戸惑いだったのです。

スーパーもコンビニもネットショップも、やはり「店」ではなかったのです。

そして、時代が代わって、現在では、従来の商店街でも百貨店でもなく、セルフやネットの店でもない新たな商業集積がすでに多くの客を引きつけています。

そこに登場している店こそが「店」なのです。

さて、以上のことを考慮しつつ、「75の(1).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時」をお読みください。

なお、本文は1986年初版の拙著「入りやすい店売れる店」の原文のままです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

75の(1).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時

この店は、東京・世田谷区上北沢にあるコンビニエンスストアのセブンイレブンです。

この店は、私鉄京王線の八幡山駅から歩いて五分ほどのところにあります。

国道二十号線(甲州街道)に面した恵まれた立地で、コンビニエンスストアとしては大型の店です。


Img6901


この店は二十四時間営業をしています。

近年、急速な発展をとげたコンビニエンスストアですが、ここでは、セブンイレブン内の業績順位や他のコンビニエンスストアとの比較等については触れずに、この店の三空間の分析を通じてその売れる秘密を探ってみることにしましょう。

平面図を見ると、この店が店員空間のある引き込み・回遊型の店であることがわかります。



Img6902

 

この店の商品空間は、他のセブンイレブンと同じように、すべて店内に配置されています。

人通りの多い道路に面しているにもかかわらず、店の外には一切商品を陳列していません。

この店の近くにも何軒かの路面店がありますが、それらの店のほとんどが店の外にも商品を並べています。

この店の外にあるのは、コピーサービスと宅配便のスタンド看板、公衆電話とくずかごぐらいです。

店内の商品空間は、周囲の壁面部分とカウンターの一部、そして店の中央にある五ブロックの陳列棚から成り立っています。

この商品空間は、客が店内を自由に回遊できるように一定の通路をとったかたちで配置されています。

客空間にあたるのがこの通路です。

客空間は入り口の自動ドアをはいったところから、店内に引き込まれて広がっています。

この店の店員空間は、レジのあるカウンターの内側になっています。

店員はほとんどの時間をこの中ですごし、商品の補充やチェック以外は客空間にはいってきません。

そのためこの店の客空間は客にとっては非常にオープンなイメージになっています。

以上がこの店の三空間設計です。

この三空間は二十四時間、いつでもこの状態で保たれており、この店の販売パワーを生みだす基本的な要素になっています。

次回、「76の(2).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時」に続く


(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社・1986年版より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

【関連記事】

70の(1)プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(2).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(3).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(4).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

71の(1).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

71の(2).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

72の(1).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

72の(2).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

73の(1).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時」

73の(2).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(3).店員からの接客をうけない快適な客空間

73の(4).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店員空間が狭くてもなわばり主張にならない

73の(5).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(6).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店内外の客がひきおこすサクラパワー

73の(7).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功◆三空間設計による売りやすい店づくり(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

74の(1).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(2).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆変則的なレイアウトがつくるはいりやすく出やすい店(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(3).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆店内を回遊する客の姿がサクラパワーをひきおこす(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(4).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆大勢の客の出入りが、店員のアプローチをやめさせる(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(5).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆ハウスマヌカンの身体信号が勝負を決める(ファッション・メルローズ)※1986年当時

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

37.「全体注意の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

こんにちは。

前回は、話をする時に手や指を使って、自分が向いている方向(内側)をはっきりと指し示す「
一点注意の動き」を癖とする人が、成功する時と失敗する時について説明しました。

さて今回は、手や腕や身体を、内側から外側に大きく開く「全体注意の動き」をたくさん伴いながら話をする人が、成功する時と失敗する時の説明です。

改めて、「全体注意の動き」を次の動画で確認してください。

 

  

この「全体注意の動き」を癖としている人は、手や腕や身体を内側から外側に向かって大きく開く動きを繰り返し行いながら話をするのが特徴です。

一見、大らかで華やかなイメージを感じさせる人です。

さてこの「全体注意の動き」を癖とする人は、いったいどのような成功や失敗をしやすいタイプの人なのでしょうか?

【全体注意の動きの癖】の人が成功する時

この動きを、個人の動きの癖として持っている人は、大勢の人に対してを案内したり説明したりすることが大変上手です。

なぜならば、無意識の内に手や腕や身体を大きく外側に向かって開く動きを表現するために、大勢の人にとっては、案内や説明をする方向や場所が大変わかりやすいからです。

ファッションモデルが、身に着けた最新のファッションを際立たせるために、ステージで行う華やかな動きや、観客の拍手や声援に応えながら歌う歌手の動きは、全て手や腕や身体を大きく開く動き、つまりこの「全体注意の動き」なのです。

