« 37.「全体注意の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。 | トップページ | 38.「注意不明の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時 »

2018年1月 5日 (金)

75の(1).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時

こんにちは。

1971年~1974年に、コンビエンスストアという新しい店が登場してきました。

しかし、コンビニエンスストアは、登場して来るや否や、一気に全国各地に普及していったわけではありません。

しばらくは小康状態が続き、その後一気に全国各地に普及していったのです。

コンビニエンスストアが直に全国に広がらなかったのは、全国の客が「コンビニエンスストア」の店に一瞬たじろいだことが最大の要因なのです。

「コンビニエンスストア」の一番の特徴であるセルフサービス方式という販売方法に対して、誰もが良くも悪くも大きな衝撃を感じた理由は、その後もなかなかわからないままに、店は大きな変化を見せていきました。

そしてその後、あっという間に全国に普及していったネットショップの登場によって初めて、コンビニエンスストアに対する客の抵抗感がいったい何であったのかが明らかになってきました。

それは、コンビニストアの登場によって、身の丈サイズの商品空間を挟んで、見知らぬ店員と客が「なわばり」の攻防とコミュニケーションを伴いながら売り買いをしてきた従来の「店」を無くしていくことに対する無意識の戸惑いだったのです。

スーパーもコンビニもネットショップも、やはり「店」ではなかったのです。

そして、時代が代わって、現在では、従来の商店街でも百貨店でもなく、セルフやネットの店でもない新たな商業集積がすでに多くの客を引きつけています。

そこに登場している店こそが「店」なのです。

さて、以上のことを考慮しつつ、「75の(1).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時」をお読みください。

なお、本文は1986年初版の拙著「入りやすい店売れる店」の原文のままです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

75の(1).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン)※1986年当時

この店は、東京・世田谷区上北沢にあるコンビニエンスストアのセブンイレブンです。

この店は、私鉄京王線の八幡山駅から歩いて五分ほどのところにあります。

国道二十号線(甲州街道)に面した恵まれた立地で、コンビニエンスストアとしては大型の店です。


Img6901


この店は二十四時間営業をしています。

近年、急速な発展をとげたコンビニエンスストアですが、ここでは、セブンイレブン内の業績順位や他のコンビニエンスストアとの比較等については触れずに、この店の三空間の分析を通じてその売れる秘密を探ってみることにしましょう。

平面図を見ると、この店が店員空間のある引き込み・回遊型の店であることがわかります。



Img6902

 

この店の商品空間は、他のセブンイレブンと同じように、すべて店内に配置されています。

人通りの多い道路に面しているにもかかわらず、店の外には一切商品を陳列していません。

この店の近くにも何軒かの路面店がありますが、それらの店のほとんどが店の外にも商品を並べています。

この店の外にあるのは、コピーサービスと宅配便のスタンド看板、公衆電話とくずかごぐらいです。

店内の商品空間は、周囲の壁面部分とカウンターの一部、そして店の中央にある五ブロックの陳列棚から成り立っています。

この商品空間は、客が店内を自由に回遊できるように一定の通路をとったかたちで配置されています。

客空間にあたるのがこの通路です。

客空間は入り口の自動ドアをはいったところから、店内に引き込まれて広がっています。

この店の店員空間は、レジのあるカウンターの内側になっています。

店員はほとんどの時間をこの中ですごし、商品の補充やチェック以外は客空間にはいってきません。

そのためこの店の客空間は客にとっては非常にオープンなイメージになっています。

以上がこの店の三空間設計です。

この三空間は二十四時間、いつでもこの状態で保たれており、この店の販売パワーを生みだす基本的な要素になっています。

次回、「76の(2).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時」に続く


(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社・1986年版より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

【関連記事】

70の(1)プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(2).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(3).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

70の(4).プログラム化された店員の動きが店に活気を与える(ファーストフード・マクドナルド)※1986年当時

71の(1).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

71の(2).まちがったアクションは売れる店を売れなくする(和菓子・百貨店)※1986年当時

72の(1).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

72の(2).二兎追う店は一兎も得られない折衷案の店(洋菓子・駅ビル内)※1986年当時

73の(1).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時」

73の(2).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(3).店員からの接客をうけない快適な客空間

73の(4).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店員空間が狭くてもなわばり主張にならない

73の(5).豊富なパンをじっくり選ペる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

73の(6).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時◆店内外の客がひきおこすサクラパワー

73の(7).豊富なパンをじっくり選べる店づくりの成功◆三空間設計による売りやすい店づくり(パン製造販売・ポンパドール)※1986年当時

74の(1).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(2).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆変則的なレイアウトがつくるはいりやすく出やすい店(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(3).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆店内を回遊する客の姿がサクラパワーをひきおこす(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(4).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆大勢の客の出入りが、店員のアプローチをやめさせる(ファッション・メルローズ)※1986年当時

74の(5).はいりやすく出やすいレイアウトが客を呼ぶ◆ハウスマヌカンの身体信号が勝負を決める(ファッション・メルローズ)※1986年当時

|

« 37.「全体注意の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。 | トップページ | 38.「注意不明の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時 »

◆86年版入りやすい店売れる店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/66236063

この記事へのトラックバック一覧です: 75の(1).接客アプローチのない自由なショッピング空間(コンビニエンスストア・セブンイレブン※1986年当時:

« 37.「全体注意の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時。 | トップページ | 38.「注意不明の動きの癖」の人が成功する時、失敗する時 »