« 64の(1).店員の動きが客の安心感を高める(化粧品・クリニーク)※1986年当時 | トップページ | 64の(3).店員の動きが客の安心感を高める(化粧品・クリニーク)※1986年当時 »

2017年10月17日 (火)

64の(2).店員の動きが客の安心感を高める(化粧品・クリニーク)※1986年当時

こんにちは。

リアルショップにおいて、店員は様々な「ことば」と「動き=アクション」を客に伝えていますが、客は店員の「動き=アクション」については、ほとんど気づいておりません。

例えば、店員が話す挨拶やお礼やお願いやお詫びの「ことば」は認識していますが、それぞれの「ことば」と共に表現される店員の手や指や頭の「動き=アクション」に関しては、ほとんどの客が認識をしていません。

店員が話す「ことば」は聞こえますが、店員の「動き=アクション」は見えないからです。

ところが、実際には、客は聞こえている「ことば」よりも、見えていないにもかかわらず、店員の「動き=アクション」に強い影響を受けて、店や店員に引きつけられたり、遠ざけられたりしているのです。

実は、このことについては、店側の店員や店長や接客指導者達も、気づいてはいないのが実情です。

そして、「挨拶」や「お礼」や「お願い」や「お詫び」の「ことば」と、形式的なお辞儀の仕方などが主に指導されています。

したがって、客を引きつけたり遠ざけたりして、売り上げに直結している店員のアクションの領域は、未だに手つかずのままになっているのです。

当然、同じ店で、同じ商品を、同じ条件で販売しているにもかかわらず、飛びぬけて売り上げの高い店員が、実は「感じが良いアクション」をしていることが一番の要因であるということは、ほとんどの販売関係者達に気づかれないままとなっているのです。

以上のことを考慮しつつ、「64の(2).店員の動きが客の安心感を高める(化粧品・クリニーク)※1986年当時」をお読みください。

(なお、本文は1986年初版の拙著「入りやすい店売れる店」の原文のままです)


星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

 

64の(2).店員の動きが客の安心感を高める(化粧品・クリニーク)※1986年当時

◆「仕事」の多い店員が客をひきつける

この店の店員は他店の店員に比べてはるかに仕事を持っています。

それは、この店がシステムとしてとっている「カルテ」の制作です。

この店では、すべての客に対して、スキンタイプや以前に販売した商品等をチェックしたカルテを制作しています。

店員は接客中にこのカルテを作っていきますが、接客後もその整理等の仕事があるため、他店に比べてずっと多くのアクションをします。


4

このことは店員のなわばりを解除するので、客をひきつけます。

また、この店には、接客時の店員のアクションを助けるための様々なツールがそろっています。

他店の店員が商品だけを道具にして説明していくのに対し、この店では、客のスキンタイプを分析するための「コンピューター」と呼ばれる説明パネルや、肌の機能を科学的に解説した資料等を使って、多くの動きをとりいれた説明を行っています。

このような道具を使って他の客に商品を説明している店員の姿は、新規客の興味を十分にひきつけます。

このような説明や、実際に化粧品を使っての客に対する指導は一種の実演場としての効果をもたらしています。

もちろん、一般の実演のように、そのまわりに集まってじろじろ見るというわけにはいきませんが、そこで行われる方法を、客はさりげなく見ることができるのです。

作業のなくなった店員は、店頭でパンフレットを配布することもあります。

こうした動きは、かつての化粧品店の前で行われていた積極的なアプローチ販売に似ているように思われますが、ここではパンフレットを配布するだけで強引な呼び込みは行いません。

そのため、店全体としての活気を高める動きの一つとしての効果をあげています。

次回、「64の(3).店員の動きが客の安心感を高める(化粧品・クリニーク)※1986年当時」に続く。


(※以上の文章とイラストは、拙著「入りやすい店売れる店」日本経済新聞社・1986年版より抜粋したものです)

星座の場所を
応援クリック
お願いいたします


人気ブログランキングへ

関連記事】


51.感じが良い接客」と「感じが悪い接客」は個人の「動きの癖」が生み出す

52.外観はよく似た構造でも、売り方が全く違う二つの店

53.「いらっしゃいませ」のタイミングが全く異なる、常連接客と一見接客

54.ネットショップに加えて無人のリアルショップの普及によって、「店」での見知らぬ同士のコミュニケーションが失われていく。

55.希薄な人間関係を背景にした本来の「店」には、店員(売り手)と客(買い手)がお互いに癒し合えるコミュニケーションが存在する

56.ネットショップや無人コンビニ以外に、客が求めている店と接客がある

57.急速に進む高齢化と店舗の減少が、「戸板一枚の店」的「移動スーパー」を急増させている

58.接客の上手下手は「ことば」ではなく、店員のアクションによって決まる

59.いつも前向きで熱心に対応する店員と、消極的でやる気を感じさせない店員は、個人が持つ「動きの癖」から生じています

60の(1).職人のアクションが客を引きつける(今川焼・御座候)※1986年当時

60の(2).職人のアクションが客を引きつける(今川焼・御座候)※1986年当時

60の(3).職人のアクションが客を引きつける(今川焼・御座候)※1986年当時

61の(1).豊富な商品が冷やかし安全信号(菓子・太子堂)※1986年当時

62の(2).豊富な商品が冷やかし安全信号(菓子・太子堂)※1986年当時

61の(3).豊富な商品が冷やかし安全信号(菓子・太子堂)※1986年当時

61の(4).豊富な商品が冷やかし安全信号(菓子・太子堂)※1986年当時

62の(1).小さな店でひやかしやすい商品空間を創造する(和菓子・追分だんご本舗)※1986年当時

62の(2).小さな店でひやかしやすい商品空間を創造する(和菓子・追分だんご本舗)※1986年当時

62の(3).小さな店でひやかしやすい商品空間を創造する(和菓子・追分だんご本舗)※1986年当時

62の(4)小さな店でひやかしやすい商品空間を創造する(和菓子・追分だんご本舗)※1986年当時

62の(5)小さな店でひやかしやすい商品空間を創造する(和菓子・追分だんご本舗)※1986年当時

63の(1).広い商品空間で売る接触型店の贈答品店(洋菓子・ヨックモック)※1986年当時

63の(2).広い商品空間で売る接触型店の贈答品店(洋菓子・ヨックモック)※1986年当時

63の(3).広い商品空間で売る接触型店の贈答品店(洋菓子・ヨックモック)※1986年当時

63の(4).広い商品空間で売る接触型店の贈答品店(洋菓子・ヨックモック)※1986年当時

63の(5).広い商品空間で売る接触型店の贈答品店(洋菓子・ヨックモック)※1986年当時

64の(1).店員の動きが客の安心感を高める(化粧品・クリニーク)※1986年当時

|

« 64の(1).店員の動きが客の安心感を高める(化粧品・クリニーク)※1986年当時 | トップページ | 64の(3).店員の動きが客の安心感を高める(化粧品・クリニーク)※1986年当時 »

◆86年版入りやすい店売れる店」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/119616/65912675

この記事へのトラックバック一覧です: 64の(2).店員の動きが客の安心感を高める(化粧品・クリニーク)※1986年当時:

« 64の(1).店員の動きが客の安心感を高める(化粧品・クリニーク)※1986年当時 | トップページ | 64の(3).店員の動きが客の安心感を高める(化粧品・クリニーク)※1986年当時 »