« 10.前に向かって勢いよく進む「突進の動き」は、唐突で強引な印象を伝える | トップページ | 11.後ろに向かって素早く引く「機敏の動き」は、テキパキと対応する印象を伝える »

2017年11月 3日 (金)

68の(4).理想的な三空間設計が販売力を爆発させる(和菓子・叶匠寿庵)※1986年当時

こんにちは。

店は、「商品空間」と「店員空間」と「客空間」の三空間で構成されています。

このことを基本にすると、全国の様々な店は、次の八つのタイプに分類することができます。


8

以上のそれぞれのタイプの店において、店員と客の「戸板一枚の店の法則」の関係が展開されています。

「戸板一枚の店の法則」は、人と人が互いに安全を確保しつつ効率の良い人間関係を結ぶために行っている「なわばり」の攻防を背景としています。

つまり、店は「なわばり」を解除することによって客を引きつけ、「なわばり」を主張することによって客を遠ざけているのです。

具体的には次の(1)~(5)の様子が、客を引きつけたり遠ざけたりしている店の状況です。

(1)店員がじっと立って待っていると、客が遠ざかる。(
24日説明済

  
Photo_8

(2)店員が「いらっしゃいませ!」を言うと、客が遠ざかる。(26日説明済

  
Photo_9
    
(3)店員が接客中だと、客が近づく。(
28日説明済
  
    
Photo_10

(4)店員が作業中だと、客が近づく。(30日説明済

    
Photo_11

(5)「サクラパワー」が生じると、客がどんどん近づく。(1日説明済

    
Photo_12


以上のことに関しては、前回までに5回に渡って詳しく説明しました。

全国の様々な商業集積において、誰の目にも客が途絶えない繁盛店をどうぞ観察してみてください。

八つの「店舗構造」の内の、いずれの店であっても、「なわばり」を解除して、客を引きつけていることが観察できるはずです。

また、一方、誰の目で見ても客が近づかないことが分かる衰退店の場合は、「なわばり」を主張して、客を遠ざけているはずです。

さて、以上のことを考慮しつつ、今日は、「68の(4)理想的な三空間設計が販売力を爆発させる(和菓子・叶匠寿庵)※1986年当時」をお読みください。


(なお、本文は1986年初版の拙著「入りやすい店売れる店」の原文のままです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

68の(4)理想的な三空間設計が販売力を爆発させる(和菓子・叶匠寿庵)
※1986年当時

◆広い客空間は客の憩いの場

この店は百貨店の主要通路に面した部分にショーウインドーをおき、そこから奥に向かって客空間を引き込んでいます。

周囲の店のほとんどが店員空間の狭い接触型店ですから、客は店員にアプローチされたり他の通行客にじゃまされたりして、なかなか落ち着いて商品を選べません。

そのような環境の中にあるこの店の客空間は、安全な場所として強く客をひきつけます。


Img5662


Img5652

 

この客空間は客にとって居心地がいいので、客は長くその場にとどまろうとします。

そのため十人程度の客は簡単に集まり、その客の姿がさらに次の客をひきつけてサクラパワーが生じます。

しかもこのパワーをさまたげるような要素はほとんどないので、この店には一日中客がはいっているのです。

また、この店には派手な看板やディスプレー物は一切なく、店内の色調も穏やかで、照明も薄暗くしています。

店員のユニホームもごく目立たないものを使用しています。

これらの総合的な効果によって、客はひたすら商品空間に注意を注ぐことになるのです。

次回、「68の(5).理想的な三空間設計が販売力を爆発させる(和菓子・叶匠寿庵)※1986年当時」に続く。


(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社・1986年版より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

関連記事】


60の(1).職人のアクションが客を引きつける(今川焼・御座候)※1986年当時

60の(2).職人のアクションが客を引きつける(今川焼・御座候)※1986年当時

60の(3).職人のアクションが客を引きつける(今川焼・御座候)※1986年当時

61の(1).豊富な商品が冷やかし安全信号(菓子・太子堂)※1986年当時

62の(2).豊富な商品が冷やかし安全信号(菓子・太子堂)※1986年当時

61の(3).豊富な商品が冷やかし安全信号(菓子・太子堂)※1986年当時

61の(4).豊富な商品が冷やかし安全信号(菓子・太子堂)※1986年当時

62の(1).小さな店でひやかしやすい商品空間を創造する(和菓子・追分だんご本舗)※1986年当時

62の(2).小さな店でひやかしやすい商品空間を創造する(和菓子・追分だんご本舗)※1986年当時

62の(3).小さな店でひやかしやすい商品空間を創造する(和菓子・追分だんご本舗)※1986年当時

62の(4)小さな店でひやかしやすい商品空間を創造する(和菓子・追分だんご本舗)※1986年当時

62の(5)小さな店でひやかしやすい商品空間を創造する(和菓子・追分だんご本舗)※1986年当時

63の(1).広い商品空間で売る接触型店の贈答品店(洋菓子・ヨックモック)※1986年当時

63の(2).広い商品空間で売る接触型店の贈答品店(洋菓子・ヨックモック)※1986年当時

63の(3).広い商品空間で売る接触型店の贈答品店(洋菓子・ヨックモック)※1986年当時

63の(4).広い商品空間で売る接触型店の贈答品店(洋菓子・ヨックモック)※1986年当時

63の(5).広い商品空間で売る接触型店の贈答品店(洋菓子・ヨックモック)※1986年当時

64の(1).店員の動きが客の安心感を高める(化粧品・クリニーク)※1986年当時

64に(2).店員の動きが客の安心感を高める(化粧品・クリニーク)※1986年当時

64の(3).店員の動きが客の安心感を高める(化粧品・クリニーク)※1986年当時

64の(4).店員の動きが客の安心感を高める(化粧品・クリニーク)※1986年
当時


64の(5).店員の動きが客の安心感を高める(化粧品・クリニーク)※1986年当時

65.店員の身体信号が客を呼ぶ決め手(実演販売・百貨店内)※1986年当時

66.売れる店員はアクションを知っている(総菜販売・百貨店内)※1986年当時

67の(1).失敗を招きやすい接触型の贈答品店(和菓子・駅ビル内)※1986年当時

67の(2).失敗を招きやすい接触型の贈答品店(和菓子・駅ビル内)※1986年当時」

68の(1).理想的な三空間設計が販売力を爆発させる(和菓子・叶匠寿庵)※1986年当時

68の(2).理想的な三空間設計が販売力を爆発させる(和菓子・叶匠寿庵)※1986年当時

68の(3).理想的な三空間設計が販売力を爆発させる(和菓子・叶匠寿庵)※1986年当時

|

« 10.前に向かって勢いよく進む「突進の動き」は、唐突で強引な印象を伝える | トップページ | 11.後ろに向かって素早く引く「機敏の動き」は、テキパキと対応する印象を伝える »

◆86年版入りやすい店売れる店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/65989337

この記事へのトラックバック一覧です: 68の(4).理想的な三空間設計が販売力を爆発させる(和菓子・叶匠寿庵)※1986年当時:

« 10.前に向かって勢いよく進む「突進の動き」は、唐突で強引な印象を伝える | トップページ | 11.後ろに向かって素早く引く「機敏の動き」は、テキパキと対応する印象を伝える »