したがって、「全体注意の動きの癖」の人は、本人が強く意識しなくても、常に華やかで大らかなイメージを相手に与えるのです。

「あの人は華やかだ」

「あの人は大らかなイメージがする」

「あの人の案内は分かりやすい」

「あの人は派手で華がある」

等という評価を他人から受けやすい人です。

【全体注意の動きの癖】の人が失敗する時

「全体注意の動きの癖」の人は、大勢の人に遠くを案内するのは上手ですが、近くの場所や方向を分かりやすく案内したり説明したりするのは苦手です。

細かな案内や説明が求められている時でさえ、大まかな案内や説明に終始してしまうために、分かり難くなってしまいます。

「あの人は大まかでアバウト過ぎる」

「あの人は場違いに華やか過ぎる」

「あの人は話が発展し過ぎる」

「あの人は派手で明る過ぎる」

などという評価を受けやすい人です。

したがって、「全体注意の動きの癖」の人は、大らかで華やかだと感じさせるが故に成功し、一方で大らかで華やか過ぎると感じさせるが故に失敗してしまうのです。

つまり、「一点注意の動き」と「全体注意の動き」を臨機応変に使い分けられる人など、滅多に存在しないのです。

次回は、38.「『注意不明の動きの癖』の人が成功する時、失敗する時」について説明します。

※なお明日は、「入りやすい店売れる店」(日本経済新聞社)の1986年版を更新します。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

【関連記事】

36.「一点注意の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

74の(5).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆ハウスマヌカンの身体信号が勝負を決める(ファッション・メルローズ)※1986年当時

こんにちは。

スーパーマーケットに遅れること10年後、コンビニエンスストアが急激に各地に普及していくや否や、誰もの予測を裏切るように、セルフサービス方式の店が主流となってゆきました。

その後まもなく、コンピューターの普及がネットショップという新しい店を生み出し、あっという間に誰もが気軽に利用する身近な店となってきたのです。

店員の存在を全く気にすることなく気軽に選べて、いつでもどこからでも手軽に注文することができ、自宅まで商品を届けてくれるネットショップには、誰もが便利さを感じています。

しかし、そのようなネットショップが次々とリアルショップを凌駕していくことによって初めて、リアルショップの本来の役割が見え隠れし始めています。

店が店員の「なわばり」であることに気づけないままでいたリアルショップは、「なわばり」を主張し続けることによって、次々とネットショップに客を奪われてゆきました。

逆に、「駅ナカ・駅ソト」ショップに代表されるような、大勢の見知らぬ移動客が行き交う新しい立地に登場してきたリアルショップは、「なわばり」を解除することによって、大勢の移動客を引きつけています。

なわばりを主張するリアルショップは、店員との煩わしい人間関係を全く伴わないネットショップに負けますが、「なわばり」を解除するリアルショップは、店員の接客を全く伴わないネットショップに勝る魅力を持っているのです。

さて、以上のことを考慮しつつ、「74の(5).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ(ファッション・メルローズ)※1986年当時」をお読みください。


(なお、本文は1986年初版の拙著「入りやすい店売れる店」の原文のままです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

74の(5).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ(ファッション・メルローズ)※1986年当時

◆ハウスマヌカンの身体信号が勝負を決める

DCブランドの登場とともに、自社ブランド商品を着てそのイメージをアピールしながら、客にコーディネートのアドバイスなどをする新しいタイプの店員、ハウスマヌカンの存在がクローズアップされてきました。

 

1


ハウスマヌカンは若い女性のあこがれの職業として人気を集めています。

このハウスマヌカンは見た目のきれいさ以上に、非常に高度な接客技術を要求される難しい職業です。

あらかじめ決まったマニュアルがあるわけでもなく、またマニュアルがあったところで、常に臨機応変な対応をしなければとんちんかんになってしまいます。

長時間にわたって接客をしなければならないだけに、店員個人の身体信号の良し悪しが売り上げを左右することになります。

 

Img6712

こうした店の数が増えて競争が激しくなっていくにつれて、店員の重要さはさらに増してくるでしょう。

最後には感じのいい店員のいる店に客が集まることになるのです。

いつの時代にも人気商品と呼ばれるものがあり、そのときにはその商品そのものが強いパワーを持つことは事実です。

しかしそのパワーは長くは続かず、やがては三空間設計と店員アクションの適切さが売り上げをつくるのです。

次回、「75の(1).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時」に続く


(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社・1986年版より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

【関連記事】

70の(1)プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(2).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(3).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(4).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

71の(1).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

71の(2).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

72の(1).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

72の(2).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

73の(1).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時」

73の(2).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(3).店員からの接客をうけない快適な客空間

73の(4).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店員空間が狭くてもなわばり主張にならない

73の(5).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(6).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店内外の客がひきおこすサクラパワー

73の(7).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功◆三空間設計による売りやすい店づくり(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

