« 75の(1).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時 | トップページ | 75の(2).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時 »

2018年1月 6日 (土)

38.「注意不明の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時

こんにちは。

前々回は「
一点注意の動き」を癖とする人が成功&失敗する時、

前回は、「
全体注意の動き」を癖とする人が成功&失敗する時について説明しました。

さて今回は、

手や指を使って、自分が向いている方向(内側)をあいまいに指し示す「注意不明の動き」を伴いながら話をする人が、成功する時と失敗する時の説明です。

改めて、「注意不明の動き」を次の動画で確認してください。

 

 

相手のしぐさ=身振り手振りを観察して、この「注意不明の動き」を癖としている人は、手や指を使って方向や場所をはっきりとは指し示さないで、あいまいに指し示す動きを繰り返しながら話をするのが特徴です。

一見、注意深くて柔和なイメージを感じさせる人です。

さてこの「注意不明の動き」を癖とする人は、いったいどのような成功や失敗をしやすいタイプの人なのでしょうか?

【注意不明の動きの癖】の人が成功する時

この動きを個人の動きの癖として持っている人は、話をしている相手の間違いや勘違いを、決して直ぐには指摘をしないで、相手をサポートするのが上手です。

なぜならば、「注意不明の動きの癖」の人は、細かくいろいろと注意を払っているために、相手の間違いには直ぐに気づきますが、直ぐに相手の間違いを指摘する動き(一点注意の動き)を持っていないからです。

そのため、直ぐには物事をはっきりさせないで、周辺のいろいろな事柄に対して注意を払ったり検討したりする動きを無意識の内に行います。

したがって、「注意不明の動きの癖」の人は、常に物事をはっきりさせないで、その分いろいろと注意をはらうために、優しくて注意深い人というイメージを相手に与えるのです。

「あの人は慎重で注意深い」

「あの人は相手が失敗をしても決して責めない」

「あの人は不注意な相手を助けるのが上手」

「あの人の仕事は正確である」

等という評価を他人から受けやすい人です。

【注意不明の動きの癖】の人が失敗する時

「注意不明の動きの癖」の人は、いろいろと注意を払うのは得意ですが、一つのことに注意を集中したり、物事をはっきりさせたりすることは非常に苦手です。

そして、直ぐに自分の意見を述べたり、白黒をはっきりさせたり、相手に方向や場所をはっきりと指し示したりしなければいけない状況になると、急にいろいろなことが気になってしまい、いつまでも迷い続けてしまいます。

「あの人は優柔不断だ」

「あの人ははっきりしない」

「あの人は話が堂々巡りになる」

「あの人はいろいろと考えすぎる」

「あの人はいろいろ迷って初動が遅い」

などという評価を受けやすい人です。

したがって、「注意不明の動きの癖」の人は、少しでも長く検討することが必要な場合や、いつまでもはっきりさせないことが有効な状況においては何事も成功します。

しかし、少しでも早く決定したり、直ぐにはっきりさせたり、分かりやすく案内や説明をしたりしなければいけない状況においては、ことごとく失敗してしまうのです。

次回は、39.「『不注意指示の動きの癖』の人が成功する時、失敗する時」について説明します。

※なお明日は、「入りやすい店売れる店」(日本経済新聞社)の1986年版を更新します。


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

【関連記事】

36.「一点注意の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

37.「全体注意の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。

 

|

« 75の(1).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時 | トップページ | 75の(2).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時 »

◆13種類の人の動き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/66239365

この記事へのトラックバック一覧です: 38.「注意不明の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時:

« 75の(1).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時 | トップページ | 75の(2).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時 »