74の(1).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(2).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆変則的なレイアウトがつくるはいりやすく出やすい店(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(3).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆店内を回遊する客の姿がサクラパワーをひきおこす(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(4).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆大勢の客の出入りが、店員のアプローチをやめさせる(ファッション・メルローズ)※1986年当時

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 2日 (火)

36.「一点注意の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

こんにちは。

ほとんどの人が、話をする時には、手や指を使って、方向や場所を指し示しながら話をします。

そのとき、手や指を使って自分が向いている方向(内側)をはっきり指し示す動きを「一点注意の動き」と言います。

改めて、「一点注意の動き」を次の動画で確認してください。

 

 

この「一点注意の動き」を癖としている人は、話をしながらいちいち方向や場所を指し示すのが動きの癖です。

そして、自分や相手の注意を一点に引きつけるのが得意です。

【一点注意の動きの癖】の人が成功する時

この動きを持っている人は、相手に案内したり説明したりすることが上手です。

なぜならば、無意識の内に手や指を使って、案内や説明をする方向や場所を指し示すからです。

実は、いくら「ことば」で案内や説明をするのが上手な人であっても、「一点注意の動きの癖」がない人は、相手が分かりやすいように、方向や場所をはっきりと指し示すことがなかなかできないのです。

また、「一点注意の動きの癖」がある人は、細かい部分に注意を払ったり、細かい作業を行うことが苦痛ではありません。

「あの人の案内や説明は分かりやすい」

「あの人の話は正確性が高い」

「あの人は注意力がある」

「あの人は地味でまじめ」

等と言う評価を他人から受けやすい人です。

【一点注意の動きの癖】の人が失敗する時

「一点注意の動きの癖」の人は、細かい部分の案内や説明をするのは上手ですが、大まかな、あるいは全体的な案内や説明をするのは苦手です。

大まかな案内や説明が求められている時でさえ、細かい部分が非常に気になってしまって、ついつい細かく案内したり説明したりするために、逆に分かり難くなってしまいます。

「あの人は細かすぎる」

「あの人はこだわり過ぎる」

「あの人はまじめ過ぎる」

「あの人は地味で暗い」

などと言う評価を受けやすい人です。

したがって、「一点注意の動きの癖」の人は、細かく注意するが故に成功し、細かく注意し過ぎるが故に失敗してしまうのです。

次回は、36.「『全体注意の動きの癖』の人が成功する時、失敗する時」について説明します。

※なお明日は、「入りやすい店売れる店」(日本経済新聞社)の1986年版を更新します。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます。 2018年元旦。

2018_

※以上は、㈱人の動き研究室の年賀状です。

本年2018年も、毎日(日曜日は休み)更新してまいります。

 

どうかよろしくお願い申し上げます。

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

【関連記事】

14.日本人は店員から、「お辞儀」や「うなずき」や「案内」の「動き=アクション」を学んでいる

15.上体をゆっくり下げてゆっくり上げる「お辞儀アクション」が伝える印象とは?

16.上体をゆっくり下げて、勢いよく上げる「お辞儀アクション」が伝える印象とは?

17.上体を勢いよく下げてゆっくり上げる「お辞儀アクション」が伝える印象とは?

18.上体を勢いよく下げて、勢いよく上げる「お辞儀アクション」が伝える印象とは?

19.力を抜いて頭を下げて、ゆっくり上げる「お辞儀アクション」が伝える印象とは?

20.脱力して頭を下げて、勢いよく上げる「お辞儀アクション」が伝える印象とは?

21.頭と上体を全く動かさない「お辞儀アクション」が伝える印象とは?

22.あなたの「お辞儀アクション」は、挨拶やお礼やお詫びやお願いを失敗させてはいないか?

23.頭をゆっくり上げてゆっくり下げる「うなずきアクション」から伝わる情報とは?

.24..力を入れないで頭を上げて、力を入れて頭を下げる「うなずきアクション」から伝わる情報とは?

25.力を入れないで頭を下げて、力を入れて頭を上げる「うなずきアクション」から伝わる情報とは?

26.力を入れないで上げた頭を、脱力して下げる「うなずきアクション」から伝わる情報とは?

27.上下に頭を動かさない『うなずきアクション』から伝わる情報とは?

28.「うなずきアクション」から相手の本音が見抜ける

29.身体の内側をはっきりと指し示す「案内アクション」から伝わる情報とは?

30.身体の内側をあいまいに指し示す「案内アクション」から伝わる情報とは?

31.手や身体を外側に開くようにしながらさし示す『案内アクション』から伝わる情報とは?

32.自分が向いていない方向を指し示す「案内アクション」から伝わる情報とは?

33.勢いよく指し示す「案内アクション」から伝わる情報とは?

34.素早く指し示す「案内アクション」から伝わる情報とは?

35.「案内アクション」から相手が誰かが分かる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